治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!

日本補綴歯科学会専門医 香川県 高松市 吉本歯科医院

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 歯を削る前に知っておきたい7つのこと。メールセミナー全7回 インプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • インプラント治療をする前に患者さん側が確認しておくべき5つのことインプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 合わない痛い総入れ歯でお悩みの方へ固定式入れ歯 インプラントオーバーデンチャー 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 診断が変われば治療は変わる 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 歯の予防 PMTC 歯の定期健診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 働きやすさが自慢の職場 子育て支援 吉本歯科医院 香川 高松
  • オール・オン・フォー All-on-4
  • 吉本歯科医院の「治療の特徴」
  • 歯科医師の採用について
  • newsletter
  • movie
  • 患者さんからのお便り
  • 無料メール相談・お問い合わせフォーム
  • メディア掲載実績・講演依頼
  • 歯科医院の方はこちらをご覧ください
  • 院長ブログ
  • マネージャーブログ
  • カウンセラーブログ
  • コンシェルジュブログ
  • 香川 高松市 吉本歯科医院 コンセプト
  • 当院のインプラント治療の特徴
  • 香川 高松 吉本歯科医院 自覚症状をお持ちの患者様へ
  • 香川 高松 吉本歯科医院 症例 事例

ホーム > 日本補綴歯科学会専門医 香川県 高松市 吉本歯科医院 > 歯と歯ぐきがだんだん黒ずんできたのを治したい

2017.07.05歯と歯ぐきがだんだん黒ずんできたのを治したい

香川県高松市の

かみ合わせ専門歯科医院

吉本歯科医院の吉本彰夫です。 

 

 

歯を治療して5年くらい過ぎたころから

治療した前歯とその付け根の歯茎がだんだん黒ずんできたのを

どうにかしたい」

このようなご相談で吉本歯科医院にお越さいました。



歯の色

歯ぐきの色

歯の形に関しては

メールでご相談を頂く方も

とても多いので、お話させて頂きますね。

歯茎が黒いんです。

歯や歯茎が黒ずんできたように見える

セラミックの詰め物と歯茎の境目が黒くなってきた

歯茎の一部が黒くなってきた

治療した前歯の境目の歯茎が黒くなってきた

 

 

 よくよくお聞きすると、

「以前歯のかぶせの治療をした。

そして根っこの治療(歯の神経治療)もした。

きれいに治したはずなのに、

また膿がたまってきたのかしら?」

そのように不安になってお越しになる方もいらっしゃいます。

 

 

でも実はほとんどの方が、

歯や歯茎が黒くなる原因をご存知ないのです。



 

原因は 

「金属」なんです。

もし、

前歯の被せ物をセラミックスにしたとしましょう。


 

セラミックとは陶器なんですね。

お茶碗みたいなものですから、

非常に割れやすい。

 

 

ですから、

それを補強するために金属が使われます。

また歯の根っこにかぶせをするのに

支えがないと倒れてしまいます。


 

その土台、その土台に金属を使っていたりします。

 

 

この金属たちが溶けていくんですね。



 

 

金属が溶けるってイメージできますか?

 



 

金属が溶け出して歯を黒くし、

そして歯茎にまで黒くなっていく。

また

金属アレルギーって

聞かれたことありますね。

 

最近では、テレビでも頻繁に金属アレルギーのことを紹介していますので

かなり、一般的に知られるようになってきました。

 

 

そうなんです。

ピアスやネックレスだけでなく

お口の中に入っている歯の詰め物や被せ物、または歯の土台に使われている

金属が溶け出して金属アレルギーを引き起こすことも

あるのです。

どんどん身体の中に金属が溶け出して、

全身的な金属アレルギーにまでなってしまう方までいらっしゃいます。

だったらやりかえればいいじゃないか、

外したらいいじゃないですか、

またかぶせ直したらいいじゃないですか、

そのようにおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

 

しかし、歯科の治療は何度もできるものでは、ないのです。

http://www.8181118.com/news/2016/04/post-375.php

「歯の治療は何度もできない」

 

 

実際外すことはできたとしても、

ご自身の残っている歯の根っこに金属が溶け出していってるわけです。

ご自身の根っこはどうなっていると思います?

 金属で真っ黒なんですね。

 

 

金属が黒く溶け出している歯を

白くしたい

または

自分の歯のように自然な色に見せたい

となると

その歯の黒い部分、削らないといけないんですね。

 

 

ですが、思い出して下さいね。

 

一番最初に歯の治療をして

被せ物をする時点で、すでにもう外周一層削ってるんです。

接着剤をくっつけるために

のりしろ部分を

削る必要が、あるんですね。

外周一層削ることによって

被せ物をすることができているんです。

 

 

http://www.8181118.com/news/2016/04/post-380.php

「歯の治療の度に、歯を削り取っています」

 

 

 

ですから

今回また、

治療をやりなおす

被せ物を外してやりかえる

となると

今ある黒くなった被せ物を外しているわけですから

そこからさらにまたのりしろを作るために歯を削る必要があるのです。

削れば削るほど

どんどんご自身の残っている歯の根っこ、

細く細く薄く薄くなっていくんですね。

 

薄くなってしまうと、

噛んだ時に

噛む力によって

割れてしまったり、

長く持たなかったりします。

 

 

何回もやりかえている方では、

芯棒を外す時に、

パキッて割れてしまう方までいらっしゃるんですね。

 

歯の根っ子(歯根)が割れてしまったら、

もう歯を抜くしかないんですね。

 

 

もう一回芯棒立てて、被せ物をできるんじゃないんですか?

 

とよく患者さん、おっしゃられるんですが

実はできない、んです。

 

 

 

芯棒によって歯の根っこが揺すられます。

 

 

そうすると根っこのまわりの骨がどんどん溶けていきます

 残念ながらこの場合は

もう抜かないといけなくなります。

 

 

ですから、

歯の被せ物は

何度もやりかえができるものではないんです。

 

 

色が黒くなったら

またその時、白いものにやりかえたらいいじゃないか

と思われるのですが、

 

ただし・・・・歯を失う時期が早まってしまう可能性がありますよという

注意書きが、小さく小さく付いているということなのです。

 

 

治療をする前に

知っておいた方がいいことは、

 

この材質を使えば将来どういうふうになっていくのか?

金属が溶け出す材質なのか?金属が溶け出さないものなのか?

金属のような色がでてくるものなのか、出てこないものなのか?

その素材は全身に対してどういう影響を及ぼすのか?及ぼさないのか?

金属アレルギーの可能性がある方は、金属アレルギーにならない材質なのか?

そういうことまで含めて先生とよく相談してから治療をお決めになられたほうがいいと思います。

 

「一回した治療をやり直す」これ非常に難しいですし、

実はリスクがあるのです。

 

 

 

歯や歯茎が黒くなってくるのはなぜ?動画をご覧下さいね。

 

 

最初によくご相談して治療を受けられてください。

歯の治療は何度もできるものではないことを

先に知って下さいね。


 

 

 

専門が変われば診断が変わります。


噛み合わせ専門の吉本彰夫がお伝えする
歯を失なわないために
どうしても先に知っておいて頂きたいことを
お送りしています。
ぜひご登録下さいね。

歯を削る前に知っておきたい7つのこと。メールセミナー全7回 インプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松

メールセミナーを始めました。
患者さんに先に知っておいて頂きたい情報を
できるだけわかりやすくお届けしていきますね。
ぜひ、ご登録下さいね。





前の記事へ
次の記事へ