治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!
ホーム > 治療後、健康な生活を送っている方々の事例 香川県 高松市 吉本歯科医院 > インプラントによる改善事例(歯周病・折れた歯など) > 歯周病の進行。オールオン4インプラントで改善した患者様の症例

歯周病の進行。オールオン4インプラントで改善した患者様の症例

歯がグラグラしてきた(65歳女性)-歯周病の進行が原因 即時負荷(オールオン4にてインプラント治療)

歯周病で歯がグラグラになって入れ歯にしたが全く噛めない患者様の症例

吉本歯科医院では、口内写真とパノラマレントゲンを撮影し、まずは顎の骨の状態まで詳しく確認しました。

写真(1)口内写真
d020104_05.jpg
歯周病の進行により、上顎の歯は全て抜歯しなくてはならない状態

写真(2)パノラマレントゲン写真
[画像原稿にナシ]

正確な診断

院長の吉本の診断は、以下の2つでした。

・歯周病の進行により歯を支える骨が溶け、歯がグラグラになってきた
・もともとの咬み合わせの悪さ
・合わない総入れ歯を入れていたため骨が退縮している

→歯が揺れてきたへ

初期治療と継続的な治療

(1)オールオン4インプラント治療を行う

総入れ歯をされていた患者さまの場合は、その入れ歯を使い続けていたことによる骨や歯茎が退縮しやせてしまっている。インプラントを入れても半年間はまともに咬むことができない場合が多い。

→オールオン4(即時負荷)へ

手術したその日からまともに食事ができるように手術したその日に仮の歯を入れる。

写真(1)
d020104_05.jpg

写真(2)
d020104_05.jpg

写真(3)
d020104_05.jpg

写真(4)
d020104_05.jpg

写真(5)
d020104_05.jpg

(2)定期的な予防治療(PMTC)

事例一覧に戻る