治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!
ホーム > 治療後、健康な生活を送っている方々の事例 香川県 高松市 吉本歯科医院 > インプラントによる改善事例(歯周病・折れた歯など) > 他医院で骨がないといわれた。診断の正確さでインプラント治療を実現

他医院で骨がないといわれた。診断の正確さでインプラント治療を実現

入れ歯で噛めない、他医院でインプラントができないと言われた(76歳男性)―インプラント治療後、咬合改善、定期的なメインテナンスを

入れ歯で噛めない、他医院で骨がないのでインプラントができないと言われた患者様の症例

吉本歯科医院では、口内写真とパノラマレントゲンを撮影し、まずは顎の骨の状態まで詳しく確認しました。

写真(1)口内写真
d020104_01.jpg

d020104_02.jpg

写真(2)パノラマレントゲン写真
d020104_03.jpg

d020104_04.jpg
CT画像で見ると骨の厚みが1、2ミリしかなく、通常の10ミリのインプラントを入れればシミュレーションのように鼻の空洞に突き抜けてしまうばかりでなく、強い力で噛んだ時に骨折する恐れがあります。

正確な診断

院長の吉本の診断は、次の3つでした。

・入れ歯では合わない、噛めないのは当たり前
・合わない入れ歯を入れているために骨がどんどん退縮していってる
・入れ歯を入れたり入れなかったりするため、歯並びがどんどん崩れだしている

→歯がない状態で過ごしているへ
→入れ歯が合わない噛めないへ

初期治療と継続的な治療について

1.インプラント治療(きちんと噛めるように長いインプラントと短いインプラントを組み合わせ治療を行う)
2.マウスピースによる咬合改善維持
3.定期的な予防治療(PMTC)

写真(1)
d020104_05.jpg

写真(2)
d020104_05.jpg
短いインプラントを斜めに2本入れ、奥の上顎結節に長いインプラントを1本入れて強度を確保しました。赤い部分がインプラントです。

写真(3)
d020104_05.jpg
完成後、長いインプラントと短いインプラントを組み合わせきちんと噛めるように調整を行なう

骨な少なくとも、サイナスリフトという大掛かりな外科手術を行なわずにインプラント治療が実現することができました。

事例一覧に戻る