治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!
ホーム > 治療後、健康な生活を送っている方々の事例 香川県 高松市 吉本歯科医院 > 審美歯科改善事例 > 神経を取り除き、黒くなってきた歯への審美歯科症例

神経を取り除き、黒くなってきた歯への審美歯科症例

歯の色が黒くなってきた(25歳女性)-神経が死んだ歯は枯れ木のようにもろく、色も黒くなってくる-審美歯科

過去に治療した歯で、神経を取ってしまった部分の歯がどんどん黒くなってきた 患者様の症例

吉本歯科医院では、口内写真とパノラマレントゲンを撮影し、まずは顎の骨の状態まで詳しく確認しました。
写真(1)
d020104_05.jpg
神経を抜いている歯の部分が色がだんだん黒くなってきている

正確な診断

院長の吉本の診断は、以下の2つでした
黒くなった部分はすでに神経を抜いてしまっており、一度神経を抜いた歯は枯れ木のようにもろくなり、色もどんどん黒くなってくる

→歯の色が変ってきた

初期治療と継続的な治療について

1.根っこの治療を行う
2.歯の表面を少し削り、ラミネートベニアの被せ物をする

d020104_05.jpg
写真(1)完成の写真
前歯2本が不自然にならないよう色や形、微妙な風合いを合わせて被せ物を作っています。

d020104_05.jpg
写真(2)ラミネートベニア(被せ物)

d020104_05.jpg
写真(3)

事例一覧に戻る