治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!
ホーム > 治療後、健康な生活を送っている方々の事例 香川県 高松市 吉本歯科医院 > 審美歯科改善事例 > 噛み合わせ(咬み合わせ)の悪さ。マウスピース矯正にて咬合改善した患者さまの症例

噛み合わせ(咬み合わせ)の悪さ。マウスピース矯正にて咬合改善した患者さまの症例

交叉咬合、反対咬合の咬合不全の改善━マウスピース矯正にて治療

右下の歯の噛み合わせ(咬み合わせ)が反対になっているのが気になり来院された患者さまの症例

吉本歯科医院では、口内写真とパノラマレントゲンを撮影し、まずは顎の骨の状態まで詳しく確認しました。

写真(1)右下1本、歯の噛み合せが反対になっている

治療前
右下、糸切り歯の噛み合わせ(咬み合わせ)が上下逆になっている状態

患者さまご自身は、長年見た目が気になり、治したかったが、目立つ装置をつけるのが嫌でそのままにしてこられました。
しかし、時間が過ぎるにつれだんだんと下の歯が飛び出してきました。

正確な診断

院長の吉本の診断は以下でした

反対咬合、交差咬合いよる咬合不全(噛み合わせ(咬み合わせ)の悪さ)

反対咬合、交差咬合いよる咬合不全(噛み合わせ(咬み合わせ)の悪さ)を改善するために全顎的な矯正治療をおすすめしたところ、ブラケット(矯正装置)を装着しての矯正治療は行いたくなく、また、歯を抜かずに治療をして欲しいとのことでした。

初期治療と継続的な治療

写真(2)

上下前歯の歯と歯の間を、髪の毛数本程度少し削り細くしてマウスピース矯正にて治療。この程度の削る量であれば虫歯になりやすくなったりしみたりといったこともないので問題がありません。

写真(3)

1-3.jpg

【半年後の状態】
右下の反対咬合が改善され、上下の正中のずれが数ミリ改善されています。

楽に口を閉じると右の糸切り歯が引っかかり、やや右に顎をずらさなければ咬めなかったのが、引っ掛かりが取れ、楽な場所で咬めるようになりました。

歯はわずかですが、常に数ミクロン単位で動き続けています。せっかくきれいに歯並びを戻してもほうっておくとまたずれてくる可能性があります。そのため、きれいになった歯並びを維持するために専用のマウスピースを作成し、装着して頂くことで、きれいな歯並びを維持していきます。

事例一覧に戻る