治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!
ホーム > 治療後、健康な生活を送っている方々の事例 香川県 高松市 吉本歯科医院 > 審美歯科改善事例 > 前歯が欠けてしまった。自然な色合いを再現した審美歯科の患者さまの症例

前歯が欠けてしまった。自然な色合いを再現した審美歯科の患者さまの症例

前歯の先端が欠けた。歯の色が複雑色-審美治療

前歯が欠けてしまった。自然な色合いを再現した審美歯科の患者さまの症例

前歯が欠けてしまい、他医院にて診断を受けたところ、前歯の全面全周を削り被せ物をすることになったが、他の歯が抗生物質の影響による変色で全体的にしま模様があるため、前歯2本だけ被せ物をすると違和感のある白い歯になってしまうと説明を受けた。
また、神経も取らないといけないと診断されたため、吉本歯科医院へのご相談、治療となった。

写真(1)
6-1.jpg

治療前
歯の先端が欠けています。欠けている面だけにプラスチックの詰め物をしても、直ぐ外れることが容易に予想されます。欠けている歯の隣の歯との間に虫歯が大きくできています。

正確な診断

院長の吉本の診断は以下でした

咬合性外傷による前歯欠損

咬み合わせが悪く、上下前歯の切端が強く当たり、かけてしまった。長年前歯が強く当たるのも自覚されていた。
詳しく診断後、神経を取る必要はないと診断

初期治療と継続的な治療

写真(2)
6-2.jpg

神経を取らずに歯の表面を削ったところ

写真(3)
6-3.jpg

治療後
左上2本にラミネートベニアを行いました。
優秀な歯科技工士の技術により、全体の色にあわせたベニアを作ることによって天然歯のように自然にみえます。
あえて、新しい被せ物にしま模様を入れています。
全体で見た時に、「自分の歯のように見える」ということを患者さまが強くご希望されました。

ラミネートベニア(セラミック)
6-4.jpg

つめ爪をつけるイメージです。

事例一覧に戻る