治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!
ホーム > 治療後、健康な生活を送っている方々の事例 香川県 高松市 吉本歯科医院 > 審美歯科改善事例 > 咬合改善により、顔貌の違和感を改善した患者さまの症例

咬合改善により、顔貌の違和感を改善した患者さまの症例

前歯がだんだん出てきた-審美治療

「上の前歯がだんだん飛び出てきて口びるが閉まらなくなり、笑った時に顔がひきつって見えるのが嫌だ」と来院された患者さま

写真(1)
8-1.jpg

治療前
一見、悪くないようにみえますが、噛み合わせの位置が後方にずれて、低くなったために、前歯に負担がかかり前方に飛び出てきています。(上の前歯が出っ歯になっています)

正確な診断

院長の吉本の診断は以下でした

①親知らずを放置していたことによる歯並びの崩れ
②過蓋咬合(かがいこうごう)下の歯がかぶってしまうくらい上の歯が覆いかぶさってしまっている状態

※親知らずを抜かずに放置している場合に下の前歯が前に上に飛び出てくることがあります。親知らずは生えてくるスペースがないと、すぐ手前の歯を無理に押して出てくることがあります。
また、親知らずが斜めや真横に傾いて生えている場合は、かなり強い力で手前の歯を押してきます。そのことによってドミノ倒しのように健全な歯並びを乱し、健全な歯が揺れだしたり、前に飛び出してくることがあります。

初期治療と継続的な治療

写真(2)
8-2.jpg

①マウスピースにてどこの咬み合わせの高さが楽に咬めるのかを探す。
②その高さに合わせて奥歯の被せ物をして咬合を安定させた
③下の前歯の歯肉の位置を下げる外科的治療を行い、上の前歯の被せ物をセラミックにやりかえを行なった。

写真(3)
8-3.jpg

治療前
笑った時に歯のガタガタが目立ち、唇がゆがんで見えます。
うまく上の唇が閉じられません。

8-4.jpg

治療後
笑った時に歯並びがキレイです。
唇のゆがみもありません。

歯はわずかですが、常に数ミクロン単位で動き続けています。せっかくきれいに歯並びを戻してもほうっておくとまたずれてくる可能性があります。そのため、きれいになった歯並びを維持するために専用のマウスピースを作成し、夜間装着して頂くことで、きれいで機能的な歯並びを維持していきます。

事例一覧に戻る