吉本歯科医院

087-818-1118

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

歯を抜きたくない削りたくない方、薬で治す虫歯治療、歯周病治療、インプラントや入れ歯治療なら咬み合わせ専門歯科の吉本歯科医院。香川県高松市。

香川 高松 吉本歯科医院
治療メニュー
  1. 1)インプラント
  2. 2)薬で治す虫歯・根っこ治療
  3. 3)歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎
  4. 4)削らない治療・接着ブリッジ
  5. 5)マウスピース矯正・
    目立たない矯正
  6. 6)審美歯科・歯を白くする
  7. 7)予防治療PMTC
  8. 8)顎関節症・顎が痛い
  9. 9)金属アレルギー
  10. 10)入れ歯
  11. 11)治療価格
  12. 12)親知らず
  13. 13)噛みあわせ
ホーム > 新着情報 吉本歯科医院 香川 高松一覧 > タバコを吸っているとインプラントをしてはいけません(その3)

2014.03.25タバコを吸っているとインプラントをしてはいけません(その3)

https://www.8181118.com/news/2014/03/post-302.php

の続きです。

 

 

一般的に粒径10マイクロメートル以上の粒子の大部分は鼻の鼻毛や粘膜に吸着され、

呼吸により肺にまで達することはありません。

しかしそれより小さい浮遊粒子状物質は気管に入りやすく粒径2.5マイクロメートル以下の

微小粒子は肺の深部に侵入、沈着蓄積しやすく発ガン性物質などを

有する有害成分が多いといわれています。

車の排気ガスや工場などのばい煙に含まれる直径2.5マイクロメートル

(1000分の1ミリ)以下の微小粒子状物質です。

 

粒子が小さいため肺の奥にまで侵入し、

呼吸器系を中心に影響を及ぼします。

 

排気ガスに多く含まれ、「公害」のイメージが強いようですが、

実はたばこを吸っている人の隣で吸い込む煙にも多く含まれており

珍しいものではありません。

 

タバコは空気ではなく粒です。

タバコの煙は「公害」と同じなのです。

さあその粒が肺のほうに行ったらどうでしょう。

肺は約3億個もの肺胞というネットによって作り上げられています。

三角コーナーのようなネットなのです。

つまりタバコの粒は肺胞に詰まってしまうのです。

 

同じように、ハウスダストもそうですし、中国で有名になっている大気汚染もそうです。

すべてそれが肺に詰まってしまうのです。なくなりません。

 

タバコを長年吸われた方の肺がどのようになっているかご存知でしょうか。

肺って本当はゴム風船のように柔らかく、膨らんだりしぼんだりするのです。

 

それがヘドロのように粘着性のものがくっつくので、

拡がることができずに弾性がなくなるのです

伸びなくなるのです。

 

ゴワゴワにカチカチに固まってしまうのです。

伸びしろがなくなるのです。

肺の表面が硬くなって膨らんだり縮んだりできにくくなるのです。

肺活量が落ちてしまうのです。

 

 

噛み合わせ専門歯科医院 香川県高松市 吉本歯科医院

https://www.8181118.com/

 

前の記事へ
次の記事へ

治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!