治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!
ホーム > 治療後、健康な生活を送っている方々の事例 香川県 高松市 吉本歯科医院 > インプラントによる改善事例(歯周病・折れた歯など) > 入れ歯の違和感。神経を守りオールオン4インプラントで改善した患者様の症例

入れ歯の違和感。神経を守りオールオン4インプラントで改善した患者様の症例

入れ歯をいれるだけで神経をさわるような不快感-即時負荷(オールオン4にてインプラント治療)

入れ歯を入れるだけで神経をさわられるようなビリビリとした不快感があり、全く入れ歯をいれることができない 患者様の症例

吉本歯科医院では、口内写真とパノラマレントゲンを撮影し、まずは顎の骨の状態まで詳しく確認しました。

写真(1)口内写真
d020104_05.jpg

写真(2)パノラマレントゲン写真
d020104_05.jpg
上下ともに歯がなく入れ歯を使用しているため顎の骨が溶けてしまい歯茎が下がってしまっている。

正確な診断

院長の吉本の診断は、以下の2つでした。

1.長期間入れ歯を使用していたため顎の骨が溶けてしまい、顎の奥深くにあるべき神経が入れ歯に触れるようになってしまった。
2.このため入れ歯を入れると神経に触りビリビリとした感覚がある。
3.こういう場合、新しく入れ歯を作りかえたとしてもこの感覚がなくなることはない。

→入れ歯の悩みがある

初期治療と継続的な治療

(1)下顎にオールオン4インプラント治療を行う
総入れ歯をされていた患者さまの場合は、その入れ歯を使い続けていたことによる骨や歯茎が退縮しやせてしまっている。インプラントを入れても半年間はまともに咬むことができない場合が多い。
手術したその日からまともに食事ができるように手術したその日に仮の歯を入れる。

(2)定期的な予防治療(PMTC)
写真(1)
d020104_05.jpg

写真(2)
d020104_05.jpg
手術したその日からまともに食事ができるように手術したその日に仮の歯を入れました。

事例一覧に戻る