治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!
ホーム > 治療後、健康な生活を送っている方々の事例 香川県 高松市 吉本歯科医院 > 審美歯科改善事例 > 前歯が抜けてしまったー審美歯科により自然な歯を再現した患者さまの症例

前歯が抜けてしまったー審美歯科により自然な歯を再現した患者さまの症例

歯がほとんどなく、歯の根っこだけの状態―審美歯科

右上の前歯が抜けてしまい歯の根っこだけになっている患者さまの症例

吉本歯科医院では、口腔内写真とパノラマレントゲンを撮影し、まずは顎の骨の状態まで詳しく確認しました。

写真(1)
2-1.jpg

治療前歯がほとんどなくなっていて根っこだけの状態

正確な診断

院長の吉本の診断は以下でした

歯周病の進行と舌圧の強さにより、下の前歯が前に飛び出てきてしまい上の前歯とぶつかるようになってきた。そのため咬む力によって歯が欠けてしまっている。
また、歯と歯の間に隙間が拡がってきている。
原因は、歯周病の進行と、舌圧による咬合不全。

初期治療と継続的な治療

写真(2)
2-2.jpg

治療後
①下の前歯をマウスピースにて固定。
②根っこの治療を行なったあとコア(歯をささえる土台)を入れる。
③セラミックの被せ物ををしました。見た目、天然の歯とほとんど変わりありません。

吉本歯科医院の審美歯科は、優秀な歯科技工士の技術により見た目に白い歯を作るだけでなくより自然な歯を再現することができます。「ご自分の歯のように見える」ということが大きなポイントです。
※多くの審美歯科では、前歯一本だけが不自然な白さやツヤ感があり、明らかに「被せ物をしている」という印象になってしまいます。

歯は前後左右で支えあっているので歯と歯の隙間はないように作るのが常識ですが、この患者さまの場合は舌圧が非常に強いため、今後も歯と歯の隙間が拡がっていくことが予想されました。よって、あえて隙間を作り自然な歯の見え方となるような形態としました。

歯はわずかですが、常に数ミクロン単位で動き続けています。せっかくきれいに歯並びを戻してもほうっておくとまたずれてくる可能性があります。そのため、きれいになった歯並びを維持するために専用のマウスピースを作成し、夜間装着して頂くことで、きれいな歯並びと機能性を維持していきます。

事例一覧に戻る