治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!
ホーム > 治療後、健康な生活を送っている方々の事例 香川県 高松市 吉本歯科医院 > インプラントによる改善事例(歯周病・折れた歯など) > 重度の歯周病により歯がぐらつきほとんど噛めていない状態から全顎インプラント治療により改善した患者さまの症例

重度の歯周病により歯がぐらつきほとんど噛めていない状態から全顎インプラント治療により改善した患者さまの症例

重度の歯周病により歯がぐらつきほとんど噛めていない状態から全顎インプラント治療により改善した患者さまの症例

口の中全体の歯茎が腫れ上がっており、ほとんど物がかめないということで来院されました。

写真(1) 全体的に歯肉がはれている、歯ブラシをすると血と膿が出ていて口臭もする
5-1.jpg 5-2.jpg


治療前
全体に歯茎が腫れ上がってしまい歯が動いて、噛み合わせが大きく崩れている。

正確な診断

院長の吉本の診断は以下でした

重度の歯周病により、歯を支える骨がほとんど溶けてしまっており、歯がグラグラとなり咬み合わせが大きく崩れている。
家でいう大黒柱が1本もない状態である。
数本を抜かずに数年持たせることは出来るが、10年後には崩れたり他のインプラントに悪影響を及ぼす可能性があり、全顎的なインプラント治療をご提案。

初期治療と継続的な治療

写真(2)
5-3.jpg 5-4.jpg


インプラント埋没後
全部の歯を抜き上下とも9本づつインプラントを埋入しました。

写真(3)
5-5.jpg

手術から7ヵ月後、一回目の仮歯の状態です。
歯茎の腫れも治まってきました。
まだ歯茎の状態は年々変化していきますので仮歯は数回作り変え、経過を観察後、最終的な固定的ブリッジが入ります。

事例一覧に戻る