吉本歯科医院

087-818-1118

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

インプラント,噛み合わせ,総入れ歯,審美,治療は香川県 高松市の吉本歯科医院

香川 高松 吉本歯科医院
メニュー
治療メニュー
  1. 1)インプラント
  2. 2)薬で治す虫歯・根っこ治療
  3. 3)歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎
  4. 4)削らない治療・接着ブリッジ
  5. 5)マウスピース矯正・
    目立たない矯正
  6. 6)審美歯科・歯を白くする
  7. 7)予防治療PMTC
  8. 8)顎関節症・顎が痛い
  9. 9)金属アレルギー
  10. 10)入れ歯
  11. 11)治療価格
  12. 12)親知らず
  13. 13)噛みあわせ

2021.10.25本当は怖い「銀歯」の被せ物

虫歯治療で銀歯を被せるのは先進国では日本人だけ|香川県高松市の咬み合わせ専門 吉本歯科医院
香川県高松市の噛み合わせ専門歯科医院 吉本歯科医院の吉本彰夫です。

通常、虫歯治療で歯を削った場合、削った部分に「かぶせ物」かまたは「詰め物」をして蓋をします。

虫歯治療で銀歯を被せるのは先進国では日本人だけ|香川県高松市の咬み合わせ専門 吉本歯科医院
その時にかぶせるものは、保険制度で認められている素材だけを使いますと必ず銀の詰め物になってしまいます。

「保険診療」は、ある一定の診療を行なったときの医師への報酬額が国によって決められており、患者さんはそれぞれ加入している保険(国民保険、社会保険など)から何割かの負担額を支払います。

このため保険診療なら、どこの歯医者さんに行っても同じ金額で同じ診療を受けることができます。

保険のおかげで気軽に医療を受けることができるという安心感もありますが、一方で、「国の基準をクリアした材料を使って、一定の技術を持った歯医者さんが、皆同じ高い志を持って医療に当たっているので、どこの歯医者さんに行っても同じ」という妄信があるのもまた事実です。

まず、ほとんどの患者さんは、保険の材料は国の基準をクリアしているから安心だと疑いもしません。
歯の保険治療に今も使われる「アマルガム」や「金銀パラジウム合金」、「ニッケルクロム合金」という金属材料には、身体に悪い影響を与えると言われる水銀や重金属が含まれています。

これらの金属材料は、戦後間もない物資の乏しい時代に、貧しい日本でも国が保険治療用に提供できる金属だったため、保険用として指定されました。

つまり、これらの材料が国の基準をクリアしていたのは、日本が貧しかったころにできた制度なのです。

戦後まもなく国が貧しかった当時の状況で、安全性と金属の原価をはかりにかけて採択された素材、それが今もなお使われている保険で認められている歯科の金属です。

今、治療後に多くの患者さまのお口の中に入っている「銀歯」の金属が、溶け出して体の中に入り込み、いろんな悪影響を及ぼしている、これが「金属アレルギー」です。


銀歯を入れる危険性をお伝えします。

①金属アレルギーを引き起こす
虫歯治療で銀歯を被せるのは先進国では日本人だけ|香川県高松市の咬み合わせ専門 吉本歯科医院

私たちのお口の中には目には見えませんが細菌が何百億と住んでいます。
銀歯は日々熱いもの、冷たいもの、そして咬合力を受けるなどの、過酷な環境に置かれています。
銀歯は劣化しやすく、口の中に入れてしばらくすると腐蝕を始めます。
つまり錆びるのです。

銀歯の表面から金属がイオン化されて溶け出すことで、体の中の蛋白質とくっつき、金属アレルギーを引き起こす可能性があります。

金属アレルギーはお口の中の異常だけに限らず、全身への異常を引き起こす可能性があります。
背中に湿疹ができたり、手が赤くただれたり、全身にぶつぶつができたりといったこさまざまな症状が報告されています。

銀歯はお口の中に入り即、異常が起こるというものではなく数年してから全身に異変がが起きてくることがあり、原因不明の皮膚病だと思われることがあります。溶けだした金属がコップいっぱいになった時が発症です。一度発症してしまうと次々と症状が出てしまいます。


②銀歯を被せた歯がまた虫歯を再発する


虫歯治療で銀歯を被せるのは先進国では日本人だけ|香川県高松市の咬み合わせ専門 吉本歯科医院

銀歯と歯は歯科用の接着材でペタンとくっつけています。
しかし、正確にいうとぴったりとくっついているわけではありません。
封鎖性が非常に弱いため隙間があるのです。


銀歯を入れる際に歯との隙間を接着材で埋め、
くっつけているだけ、です。

隙間があるので隙間からは細菌は侵入し放題です。
お口の中には目に見えない何百億の細菌が存在します。
侵入し放題の虫歯菌により、せっかく治療した歯の中に虫歯が再発します。
銀歯のセメントも劣化してくるので、古い銀歯の中で、元々の歯が真っ黒になっていたといったこともよくあります。


③歯周病が進行しやすくなる
虫歯治療で銀歯を被せるのは先進国では日本人だけ|香川県高松市の咬み合わせ専門 吉本歯科医院

銀歯の表面は傷がつきやすく、小さい傷に口の中の歯周病菌がくっつきやすくなります。
銀歯と歯茎の境目には歯周病菌他たくさんの菌がたまりやすい状態であり
銀歯を入れると歯周病の進行し悪化しやすくなります。


吉本歯科医院では、かぶせ物、あるいは詰め物をしなくてはならない場合、金属アレルギーを引き起こす可能性のある素材「アマルガ」「金属パラジウム合金」「ニッケルクロム合金」は一切使用いたしません。

吉本歯科医院では、次の5つの点を考慮し、患者さまに「かぶせ物」「詰め物」の種類をお選びいただいております。

(1)接着、細菌の侵入度合い
(2)将来的な色の変化
(3)形態変化(強度)
(4)見た目の美しさ自然さ
(5)金属アレルギー



多くの方が「知らなかった」からお口の中に銀歯を被せる治療を
お受けになられています。



歯を削る前に知っておきたい7つのこと。メールセミナー全7回 インプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
メールセミナーを始めました。
患者さんに先に知っておいて頂きたい情報を
できるだけわかりやすくお届けしていきますね。
ぜひ、ご登録下さいね。




前の記事へ
次の記事へ

日本補綴歯科学会専門医 香川県 高松市 吉本歯科医院

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 歯を削る前に知っておきたい7つのこと。
  • インプラント治療をする前に患者さん側が確認しておくべき5つのこと
  • 固定式入れ歯 インプラントオーバーデンチャー
  • 診断が変われば治療は変わる
  • 歯の予防サイト
  • 働きやすさが自慢の職場
  • オール・オン・フォー All-on-4
  • 吉本歯科医院の「治療の特徴」
  • 歯科医師の採用について
  • newsletter
  • 吉本歯科の動画一覧
  • 患者さんからのお便り
  • 無料メール相談・お問い合わせフォーム
  • メディア掲載実績・講演依頼
  • 歯科医院の方はこちらをご覧ください
  • 院長ブログ
  • マネージャーブログ
  • カウンセラーブログ
  • コンシェルジュブログ
  • 吉本歯科医院の考え方
  • インプラントの特徴
  • 歯のお困り事Q&A
  • 症例紹介

治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!