吉本歯科医院

087-818-1118

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

インプラント,噛み合わせ,総入れ歯,審美,治療は香川県 高松市の吉本歯科医院

香川 高松 吉本歯科医院
メニュー
治療メニュー
  1. 1)インプラント
  2. 2)薬で治す虫歯・根っこ治療
  3. 3)歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎
  4. 4)削らない治療・接着ブリッジ
  5. 5)マウスピース矯正・
    目立たない矯正
  6. 6)審美歯科・歯を白くする
  7. 7)予防治療PMTC
  8. 8)顎関節症・顎が痛い
  9. 9)金属アレルギー
  10. 10)入れ歯
  11. 11)治療価格
  12. 12)親知らず
  13. 13)噛みあわせ
ホーム > 日本補綴歯科学会専門医 香川県 高松市 吉本歯科医院 > 私が銀歯を口の中に入れたくない理由

2021.11.04私が銀歯を口の中に入れたくない理由

私が銀歯を入れない理由|香川・高松の咬み合わせ専門歯科 吉本歯科医院
香川・高松の噛み合わせ専門歯科医院 吉本歯科医院の吉本彰夫です。


私は自分自身、そして私の家族やスタッフの口の中に銀歯を入れるという事を
していません。

その理由をお話します。

虫歯の治療や
抜髄治療(歯の神経を取る治療)をした後、詰め物や被せ物でフタをします。

その時に日本では保険適応になっている銀歯を入れることが一般的です。

私が銀歯を入れない理由|香川・高松の咬み合わせ専門歯科 吉本歯科医院

中には、「どんな被せ物をしますか?」と選択肢をたずねられることもなくお口の中に銀歯を入れられてしまうこともあります。


ではなぜこんな銀歯を日本の保険制度では認めているのでしょうか?


それは、戦後のものが無い時代に、割と安価に作れた金属だったからで、物価も流通も全く代わったこの21世紀においても、その頃と保険制度がほとんど変わっていないため、日本では未だにこの金属しか保険では選択できないのです。

ちなみに欧米の歯科先進国ではこの金属は使われていません。

お口の中に当たり前のように「銀歯」を入れているのは先進国ではもはや日本だけです。



日本の保険制度で認められているいわゆる「保険が効く治療」は多くは金属性のものです。
私が銀歯を入れない理由|香川・高松の咬み合わせ専門歯科 吉本歯科医院

そして保険で認められている金属はほぼ「金属パラジウム合金」と言われるものです。

通称、歯科業界では「金パラ」と言います。

ではこの「金パラ」、どんな金属なんでしょう?
私が銀歯を入れない理由|香川・高松の咬み合わせ専門歯科 吉本歯科医院

実は、いろいろな種類の金属を混ぜて作った「合金」です。

名前だけ見たら「金」だし、錆びにくくて、輝くような、すばらしい金属のように一見思うかもしれません。

しかし、実際は、この合金のうち70%以上が「パラジウム」です。

このパラジウムは
①腐蝕しやすく
②金属アレルギーを引き起こしやすい
金属でもあります。
私が銀歯を入れない理由|香川・高松の咬み合わせ専門歯科 吉本歯科医院

あとの30パーセントのうちのほとんどが腐蝕、酸化しやすい「銀」です。

「金」は実際にはほんのわずかしか含まれていません。

まとめるとこれらの混ぜものである「金パラ」は、腐食しやすく、金属アレルギーを引き起こす大変危険な金属ということになります。



アルミホイル(銀紙)を噛む
嫌な感じした体験がありませんか?私が銀歯を入れない理由|香川・高松の咬み合わせ専門歯科 吉本歯科医院
なぜ人間は銀紙を噛むと嫌な感じがするのでしょうか?

銀紙というのは噛むと微量な電流が発生します。

金属を口に入れることによって微量な電流が発生する可能性が上がるのです。

でもふつうはその微量な電流が発生していることに気が付かないで暮らしています。

しかしこの微量な電流が発生し続けるのはお口の中に銀歯を入れている限り永遠に続くわけです。




写真でご説明します。
私が銀歯を入れない理由|香川・高松の咬み合わせ専門歯科 吉本歯科医院

作製時(Before)は出来たばかりの被せ物や歯の中に立てる芯棒です。

5年後(after)は、お口の中には入れず、5年ほど空気中で置いておいたものです。


その差が分かりますか?


出来たばかりは綺麗に輝いていますが、

5年後は黒ずみ、腐食してしまっています。


お口の中に入れなくてもこうなってしまうのです。

お口の中の環境というのは、普段はアルカリ性ですが、食べ物を食べた後は酸性になります。

そうでなくても酢の物を食べたり炭酸飲料なども飲まれますよね?


実際に、銀歯はお口の中に入れるとわずか数時間でとけはじめ腐蝕が始まります。

金属パラジウム合金のさまざまな金属がお口の中で溶け始めて体内に流れ込みはじめます。

またもう一つのお写真もご覧下さい。
私が銀歯を入れない理由|香川・高松の咬み合わせ専門歯科 吉本歯科医院

これは両方とも5年程度空気中で経過したものです。

違いは、一方は当医院で自由診療で使用している金属です。

もう一方は先ほどと同じ保険が効く被せ物の銀歯(金パラ製)です。

自費で使用している金属は全く腐食していません。


保険では使いたくても選択できないけれど、こういった金属も存在はしているのです。


最近では、日本でもようやく、なるべくメタルフリー、つまり金属以外のなるべく害の少ない材質をつかって歯を修復しようという流れにはなってきています。


しかし、保険制度はその源泉のお金が常時不足しているため、なかなかそれに追いついてはくれていないのが現状です。


一度体に吸収されてしまった金属はなかなか対外に排泄はされません。


また、一度被せ物や詰め物をしてしまうと、改めて作り直すときにはまた歯を削らなくてはなりません。

一度体内に取り込まれた金属は取り出すことが難しいのです。


このような理由から私の医院では「歯科治療で銀歯を当たり前に使う」ということは開業以来いたしておりません。



前の記事へ
次の記事へ

日本補綴歯科学会専門医 香川県 高松市 吉本歯科医院

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 歯を削る前に知っておきたい7つのこと。
  • インプラント治療をする前に患者さん側が確認しておくべき5つのこと
  • 固定式入れ歯 インプラントオーバーデンチャー
  • 診断が変われば治療は変わる
  • 歯の予防サイト
  • 働きやすさが自慢の職場
  • オール・オン・フォー All-on-4
  • 吉本歯科医院の「治療の特徴」
  • 歯科医師の採用について
  • newsletter
  • 吉本歯科の動画一覧
  • 患者さんからのお便り
  • 無料メール相談・お問い合わせフォーム
  • メディア掲載実績・講演依頼
  • 歯科医院の方はこちらをご覧ください
  • 院長ブログ
  • マネージャーブログ
  • カウンセラーブログ
  • コンシェルジュブログ
  • 吉本歯科医院の考え方
  • インプラントの特徴
  • 歯のお困り事Q&A
  • 症例紹介

治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!