吉本歯科医院

087-818-1118

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

歯を抜きたくない削りたくない方、薬で治す虫歯治療、歯周病治療、インプラントや入れ歯治療なら咬み合わせ専門歯科の吉本歯科医院。香川県高松市。

香川 高松 吉本歯科医院
治療メニュー
  1. 1)インプラント
  2. 2)薬で治す虫歯・根っこ治療
  3. 3)歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎
  4. 4)削らない治療・接着ブリッジ
  5. 5)マウスピース矯正・
    目立たない矯正
  6. 6)審美歯科・歯を白くする
  7. 7)予防治療PMTC
  8. 8)顎関節症・顎が痛い
  9. 9)金属アレルギー
  10. 10)入れ歯
  11. 11)治療価格
  12. 12)親知らず
  13. 13)噛みあわせ
ホーム > 日本補綴歯科学会専門医 香川県 高松市 吉本歯科医院

2020.06.06虫歯が再発する原因と対処法

香川県高松市の

かみあわせ専門

吉本歯科医院の吉本彰夫です。


『虫歯になり、歯をを削って治療をしました。

 

保険が効かない白い被せ物をしたのですが

半年もたたないうちに被せ物が取れてしまいました。


削ってもらった部分が

さらに虫歯になっている

と、診断されました。


半年前に削ったばかりなのに

また自分の歯を大きく削ることになりました。

大変ショックです。


再発しない虫歯治療を求めています。』

 


大変よく頂くご相談です。

 


虫歯が再発する原因は

治療した後

どんな処置をしていくかで

決まります。

 

 

私の医院では

まず虫歯部分に

「薬で治す治療」によりバイキンをなくします。

バイキンだらけの

状態で

かぶせ物をしてしまったら

バイキンを一緒に封鎖してしまいますよね?

 

 

だから、

薬を使って

繰り返しバイキンを減らしていくのです。

 

 

バイキンがなくなったところで

かぶせ物もしくは詰め物で封鎖をします。

 

 

この時

封鎖がきちんとなされていない場合には

当然バイ菌がまた再度侵入するわけですから再発を起こします。

 

 

また、噛み合わせが悪い場合にも

同じ部分が何度も悪くなります。


詰め物がとれたり

かぶせ物がとれたり

歯が割れたり

歯茎が炎症を起こしたり

さまざまなことが起こります。


まずは

お口の中にある再発を繰り返している原因

突き止めることが大事です。

 



どんなにいいお薬を使ったとしても

封鎖がきちんとできない

もしくは

噛み合わせバランスが悪い

場合には再発を起こします。



お口の中にはまだ再発を起こす原因が残ったままだから、です。

http://www.8181118.com/director/2016/02/post-113.php 


原因を取り除かない限り再発を繰り返します。










同じところが


何度も虫歯になる


削っては詰めて削っては詰めての虫歯治療を


繰り返し


お口の中は銀の詰め物でいっぱい


という方は


虫歯を繰り返している根本原因


調べてみることを


おすすめします。

2020.06.05歯茎からの出血の予防にビタミンCは、すごく効果があるのです。

 香川県 高松市の

吉本歯科医院の吉本彰夫です。


ビタミンCについてお話します。

ビタミンCは、抗酸化力の維持やコラーゲンの生合成に不可欠です。


また、血管というものにも非常に多くの栄養素に関わり、生体の維持にも欠かせない栄養素です。


しかしながら人間は、ビタミンCを体内で合成することができず、毎日積極的に、持続的に摂取することが大切です。


私自身も、2時間ごとに摂っています。


ビタミンCは水溶性ですので一度に多く摂っても流れ出てしまうのです。


このビタミンCアスコルビン酸と言いますけれども、

また抗酸化コラーゲンというのとにも、大事だと思われています。


ビタミンC一言で言っても、色々いろんなところで販売されています。


よくよく見てみると、いわゆるお得なビタミンC、何が入っているのかなと見たときにアスコルビン酸と大きく書かれていますし、さらにさらに良くみていくとアスコルビン酸ナトリウムと書かれていることが多くあります。

ナトリウムというと実は、摂りすぎると、血圧に作用します。


たとえば、

お塩は塩化ナトリウムです。


ビタミンCを取らなければと言って摂るんですけれども、歯科でも歯ぐきからの出血や鼻の出血とかの予防。すごく効果的です。


また、シミやそばかす日焼けによる色素沈着。


これを緩和するとか。肉体疲労時の補給とかいうことにすごく大事なんですけれども、摂りすぎるとナトリウムを摂ってしまいます。


実は血圧に対してものすごく作用するということです。


ですので、吉本歯科医院、安心して血圧を気にされている方や妊婦の方でも安心して飲んでいただけるように、アスコルビン酸ナトリウムではなく、アスコルビン酸ナトリウムを配合しておらず、代わりにアスコルビン酸カルシウムを配合したビタミンCの販売をおこなっております。


もちろん、血圧や妊婦さんでない方には、よく薬局とかで売っているお得なものでもちろん大丈夫です。

しかし、そうゆうものを取りたい。

もっともっとコラーゲンの生成、歯ぐきの状態を良くしたいという方には、そのようなビタミンCや、あとビタミンCの生合成にも、天然成のものもあれば合成成のものもあります。

天然由来の原料、合成原料の中には残念ながら身体によくない不順物質が入っている可能性もあります。

また同等のビタミンCの量であれば天然の方がよく働くということも報告されております。

合わせて、天然と合成のものを選んでいただければと思います。

2020.06.04痛くなったらまた削って治療すればいい?

香川県 高松市の
かみあわせ専門
吉本歯科医院の吉本彰夫です。


患者さんとお話していると

「え?歯の治療って何度もできないんですか?」
3e19e889e770e6bc574b02511e2360bd_s.jpg


「痛くなったらまた治療し直せばいいと思っていました。」
ということを本当によくお聞きします。



ダメになったら

また治療してもらえばいい



また虫歯になったら
また削って詰めてもらったらいい
 



今回はとりあえず、

応急処置でもしてもらって

また悪くなったらやり直せばいい





銀の被せ物をしておいて

将来色が気になったら、

白い被せ物にやりかえをすればいい

歯の治療については

このようにお考えの方は

この日本ではまだまだ多いかと

思います。



  

しかし

歯の治療というものは、

実は何度もできるものではない
のです。





なぜなら

ご自分の歯の根っこに芯棒を立てたり

かぶせ物をしたりする時に

接着剤
を使います。

  



イメージして頂くとわかりやすいのですが

汚れた紙、ほこりが付いた紙同士を

ノリでくっつけても

すぐに剥がれてしまいますよね。

DSC_2908.jpg



でも、さらさらつるつるの

キレイな紙同士であれば

ノリをつけるとピッときれいに

くっつきます。





つまり

歯に何かをさらにくっつける場合には

歯を一層削り取って
硬くてきれいな面を

まずは出さなければいけないのです。



貼るための

のりしろが、必要なのです。


のりしろ部分、

つまり外周の部分です。



ここは、歯を一層削って

きれいな面を出すのです。





きれいな面を出してからでないと

くっつけることができないのです。



  



詰め物や

かぶせ物が外れた場合に、

外れたからといって、そのまま型取りして

そのままくっつけたとしても

残念ながら

くっつかないんです。






一部がくっついたとしても

封鎖されないのです。




隙間からバイ菌がどんどん
簡単に入ってきてしまうもの
なのです。







治療が必要な箇所は

汚れがついたり

ざらざらしたり

面がきれいな状態ではないのです。





 

そこでどうするか?




歯の表面を薄く一層ですが
削る
のです。







そしてきれいな面を出して

その状態にしてから

接着剤を
をつけるわけです。







もし、虫歯になっていれば

虫歯になっている部分は

歯質が

やわらかくなってしまっているので
その虫歯部分も削らないと

硬い面、きれいな面は

出てきません。





そしてそのぶん、

削る量が増えてしまう
のです。







つまり、このように

何度も治療を繰り返しているたびに、

「被せ物が取れた」

「詰め物が取れた」

「治療したところがまた虫歯になった」

とそのたびに治療を繰り返していくうちに

ご自身の歯は

どんどんどんどん

薄くなっていくのです。




歯が薄くなるということは

歯そのものの厚みが細くなる、
つまり強度が弱くなっていく
ということです。





歯は削るから、

歯の神経に近くなっていく

のです。





歯の神経に近くなるから

痛みがではじめるのです。





痛みがではじめたらその時点ではもう

「では、この歯の神経は取らないといけません」
という診断になるのです。



  

歯の強度が弱くなっていく

ということは

当然、

その歯を失う時期を早める、ということに

なってしまうのです。







どうか知って欲しいです。

歯を失わないために。



  

治療をすればするほど良くなる

ということは、歯科に関しては

残念ながらありません。





歯科医師は神様ではないので

死んだ歯を蘇らせることは、できません。

死んだ神経を生き返らせることは、できません。

削った歯を元に戻すことは、できません。





あくまでも、

なくなった部分を他のもので補う

悪くなった部分を取り除く

ことが歯科の治療です。





もともとあなたのお口の中にある

ご自分の歯に勝るものは、

残念ながらないのです。







治療することで

歯を失う時期を早めてしまうことも、

あるのです。



治療にはメリットもありますが

デメリットもあります。





場合によっては

何もしない。

無理させずに経過をみていく。


これも立派な治療オプションです。





多くの歯を失い

大変なご苦労をされた方は皆さんこうおっしゃいます。

「もっと、はやく知っていればよかった」と。





先に知っておくことで

歯を失わないですむことができます。





知らなかったことで

あっけなく多くの歯を失っていくのです。



原因を突き止めることで

無駄な治療をしなくてすみます。


2020.06.03歯医者さんで撮影する大きなレントゲン写真の見方を教えます。


sayuu.jpg

レントゲン写真は誰しも撮影された体験がおありになると思います。

私たちの歯科においてお口の中のレントゲン写真は頻繁に撮影します。

あなたも今までいろいろな歯医者さんで多くのレントゲン写真を撮影されたのではないでしょうか?

特に歯医者さんでは目で見ただけではわらからない部分が多いので何度もレントゲン写真を撮影することが多いのです。

しかし、せっかく撮影したレントゲン写真ですが、患者さんご自身で見方がわかる、という方は実はほとんどいらっしゃいません。

歯医者さんに画面を見ながら説明を受けることはあっても自分自身で「なるほどここがこうなっているから、こうなんだ」と自分で診かたがわかるまで説明を受けている方はほとんどいらっしゃらないのです。

私の医院、吉本歯科医院ではお越しになられる全ての患者さんに対して「歯医者さんでのレントゲンの見方」をお教えしています。

ご自分の歯のレントゲン写真を自分自身で正確に「診る」ことができれば

「ああ、私の歯は溶け始めている」

「この歯が倒れてきている」

「この歯の骨はまだしっかりある」

ということが一目瞭然です。

歯医者さんでのレントゲン写真は実は患者様ご自身の重要な情報です。

ご自分でレントゲン写真の見方を知っていると、歯科医師と一緒に現状をしっかりと考え、今後どのような治療を選択すればいいのか、どうやって歯周病等を予防していけばいいのかがわかります。歯を失わないためのお話」として講義を行ってる内容をわかりやすくお伝えしています。どうぞご自分の歯を失わないための情報としてご活用下さい。

https://a-chuo.com/

2020.06.02死んだ歯を処置せずに残していると強い臭いがしてくることがあります

香川県高松市の

噛み合わせ専門歯科医院

吉本歯科医院の吉本彰夫です。

yakuhin_s.jpg

歯が痛い時

とりあえず

ロキソニンなど痛み止めの薬を飲んで

しのいでいる

ということって

おありになるかと思います。


 


今日は

痛み止めの薬を飲んで

歯の痛みをしのいでいる危険性

お伝えします。



 

歯の神経が死んでいるといわれた

歯の神経を取らないといけないと言われた

歯の神経が死にそうだといわれた

歯の神経が痛む

上記のようなお悩みを抱えて

患者さんが吉本歯科医院にはお越しになられます。

 

 

 

特に歯の神経治療に関しては

患者さんご自身でも、

ご自分の歯の神経が

今でも生きているのか?

死んでいるのか?

死にかけているのか?

それとももう死んで腐っている状態なのか?

そもそも、歯の神経を昔に取り除いている状態なのか?

ご存知ない方がほとんどです。

 


ではそもそも

歯の神経が死んでしまう

って一体どういう状態をさすのでしょう?

 

 


たとえば

歯に食べ残しが

あったとします。

 


 

歯と歯の隙間や

奥歯と奥歯の間に

食べかすが

ごっそり詰まっている

誰にだってあることです。

 

じつは長い間

食べかすが詰まったままだと

食べかすが詰まった部分に

虫歯菌が繁殖していきます。





そうすると

歯の表面が

一層溶けてしまうのです。


 

 

この段階になると

歯がしみる

ということが

起こります。

 

 

そこで

「ま、いいか、我慢するか」

「前にも歯がしみたことがあったけど

ほっといたら治ったから、ほうっておこう」

 

歯がしみていた状態を放置すると

さらにさらに

穴が開いてきます。

 

 

歯が溶けて

穴が開いていきます。

 

 

イメージしてみてくださいね。



 

バケツに水が

入っている

と思って下さい。



 

バケツに

小さなキズがあったとしも

大した問題は起こりません。



 

しかし

どんどんどんどん

バケツにキズが付くと

穴が開いていきます。

 

 

そうすると中に入っている水が

溢れ出します。


 


これが

穴が

歯の神経・血管に達した状態

だと思って下さい。

 

 

 

そこには

塞ぐことのできない穴が

開いてしまうのです。

 

 

 

堤防が決壊した

川の状態です。



 

こうなるともう

ばい菌が入り放題

です。


 

 

大事に大事に

硬い壁、

エナメル質、

歯の壁、

象牙質で覆われていた

歯の神経や血管が

露出してしまう

ということが起こります。


 

 

バイ菌にとって

神経や血管や血液は

重要な栄養素です。



とっても美味しい

大好物なのです。


 

 

もちろん

人間の体はバイ菌が入ってきた時には、

そのバイ菌に対して戦おうという

免疫という防御機能

があります。

 

 

 

しかしながら余りに

バイ菌の量が多いと

その防御機構で

食い止ることはできなくなるのです。



 

ですのでバイ菌は

どんどんどんどん

増殖を続けていきます。




 

最初は歯の表面だけだったのが、

歯の神経・血管にまで到達することで

バイ菌は一気に

歯の神経・血管をやっつけて

いきます。




 

最初は

歯がしみたり

痛んだり

ズキズキ

ということが起こっていくのですが、

それはバイ菌と戦っている証拠

でもあるのです。




歯がしみるのは

歯の神経が生きている証拠

です。

 



 

 

このばい菌との戦いに負けると

痛みを

感じなくなる

のです。 




 

よく歯を治療せずにほったらかしにしていたら、

「歯がボロボロと欠けていった」

「痛みが和らいだ」

「痛みが止まった」

ということが、あります。

 

 

 

歯が痛い時に

痛み止めの薬を飲む

という行為は、

ばい菌と戦っているんだということを

脳に知らせようとしている

警告を無視しなさいというものです。 tatakaus.jpg

 これが痛み止めの薬の

仕事なのです。

 

 

 

特に昨今、

以前であれば病院から処方箋がないと

薬局から出せないような強い痛み止めの薬が

日常的に薬局で買うことができるようなりました。

 

 

なので

一般の方が誰でも簡単に

強い薬を手に入れることができています。

 

 

 

その影響もあってか

虫歯が本当に進行してから

重度になってから

歯医者に来られる方が増えています。

 

 

 

さらには、

バイ菌が繁殖し、

鼻の部屋まで突き抜けていたり

歯を支える骨まで溶かしている

ケースも少なくありません。

 

 

年齢がお若くても

関係ありません。


 

実際にまだ30歳の若さでも

歯を支える骨がかなり溶けてしまっている方は

いくらでもいらっしゃいます。

 


 

歯がしみるなあ

ってことを放置し

「痛み止めの薬」でその場限りの

痛みを止めを繰り返してきた方は

すでに

歯の神経が死んでしまっている

ことが、多いのです。

 




 

もちろん

私も現代に生きる日本人として

毎日忙しいことは十分承知しております。



歯がしみるくらいで歯医者に行っている時間の余裕はない

というお気持ちも

よくわかります。


 

でも痛いのは困るから

とりあえず

痛み止めの薬でその場をしのいでおこう

とお薬を飲んでしまう

お気持ちは

よく、わかるのです。

 

 

しかし

歯は自然に治りません。

 

 

風邪のように

日にち薬で栄養を取って寝たら治る

というものでは、ないのです。

 

 

残念ながら

どんどん悪い状況になっていきます。

そしてとうとう

歯の神経や血管が死んでしまった時には、

逆にまったく痛みを感じなくなってしまうのです。





ばい菌の勝利

です。 



戦いに勝利した

バイ菌達はそこからどうすると

思いますか?

 

 

さらにさらに

歯の奥へ奥へ侵入して行きます。




そして

歯の根っこを越えて、

根っこ周囲にある

骨や歯茎を溶かしていくのです。 



 

自覚症状のないまま

歯を支えていた骨を

どんどん溶かしていくのです。

 

 

歯の神経が死んでしまったとしても

ばい菌に殺された

歯の神経の死骸を

除去してやらないと

バイ菌はずっと生きているんです。



 

歯の神経を殺しただけなく

今度は骨や歯茎さえも

侵食していくのです。

 

 

 

バイ菌の住処である歯の根っこ(根管)の中を

早く掃除してあげないと

どんどんどんどんバイ菌は

奥へ奥へと入っていきます。

 

 

 

歯の神経を取る治療というのは

読んで字のごとく

歯の神経を取る治療だ

と思われている方が多いのです。


 

 

しかし

実はそうではない

のです。


 

 

すでに死んでしまった歯の神経の死骸を

きちんと除去し


歯の根管の中をきれいに

消毒する


ということを意味します。

 

 



ばい菌に侵され

死んでしまった歯の神経は

生ごみが腐敗している状態

とまったく同じです。 




腐敗しているので

におうと

臭いです。



とても

臭い

のです。




 

発酵食品を思い浮かべて下さい。

発酵がすすむと

膨らんできますよね?



 

つまり腐っていくと

ガスを出す

のです。

 

 

ガスが出ると

圧力が高まります。



 

 

そうすると歯の神経は死んではいるんだけれども、

周りの骨や歯茎が溶かされることにより

顔が腫れてくる方も

いらっしゃいます。 

 



すでに

歯の神経の治療で神経を取ってしまった方でも

バイ菌に侵された場合には

いきなりこの状態にまでなってしまうこともあります。

 

 

 

顔が腫れてしまっているような場合には

一刻もはやく歯の根っこの中を

ばい菌を減らすということが

必要です。




また

歯を支えている骨を溶かしたバイ菌達は

最後はどこへ行くのでしょうか?

 

 

 

実は

歯の神経というのは

脳と繋がっている

のです。

 



 

例えば指先を

考えて下さい。



指先の神経は

指先だけでしょうか?


 

違いますね。

 

 

指先は脳から繋がった神経

なのです。


神経の一部に過ぎないのです。

 

 

つまり

バイ菌は歯の中の神経だけを死なせるわけではなく、

歯の外の周囲の骨や

歯茎の神経さえも

殺していくのです。




そして骨を

溶かしていくのです。



 

そしてとうとうその奥には

太い神経・血管が控えているのです。


そこにたどり着いたバイ菌は

どうなるんでしょう。

 


 

一気に全身を

巡ってしまう

のです。 

 

 


心筋梗塞

聞かれたことありますでしょうか?


 

 

心臓の血管が物が詰まり

血が流れにくくなってしまった状態です。


 

 

よく動脈硬化や全身糖尿病などが

大きく取り沙汰されていますが、

血管に詰まっているのは

何だろう?

と研究した先生が

いたんですね。




血管に詰まっているものの中に

いくつもの

口の中にある歯周病菌、ばい菌が

見つかったのです。




つまり、

口の中にいたバイ菌が

心臓の中で発見されたり、

誤嚥性性肺炎といって

肺炎の中で肺炎球菌といっしょに肺炎を起こしていたり、

口の中だけに留まらず

全身にまで影響を及ぼしているのです。

 

 

 

ですから歯の神経の治療をした方が良いのか、

しない方が良いのかと単純に考えたならば

神経の治療は神経が生きているのであれば

残せる方向で治療してもいいと思います。

 

 

しかし

もうすでに痛みもなく

歯の神経も死んでしまい

歯の神経の死骸が悪さをしている場合には

一刻もはやく治療を行なわないと

全身に対して影響を及ぼします。

 

 

また上の歯の場合には

歯の根の奥には

鼻の部屋があります。



鼻の部屋にばい菌が

侵入してしまうのです。


 

口から食べたものが

鼻から出てきて困る

という患者さんも

実際にはいらっしゃいます。

 

 

ただ単に歯や口だけの問題ではなくなり、

鼻の手術を含めた処置が

必要になったりもするのです。



 

水の入ったバケツに穴が開いた場合には

水が流れ出ます。


どんどん流れ出ます。

 


 

決して歯の1本を最終的に抜けば済む

という問題ではなくなることもあるのです。

 

 

 

歯の神経を取ることひとつをとっても

知らないではすまされない重要なことが

あります。

 

 

どうぞ先に知って下さいね。



 

 


https://www.8181118.com/menu/02info.php

 

吉本歯科医院の見える世界での虫歯治療、歯の神経治療はこちら

 

 

 

 

原因を突き止めることで

無駄な治療をしなくてすみます。

http://www.8181118.com/director/2016/02/post-113.php

原因を取り除かない限り再発を繰り返すのです





 




まずはお気軽にご相談下さい。
香川県 高松市 無料メール相談

専門が変われば診断が変わります。




原因を突き止めることで

無駄な治療をしなくてすみます。

http://www.8181118.com/director/2016/02/post-113.php

原因を取り除かない限り再発を繰り返すのです

 

歯を削る前に知っておきたい7つのこと。メールセミナー全7回 インプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松


2020.06.01その歯の神経、抜かずに残せるかもしれません。

香川県 高松市の
吉本歯科医院の吉本彰夫です。


今、日本のほとんどの歯科医院で行われている虫歯治療は

「悪い部分は削り取り被せ物でふたをする」

という治療法です。歯を削るから虫歯になることを知っていますか? 日本補綴歯科学会 ...

そして日本中で行われている歯科治療の8割が

「過去に受けた治療の再治療」である

という事実を知っていますか?



また従来の虫歯治療は虫歯を大きく削り、

さらに痛いというのが当然です。



どんなに麻酔を上手に行っても

歯を大きく削り取るため

歯はどんどん少なくなります。



さらに虫歯治療が終了したからといって

虫歯は完全に治ったとはいえません。



細菌が歯の神経に近くまで到達しまた痛みが出はじめて


という治療しか手立てがないのが一般的です。

歯の神経を取ってしまうと寿命は短くなります。



吉本歯科医院で行っている、

削らずに薬で治す虫歯治療は
おそらくあなたが今まで受けてこられた従来型の虫歯治療とは

まったく考え方が異なります。



従来型の虫歯治療が

「歯が黒く変色した悪いところをすべて削り取ってしまう」
という外科的発想だとすると、

吉本歯科医院で行っている削らずに薬で治す虫歯治療は

「菌だけを薬(抗菌薬)によって死滅させる」

という内科的発想の治療法です。



この治療法により吉本歯科医院では開業以来、

四国各地からお越し下さる患者さんの

歯の神経を抜かずにすんだり、歯を抜かずにすんだり

といったことに数多く成功しています。



歯は安易に削ってはいけません。

虫歯になったからといって虫歯部分を大きく削り取ってしまうことで

歯の神経に近くまで削られて、痛みがではじめるのです。



痛みが出てしまったらもう「歯の神経を取る」という方法しかないのです。

歯の神経を残す虫歯治療の方法があることを知って頂きたいのです。

2020.05.31歯を抜かずに治療することは大きな革命でした。

香川県 高松市の

噛み合わせ専門歯科医院

吉本歯科医院の吉本彰夫です。




「歯を抜かずに治療して欲しい」

 このようなお悩みを抱えて

多くの方が吉本歯科医院にお越しになられます。



ご紹介しますね。



「 歯周病が進行しているようで

数件の歯医者に行きました。



しかし

すべての歯科医院で治療方針が同じで

グラグラしている全ての歯は抜かなくてはいけないと

診断されました。

shisyuubyou1

たしかにグラグラとしていますが、

実際の痛みはなく

日常生活に支障もありません。



できるだけ

歯を抜かずに残せるものは残したい
と思います。



歯を抜かずに治療をお願いできないものでしょうか?」

というご相談です。





歯を抜かずに残す

という治療法ですが、

ここ最近になって、

このような考え方が出てきたのです。







むかし

歯の治療といえば

「すぐに歯を抜かれた」
「ちょっと虫歯で痛いと言ったら歯を抜かれた」
こんな話を年配の方に

聞かれたことは、ありませんでしょうか?





そして

「私達の頃はね、

すぐ歯を抜かれて入れ歯になってましたよ」



という話を聞いたことはありませんでしょうか?



今では根管治療(歯の神経治療)といって

歯の中の神経や血管が通っていたところを

治療する技術が大幅に伸びました。





 そしてまた

バイ菌を殺すお薬も

開発されました。





それによって歯そのもの、

歯の神経、

神経を残した後に歯をそのまま残しておく、

つまり保存するということができるようになりました。







昔は歯を失う原因は

虫歯
でした。



しかし今は

歯を失う原因は虫歯ではありません。





歯周病(歯槽膿漏)
なんです。





世界WHOにも認められている

ギネスにも載っている

世界中で一番病気になっている

その歯周病なんです。





日本人でも8割以上が歯周病になっていると

言われています。





歯周病とは

歯の周りの病気です。


つまり歯そのものではなく

歯の周りです。



肉とか骨が歯を支えております。



この肉や骨がなくなることによって

歯は残っているんだけれども

支える骨がなくなったので

土手が崩れて

歯を抜かなければ

いけなくなります。







勝手に歯が抜けてしまう
ということが

今、最も歯を失う原因

などになっています。







つまり昔の人と

今の人

何が違うのか?





歯の周りの骨が
あるかないか
なのです。





歯科治療の大きな改革

「歯を抜かずに残そう」
という流れにそって

歯医者さんも

頑張って歯を抜かずに歯を残したがゆえに

その結果、

歯の周りの骨や肉がもたなくなってしまったのです。



健康な歯の時は

土台である骨はしっかりとあります。

ピンクの部分が骨の上にのった歯茎です。







昔、

歯を失う原因は

虫歯でしたので

虫歯になった歯は、

「もう抜きましょう」

とさっさと抜いてしまっていたのです。



骨がしっかりあるうちに
歯を抜いてしまっているので
骨は溶けずにちゃんと残っています。





しかし

今は、どんなに歯がグラグラになっていても

骨がどんどん溶けていっていても

歯を抜かずに治療しましょう
歯を残しましょう




という流れですので

ご本人の自覚がないうちに

どんどんどんどん

歯をささえていた

骨は溶けてなくなっていっている
のです。





骨が健康な人の半分以下の薄さにまで溶けてしまってから

やっと歯を抜きましょう、

となります。





しかし

もうその時点では

遅いんです。





手遅れ、なんです。






歯はグラグラ

そして、その土台となる骨は

もう、手のうちようがないのです。





現代人の場合には

極限まで歯を残すために

その周囲の骨を失ってから

歯を抜くという状況になっております。







ですから歯がないだけでなく

歯を支えていた骨までなくなっているのです。







入れ歯を作ったとしても
すぐに合わなくなるのです。




土台あってはじめて

安定するのが

入れ歯です。





歯を抜きたくない

歯を抜くのはいけないこと





という情報だけに

まどわされ

一刻もはやく抜歯しなければいけないような歯でも

歯を抜く時期を遅らせてしまったり

歯を抜かずに放置してしまったり

していることで

多くの方は、一番大事な歯を支える骨を

どんどん失っています。





もちろん

残せる歯は残します。

しかし、判断し、一刻も早く抜かないと危険だ

という歯は抜くことをおすすめしています。







私達日本人の寿命は伸びました。

100歳まで生きるなんてことは

珍しい時代では、なくなりましたね。







食べることは死ぬまで続きます。





食べるために

噛むために

大事なのは歯を支えている骨が

しっかりあること、です。





歯周病は

他人事では、ありません。





ほとんどの人が今では知っている「歯周病」です。



だけどほとんどの人は

「自分には関係のない話」と思っているのが

歯周病でも、あります。



まだ30代だから

痛くも痒くもないし

歯磨きちゃんとしてるから



しかし、

歯周病は

自覚症状はありません。

静かにしのびよるサイレントキラーです。





実際に

吉本歯科医院にお越し下さる多くの方が

「え?歯周病なんてどこでも言われたことなかったけど?」

「え?私の骨、そんなに溶けてなくなってるんですか?」

と驚かれます。



正しく

歯周病を知って欲しいと思います。



知って頂くだけで

歯だけでなく
骨を残すことができます。




原因を突き止めることで

無駄な治療をしなくてすみます。

原因を取り除かない限り再発を繰り返すのです

2020.05.30歯が痛い!その原因は「咬合異常」かもしれません

香川県高松市の
かみあわせ専門
吉本歯科医院の吉本彰夫です。
kamutoitao.jpg

歯が痛い!
食べるとキーンと痛む
歯が浮いたような痛みがある
液体が口の中に入ると、神経に触るような痛みを感じる


このような症状を抱えて
吉本歯科医院にご相談にお越しになられる患者様がいらっしゃいます。



患者様は「虫歯だと思う」
とおっしゃられます。


ばい菌が中に入り込んでいるのでは?と想像され
来院されます。



しかし、お口の中を診させて頂くと8割の方が
「咬合異常による破壊的な力」が原因で
歯が痛み出しておられるのです。

hakai500.jpg

力?


そんな話は聞いたこともない、
という方もいらっしゃいます。



しかし、吉本歯科医院でマウスピースをお作りになられ
日常的に使って下さっている患者様であれば
お分かりになるかと思います。


 
噛む力が歯を破壊する
ということを多くの方はご存じありません。


知らないために、
歯が痛くなると
虫歯ではない?
と思い
近所の歯医者さんに行って
「痛い部分を削って詰めて治す」という治療を
行ないます。




しかし、歯が痛い本当の原因は
「咬合異常」つまり咬み合わせ異常による破壊的な力ですので
歯を削って詰めてもまた
しばらくすると同じように痛みはじめるのです。


 
歯が破壊される原因は
ばい菌だけではありません。


咬み合わせ異常によりあなたの歯は簡単に破壊されます。


どんなに歯磨きをしていても
どんなに定期的に歯のお掃除に通っていても

咬合異常による破壊的な力による
予防策をとっていない限り、あなたの歯の寿命は短くなる一方です。



これは吉本歯科医院の
歯の破壊を防ぐ咬合安定マウスピース
です。
hasetsu.JPG

この方はマウスピースを作成しなんと6ケ月もたたないうちに
このように真っ二つに割れてしまいました。


「先生!大変です。マウスピースが割れちゃいました」
と来院されました。


マウスピースは割れたら修理すればいいんです。
穴が空いたら補填すればいいんです。


でも、ご自分の歯だったら?
歯が割れたら?⇒抜歯です。
歯が折れたら?⇒抜歯です。
歯に穴が空いていたら?⇒歯の神経を取るか抜歯です。


つまり
マウスピースがこのように真っ二つに割れるほど
「噛んでいる」という証拠です。



マウスピースはあなたの歯が破壊される
身代わりとなっているのです。



力がかかる最も危険な時間帯は
寝ている間です。


男性であれば噛む力200キロ
女性であっても噛む力100キロと報告されています。



によって歯が破壊されるということと
あなたの「あたりまえの常識」として
脳にインストールして下さい。


歯の治療で最も重要なことは
かみあわせ、です。

2020.05.29意外と知らない入れ歯が合わなくなる理由

入れ歯をお使いの方は使い始めてしばらくすると
必ずこのようなお悩みに直面します。
 
①調整してもすぐに合わなくなる
②ガタガタして口の中で入れ歯が動いて痛い
③入れ歯安定剤を使わないと落ちてくる
④口の中で動いてとても噛めない
⑤人前で話している時、外れて落ちてしまう


程度の差はありますが、
入れ歯は必ず「合わなくなる」時が
やってきます。

入れ歯が合わなくなる原因は
入れ歯そのものが変形したわけではありません。

多くの方は「入れ歯が変形した」
と思い込んでおられます。

違うんです。

変形したのは入れ歯ではなく
入れ歯を入れていた
あなたご自身の歯茎とその下にあるです。


入れ歯を使っていると骨が溶ける
というお話を聞かれた方も
いらっしゃると思います。

意外と知らない入れ歯が合わなくなる理由
ご覧下さい。

2020.05.28歯の掃除だけで歯周病は予防でするのですか?

香川県高松市の

咬み合わせ専門歯科

吉本歯科医院の吉本彰夫です。



このようなご相談の患者さんが来院されました。


歯科医院で先生に

「あなたは歯周病だと言われた。

歯がぐらぐらしているので歯を抜かないといけないと診断された。

歯を抜いた後、どのようにすれば他の残っている歯を予防できるか?


これは本当によくあるご相談です。


揺れている歯がある場合には

クリーニングをしてもほとんど揺れは止まりません。


実際、ご相談に来られる患者さんの多くは

これまでも普通にブラッシングや

定期的な歯科検診はなさってこられた方も多いのです。



しかし、

今回

「歯周病で歯を抜かないといけなくかった」

のです。



歯周病菌だけが原因で歯周病になっている場合には

しっかりとお口の中の菌を減らすことで

これ以上悪くならないように維持することができる可能性もございますが


「歯周病で歯を失った」場合には

そもそも今回歯周病になられた根本原因

まずは

きちんと突き止めることが大事です。




歯周病によって骨が溶ける原因は2つです。


1、口の中の細菌によるもの(細菌感染)

saikin.jpg

2、噛み合わせから起こる「破壊的な力」(外来的要因)

domiojpg.jpg


今まで掃除をきちんとしているにもかかわらず歯の揺れがとまらない、

のであれば

1、ではなく、2の噛み合わせから起こる問題

または1、2の組み合わせが原因であることが多いです。



詳しくはこちらをご覧下さいね

https://www.8181118.com/director/2016/02/post-109.php

歯周病って、骨が溶けてなくなる病気なんです。



さあ、では

原因2の、かみ合わせからくる破壊的な力をお話します。



重たい物を持つ、

futan_s.jpg
重たい物を支える、
domiojpg.jpg

というふうに考えていただくと分かりやすいです。


一人で重たい物を支えるよりも

二人、二人よりも三人、三人よりも四人のほうがいいわけです。

nakamas.jpg

それぞれの一人に対する負担が減るわけです。


歯の数は親知らずを除くと28になります。

koukuu6.jpg

親知らずを含めると32になるのです。

そもそもなぜ神様がこのように人間に歯を多く作られたのか?


歯がそれほど丈夫なものであれば、そんなに本数いらなかったのではないでしょうか?


つまり人間の食生活においては28本は必要だと考えて、28本作られたのだと思います。

shiniasyokuji.jpg

ですから

すでに「歯を抜かないといけない」ということになった

ということは本数が減るのです。


重たい物を運ぶと思って下さい。

例えば車で運ぶ場合、タイヤは4ですよね。

car.jpg


では次に

4本のタイヤの普通の車には乗せられないような大きな物、重たい物を乗せると思って下さい。


トラックやトレーラーなどタイヤがいっぱいなもので運びます。

trac7_s.jpg


その大きなもの、重たいものを車の上にポンと載せてみたらどうでしょうか?


タイヤが悲鳴を上げますよね。

パンクしますよね。

pank_s.jpg


お口の中の歯も同じことが起こっているのです。


すべて噛む為の道具のです。


噛むための

ご自身の歯

被せ物、

ブリッジ、

入れ歯(義歯、総義歯)、

インプラント、

すべて道具なのです。



本来受け持っている力以上の力を受け持つと

簡単に壊れてしまうのです。

kosyou.jpg

歯がグラグラしている。

歯周病で歯を抜いた後どうすればいいのか

というご質問をよくいただくのです。


歯がグラグラしているというのは動いているということですよね。

gura.JPG

何か噛んだ時、歯は動くんです。


というこうとは、それは力を支える能力が実はあまりないんです。

弱いんです。


つまりどういうことか?


車でいうとタイヤがパンクしている状態だということです。

pank_s.jpg

当然パンクしているわけですから、ないのと同じです。


残っているタイヤに負担がいっているのです。


トラックやトレーラーでないと運べないような物、重たい物、大きい物、それを普通の車にポンと載せたら耐えられないわけです。

domiojpg.jpg


確かに車でも重たい物を運べるのかもしれない。

でもそのような限度を超えたような物は運べないのです。


言うなれば、車で運べる荷物の量は限られている。

トラックやトレーラーでないと運べないような物はそもそも運べないのです。


運ぼうとすると次々壊れていくのです。


もちろん昔食事できていた物と同じ物を食べたいという気持ちはよく理解できます。

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s.jpg

家族みんなと

お友達と一緒のものを

同じように噛んで召し上がりたい

というお気持ちよくわかります。


しかしながら

残っている歯の現状、

残っている歯の本数であったり、

残っている骨の量だったり、

揺れているのか揺れていないのか、

生きている歯なのか、

死んでいる歯なのか、

という状態によって

噛める物、

噛んでもいい物が

変わるのです。


歯の神経を取るから

噛んでも痛くないから噛んでもいいというわけではないのです。


確かに噛むということは良いことです。


噛むということによって脳への血流量が増し、筋肉が動く、ということによって脳への刺激が強く脳を活性化させる。

つまり噛むということはすごく大事なことです。


しかしながら堅い物を噛むと歯は骨はやられてしまいます。


つまり噛んで大丈夫な方が噛んでいいのです。

その限度を超えた噛み方をすると、実は非常に危険なのです。


「歯を抜いた後どのようにすれば良いのか」

本数が減っているわけですから、その本数分増やしてあげればいいわけです。


例えば

インプラント治療のようになくなった歯の本数分、そこを支えられる本数のインプラントでもって支えるということが一つ。


もう一つはもうすでに揺れているわけですから、

すでに他の歯に対して負担が掛かっているわけですから、

今のお食事そのものが実はご自身の歯にとって耐え切れない力だということを知ってください。


今の食生活そのものが非常に危険なのだということを知ってください。

stop4_s.jpg

ご自身では「その食事は硬くない」と思っていらっしゃるかもしれません。

硬いかどうかを判断するのはご自身の頭ではなく、ご自身の歯なのです。


頭では「これくらい大丈夫だろう」

と認識されていても

確実にお口の中の歯は壊れていっているのです。


以前に食べていた物よりもやわらかいもの、出てきた食卓の中でやわらかいものを選んで食べている、であればいいということではないのです。


今のご自身の歯にとって十分余裕をもって耐えられる食事なのかどうかということが大事なのです。

zousui_s.jpg

ですから今すぐにその食事の質を変えるということがすごく大事なのです。

歯を抜いた後、傷が治るには時間がかかります。

期間がかかります。

その間も残っている歯にはものすごい負担がいっているのです。


傷が治るには休養というのが必要なのです。

足が骨折をして、その足を治すためにギブスをして、

その傷が治るまで動かさない、動かない、力がかからないようにする。

この休養がすごく大事なのです。

gibusu9_s.jpg

ギブスをしてそのままマラソンに出たら当然壊れるのです。

傷が治り、治療が終わるまでは走ってはいけないのです。

この2点はとても大事なことなのです。





「あなたは歯周病だと言われた。

歯がぐらぐらしているので歯を抜かないといけないと診断された。

歯を抜いた後、どのようにすれば他の残っている歯を予防できるか?



予防するためには

今の現状の歯に対して

これ以上負担をかけないような

お食事の質を変えて頂くことがとても大事です。



「硬いものを食べないで下さい。」

「お食事の内容を変えて下さい。」

「できるだけ柔らかいお食事に変えて下さい。」

こんなお話をあなたは聞かれたことは、ないでしょうか?

硬いかどうかを判断するのはご自身の頭ではなく、ご自身の歯なのです。



歯周病と診断された方

歯を抜かないといけない診断された方

すでに多くの歯を失ってしまった方

まずは、

ご自分が「歯を抜かないといけないと診断された」根本原因

歯周病だと診断された根本原因を

お知りになって下さい。


歯を抜かないといけない

と診断された方は

まずは、ご相談下さい。

現状をきちんとお知りになる、それが最も重要なことです。




日本補綴歯科学会専門医 香川県 高松市 吉本歯科医院

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 歯を削る前に知っておきたい7つのこと。メールセミナー全7回 インプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • インプラント治療をする前に患者さん側が確認しておくべき5つのことインプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 合わない痛い総入れ歯でお悩みの方へ固定式入れ歯 インプラントオーバーデンチャー 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 診断が変われば治療は変わる 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 歯の予防 PMTC 歯の定期健診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 働きやすさが自慢の職場 子育て支援 吉本歯科医院 香川 高松
  • オール・オン・フォー All-on-4
  • 吉本歯科医院の「治療の特徴」
  • 歯科医師の採用について
  • newsletter
  • movie
  • 患者さんからのお便り
  • 無料メール相談・お問い合わせフォーム
  • メディア掲載実績・講演依頼
  • 歯科医院の方はこちらをご覧ください
  • 院長ブログ
  • マネージャーブログ
  • カウンセラーブログ
  • コンシェルジュブログ
  • 香川 高松市 吉本歯科医院 コンセプト
  • 当院のインプラント治療の特徴
  • 香川 高松 吉本歯科医院 自覚症状をお持ちの患者様へ
  • 香川 高松 吉本歯科医院 症例 事例

治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!