吉本歯科医院

087-818-1118

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

歯を抜きたくない削りたくない方、薬で治す虫歯治療、歯周病治療、インプラントや入れ歯治療なら咬み合わせ専門歯科の吉本歯科医院。香川県高松市。

香川 高松 吉本歯科医院
治療メニュー
  1. 1)インプラント
  2. 2)薬で治す虫歯・根っこ治療
  3. 3)歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎
  4. 4)削らない治療・接着ブリッジ
  5. 5)マウスピース矯正・
    目立たない矯正
  6. 6)審美歯科・歯を白くする
  7. 7)予防治療PMTC
  8. 8)顎関節症・顎が痛い
  9. 9)金属アレルギー
  10. 10)入れ歯
  11. 11)治療価格
  12. 12)親知らず
  13. 13)噛みあわせ
ホーム > 香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

2015.01.24新規のご予約の患者様へ

現在のご予約状況です.(2015年1月24日現在)


2月13日(金)9時15分よりお受け致しております.
初診の患者様は1時間30分程度お時間を頂きますので
夕方のご予約最終受付は16時半までとさせて頂きます.


土曜日をご希望の場合
現在大変混み合っており,3月7日(土)より
お受けしております.



ご予約につきまして
もし,ご予約日までにキャンセルが出ました場合
ご連絡させて頂くこともございます.
ご希望の方は,「キャンセルが出た場合には連絡を欲しい」と
受付スタッフにお申し出下さい.
その際には,ご連絡が取れますお電話番号をお知らせ下さい.


患者様のあたたかいご理解とご協力に
心より感謝申し上げます.


吉本歯科医院 マネージャー吉本委子








2014.12.22新規のご予約は2015年1月19日(月)よりご案内させて頂いております。

吉本歯科医院へ新規でご予約頂く患者様へ

 

現在、年内診療日および、新年1月17日までご予約枠が埋まっておりお電話を頂きました方には

大変ご迷惑をおかけしております。

新規でご予約を頂く場合には、2015年1月19日からのご案内をさせて頂いております。

お一人お一人の患者様にしっかりとした治療とご説明をお受け頂くため

どうぞご理解を頂きますようお願い申し上げます

 

また、土曜日をご希望の場合には、1月はすべての土曜日のご予約枠が

埋まっております。

月曜~金曜日でのご予約であれば比較的おはやめご案内ができるかと思いますので

どうぞご検討下さい。

2014.12.05リタイヤ前にやるべきだった後悔トップ20

当院に長年お越し下さっている患者さんから日経プレジデントの雑誌を

頂きました。

「ここ、ここ。ほらここ、ここ」

と見せて下さった記事は

「リタイア前にやるべきだった」後悔トップ20

SBSH0664.jpg

老境に入った時、あなたは「わが人生に悔いなし」と思えるだろうか?

55-74歳の男女1000人に聞きました、という記事でした。

 

健康面、お金と暮らし面、仕事と人間関係

3つのわけてトップ20を紹介しています。

 

バブルの時に株で大損。さっさと見切って家のローンに回せばよかった。

転職を簡単に考えなければよかった。運は下がるものなのに・・・。

無理してでも進学しておけばよかった

腰掛のつもちで勤めた会社に定年まで勤めてしまった。他の空気も吸っておけばよかった。

離婚のチャンスを逃してなかったら確実に人生は変わっていたと思う

子供にもっと愛情を注いでいたらこんな淋しい老後生活ではなかったかも

親に逆らってでも好きな仕事をすればよかった

旦那はいらないが子供だけは欲しかった

夫婦でもっと話をしておけばよかった

子供をもっと厳しく躾けておけばよかった

退職後も働けるようスキルを磨いておけばよかった

 

いろいろ、あるんです。

 

その中で、健康部門後悔20です。 SBSH0665.jpg

なんと「歯の定期健診を受ければよかった」

が一位!

 

解説です。

「特筆すべきは、みなさん口を揃えて、歯を大事にすればよかった、と言うこと。

歯はよほど痛くなれば放置しがちだが、聖路加国際病院理事長の日野原重明先生

によると歯の健康を保つことこそ、長寿の秘訣だという。

歯と歯茎の間からバイキンが入って歯周病になると、その菌が全身を巡ってインスリンの

活動に障害を起こし糖尿病の原因になることが最近わかってきました」

・・・と、あるのです。

実際、私共にお越し下さる患者の皆様のお話を毎日うかがっていると

歯がない

噛めない

ということが、どれほどおつらいことか

ということが想像として、わかります。

 

しかし、あくまでも、想像です。

 

お刺身が噛めないのよ

何食べたって美味しくない

味がしなくなった

入れ歯が合わなくていつも口内炎ばかりできてつらい

あんなに好きだった肉も噛み切れない

など、

おつらいお気持ちをお話下さった時、

想像するしか、ないのです。

 

皆様しみじみ

ここにきておっしゃられることは

「歯は、抜けてなくなってみないと

そのありがたさがわからない」

「噛むことがこんなに大変なことだったなんて

歯がなくなるまで知るよしもなかった」

ということです。

 

私は今41歳ですが、もし歯科にかかわることなく

ずっと年を取り続けていたとしたら

きっと歯の定期健診など、行く意識などなかったし

虫歯ができたら歯医者さんにいって削って銀歯つめてもらえばいい

くらいのものだったと、思います。

 

それが何の因果か

結婚した人がたまたま歯医者さんだったので

歯科に関わるようになり

毎日毎日、お越しになられる

歯を失った患者さん

今まさに歯を失おうとしている患者さんの

リアルなお話を見聞きするにつれ

「歯は何よりも大事なもの」

という意識が私の脳ミソに組み込まれました。

 

皆様、

定期健診は、お受け下さい。

そして、

歯は死ぬまで動き続けます

そして、

歯はどんどん磨り減っていくものです

ということを

知って下さい。

 

私は、知らなかったので

知ってからは

私が生きている寿命のうちで

私自身の歯をいかに長持ちさせられるか

ということをいつも頭に入れています。

 

当院に長く起こし下さっている患者さんも

いかにご自分の歯を長持ちさせることが大事なことかを

知って下さっている方は日々のお口のケアの習慣が

何もご存知でない方とはまったく違います。

 

私が、今、毎日やっている歯の習慣です。

おそらく、あと40年生きるとして、40年間毎日やり続けるであろう

習慣です。

習慣ですので、もはややらないと気持ちが悪い行為です。

 

朝、目が覚めると

まずは、つばを飲み込む前にうがいです。

口の中にお水を含み、喉の奥までガラガラとうがいです。

 

朝おきた時のお口の中には

なんと10グラムのうんちに匹敵するほどの、バイキンが存在しています。

うがいをせずに、朝起き抜けに冷たい水をゴクリを飲み干すことは

朝、10グラムのうんちを飲み込んだことと同じです。

(はい、汚くてすみません)

 

食後にはソニッケアという音波ブラシで

歯を舌で舐めてつるつるになるまで磨きます。

この「舌でなめてつるつる」という感覚は一度味わうと

普通の歯ブラシには戻れません。

 

ソニッケアの前には

ウルトラフロスで歯と歯の間のゴミを根こそぎ

取ります。

青ノリとかでてくると

嬉しくなります。

 

 

そして眠る前には

口の中をピカピカにしてから

マウスピースをします。

マウスピース

私は下顎マウスピースを使っています。

 

ものすごく忙しい時期や

睡眠不足にストレスが続いている時には

このマウスピースのスリ減りが早く

穴が空いたり、割れたり、します。

ワイヤーが入った硬いマウスピースですが

それでも、大きく穴が空いてしまいます。

 

私の歯が磨り減る代わりにこのマウスピースが私の歯の身代わりとなって

磨り減ってくれていることが

毎朝確認できます。

なので、愛おしい。

「ありがとね、マウスピースちゃん。わたしの歯の身代わりにこんなに磨り減っちゃって・・」

と話しかけること日常です。

さらに

私の前歯4本はセラミックスなので

watashi.jpg

夜寝ている間にかみ合う力によってグイグイ噛みこみ

前歯が前に飛び出さないようにするためにも

マウスピースは必須です。

 

さて、マウスピースを装着すると

いよいよ

口にテープを貼ります。

テープを貼ると話せませんので、寝る寸前です。

 

口にテープを貼って口を強制的に閉じることにより

自動的に鼻呼吸に切り替わります。

私はこの口テープの習慣により

あんなに繰り返していた口内炎と喉の腫れは

一切消えました。

 

あらゆる病気のもとは口から入ってくる

というのは、これ本当ですね。

 

自宅では毎日この習慣を繰り返し

定期的に歯科衛生士さんにお口の中をクリーニングしてもらいます。

噛み合わせの状態も定期的にレントゲン撮影し

1年前と同じ場所に歯があるか、磨り減ってないか等が

確認できます。

 

金属アレルギーを引き起こす原因のある

保険の銀の詰め物、アマルガム等もあと2ケ所を残し

すべてノンメタルの白い詰め物に変えました。

 

これらのことは

すべて

自分の歯で85歳くらいまで

美味しいものをちゃんと噛むことができるために

10年前よりはじめた新しい習慣です。

 

この新しい習慣を知らなかったとしたら

私はもうすでに45歳くらいで

かなりの虫歯や歯周病におかされていたのでは?

と予想されます。

 

それほど、口の中に対する意識や知識は

ゼロに近いレベルでしたから。

 

ちなみに

歯の定期健診を受ければよかった

が一位で第6位には

髪を大事にすればよかった

も、あります。

 

若い頃には

やはり見た目重視なので

色やデザインにこだわります。

カラーもパーマもがんがんやってるうちに

なんと女性も薄毛に悩むそうです。

 

60歳近くになってはじめて

「ああ、なんでもっと髪を大事にしなかったんだろう」

と、悔やむのだそうです。

 

あの人と結婚しとけばよかった

とか

もっとやりたいことやっとけばよかった

など、

どっちを選んでも結局は選ばなかったほうに未練が残る系の後悔とは

質が違うのが、

健康や肉体に関すること、です。

 

健康については

正しい知識と、新しい習慣を教えてくれる人や場、きっかけさえあれば

いとも簡単に自分の生活に取り込めるものです。

 

たった3分程度の毎日の習慣が60歳以降の

幸福感、生活の質のレベルを

確実に高めてくれます。

 

歯は大事です。

私共の医院にこられて

お口の中の写真、歯茎の状態、歯を支えている骨の状態の写真を

ご自分の目でみて説明を受けてはじめて

「え?こんなことになってるんですか?」

と、驚かれることって本当に、多いんです。

「なんで、もっとはやく教えてくれなかったんだろう?」

「なんで、もっとはやく・・」

こういう言葉をお聴きしない日はないほど、です。

私も30代までは

口の中のトラブルなんて考えたことも、ありませんでした。

 

でも、50代、60代になってくると

皆様一様に、「なんだか、一気に崩れていた感じ」とおっしゃいます。

 

小さな小さな習慣が

本当に大事です。

 

歯が今と同じ位置に、同じような高さで、ある

ということは

すごいことです。

歯は日々磨り減っていってます。どんどん高さも減ってきます。

お肌と同じで、

5年後も同じ状態で維持することができていれば

これはすごいこと、です。

なにせ、すごいスピードで水分は減って老化をしているわけですから。

 

歯を噛める状態で死ぬまで維持し続けること

自分の歯で噛めるように歯を失わないようにすること

とても、大事です。

 

「あの時、ああしておけばよかった」

と後悔しないように、お一人でも多くの

患者さんにお伝えしたいと思います。

歯科治療に最も重要なのは「噛み合わせ」

https://www.8181118.com/menu/13kamiawase.php

2014.11.21なわばりに入ってきてもいい関係

DSC_0695.jpg

先週の母性型勉強会です。

やっと、書けました。。。

年末が近くなってきたからでしょうか。

院内毎日戦場のようになっております。

走っちゃいけない、

優雅に歩こう

なんて言ってる私が一番バタバタしてるそうです。

 

今回から吉本歯科医院の2階、私達がいつもミーティングをしている場所を使っての勉強会。

肩と肩が触れる距離での「やりとり」

 

距離って大事です。

 

ところで「なんとなく気が合う関係」

というのはどういうものでしょうか?

 

気が合う

気が合わない

気づまりする

話がもたない

 

これらは

なんとかく身体が感じていること。

でも、「じゃあ、なぜ?」と理屈で説明しなさい

と言われたら

明確に、「◯◯ゆえに、今日は雰囲気が悪いのだ」

とは説明することは難しいもの、です。

 

「なんとなく気が合う」

「なにかにつけてよく会いたがる」

「会うと意味のない会話で何時間でも話してる」

 

ってことは、

女性のみなさんなら、体験があることだと思います。

 

第3者が聞いたら

「で?何?」と言いたくなるような

意味のないような内容で盛り上がってたり

大笑いしてたり。

気が合う関係には言葉はあまりいらないことが

多いのです。

逆に言えば

説明言葉がたくさん飛び交ってるような関係は

心の距離は恐ろしく遠い、ということ。

 

気が合った人同士で盛り上がってる時

説明しなきゃいけない

意味がある話をしなきゃいけない

って人がいきなり入ってくると

その場が一気に白けたり、盛り下がったりします。

 

一緒に仲良くご飯食べてたのに

いきなりツボを売り込まれるようなもの、です。

 

気が合った人間同士が一緒の場にいると

①やたらくっつきたがる

②「やんもうっ!」などと喜びなが相手の肩や背中を触っちゃう

③リラックスしてる

④息があってるので、同時に同じことを話しだしてしまう

⑤会話の中に深い意味はほとんど、ない

 

こういう近い距離感の関係の人が

いつも自分の周りにいると

これはもうとっても楽チンで、人間にとってはすごいエネルギーチャージと

なります。

 

いわば

「私のなわばりに入ってきてもいい人」

ということです。

そして、相手のなわばりにも入れてもらえている関係。

 

本当に心の距離が近しい関係になると

言葉はほとんど、無意味です。

表情見てたら

「ああ、嫌なんだろうな」

「ああ、好きなんだろうな」

「今、こうしたいんだな」

ってことがわかります。

 

関係性がない人同士だと、

言葉がたくさん、いるんです。

説明がたくさん、いるんです。

説得するのに、1000ほどの言葉や説明がいるんです。

 

 

しかししかし

私達が生きてる今の社会は

どんなお仕事の場でも、学校教育の場でも

説明責任、です。

「聞いてない」「言ってない」ではすまされないよ、という時代。

だから、しっかり責任を果たすため、

私達は、

「え?そんなことまで?」ということまで

言葉にして、書面にして、ひたすら説明し

相手の承諾を得なくちゃいけません。

 

ものすごく疲れるし

ものすごく非効率的

 

でも、そんなことを言ってられないので

責任感を持って皆、しっかりやっているのです。

 

誰かと接した時

パッと今までの疲れが吹っ飛んじゃった

って体験はありませんか?

 

私はそんな体験がよくあります。

一日中神経遣ったなあ・・・

今日出かける約束だけど、家で寝ときたいなあ

って思った時でも

いざ出かけてみて

気が合う人達の中で2時間3時間と交流すると

「あれ?あんなに疲れてたのに不思議」

と背中に羽が生えたようになることが、あるんです。

 

神経遣って脳みそが疲労起こしてる時って

きっと自分の発散できてない時なんです。

 

聞いてくれる人がいたり

共感しあえる人がいたり

身体の中にこもった怒りやグレーな感情を

「うんうん、わかるわかるーー」なんて吸い取ってくれちゃったりする人がいると

もう一瞬で復活しちゃいます。

 

 

だから人間は気が合う、合わないって本当大事です。

自分ひとりで健康になろうなんて

無理な話なんです。

 

人は人と関わって生きてるから人間関係

なんて立派なお話なのではなく

本当に、気が合う人と会って、会話や触れ合いといった

ゆるやかーなコミュニケーションにより

本当に精神疲労だって回復していくんです。

 

自分以外の周囲の人達にかならず影響を受けて

または自分も与えて、生きてるんです。

そして、その関係が

「気づまりせず、心地いいわ」と思える関係であれば

その影響は自分の肉体の健康度に表れます。

 

だから、自分にとって「会うとスカッと元気になる」

とか

「さっきまでブルーだったのが嘘みたい」

とか

「ま、なんとかなる気がしてきた」

なんて思えちゃう人との関係は

自分を元気にする命綱なんです。

 

充電器です。

 

それを、相性と言ったりもするんです。

相性は、いつもいいとは限らず

自分の状態と相手の状態にもよるんです。

 

こっちはいいけど、相手の状態が最悪の時は

「気が合わない」となってしまうんです。

 

だから、

相互に「なんか自分たちって、相性よくない??」と思わずにやけちゃう瞬間

があればそれはもう奇跡のように幸福な瞬間です。

 

で、そういう瞬間はずっとは続かないので

そんな瞬間があればラッキー。

 

人は悩みます。

私だって毎日のように悩みます。

ただ、夢中で仕事してて時間を忘れてる時は

「悩む」という時間が脳ミソにないので

悩むことができません。

 

それが、いんだと思います。

 

人間関係で悩んで

なんだか暗い迷路に入ってしまうと

どんどんどんどん

自分だけを責めちゃいがちです。

 

「みんなとうまくやれないのは自分のせい」

「あの人と仲良くやれない自分は幼稚?」

と、どんどんどんどん自分を責めちゃう方向にいってしまうんです。

特に女性はその傾向強し。

 

誰とでも仲良くできなきゃいけない

誰からも好かれないとダメ

というどっからかふってきた洗脳のせいだと、思うんです。

 

誰とでも仲良くできたらいいけど

誰からも好かれたらいいけど

そんなことは、無理です。

自分以外の他人さまの好き嫌いを自分の力でどうにかすることなど

できないのです。

 

社会では

そして仕事をしていくうえでは

誰にでも上手に対応できた方が、

自分は楽です。そして、楽しい。

だから、その技を訓練して身につけたらいいと思うのです。

 

仲良くしようとするとしんどい。

好かれようとするとしんどい。

だから、

自分は誰とでも付き合える

好き嫌いは別の話です

となると

いろんなことがとっても楽です。

 

好きじゃないのに、好きだといわなきゃいけない

とか

仲良しじゃないのに、仲良くしないといけない

という矛盾で

ものすごく苦しんでる若い人の話聞いた時に

そんなこと、思いました。

 

どんな人がきても

向き合っていける

というのが一番楽です。

 

その上で、

気が合う、お互いの縄張りの中に入り合える関係や

場がちょこちょことあったら、

結構きつい世の中になってきても

超ハイテンション元気にはならなくても

凹んだり落ち込んだりてる波を

ニュートラルなところにもっていくことは

できます。

 

 

今回の母性型勉強会

ホテル開催なら21時きっかりに会場を出ていましたが

我が医院ですので、エンドレスで

話が続いてしまいました。

 

次回より、

お帰りを急ぐ方は、「そろそろ子供が待ってるので帰ります」

と手を上げて下さいね。

 

次回勉強会は

12月17日(水)18時半~21時です

場所は吉本歯科医院2階ミーティングルーム

会費:2000円(軽食付き)

お申込は

http://boseinomonosashi.com/ 

DSC_0661.jpg

 

DSC_3.jpg

2014.11.18叩いても割れない。凹んでも中から叩けばすぐ治る 母性型勉強会は明日です。

さっき、小学校でいいお話を聴かせてもらいました。 

 

ゲスト講師のこだま先生は

「あたし、大阪の人間なんです」

と歯切れよくグイグイお話してくれました。

教育界で

学校の先生や

保護者などから

あらゆるハードな問題が持ち込まれる現場にいらっしゃるそうです。

ハードな問題とは

モンスターペアレンツや

学級崩壊のリアルな相談です。

 

そんな中から

「お母さん、子供をたくましくそだてましょ」というお話を

それはそれは面白く

お話して下さいました。

 

子供時代は心の器を作る土台となる大事な時期なんだそうです。

器には2種類あって

ひとつは、200ccくらいのガラスの繊細なコップの器

もうひとつは、3~4リットルくらいはいるブリキの器

 

  

ガラスのコップは熱湯がいきなり入ってきたり

200cc以上の水がいきなりガッと注がれちゃうと

割れちゃうんです

 

でも、大きなブリキの器なら

少々熱いもの入ってきても大丈夫

外からガンガン叩かれたとしても

中から「エイッ」と叩きなおせば、ちょっと見栄えは悪くなるけど

もとに戻ります。

 

 

面白いなあ

と思いました。

 

これも、イメージだと思うのですが

自分の心の器はガラスなんだ、と思い込んでいると

何かあったらすぐダメージです。

ダメージなのですぐに身心ともに凹みます。

 

でも、

私の心ってば、

いつの間にかこんなに頑丈なブリキ缶みたくなちゃってるわ

あっはっは

って思い込んでると

少々のことが起こっても

「ま、これでまた頑丈になるわ」

とか

「いきなりの熱湯で、むしろ分厚くなってしまいました」

とか

叩きこまれる=ますます頑丈になる

という風に自分の脳みそが解釈してくれると思うのです。

 

もう、

「むしろ、叩かれ待ち??」

くらいの気構えです。

 

 

心は自由自在です。

自分が自分のことをどう思っているのか

がとても大事です。

 

こだま先生は

日本の若者、小学生も含め

こんなに自尊感情がダントツに低い国民はいない

とおっしゃっていました。

 

アメリカ、ヨーロッパ、中国は

ダントツに高いそうです。

 

自尊感情とは

「私は愛されている人間だし

私は、大切な存在だし、私は何よりも私を大好きだ」ということを

自分自身が「あたりまえのように」思っている

ことです。

 

わざわざ

「自分を好きになる」

「自分を好きにならなければならない」

という言葉を持たなくても

自然と自尊感情がわきあがってくる

ということです。

 

心の中に

自尊感情がたっぷり満たされている時

人は精神的な苦悩に陥ることは

ないんです。

 

自尊感情=愛情

ともいえます。

 

自分が何をしなくても

存在してくれてるだけで

愛しい

もう、愛おしくて大事で大事でしょうがない

と誰かに思われること。

 

自分がたっぷり誰かに愛されていて

自分もまた誰かをたっぷり愛している

そんな心の状態の時

人は、他人に何かを強く要求することは

しません。

 

だって、満たされてるから。

 

満たされてない時、

心の器は、その満たされてない部分を満たそう満たそう

埋めよう埋めようとするんです。

 

他人を自分の思う通りに変えたい

と思うことも

自分の思うように周囲が動いてくれないことを

腹が立つのも

他人が許せないのも

 

そう思ってしまう大元は

自分の心に今、欠けているものを

必死で埋めようとする

渇愛

です。

 

 

人間は

飢え乾いた愛情を得るためには

実はどんなことでもするのです。

 

「欲しいなあ」

なんてレベルのものではなく

「ないと死んじゃう。だから必死で渇望する」

レベルのものなのです。

 

夫婦喧嘩が起こる時も

表面上の原因は

もっともらしい問題なのですが

その水面下には

「なんで、もっと私をわかって大事にしてくれないの?」

「なんで、もっと僕を尊重してくれないの?」

「なんで、私はこんなに頑張ってるのに、なぜそれをねぎらってくれないの?」

という心の叫びです。

 

 

誉めてもらわないと頑張れない

というのも

他人と比較してつらくなる

というのも

すべては

自分の心が他人に「もっともっと」と要求しているから

起こるものです。

 

なので

表面上で理屈の話をもっともらしく話し合ったって

ダメなのです。

 

だって、問題は

そこには、ないからです。

 

文句を言ってる

腹が立ってる本人さえも

気が付かないのです。

 

しかし、ほとぼりがさめ

心に余裕ができた時

後から考えてみたら

「ああ、あの時、あんなに荒れて

あんなに他人に対して腹がたって攻撃してた時って

自分は、心がカラカラだったんだな、余裕がなかったんだな

ということに気が付くのです。

 

あ、これは

私の話です。

 

近しい人と揉め事を起こしている時

口ケンカをしている時には

それより前に、必ず

自分の心に余裕がなくなるようなことがあり

疲れもたまってきているのです。

 

kaisetsu_3.jpg 

だから、ある日ドカンと爆発するのです。

 

感情を小出しにするって

大事なことなんだ、と気が付いたのは

私は30過ぎてから、です。

 

感情をその都度小出しにする

誰かに話す

なんて、ことを私はできませんでした。

 

でも、

大事なんです。

 

特に女性は

感情を溜め込みやすい生き物です。

我慢強い生き物です。

 

自分だけが我慢すればいい

自分が頑張ればいい

こう考えてしまいがち、です。

 

kaisetsu_9.jpg 

しかし、

現実はそうはいきません。

 

努力逆転の法則です。

「こうしなくてはならない」という心の方向で

頑張ったことは

そのぶん、心に我慢と怒りがたまっていきます

 

我慢と怒りは

いつか爆発します。

その多くは自爆です。

 

他人に向けて爆発できる人は

相当エネルギー過剰な人です。

 

自分で自分を爆破しちゃうんです。

そして、自己嫌悪。

陥りがちな、パターンです。

そして、多くの女性がこの自爆パターンに陥るのですが

その自爆パターンを男性にはまったく理解できません。

 

「は?この人、何怒っちゃってるわけ?」

とまったく意味不明なわけです。

パートナーとの関係は

どんどん悪くなり

自分自身もどんどん自信と元気をなくし

甘えられる関係の人には

とんでもなくわがまま放題になってしまうのです。

 

今は、超個人の時代です。

家族の問題さえ、

家族の中で話し合うことなど

なかなかできません。

夫婦の問題もです。

職場の問題も

さあ、話し合いましょうとオープンに心を出すことなど

なかなかできないのです。

 

だから、

場が必要です。

 

「実は、ね・・・」

「こんなことになってて、どう思う?」

って小出しにできる場所。

 

 

心のうちをそっと打ち明けられて

嫌な人など、いません。

打ち明けてくれたなら

なんとかその心のうちのモヤモヤを掬い取ってあげたいと

思うものです。

 

自分が心をそっと開いたことで

相手もまたそれに反応して

パカッと心が開くのです。

 

 

そして

小出しにされた感情をすくいとって

批判されるでもなく

反論されるでもなく

結論を押し付けられるでもない

そういう場が、欲しいんです。

 

小出しにできてる時は

自爆せずにすみます。

 

人はほうっておくと

自爆するようになってるんです。

 

 

yobou_6.jpg

そんなことないわ

私は自分で上手にバランスとれるわって人は

どこかできっと小出しにできる場や人が

ここあそこに、あるんです。

いつも感情が安定してて

ご機嫌な表情を保っている人というのは

どこかで、そういう小出しにできる場や人が

あるのです。

 

強い意志の力で感情をコントロールする

という人もいますが

女性は、というか私はそんなことはできません。

心が楽になると勝手に余裕ができるし

勝手に笑ってるし

勝手に口が誰かを誉めている

勝手に人に笑いかけてるし

勝手に知らない人に声をかけてるんです。

 

勝手に、です。

だから、意志の力より

ずっと楽チンです。

 

 

小出しにして

小出しにして

そうやっているうちに

心の器はどんどん満たされていくんです。

中からぐいぐい大きくして頑丈にしていくんです。

 

 

明日は、母性型勉強会です。

明日は国際ホテルより、吉本歯科医院の2階ミーティングルームに場所を変えて

開催です。

 

母性型勉強会

■平成26年11月19日(水)18時半より

■場所:吉本歯科医院 2階

■会費:2000円(軽食込み)

 

 

私にはタイムリーな明日の勉強会の場、なんです。

では、明日2階をお掃除してお待ちしております。

2014.11.08精神論では前には進めないんですね

例えば

挨拶がちゃんとできない(ように見える)人に

「ちゃんと挨拶をしなさい」

と言っても

言われた本人は

「は?挨拶してますけど」

と、思われておしまいです。

 

 

uehara_3.jpg

人は誰しも自分はできてる

思ってます。

だから、そんな当たりまえのこと

指摘されると

他人事のように

いるいるーーー。できてない人いるよねーー」

と自分は棚上げして

盛り上がってしまうもの、です。

 

挨拶は人と人との基本中の基本ですが

私だって、挨拶はちゃんとしてるって思ってました。

もっといえば、感じのいい挨拶を誰にだって

している、と、思い込んでいました。

 

しかし

先日、塾で

挨拶(入門編)

を教えてもらい

「全然できてないやんかっ」

ということを知りました。

 

私はできてるつもり

私やってるつもり

であり、

完璧にできる

という領域にはいないんだ

ということを知りました。

 

なので

「完璧にできる」領域

いきたいわけ、なのです。

 

私はまず帰って

パソコンに打って

紙に印刷しちゃいました。

 

挨拶ひとつにしても

精神論では前には進めないんだなあ

と思ったんです。

 

精神論大好きですが、

精神論を知って感動して

「よっしゃあーー」と熱くなっても

具体案がなければ動けない。

 

動ける人もいるかもしれませんが

多くの人は、動けません。

3日もすれば感動した精神論も

きれいさっぱり忘れてます。

 

精神論が

具体的行動になって

具体的行動により

何かが変化する

このプロセスが

大事なんですね、きっと。

 

自分はできてる

と思い込んでいることを

あんた、できてないし」

「できてると思いこんでるだけで、できてないし」

ってことを

気が付かせてくれる瞬間に

私、勉強いっててよかったなあ

と思うんです。

また、「よしっ、また、もととっちゃったわ」と

思うわけです。

 

だって、なかなかそんな場ないです。

今は、頭ですぐわかっちゃう恐ろしさ。

「ああ、それ、私できてるできてるーーー完璧ーーだから、勉強しなくていい」

そうなっちゃいます。

できてないのに、できてるような錯覚をおこす自分の頭が

一番怖いわけです。

 

しかし

世の中には

完璧にできてる人と、

できているつもりで、他人から見たらできてない人

しか、いないのです。

 

 

だから、

「そんなことは、もはや完璧にできちゃってる」領域

ってところに、いきたいわけです。

 

では、ご一緒に。

 

さあ、そしてこれが

「THE アイサツ(挨拶)~入門編」

 

①自分から

※たとえば「おはよう」と相手に言われてからそれを受けて「おはよう」と返すのは返事であって

アイサツではない。先手必勝、「先に言われたらおしまい」くらいの覚悟を持って自分から声を発すべし

②声を出して

※声に出さなくても心の中で思ってます、っていう人がいますが、それは通じません。

声は出してなんぼ。相手に届いてなんぼです。

 

③離れたところから

※近づいたところから声をかけるのではダメなんです。

例えば職場のドアをあけた瞬間に一番遠くにいるあの人に離れたところから「おはよう!!」と声を出すことができるかどうか

プチ恥ずかしさとの戦い

 

④後ろを向いている人に

※もくもくと作業をしている後ろ向きの人や、自分の存在に気が付いていない人に

思い切って「おはよう!」と声をかけることができるかどうか

 

⑤苦手な人にも

※いますよねーー苦手な人って。できれば、目を合わせないように合わせないように

したい人ってのが。

しかしそんな苦手な人にこそ、向かっていって「おはよう!」と言えるかどうか

 

⑥返事をしない人にも

※うんうん、いますいます。

アイサツしても無視する人、反応が薄いだけなのか、リアクションが薄くて

アイサツしたのに返事がないーーってこちらが凹んじゃうような人がっ

しかし、そこをあえて攻める!

 

⑦自分のことを知らない人にも

※例えば、パーティ会場には、相手のことを私は知ってるけど、相手は私のことなど知らない人だらけですわ。

しかし、隣り合ったら自分から、「こんにちは」とあえて先に声をかけてみる

 

⑧相手のことを知らない人にも

※私もあなたのこと知らない。あなたも私のこと知らない。

知らない×知らない、が出会うと、無関心で終わるか、運命の出会いになるか

どっちか、です。

 

⑨動植物にも

※今朝も、出勤前に、野良犬に声をかけてきましたよ。

 「ぐっもーにん、ハニー♪」

周囲の目が気になっているようでは、まだまだ、です。

 

⑩モノにも

※車を運転する時も

「車ちゃん、いつも私のために走ってくれてありがとうね」ってハンドルスリスリしながら

走るのと

「このボロ車っ、あーあ、新しい車欲しいなあ」

ってハンドル握ってるのでは

事故率は確実に違うと思います。

 

スリスリすれば、愛情もわいてくるものです。

 

⑪部屋にも

※職場に入る前に深々とおじぎする

※試験会場に入る前には試験会場にアイサツする。

確かに、通っていたスイミングスクールの国体選手たちは、

練習後かならずプールにおじぎしてました。

 

そういうこと、ですね。

 

⑫笑顔で

にやにやではなく、さわやかに

 

 

これで入門編となれば、初級、中級、上級あたりになると

どうなるのでしょう?

男性なら、ハーレム状態

女性なら・・・・

 

つまり

「あの人感じがいいよね」

という印象を他人に持ってもたるためには

精神論だけではだめで

その人の肉体でもって何かしらのアクションを

起こしていなくてはいけないのです。

 

私も、毎朝思うのですが

職場の扉を開けた時に

スタッフの方から、

「あっ、マネージャー、おはようございまーす」って

①向こうから先に

②目を合わせ

③笑顔で

④大きな声で

やられちゃったら、

もうたまんないわけですよ。

 

私などは反応しやすい人間ですので

「もうっ、かわいいーーーっ

好きーーーーっ」

ってチュウしたくなっちゃうわけです。

 

少々のアラなんて、まった消えうせ

可愛くってしょうがなくなる。

 

逆に

シーンとされて

私の方からアイサツしても

目もあわせずボソッと「はよ。。ざいまーす」なんて

言われた日にゃあ

「かわいくないっ」

と不当な怒りを抱いてしまうものです。

 

これは

私の人間がちっちゃいから、ではないんですっ

人間そういうもの、なんです。

 

そういう風に反応するようになってるんです。

 

先に優しくされたら、嬉しいし

先にあったかい心を向けられたら、好きになるんです。

 

そういう風になってるんです。

 

特に

上司を持つ人は絶対に知っておいたらいいことが、あります。

人を雇う立場の人達は

みな、孤独です。

 

 

いっつも、さみしいわけ、です。

私はいろんな経営者の方と交流することで

そのことを知りました。

 

知ったことで

「あ、そうか、自分がなんかさみしいなあ」と思う瞬間は

これのことかあ、ということが自覚できたわけです。

 

そして、院長にも

「あなたも、さぞおつらかったことでしょう」

気持ちを理解することができたわけです。

 

 

だから、交流するて大事ですね。

 

楽しそうに社員同士がわきあいあいしてる中に

入っていきたくても入っていけない

よその社長と比べられるさみしさ

距離を縮めたいんだけど、縮めちゃいけないというジレンマに

みな悩んでいるわけです。

 

弱音を吐きたくても吐けない

強くあらなくてはいけないけど、いっつも強くなんていれらない

人の問題にみんな悩んでます。

 

本当は

自分の会社に来てくれた人を

かわいがりたくてしょうがない

大事にしたくてしょうがない

そういう気持ちを引き出させる人に出会ったなら

もう絶対離さないと、思うのです。

 

孤独がゆえに

人にいつも囲まれているように見え

なんの弱気もなさそうにみえ

実は内面半べそかいてたりするものです。

 

強くなくてはいけない

と思い込んでいる人種なので

弱みをみせることは

極端な話

「死」を意味するほど

難しいことなのです。

 

 

だから、先に、

上司に向って

「THEアイサツ」を実行してくれる存在があったなら・・・・・。

 

そりゃあもう、溺愛モノ

でしょう。

 

無条件で可愛い

無条件で好き

 

人間こう相手に思われてしまう関係が

自分に確かにある、と思える時

とんでもない安心感を得るものです。

 

 

この入門編だけでも

完璧に

「できてるつもりではなく、本当に誰が見ても完璧にできてるわー」

という領域になると

人は、死ぬまで幸せに生きてけます。

 

だって、

好かれるもの。

 

誰だって、人の中に自分の身を置いている時は

不安なんです。

自分だけがはずされないか

自分だけが仲間はずれにされないか

自分のことを好いてもらえるか

みんな、不安なんです。

 

だから、「さあ、こっちへおいでおいで」と自分を快く受け入れて仲間にしてくれる

ところは嬉しいんです。

そして「ねえ、おはよう!よくきたね」って向こうから優しく声をかけてくれる人って

好きになるんです。

 

私達は

ほうっておけば

みんな不安で孤独になるんです。

 

だから、人と繋がりたいんです。

ラインやfacebookだけじゃなく

もっと生の声で、生の感触で、本当に皮膚があったかくなるような

感じを渇望してるんです。

 

だから、

「THE挨拶」なんですね。

 

今、私は小学校のPTAでひんぱんに(といってもたいしたことはありませんが)

学校に行くようになりました。

 

その時、校舎に入ると

子供達は、私の姿が見えるやいなや子供たちの方から

「おっはようございまーすっ」と大声で声をかけてくれます。

 

もちろん知らない子もいます。

みんながみんな、です。

 

そうやって教えてもらっているのか

それともみんながそうやっているから、なのか

わかりませんが

とにかく、受けた私は

気分がいいわけです。

 

どのように気分がいいのかと言えば

「きゃわゆいっーーーーっ」

と愛おしい感情がわいてくるのです。

そこいらの何も言葉を交わさない子供よりも

愛おしさが湧き上がってくるわけです。

そして、なんだか、守ってあげたくなる。

応援したくなる。

 

とにかく、自分の中から

いい感情がどんどん引き出されてくる。

 

学校から帰った後

帰り道でママ友にすれ違って話をしていると

「あれ?私ってこんないい人だったっけ?」って自分で自分に惚れ惚れするほど

優しい人になってる時が、あるんです。

 

ずばり

「THE、アイサツ」の効用です。

 

感じいいなあ、って人が感じるのは

ほんの一瞬です。2、3秒の間に感じとっているそうです。

 

だから何よりも

「いま」この瞬間しか、ないんです。

やるなら、今!

 

THEアイサツの瞬間に

もし、相手も同じように「THEアイサツ」で反応してきたのなら

お互いがその瞬間にパカッと心が開くんです。

そして言葉がいらない世界に入っていくんです。

 

理屈抜きにあいつは好き

なんかよくわからないけど、あの人はいい

 

こんなことが起こるのです。

 

その2、3秒に

「THE、アイサツ」

です。

 

私は、この「THEアイサツ」を

仲良しの歯科医院の奥さんに教えて紙を渡したんです。

するとそこのご主人の院長先生が

「よし、じゃあ、これを従業員に徹底しよう」

と言ったんです。

 

すると

奥さん

だから、あんたはダメなのよ」

と一喝。

 

一喝するあなたは、素敵。

 

そう、「THEアイサツ」は他人に強要しては

いけないのです。

 

 

まずは、自分が

「え?私、入門編はもはや神の領域まで極めてますが?」

というところまで先に行くのです。

こそこそ

ひっそり

独自で

秘密計画で

自分だけで

やるのです。

 

極める。

 

そして、

それを見て

「あのーーー、THEアイサツ、私にも教えていただけませんか?」

と言われるという絵が最高です。

 

 

だって、好きな人のことはまねしたい。

素敵な人のことはまねしたい。

 

人を動かすのに

それいがい、ないです。

特に女性は、「ああ、あの人素敵だな、まねしよ」

しか、ないんです。

 

 

精神論

正論

聴いてるようで聴いてませんから。

 

 

うわあっ

この人素敵っ

って人のことを、見て真似してるだけなんです。

 

同じことしたいですからね。

 

THEアイサツ。

やってみると、「やれてないわーー私」

とか

「意外にシャイなのね、私」

とか

「変なプライド持ってない私?」

とか

「私って、自分から声かけたことほんとになかったんだーー」

とか

「私って、コミュニケーション上手だと思ってたけど、たいしたことないんだー」

ってことに気が付きます。

 

 

結局は

他人に取っている態度すべては

自分の内面がすべて現れているだけ

のことなんです。

 

 

アイサツでここまでひっぱってしまいました。

今日も、くどいっ

 

今日は、通っていた桜町中学校の同窓会なんです。

はじめてです。

患者さんできてくれてる小学校からの同級生が

誘ってくれました。

 

当時は13クラスありました。

たしか

一クラス42、3人。

子どもが多かったんですね。

 

なので、

誰がどうしようが

先生も気にしちゃあいない時代。

 

ヤンキーがガラス割ったりしてた

最後の時代らしいです。

 

今は、ヤンキーっていないのかな?

私は、中学生の時は

だっさい三つ編してふくろはぎくらいの

超足が太く見えるこれまたダサい制服の丈でした。

 

異性の存在がはじめて気になってきた

13歳あたり。

娘の年齢が大きくなってくればなるほど

自分の当時の感情を思い起こします。

 

「この人も、いろんなこと感じながら大きくなるのなかあ」

としみじみ顔を見るのですが

何も考えているようには見えません。

 

人の性格や性質は

環境が左右するのか

それとももってうまれて魂の性質なのか

まったくもってわかりません。

 

 

子供には立派なことはなるべく言わないようにしてます。

立派なことを言ってると

やってることにつじつまが合わなくなって

私がしんどくなるから、です。

 

私は自分が笑ってご機嫌でいられるために

ありとあらゆる周辺整備を行なう段取りに関しては

すごいエネルギーを注ぐんです。

どこまで自分中心なんですかっ

どこまで自分大事なんですかっ

と思われるかもしれませんが、

 

私がこけたら

みんなもこける

子供も家族もみんなこける

と思い込んでるので

私はご機嫌でいることは

もはや仕事なのです。

 

すごい論理だと思いますが

私は猛烈に自分の中で

これ以上納得できる答えはない

と思ってるんです。

 

間違ってるかも

しれません。

 

 

私は自分の母が

一切ああしろこうしろと私に言わなかったので

お陰で今があると思ってます。

立派なことも言われなかったし

年頃になれば結婚しなさいなんてことも

言われもしなかった

規制されなかったぶん、

自由だったけど、自由だったぶん

不安でさみしかった。

不安でさみしかったから

そのぽっかり空いた穴を埋めてくれる友や人と出会ったので

人間、絵に描いたようにはいかないものです

 

負だと思っても

長い目で見てみると

その時、徹底的に負だったからこそ

あの子と出会えている

こんな人と出会えている

ということが、あるんです。

 

これは幸運だと思ってたことが

長い目で見た時

足かせになったりする。

 

 

たいして勉強もしてなかった私がわが子に勉強しろといっても

「そりゃあ、神も吹きだすわ」

です。

「ちょっと、宿題したん?」

と言ってる自分に時々吹きだすんです。

「で、あんたはしてたわけ?」と

突っ込みがはいるわけです。

 

院長はよくお勉強していたので

堂々と言ってもいいのですが

私が言うのはきっとルール違反です。

 

そのかわり

お勉強以外に

たくさんいろんなこと体験したので

その肥しを娘に流し込んでおくことにしましょう。

 

役に立つかどうかはわかりませんが

「ま、なんとかなるか」と最終的に

開き直れるかもしれません。

 

ではでは

同窓会に。。。。。

2014.11.07歯の神経取ったのに痛いのはなぜっ???

当院院長吉本彰夫が、

患者さんにお話している「歯の神経のお話」です。

 

 

歯の神経を取ったのに、痛みが残るのは、なぜでしょうか?

 

  hashinkei2.jpg 

 

というご質問を本当によく頂きますのでお答えしますね。

 

 

皆様は、過去に歯の神経の治療(歯の根っこの治療)をなさった体験が

おありになるかと思います。

 

ご自分のお口の中での治療がどのようなことを

行なっているのか?詳しくお知りになっている方は少ないかと、思います。

 

 

 

まず、神経を取ったら痛みが止まると思っている方は、とっても多いです。

 

あなたは

「神経を取ったから、痛みは感じなくなるはず」

と思ってはいませんか?

 

 

「だって、神経を取ったんだから、痛くないはずじゃあないの?」

そう、思われる方があたりまえかも、しれませんね。

 

 

さあ、では 

歯の神経についてお話しますね。

 

そもそも歯の神経ってどんな形をしていると思われますか?

 

実は網目状になっています。

 

hashinkei2.jpg 

1本の糸がヒューっとあるのではなく、その先は網目状になっているのです。

 

 

イメージ的には蜘蛛の巣をイメージしてみてください。

 

張り巡らされているから、いろんな所が、それを痛いと感じます。

 

 

 歯の大切さはご自身が歯を失ってみてはじめてわかる

 

つまり神経は、1本ではなく張り巡らされているのです。

 

 

では歯の中の神経はどうなっているのでしょうか。

 

 

いろんな画像や模式図では神経は1本、歯の中にドンとトンネルのように通っているかのごとく表わされていることが多いです。

 

しかし現実はそんなに単純ではないのです。

 

確かに大きい神経というのは何本かしかありませんが、小さい神経は何本もあるのです。

 

根っこの先を電子顕微鏡で調べた先生がいらっしゃいます。

 

1本の根っこに神経の入り口はなんと500箇所あったそうです。 

 

HB11986_140521161728.jpg

 

500箇所もの神経の処置を人間の手で出来ると思われますか?

 

 

はっきり申し上げて不可能です。

 

 

しかもそれは1mm四方の狭い場所に500本もの神経があるのです。

 

 

ですので針のようなもので「神経取りますよ」と言いますが、大雑把に大きい神経を取りますという意味合いであって、キチンとすべての神経を取るというのは不可能です。

 

最近ではマイクロスコープや顕微鏡で神経の治療をされている先生が増えてきました。

私もルーペを使って治療を行う場合があります。

 

しかしながらそれが見えるのは、あくまで神経の入り口なのです。

 

トンネルの入り口なのです。

 

tonnneru.jpg 

トンネルの入り口を見たとして、トンネルの奥がどうなっているか分かりませんよね。

 

ただ、この「入り口を見つける」ということ。

 

実はここがすごく難しいのです。

 

 

その入り口すら見つけられないということが現実に多いためです。

 

ですから、ルーペやマイクロスコープを使うことによって、その入り口をより多く見つけることが出来るということです。

 

 

例えば上の奥歯の第一大臼歯という歯があります。

いわゆる6番目の歯ですね。

 

これは保険の算定では神経は3本しか算定はできません。

 

 

しかしながら現実的には4本目5本目の神経の入り口が確認されることが多々あるのです。

 

 

元々大きい神経が45本あるのに3本しか治療していない訳ですから当然痛みますよね。

 

 

わざと取らない訳ではないのです。

 

見つけられないのです、見つからないのです。

 

ですから神経を取ると言えばあたかもきれいに取れるようなイメージをされるかもしれませんが、大雑把に取っているということです。

 

 

しかも口の中からしか処置をする器具を入れることができません。

hashinkei1.jpg

いわゆる針のようなものですね。

まっすぐな根っこであれば、まっすぐな針を使うことによって先端まで持って行くことができます。

 

hashinkei2.jpg 

しかしながら曲がった根っこの場合には、曲がった器具でしか入れることができないのです。

 

しかし実際の器具はまっすぐなのです。

 

 

無理して頑張って開けようすると、実は根っこの途中に穴が開いてしまうということがあるのです。

 

 

根っこの途中に穴が開いてしまうとそこからバイ菌や薬が根の外へ流出したり血液やいろんな物が入ってきますから、結局歯を残すための根っこの治療であったはずなのに歯そのものを抜かなければならないという結果になってしまうことがあるのです。

 

ですから必ずしも神経がキチンと取れなくても一旦それで様子を見る。

 

 

これ以上取ると悪化してしまう可能性があるのでそれ以上はやらずにそこで止めておく、ということは日常診療において多々あることなのです。

 

 

ですからまず一点目としては、神経は完全には取り切れない。

 

 

しかもそれだけ多くの本数をしかも網目状になっている神経をキチンときれいに取る、これを短時間で1回で取れるというのはなかなか難しいことなのです。

 

 

通常根っこの治療(歯の神経の治療、根管治療ともいいます)というのは何回も何回も治療を受けることが多いのです。

 

 

しかも初めて1回目の治療というのはバイ菌があまり入っていないことが多いですから、比較的簡単に治療できることが多いです。

 

 

しかしながら2回目の治療、以前に治療したことがある歯をもう一度治療を行う場合には

その時にはバイ菌がいろんな所に潜んでおりますから何回も何回も治療が必要になることがあります。

 

 

 

さて、 

ここまでは歯の根っこの中のことをお話ししました。

 

 

 

次に歯の根っこの外のお話です。

 

 

例えば手の指、手のひら、手首があって、腕があって、肩があって脳の方に神経が繋がっているのです。

 

歯の中だけに神経があるわけではないのです。

 

歯の根っこの周りには「歯根膜」という感覚を司るところがあります。

そしてがあります。

 

danmen.jpg 

その中には頭から歯まで神経が繋がっているのです。

 

歯の中の神経の治療がきれいにできたと確実にできたと仮定しても、実は歯根膜や骨の方にある神経に障害が出ることがあるのです。

 

 

そしてまた生きている歯と死んでいる歯では同じように触れても感覚が異なってしまうのです。

 

 

神経を残した場合には元と同じ状態、噛んだ感覚になるかもしれません。

 

 

神経が死んでいる歯というのは、そこには体にとっては異物でしかないのです。

 

前と同じ噛んだ感覚にはならないのです。

 

 

まったく一緒という訳にはいかないのです。

 

時間が経てば慣れていくということはあるかもしれません。

 

 

叩いて響いたときに、その響く感じがなんか違う、そうお感じになる方がいますが、

「なんか違う」というのが普通なのです。

 

 

歯の神経を取っているわけですから。

 

 

そして通常は機械的に隅々まできれいに取り除くことは出来ませんので、薬品を使います。

 

 

薬品を使って周囲を、神経の感覚を鈍らせるとか、その神経を弱らせるということをします。

 

それによって感覚を感じさせなくさせる。

 

これが神経の治療です。

 

 

バイ菌が神経と戦うわけです。

 

 

神経や血管の免疫機能と戦うのです。

 

 

そして、戦っているときがすごく痛いのです。

戦場なのです。

 

 

その戦う免疫達を戦わなくさせれば、痛みは取れるのです。

 

 

想像して下さいね。

 

風邪を引いた時に熱が出ますよね。

 

なぜ熱が出るのか?

 

こんなこと聞かれたことありませんか。

 

「バイ菌が入ってきて体の免疫、戦う細胞達が戦っているんだ」と。

 

そして「戦いに勝つために熱を上げて活性化させるんだ」と。

 

 

つまり熱が上っているというのは、今まさにバイ菌と戦っている最中だということです。

 

ここに痛み止め、熱冷ましを飲んだらどうなると思いますか。

 

 

風邪を引いた時に抗生物質を出す先生は減ってこられたかと思います。

 

単なる風邪の時に

解熱剤さえ出さない先生が増えてきてると思います。

何故でしょうか?

 

それは風邪を治すことにはならないからです。

 

 

熱を下げることによって戦いを中止させるということになるのです。

 

治りが悪くなるんですね。

 

 

ですから風邪を引いて熱が上っている時に「急いで熱を冷まさなくては」ということはないということです。

 

 

ただあまりの高熱になってしまうと脳が耐えられなくなりますから、ある程度の熱を冷ますことは必要ですけれども、楽になるまで熱冷ましを使ってはいけないのです。

 

 

せっかく自分の体が戦っているその戦いを自分の体に中止させるということです。

 

戦うのをやめて、降参させるということになります。

ですからお薬を飲むというのはとても判断が難しいのです。

 

 

早く楽になりたいですよね。

 

 

でも戦いに負けさせるということに繋がりかねません。

 

 

歯の治療も一緒です。

 

「強い薬を使えばいいのか」そういうことではないのです。

 

 

強い薬を使い過ぎると今度は人間の体の方が負けてしまうのです。

 

そして神経が戦っているその神経を殺してしまうことによって、負けますから戦いに。

痛みを感じにくくなるのです。

 

 

楽になっていくのです。

 

ですから何を優先して治療するかによって処置内容が大きく変わります。

 

 

そしてその戦いが今始まったばかりの時期なのか、中盤なのか後半なのか、その戦いにまさに今勝てそうな時なのか、負けそうな時なのか。

 

負けそうな状況なのであれば、もう頑張っても負けるのは間違いありませんからそれはもう諦めて早く外科的に悪いものを除けた方がいいという考えになるのです。

 

 

ここまでの話をまとめると、歯の中の問題として

 

歯の中の神経が充分取り切れていない。

もう一つは歯の外の問題。歯根膜や骨などの神経や血管に及ぼす刺激であったり、振動であったり、そういうものを感じる。

 

そういうことによって神経の治療を行なったとしても痛みが取れないことがあるのです

 

 

 

そして治療が終わったとしても、生きている歯と死んだ歯では感覚が違いますから元通りということにはなりません。

 

 

ではどうすれば歯の神経の治療(歯の根っこの治療)ができるんでしょうか。

 

吉本の個人的考えですが、キチンとした根っこの治療は不可能だということです。

結論から申しますと。

 

そうなのです。不可能なのです。

 

 

人間の手で狭い中の500本もの神経を処理することは不可能です。

 

 

ですから歯の神経(歯の根っこ)の治療をしないで済むのであればしない方がいいのです。

 

 

そしてバイ菌さえいなくさせることが出来れば痛みは取れるのです。

 

 

仮に死んでしまった神経の死骸がそこに残ったとしても、バイ菌さえいなくなれば大きい問題とはならないのです。

 

 

ですからバイ菌を殺せるお薬をそのトンネルの入り口に使うのです。

 

 

もちろんトンネルの入り口に薬を持って行くことが出来なければ薬は効きません。

 

ですから45本ある根っこに関しては、4本目5本目があるのではないかという視点で常に治療を行なっております。

 

 

そのままポンと薬を置けば薬が効くわけではありません。

 

 

際まで持っていって初めて薬が効くのです。

 

 

4本目の神経の入り口を見つけることができるかどうか、その腕を持っているかどうかというは、またそういうのが見つけられる歯なのかどうか。

 

 

1回目は見つけやすいです。

2回目の治療、3回目の治療では非常に見つけにくいのです。

ですのでなるべく神経を触らなくていい治療ということをお勧めします。

 

 

 

 

吉本歯科医院の薬で治す虫歯治療、歯の根っこ治療はこちらをご覧下さい。

https://www.8181118.com/menu/02info.php

 

 

 

関連のご相談内容

質問1)歯の神経を取って治療した部分がズキズキ痛むのでなんとか痛みを取って欲しい

質問2)歯の神経を取らずに治療したいのですが

質問3)歯の神経を取った後、噛むとズキンと痛むのですが

質問4)歯の神経に触れて水を飲んでも痛い

質問5)歯の神経の治療はなぜ何回もかかるんですか?

質問6)歯の神経ってどうやって取るんですか?

質問7)神経を取った歯が黒く黒づんでくるのですが、治りますか?

質問8)歯の神経を抜かずに生かしておくことができますか?

2014.11.07そもそも虫歯を削って除去するという治療そのものを行なっておりません

最近とても多いご質問なので

こちらでも回答をご紹介させて頂きますのでどうぞご参考になさって下さいね。

 

ご質問内容)

最近で、大きい虫歯を削るのに削り残しがないよう特殊な顕微鏡などを使って虫歯を削ったりする治療をしている医院さんが多いようなのですが、貴院ではそのような器具を使って

治療をされていますか?

 

当院よりのお返事)

虫歯治療についてお答えさせて頂きます。
虫歯を削るために削り残しがないように顕微鏡を使っているかとの
ご質問に対してですが、


当院では、虫歯を削って除去するという治療そのものを
行なっておりません。

歯を削るから、歯が弱くなり
神経に近くなり、神経が痛くなれば、神経を取らなくてはならない
ということになります。

これは一般的な歯科治療では普通ですが
このような方法を吉本歯科医院では行なっておりません。

削る部分は極力最小限におさえ(全く削らないわけではありません)
虫歯部分を消毒し、お薬を繰り返し
入れていくことで
治療を行っております。


薬で治す虫歯治療に吉本歯科医院の虫歯治療、歯の根っこ治療の詳細を

ご案内しておりますのでご覧頂ければ幸いです。
https://www.8181118.com/menu/02info.php

 

 

虫歯治療をご希望の方は

どうぞご参考になさって下さいね。

 

 

歯の神経を取ったのに「痛い」と感じるのはなぜですか?

https://www.8181118.com/director/2014/11/post-89.php

 

 

2014.10.30あっという間に、おもてなし料理

sennokai.jpg

先日お邪魔した中北ゆきさんのせんのかい「YUKIの部屋」

今回も、恐ろしく簡単で(←生春巻き一枚巻いたっきりの私!!)

びっくりするほど美味しくて身体に優しそうなお料理を教えてもらいました。

 

「あれ?うちの奥さんこんなに料理上手だったっけ?」

と思わせてしまいたい

ちょっと面倒くさがりで

あまり時間のないあなたっ

特に、仕事をしながら子育てしつつも美味しいものを食べたい

子供に身体にいいもの食べさせたいという方なら

ぜひ一度参加されてみては?

 

講師のゆきさんは

「私、健康おたくなの」

と。

 

健康おたくのゆきさんが教えてくれた

超よもぎエキス

は毎晩眠る前にお湯でといて飲むと

たちまち足先までぽっかぽか

 

毎晩飲んでます。

 

料理教室といっても、大丈夫。
材料や器具を揃えないといけない
なんてことは一切ありません.


 

以前写真をアップしていたら

あの写真の料理教室に行って見たいんだけどどうしたらいい?」

と何人かのママに聞かれたので

詳細をお知らせしておきます。(勝手に)

 

11月は16日(日)、23日(日)24日(祝)30日(日)

11時~適当に、。

会費3,000円

場所は、高松南郵便局の近くのご自宅なのですが

3回行って3回迷った私は説明できません。

直接おききください。。。

 

日程はこれ以外にも相談に応じて下さるとのこと、です。

お友達お誘いあわせのうえ、どうぞ。

 

tomo@8181118.com

私までメールいただければ中北さんのご連絡先をお知らせしますね。

 

 

どこかの日でご一緒するかも。

 

 

とにかく、

美味しいもの食べて

楽しくしゃべってたら

少々の小さなことは、気にならなくなるものです。

2014.10.30VOL51歯医者さんしか知らない「歯を失わないためのお話」出来上がってきました

hoken.jpg

51号のニュースレターが出来上がってきました。

 

ちょうど、今日1号からずっとお読み下さっている患者さんとお話をしていた時のことです。

「自分の口の中に詰め物がどれだけあって

どの詰め物をどこで治療したのか、どんなものを詰めてるのか

神経があるのかないのか

なんて、ここに来るまで知るよしもなかったわ」

と教えて下さったんです。

 

そうおっしゃって下さる患者さんの

歯への意識は相当なもの、です。

知識の蓄積です。

 

レントゲンの見方も開業以来ずっと患者さんに

お伝えし続けているせいか

長く通って下さっている患者さんの多くは

レントゲン写真を見るとすぐに

ご自分の骨の状態がわかります。

 

ご自分で見てわかることは、すごいことです。

「ああ、ここが神経に近いんだな」

「ここの部分がだいぶ寄ってきてるな」

「ここの歯を支えている骨が溶けてきてるな」

ってことがご自分でわかってしまうのです。

 

ご自分で考えられるようになるためには

情報がいっぱいないと考えようもないわけ、です。

 

吉本歯科医院では

お越しになられた患者さんのお口の状態をずっと保存しています。

歯のレントゲン

そして歯ぐきや歯の状態を診るために

口腔内写真を撮影しています。

その画像をずっと

患者さんごとのフォルダカルテとして保存していきます。

 

ですので、

3年前、5年前に

その患者さんの歯の状態、噛み合わせの状態、

歯を支えている骨の状態が

どうであったか、

3年前、5年前と比べて今がどう変化しているのか

一目瞭然に目に見えてわかるように

しています。

 

口腔内のお写真を撮影する時間

レントゲンを撮影する時間

は患者さんには頂くようになりますが

患者さんご自身に「ああ、そういうことなんですね」と

見て納得していただくためには

必要なことだと思っています。

 

 

そうする理由は

患者さんご自身にご自分の歯の状態を知っていただき

意識し続けて欲しいから、です。

 

吉本歯科医院は、噛み合わせ専門の歯科医院です。

一番の目的は

その人の生涯の中で

できるだけ長くご自分の歯を長持ちさせて欲しい

ということだと院長はいつも患者さんにお話しています。

 

歯は磨り減っていくものなんだ

何もせず放置しておくと

どんどん磨り減っていくものなのです。

だから、

磨り減らないように

ご自分の歯の代わりに磨り減ってくれるマウスピースをお使い頂く、

など

いかに歯をすり減らせないようにするか等、

お話させて頂いています。

 

ずっと発行し続けていて

少しづつ

「なるほど、よくわかります」

とご理解頂き

ご遠方からでも必ず通院して下さる患者さんが

増えました。

 

どの業界でもどの世界でも同じだとは思いますが

こちらが伝えたいと思っていることを

理解納得していただくためには

本当にあの手この手の思考錯誤の連続です。

 

どうやって

わかっていただこう

 

どうやって

このことをお伝えしようか

 

こんなことばかり

私はいつも考えてます。

 

院長が患者さんにお話している内容を横で聞きながら

どうやって今院長がお話したことを

さらにさらにわかりやすい言葉にできるだろうか

どうにか文章やイラストにできないものか

いっつも、頭をグルグルさしてます。

 

それもまた楽しい脳内作業です。

 

まもなく通院して下さっている患者さんのもとにお届けさせて頂きます。

読んで下さるとこんなに嬉しいことはありません。

hoken2.jpg

香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 歯を削る前に知っておきたい7つのこと。メールセミナー全7回 インプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • インプラント治療をする前に患者さん側が確認しておくべき5つのことインプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 合わない痛い総入れ歯でお悩みの方へ固定式入れ歯 インプラントオーバーデンチャー 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 診断が変われば治療は変わる 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 歯の予防 PMTC 歯の定期健診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 働きやすさが自慢の職場 子育て支援 吉本歯科医院 香川 高松
  • オール・オン・フォー All-on-4
  • 吉本歯科医院の「治療の特徴」
  • 歯科医師の採用について
  • newsletter
  • movie
  • 患者さんからのお便り
  • 無料メール相談・お問い合わせフォーム
  • メディア掲載実績・講演依頼
  • 歯科医院の方はこちらをご覧ください
  • 院長ブログ
  • マネージャーブログ
  • カウンセラーブログ
  • コンシェルジュブログ
  • 香川 高松市 吉本歯科医院 コンセプト
  • 当院のインプラント治療の特徴
  • 香川 高松 吉本歯科医院 自覚症状をお持ちの患者様へ
  • 香川 高松 吉本歯科医院 症例 事例

治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!