吉本歯科医院

087-818-1118

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

歯を抜きたくない削りたくない方、薬で治す虫歯治療、歯周病治療、インプラントや入れ歯治療なら咬み合わせ専門歯科の吉本歯科医院。香川県高松市。

香川 高松 吉本歯科医院
治療メニュー
  1. 1)インプラント
  2. 2)薬で治す虫歯・根っこ治療
  3. 3)歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎
  4. 4)削らない治療・接着ブリッジ
  5. 5)マウスピース矯正・
    目立たない矯正
  6. 6)審美歯科・歯を白くする
  7. 7)予防治療PMTC
  8. 8)顎関節症・顎が痛い
  9. 9)金属アレルギー
  10. 10)入れ歯
  11. 11)治療価格
  12. 12)親知らず
  13. 13)噛みあわせ
ホーム > 香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

2011.09.26「熱い」と「重い」は違うんです(笑)

先週末、当院の患者さんが「マネージャーにお話を・・・」ということで

医院にお越し下さいました。

 

改まって

お話って何???

 

何か粗相でも???(泣)

何か問題でも??

とドキドキしながら聴いていたのですが

 

なんと、嬉しいサプライズでした!

 

この患者さんは当院でインプラント治療及び歯周外科治療をお受けになった男性です。

吉本歯科医院にお越しくださる前に数軒の歯医者さんに

相談に行かれたそう。

 

その数軒の歯医者さんの

心無い一言に深く傷ついたり

ショックをお受けになった、というお話をお聞きしました。

 

何気ないその一言が

その人を不幸のどん底に落としてしまうほど

傷つけることって、あります。

言葉を発した本人は

まさか、そんなつもりで言ったのではないのに・・」と

何も気にしていないことも多いです。

 

言葉は

武器です。

人を殺すのに刃物はいらない

言葉で十分に殺すことができる

というほど

自分が発する何気ない言葉には

重みがあるのです。

 

 

そんな中で吉本歯科医院にめぐり合い

そして治療をお受けになり

それまで

歯のことで

もう家から出たくない

人にも会いたくない

とふさぎこみがちだった状態から

もっと人に会いたい

生きる元気がむくむく湧いていた

という状態に今、なられているんです。

 

その様子は私達吉本歯科医院にとってはとても嬉しいことです。

 

そしてなんとその患者さんは私達に対して

「どうにか吉本歯科医院に恩返しをしたいんです!」と

わざわざお話をしに来て下さったんです(泣)

 

胸が熱くなりました、私。

 

ここ屋島の地に開業して10年。

治療が終った患者さんから

わざわざ

「恩返しをしたいんです

と申し出てくださったことは、はじめて、です(笑)

 

思わず「◯◯様の恩返し」という冊子でも作ろうかと

真面目に考えてしまいましたよ、、、、。

 

困ったことあったら何でも言って下さい。

力仕事でも、

なんでも!

とおっしゃってくださったので

わたくし、思わず

「じゃあ、お言葉に甘えて・・・・・」と

数々のお願い事を頼んでしまいました(笑)

 

本気で振られるとは思っていたでしょうか???ふふふ、振ってしまうのですよ(^^)

 

◯◯様の恩返しを

早速当院院長に報告。

 

院長、とっても嬉しそう。

一生懸命関わった患者さんの人生が好転していく様子を

見るのが院長の何よりのエネルギー源です。

これで2年分はまた充電できたことでしょう(笑)

 

この患者さんと私とカウンセラーの森下とカウンセリングルームで

感動しながら大声で話をしていたところ、

これまた治療が終った患者さん(若い女性)を見つけ

思わず部屋に連れ込み(笑)4人で話をすることに。

 

・・・というか無理矢理話をさせた???

 

恩返しをして下さるという男性患者さん

もう、とっても熱い方、です。

 

もう目に見えて熱そうな人と

目には見えないけど、話だしてみると

「おおっ、意外に熱い人なんや!」と驚く人が、います。

 

私は、もうどう考えても熱い人が、好きです

熱苦しくても全然OKです。

なので必然的に私は「熱い人」とばかりよく会います。

「熱い人」とは異常に気が合うので

一回会ったら、次に会う予定を立てて帰ってしまうので

エンドレスで会い続けてしまうのです(笑)

 

一度会って、次の予定を決めてから帰る

というのは

今会った時間が猛烈に楽しいからです。

元気になるのを体感するから、です。

そうでない場合は

「またね~~」と言いつつ

一年か、もしくは永遠に会わないことも、あるのです。

きっと、みんなそうして繋がる人同士は濃く繋がっていくんだと

思います。

 

大人になると

自分で会う人も自分で意識的に決めています。

誰も嫌な人と会いなさいと強制されることはないので

やはり、今の人間関係は自分で決めているんです。

 

 

私は何が苦手って、テンションの低い人。

そしていわゆる「クール」な人。

表面はクールでもいいけど、話をしてみて

やっぱり「クール」な人はどうも苦手、です。

 

クールと言えば

聴こえはいいのですが

日本語にすれば

単に

冷たい」人なのです(--)

 

 

よく女性は

クールな人はカッコイイ!

と言います。

 

私もうんと若い頃は(笑)

クールな人がカッコイイと

思っていました。

しかし、心の中までクールな人とは

どうも続かないんです。

 

一緒にいるのに遠い

一緒にいるのに他人

というわかったようなわからないような微妙な感覚が

全身を不快に包みますので

心がどんどん病んでいきそうです。

 

それは男女関係だけでなく

もちろん同姓との関係も、職場の関係も、同じです。

ずっと一緒にいるのに

どうにもこうにも心が通じていかない

心の温度を感じられない

という時は

やはり何か心が遮断しているんです。

 

 

クールそうに落ち着いているけど

内面までクールな人は、実はダメなのです。

クールそうに見えて

内面は火のように燃えているというのが最高です

 

どう考えてみても

今、魅力的だなあと私が感じる人は

表面はサラリとクールな様子を見せますが

内面は1000度並みに熱い人、です。

 

そういう人は例外なく

すぐに人を自分のワールドに巻き込みます。

なぜなら

1000度並みに熱く燃えているので

そばによると

その熱に着火させられてしまうのです(笑)

 

理屈抜きに

惹きこまれた

という人って、いますよね?

 

何が?

どこが?

と言語化できません。

 

しかし、確実に話をしはじめると

あらよあらよと周囲の人を惹き付けはじめる人って、います。

 

話の内容でしょうか?

話術でしょうか?

 

いいや、違いますね、きっと。

 

それは体験の数、です。

それも

自分が100%に出来事に、そして人に

向き合ってきた

体験の数、です。

 

ひょっとしたら引かれるかもしれない

ひょっとしたら傷つくかもしれない

ひょっとしたら失敗するかもしれない

と考えてしまう瞬間って、人間にはあります。

 

その瞬間は

仕事でのシーンかもしれない

恋愛でのシーンかもしれない

 

その「ここぞ」

という瞬間に

捨て身でぶつかっていける人は

もう確実にその中に自信を得ると

思います。

 

熱い人は、いつも心の中が燃えてます。

重い人は、心が燃えているんじゃなく

頭の中でいろいろ考えているんです。

 

熱い人=即、感じて動く人

重い人=考えて動けない人

と定義しましょう、勝手に(笑)

 

熱いといえば、当院のカウンセラー 森下はるみの話をしましょう(笑)←またですか???

当院の森下は、正真正銘の「熱い人」です。

 

こんなエピソードがあります。

森下と森下のだんなさんの話、です。

森下は、今からウン十年前、今の旦那様を片思いしていた時期があります。

彼女はまだ学生。

そして徳島の祖谷の山の奥に住んでます。

 

かたや、当時の旦那様は

大阪に住んでいました。

後で聞けば彼女だって、いたそうです(^^:)

 

どうしても彼に会いたい!!

この一心で、森下は当時はまだ携帯もポケベルもない頃、

一万円を片手に握りしめ(笑)

大阪に一人向かいました。

学校にも内緒で

家族にも内緒で

 

 

彼の住所を片手に、なんとか家を探しあて

彼が帰ってくるのを待ちました。

 

驚いたのはだんな様(笑)

「ななななななな、なんで、ここにおるんじゃ???」

 

・・・・・この後は、本人に聞いて下さい(^^)

 

この好きと思ったら一直線!

いいことはすぐやる!

嫌なら嫌!

という特徴は森下の最大の魅力で、あります。

 

ここだけを聴いて

「え?なんでそんなことするの?」

「冷静に考えたら、しないでしょ?そんなこと」

と考えちゃう人の方が多いのでは??(笑)

 

しかし、

私は思うのですが

若い時期に、

無我夢中になって「思い立ったが吉日!」とばかりに

動けた体験というのは

どう考えても財産になると思うのです。

 

今はよく

「この人のこと好きかどうかわからない」

とか

「この仕事が好きかどうかわからない」

とか

なんだかワケのわかんないことを言う人が増えてきました。

 

 

そんなもの考えても一生わかるものではなく

一生懸命ぶつかっていったり

一生懸命関わっていったり

一生懸命取り組んでみたり

することで

「好き」になっていくもので

そして、その奥行きをわかってくるものです。

 

最初から

「好き」があるのではなく

徹底的に関わるから

「好き」になってしまう、ということだと思うのです。

 

全てのことは

自分の関わり方次第、です。

最初から面白いことが世の中に用意されているのではなく

自分が熱く関わっていくから

相手も熱くなってくるし

物事も面白くなってくるんです。

 

もう何もかも面白くない

なんか面白いことないかなあ・・・

と言っている人と一緒にいるほど

疲れることは、ありません。

人生の残り時間はそんなに多くはないんです。

 

いつでも着火できるように

心の中をガンガンに燃やしておくと

箸が転がっても面白いと、私は思います(笑)

 

私はこの森下の主張がはっきりしているところが好きです。

好きなら好き

嫌いなら嫌い

なかなか、そうは言えません(笑)

 

ここでよく勘違いしちゃうのが

私は私で好きな人とだけ付き合うわ

という人が、います。

個性を大事にしたい

という人が、います。

 

 

しかし、これではただの子供と同じです(--:)

 

全ての人に受け入れてもらえるような「自分」を確立しつつ

「私はこういうことが好きなです」「嫌いなんです」

が通っていくんです。

 

仕事で言えば

「この職場でいなくてはならない必要な存在」になることができてはじめて

自分の好き嫌いを主張しても通っていくのです。

 

このあたりの微妙な感覚を

もう見事に自分のものにしているのが

当院の森下はるみ、なんです。

 

当院のスタッフ達は、暗黙のもとにこの感覚を身に付けていっています。

こういう感覚を身につけることが

どんな場でも大事にされていく能力に繋がっていくんです。

 

もし、吉本歯科医院を何かの事情でやめて

次の職場に行ったとしたも

その新しい職場で

一日もはやく

「◯◯さんがいないと困る!回っていかない!」という存在になること。

そういう存在になれば自分はどこに行っても快適に過ごすことが、できるんです。

 

月曜の朝から、鼻血が出そうなほど熱い人の話題を

書いてしまいました(笑)

私、このブログ書いてるとき、本当に熱いんです(^^:)

冷え性のくせに、この瞬間は熱いんです。

なんか、出てるんでしょうか?

妙な物質が・・・・・・。

 

 

さて、先日の母性型勉強会の様子を納田千恵子氏が早速

アップして下さいました(^^)

仕事は速いし、的確だし、しかも文章まで書いちゃいます。

気持ちいいではありませんか。

どうぞご覧下さいね↓ 

http://boseinomonosashi.com/study/backnumber/no16.html

2011.09.24母性型勉強会でした(^^)

DSC_6007.jpg

9月21日(水)は心配されていた台風もお昼には過ぎ

予定通り母性型勉強会でした。

今回は席の配置を少し変えてみて、なんちゃってワークショップ方式(笑)

 

テーマは仕事運と恋愛運は繋がっている

でした(^^)

当院の患者さんもお越し下さり、普段の患者さんとは違う顔を見せて下さり

なんだかとっても心の距離が近くなった、そんな気がしました。

まずは、勉強の様子はこちら↓

DSC_5930.jpg

DSC_5912.jpg

DSC_5940.jpg

DSC_5944.jpg

DSC_6006.jpg

DSC_5984.jpg

DSC_5993.jpg

DSC_5994.jpg

DSC_5997.jpg

DSC_6001.jpg

 

 

 

DSC_6014.jpg

 

DSC_6015.jpg  

DSC_6020.jpg

DSC_6027.jpg

DSC_6044.jpg

DSC_6053.jpg

DSC_6062.jpg

DSC_6065.jpg

DSC_6067.jpg

DSC_6071.jpg

DSC_6079.jpg

DSC_6082.jpg

DSC_6085.jpg

DSC_6088.jpg

DSC_6090.jpg

DSC_6096.jpg

DSC_6097.jpg

DSC_6098.jpg

DSC_6103.jpg

DSC_6126.jpg

DSC_6127.jpg

DSC_6129.jpg

DSC_6134.jpg

DSC_6145.jpg

DSC_6156.jpg

勉強会の中で、

「私は◯◯があったら、もっとモテるのに・・・」

の◯◯の中に何を入れるのか?

というヒトコマが、ありました。

 

男性が入れたもの

お金

人脈

身長

学歴

などなど

女性が入れたもの

愛嬌

素直さ

可愛げ

色気

行動力

などなど

 

面白い、ですよね?(^^)

男性は自分の外にくっつけるもの

女性は内面から湧き出すもの

 

女性達は、こそこそと口を揃えて話をするんです。

「違うんだけどなあ」

「オンナが求めているのはそうじゃないんだけどなあ」

オトコとオンナがどこまでもすれ違うのは

当たりまえと言えば、当たりまえです。

 

だって、こんなに違うんだもの!

求めているものが、違う。

 

この母性型勉強会の真髄は

オンナはオトコを知り

オトコはオンナを知り

ということだ、と思うんです。

 

わからないものは、怖くなりますし

理解できないものは、腹が立ちます。

しかし

理解できると、「ああ、そういうものなんだ」と受け止めることができます。

そうすると、自分の中に余裕ができますので

価値観が違う相手とでもうまくやっていくことが、できるんです。

 

今、女性は、強い男が少なくなった

と言います。

そしてたくましい男性が少なくなった

と言います。

 

しかし、強く、たくましくいられるためには

女性の存在が絶対必要、なんです。

男性の存在をいつも調整してくれる女性の存在があってこそ

はじめて

強く、たくましく

なることが、できるんです。

そばでいつも

「あなたって、すごい!」

「あなたって、天才!」

「あなたは大丈夫!」

といつも誉めて認めて評価される存在があってはじめて

「俺ってすごいかも?」と思い込めてしまうものでは

ないでしょうか?

 

自分で自分をすごいと思い込めた人は

強いです。

なぜなら、一番自分を信じきることを

難しいのは

他ならぬ自分自身だから、です。

 

セルフイメージを

どれほど高く維持できるかは

日々の他者の評価&自分自身を信じ込める力

です。

 

変化に強いのは、どう考えても女性です。

それは生物として変化に強くできている、と思うのです。

心も、体も。そのようにできている。

 

私は

母性型、では、まずは

女性が先に変わった方が絶対にお得だと、思います。

なぜなら、

女性は

「いますぐ幸せになりたい」生き物だから(笑)

 

逆に、男の人はなかなか変われない

と、そう思います。

当院院長などを見ていても、本当にそう思います(笑)

 

私は、吉本歯科医院を素敵な病院にしようと決めた日から

院長に

「こうしてくれ」

「あなたが変わってくれ」

ということは一切求めた記憶はありません(笑)

 

なぜなら

あ、こりゃあ、この人に変われと言っても無理だわ

とあきらめたことがひとつ(笑)

もうひとつは

この人を変えようと努力するより

自分で変えようとそっちにエネルギーを注いだ方が

絶対早い、と思ったから、です。

 

この作戦は大当たりでした。

居心地の良い状況をまず作り出す。

居心地のいい中では

人間は心に余裕が出ますので

どんなことでも聞き入れてくれやすくなるのです。

 

女性達がじわじわと居心地のいい空間を作ってしまい

その中に男性が入り込み、

気がついたらなんだかいいように変化させられていた

それも、いい方向に勝手に変化させられていた

というのが

母性型です。

 

女性は変化が得意です。

居心地の悪いものが大嫌いなので

その場を居心地のいいものにするためには

あの手この手で場や人を動かします。

それも

強制的にではなく

とっても柔らかく

誰とも衝突することなく

水面下で、じわじわと

自分が行きたい方向へと

全ての物事を動かします。

 

 

今では

吉本歯科医院は

女性スタッフ達の手のひらの上で

コロコロと心地よく当院院長&新枝先生が

動いている、といった感じでしょうか???

 

そういう意味で

吉本歯科医院の女性スタッフ

とても、賢い

です。

 

賢い

というのは

お勉強ができる

という賢さとはまた違う種類のこと。

 

感性が、ある

ということです。

感性とは

人の立場や気持ちを

自分のことのように感じることができる

ということです。

 

うちでいえば

若い女性スタッフが

男性であり

そして院長であり

そして歯科医師であり

そして経営者であり

そういう立場を理解することができる

ということ、です。

 

何も奇抜なアイデアを出す

とか

想像力がある

とか

そういうことでは、ないんです。

 

母性型の勉強会

ご覧のように

笑顔がたくさん見えませんか?

 

運はどんな人のもとに集まると

思いますか?

 

運は笑っている人のところに集まるんです。

そして仕事も人も、です。

 

恋愛運と仕事は繋がっている

というのはきっと本当です。

 

誰だって

いいものを伝染して欲しいのです。

 

ムカムカして心を閉ざしている人には

同じような人が集まります。

 

笑って心を開いている人には

同じように心を開いている人が集まってくるんです。

 

これは本当に不思議です。

 

心を開いて受け入れるから、相手もまた心を開くんです。

母性型の女性は

いやいや

男性も(笑)

まずは自分から心を開くんです。

 

相手がもし閉じていても

私は開いているんです。

 

自分が心を開くようになると

集まってくる人は

どんどん心を開くような人ばかりが

集まってくるんです。

 

コミュニケーションは最終は言葉はいらない世界に入っていきます

言葉が必要

説明が必要

な時

それはどちらかがまだ心を開いていないんです。

これは

男と女の関係でも

同じですよね?

理屈がいる時はまだ心を開き合っていない時期ですよね?(笑)

 

それは仕事でも

同じです。

心を開いて人を受け入れていく

そうやってしてくことで

どんどん自分の周りが好循環に入ってきます。

 

好循環に入ると

面白いことばかりが

自分の毎日に起こるようになります。

 

心は先に開いた物が勝ち、です。

そしてお得です。

先に心を開くのは怖い、損だ、

先に心を開いて騙されたらどうする?

こう思いがち、です。

しかし、先に心を開くようになり

その恩恵を身を持って感じるようになると

もう癖になって

止まらなくなります(笑)

 

人は一度その快感を味わったら

もう止まらなくなるんです。

 

 

職場は

どうにかして

このいいスパイラルに入れなくてはいけないんです。

 

中にいる人が

本当に笑っている場を

どうにかして作るんです。

 

心が開きあっている人が作り出す雰囲気は

それはそれは心地がいいのです。

 

お客様満足も

従業員満足も

そんな言葉に心をとらわれず

まずは

それをやっている

私が楽しいのかどうか?

もう、それに尽きるのです。

 

私が楽しんでいたら

面白がっていたら

その熱が横にいる人に勝手に伝染するんです。

 

それが職場であり

お客様対応に繋がるんです。

 

たくさん頭で考えないと動けないようなことは

どんなに立派な戦略でもしてはいけなんです。

 

それをやっている自分が

心からワクワクしないことは

長続きしないので

手を出してはいけなんです。

 

頭で考えた努力は続きません。

心の中から湧き上がってきた欲求に

乗っかっていくことが大事です。

 

それは

それをやっている自分が好きかどうか?

それをやっている自分が面白いかどうか?

です。

 

母性型勉強会、次回は10月20日(木)です。

今から、楽しみなんです(^^)

 

 

追伸

勉強会の翌日、そして今日、入れ替わり立ち代わりで

お客様です。

しかも、勉強会に参加してくださった方ばかり(笑)

勉強会のそれぞれの感想を聞かせて下さるのです。

こんな嬉しいことは、ありません。

 

それぞれの立場で

いろいろな気づきを得てくださったんだと思います。

 

勉強会の様子は母性のものさしホームページに

納田千恵子氏がまもなくアップして下さる予定です(←あっ!プレッシャーかけてる???笑)

 

素敵な週末を!

2011.09.20明日は母性型勉強会

明日の母性型勉強会は18時半から、開催です(^^)

 

台風が接近していますが

明日の午前9時~12時か香川県地方ピークの暴風域らしく

午後6時頃にはすっかり台風が過ぎている予想だそう(あくまでも予想ですが・・・・)

 

 

勉強会は予定通り行います。

 

ご参加の方はお気をつけて起こし下さいね。

 

 

勉強会

9月21日(水)午後6時30分~高松国際ホテルにて 会費3,000円(食事込み)

母性のものさし

詳細はサイト↑をご覧下さいね

2011.09.17母性型のお話

昨日は大雨でしたねえ(泣)

嵐がくるたびに、沈まんやろか・・・(--:)と怖くなります。

過去のトラウマでしょう(><)

 

さあ、そんな大雨の中、

昨日は「母性型のススメ」のお話をさせて頂く機会を頂きました。

 

7時からなんと気がついたらあっという間に10時になっており

好きなことを好きだけ話をさせてもらえる快感に浸っていたわけなのであります(笑)

 

昨日は楽しかったあ!

なぜなら

聴いてくださる方が

「とっても聴き上手」「質問上手」な方ばかりだったから。

 

聴いてあげよう

という姿勢の時

やはり

目が合うんですね。

目が合って顔色を見ながら話ができる

という時間はどんなに長くても私は疲れません。

 

聴いてあげよう

という姿勢の人の前では

思いもかけないようなことが自分の口から飛び出したり

「ああ、こういうことだったんだあ」と自分で話をしてみてはじめて

気がついたり、します。

 

話をする

とか

文章をかく

ということは

コミュニケーションそのもの、です。

 

コミュニケーションは空気や水と同じくらい必要です。

 

話をしたり

文章を書いたり

することで

すっきりするんです。

そして自分の中の漠然としたものが

はっきりと形になってくるんです。

 

なので、

毎日毎日話し相手が必要ですし

毎日毎日書くことも元気のもと、です。

 

エネルギーは出せば出すほど枯渇するのではなく

出せば出すほど湧いてくるものなんだと

最近思います。

 

愛情と同じですね。

注げば注ぐほど、湧き上がってくる。

枯渇することは、ないんです。

全ては循環ですので

巡らせておくことが大事です。

 

愛情を注ぎ

愛情をもらい

愛情を注ぎ

愛情をもらい(笑)

 

昨日、ちょうど当院のカウンセラー 森下が書いてくれた文章が出来上がっていたので

会の場で、朗読をしちゃいました(笑)森下に内緒で。。。。。

 

なぜなら

これを聞いてもらうだけで

私達の取り組みが全てわかってもらえるような気がしたので。

 

森下の文章ご紹介しますね

「カウンセラーのなんてできない!」

 

昔の私を知っている人は、みんな口をそろえてこう言うと思います。

私自身もそう思っていました。

 

吉本歯科医院で働きはじめ、突然任された「カウンセラー」という役職。

 

歯科助手の経験も人並みにこなすことができるようになり充実していたと感じていただけに、この役職は私にとってプレッシャー以外のなにものでもありません。

 

新しいスタッフも入社してきたばかりで、まだまだスタッフ間でもコミュニケーションが十分に図られていない時期でもありましたし、その重圧に家では泣いていたこともありました。

 

一度は上司に「辞めたい」と相談もしました。

 

これまでの経験や医師の処置を実践で学んできて「歯」と向かい合ってきましたが、「患者さん」とのコミュニケーションを図りながらインプラントなどの知識にも精通していかなければいけないというプレッシャーは、精神的にも技術的にも相当の覚悟と努力が必要と思いました。

 

また、社内でも中間職という職でいろんな調整が私につとまるのだろうかという気持ちがますます私を追いつめていたように思います。

 

 

 

現在、私にはもうじき13歳の長男と6歳の娘がいます。

 

思い起こしてみても感情的に下の娘を怒ったことはあまりありませんが、長男には、幼児期に、ちょっとしたことで感情的にしかったり時には体罰を加えたりすることがあったと思います。

 

ある意味虐待ですよね。

 

小さな子供は文句を言わない弱い立場ですから、ガミガミいうことで自分のストレスをぶつけていたかもしれないと、今思えば反省しきりです。

 

でも、すっきりしたら子供を抱きしめて「大好きよ」って言う...要するに、いいように子供を利用していたのかもしれません。

 

最低な母親でした。

 

そういう少し荒(すさ)んでいた自分がいやで心の中で、いつも「こんな母親ではだめだ」という思いがありました。

 

まさに、仕事のストレスと家庭のストレスが負のスパイラルを起こしていたのでしょう。極度の便秘に悩んだり、眠れなかったり、身体的にも絶不調でもありました。

 

30歳くらいまでは、職場での自分といえば「これは違うよな~、おかしいよ」って思っていても自分の気持ちを押し殺して相手に合わせることも多々ありました。

 

相手に合わすことで対人関係が上手くいき、結果的に相手に好かれると思っていたからだと思います。

 

振り返ってみますと、誰にでも「森下さんっていい人ね」って思われたかったんだとおもいます。要するにいい子ぶっていたと思います。

 

でも職場で「いい人」を演じると家に帰ったらグッタリ疲れきっているので、当然その怒りの矛先は「弱い立場の子供たち」になる訳です。

 

 

 

そんな時、吉本歯科医院に就職しました。

 

悩んでいるのは、私だけではなかった。

 

吉本歯科医院も大きく変わろうとしていた。

 

スタッフみんながすべてをさらけ出し、自分の中にため込んでいたものをオープンにしたことでゼロからスタートすることができました。

 

多分に、院長・マネージャー・池田先生らの言葉が肩の荷を軽くしてくれました。

 

「森下さんは思った通りにやっていいのよ。それがあなたのいいところ(笑顔)。」

 

仕事のストレス(勉強したり研修したり学ぶことがた~くさん)はあるけれど、

自然な私がだせるようになりました。

 

本来の私(飾らない私)になれたこと。

 

飾らないから演じなくていいんです。

 

演じないからストレスにならない。

 

そうなると家に帰っても子供との関係がぴりぴりしてないから、自然と子供も私も笑顔が増え会話が増えていきます。

 

よく「子育てと仕事の両立大変ですね」って言われます。

 

今の私の答えは「いえそれほどでもない」です。

 

でも以前の私なら「も~大変です。自分の時間がほしい。子供なんていない方がいいです

っていう答えだったでしょう。

 

子育てを苦労と思うかそう思わないかは心が前を向いているか後ろを向いているかではないでしょうか。

 

不安はいっぱいありますが、余計な事を考えないようにしています。

 

自然体でいきたいと。

 

私は、言いたいことをズバズバ言ってしまいます。

 

一番私が嫌いで直したいところなんですが、この職場では、院長をはじめみんが私に言ってくれることば...

「森下さんは、そのままでいいのよ」

...これが母性型!また、この仕事前向きに頑張れます。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

私は森下のこの文章を読んだ時

なんともいえない気持ちが湧きあがってきました。

 

今、ちょうど横の部屋で森下が患者さんと楽しそうに話をしている様子が見えます。

今の森下は簡単にできたものではなく、

いろいろな葛藤を自分で乗り越え、ここまできているんです。

 

 

人は「変わりたい」と思えば

本当にこんなに素敵に変わっていくものなんだ、と私は森下を見ていてそう思います。

 

 

働くお母さんなら森下と同じように葛藤する気持ちを抱えたことがあるのではないでしょうか?

 

組織の中では、組織のルールに沿ってそれに合わせて上司の顔色を見ながら生きることを

要求されます。

 

しかし、それは「演じている自分」です。

 

いい人を演じている自分。

 

でも、心の中では鬱積した想いが溜まっているわけ、です。

 

人間は、負の感情を吐き出さずにはいられません。

 

負の感情は、必ず弱い部分に出ます。

 

それは子供であったり、家族であったり、部下であったり。。。。

 

自分よりも弱いであろう部分に吐き出すのです。

 

吐き出せない人は我慢しますが、我慢も限界を超えると病気という形になって表に出てきます。

 

昨日も書きました。

 

心の中にあるものは

必ず、形になって現れる

と。

 

それは

いいものでも、

悪いものでも、です。

 

 

いじめもきっと同じです。

 

学校だけでなく、大人の職場にもいじめは、厳然とあります。

 

弱いところに、吐き出すから、です。

 

家で鬱積した想いは、会社で吐き出すかもしれない

 

会社で鬱積した想いは、家に持ち帰るかもしれない

 

全ては繋がっているんです。

 

仕事とプライベートをわけて考えることなど、できないのです。

 

 

一人の人間が朝起きて眠るまで繋がっているんです

 

想いを抱えて移動しているだけ、です。

 

 

本当の子育て支援

本当に働くお母さんを支援するのなら

 

また、若い夫婦をサポートするのなら

 

そこまでアプローチしないと解決はしないんです。

 

 

母性型では、組織は人育ての場と考えています。

 

もっと言えば、社員の心を守る場でも、あるんです。

 

今、どんな人も心の中は大変です。

 

本当に安心して休まる場

心を満タンに満たしてくれる場が

ないんです。

 

 

昨日も熱く語ってしまったのですが、

人には充電の場が必要です。

 

愛情を注いでくれる存在が必要です。

 

いい暗示を絶えず自分に与えてくれる存在が必要です。

 

そういう場に

職場がなればいいし、また、そうならなくては

いけないんです。

 

 

母性型のお話、確かに想いが伝わっていっている実感が

あるんです。

 

 

手応えが、ある。

 

 

どうぞ私達の勉強会に起こし下さい。

そして一日でも早く、一秒でも早く、この原理原則を知って欲しいんです。

 

運気が上がる人と、下がる人っています。

真ん中は、おそらくないんです。

 

ただひたすらに上がり続ける人と

ただひたすらに下がり続ける人と

どちらか、です。

 

 

せっかちな私は、はやく知って欲しいんです(笑)

 

自分の人生の残り時間は

きっと思っているよりも短いです。

 

 

シンプルな法則がある、ということを

知って欲しいんです。

 

 

次回勉強会は

9月21日(水)午後6時30分~高松国際ホテルにて 会費3,000円(食事込み)

母性のものさし

詳細はサイト↑をご覧下さいね

 

もう既に一歩先行く母性型女子のブログはこちら!

気づきの連続の彼女です。

恐るべし27歳(笑)

http://lechie.com/blog/2011/09/

2011.09.16好かれるということ

yousu.jpg

吉本歯科医院、今日も朝からとってもバタバタしています。

狭い中で走りまわるスタッフ達。

思い切り走っております加島歯科衛生士(^^;)

病院では走ってはいけませんよお・・・と言いつつも

どうしても小走りになってしまう当院のスタッフ達です(笑)

yousu1.jpg

それぞれのスタッフが

歯科衛生士は歯科衛生士の立場で患者さんと

受付は受付の立場で患者さんと

カウンセラーはカウンセラーの立場で患者さんと

そして、

ドクター達はドクターの立場で患者さんと

歯科技工士さんは歯科技工士さんの立場で患者さんと

それぞれの責任のもと

患者さんと向き合っています。

 

いろいろな職種が混じり合い

ひとつのチームとなって何かを一緒にする時に

大事なことはひとつ。

私の立場はどういう立場なのか?

自分がどう動けばチームがスムーズに動くのか?

という自分の立場役割をきちんと押さえているということが

とても大事、です。

 

その上でもって

想いはひとつ

全ては「患者様のために」です。

 

これは机上の空論ではなく

理想論ではなく、

本当にみんなの意識が「すべては患者様のために」へ向かっている時

スタッフ達のモチベーションはびっくりするほど高い、のです。

なぜなら、そんな自分に誇りを持てるから。

そんな仕事ができている自分自身を素敵だと思えるから、です。

 

人間の中で最も高級な欲望は

自分が何かをすることによって誰かが喜んでいることを実感できる

ということ、です。

そういう実感がどれだけもてるか

日々の中にそういう感覚をどれほど感じることができるか

そう感じさせてくれる場がどれだけ自分の生きてる世界にあるか

それがそのチームのの力だと思います。

 

当院の患者さんをいろいろと観察しているうちに

ある法則を見つけちゃいました(笑)

 

当院に起こしになる患者さんの多くは、過去に吉本歯科医院で治療をお受けになった

患者さんから知ってくださった、ご紹介くださった方が、多いのです。

また、当院のホームページやニュースレターで事前に吉本歯科医院のことを

院長の想いを知って下さっている方が、本当に多いのです。

 

ですので、私達にとって

困ったなあ

という患者さんは、ほとんど起こしにならないのです。

 

私達の想いをや理念、院長の治療に対する考え方を

まず先に知って下さっている、ということは

私達にとって何よりも嬉しいことですし、話も早いのです。

 

当院の患者さんの特徴なのですが

一生懸命治してあげたい!という気持ちを引き起こさせる方が多い!、という

一言に尽きます!

 

お医者さんとの付き合い方には

その人の日々の人間関係が出てしまいます。

 

誰と付き合っても、誰と仕事をしてもまずは

疑ってかかる人っています。

半身で付き合うことが普通になっている人っています。

 

そういう人というのは

相手が自分に対して100%いいものをくれるのであれば

それを確認してから

信用してもいいよ

というスタンスです。

 

仕事を依頼しても

まずは先にいいものを提供してくれるなら

信用してあげる

というスタンスです。

 

しかし、そういう意識が見え隠れした時

相対した人からは

確実に嫌われます

 

これは人間関係でも

そしてオトコとオンナの関係でも同じではないでしょうか?

 

嫌われてしまうと

もう何をしても疑われますし、信用されません。

 

ではなぜ嫌われるのか?

それは

疑ってかかるから、です。

半身で付き合おうという意識が見えてしまうから、です。

 

ドクターでも人間です。

そしてどんな大病院の先生であっても

血が通った人間です。

 

100%信頼しますと

心をゆだね、真摯な態度を取ってくれる人には

やはり同じように100%の気持ちを返そうと

いう気持ちが引き出されます。

 

そして一生かけてこの人の面倒を見ていこう!と

腹をくくれるのです。

お医者さんとはそんなものです。

 

当院の患者さんからインタビューをお聞きするときに

共通しておっしゃるあるワンフレーズが、あるんです。

 

それは

この先生に賭けてみようと思った

です。

 

賭けるというのは

信じること

です。

 

信じきる

ということ、です。

 

これはどんな仕事でも人間関係でも恋愛でも

同じです、きっと。

 

半身で行けば半身で返されます。

100%で向かえば100%以上のものが返ってくるのです。

 

リスクばかりを考え

あっちもこっちも

と保険をかけるような関係ではどの人からも好かれることは

ありません。

 

なぜなら、

半身なのが透けて見えるから。

 

信頼と愛情はあっちこっちと分散せず

この人!

ここに!

と覚悟をきめ信じきることだできたなら

どんな関係も好転していくと私は思います。

 

じゃあ、だまされたらどうするの?

という人は

信じきったことがないんだと思います。

 

人を信じきる威力を一度体験したならば

その快感からはもう戻ることができないから、です。

 

当院の患者様は

吉本歯科医院に賭けようと信じてくださる

院長吉本彰夫に賭けようと信じてくださる

なので、

その結果、

吉本歯科医院はまた相乗効果で、成長していくのです。

そしてそこにいるスタッフ達もまた進化させて頂くのです。

 

これは医療以外でもサービス業でも

どんな業種でも言えます。

 

えこひいきされる人というのは、確実に存在します。

サービスは平等ではなく

人によって

「よりよいサービスを提供してあげたくなる人」

「もっと親切にしてあげたくなる人」

「おまけをあげたくなっちゃう人」

「つい、安くしてあげたくなっちゃう人」

という人って

います。

 

お客さんも人間ですが

サービスを提供する人も

同じく人間なのです。

 

どんな場でも

相手から

一生懸命してあげよう

サービスしてあげよう

優しくしてあげよう

最高のものを提供しよう

という気持ちを起こさせるには

人の力が必要です。

 

その力は

信じきれるかどうか

です。

 

100%で向かってくる人を

裏切ることの方が

人間は難しいのです

2011.09.15歯を失わないためのお話

 

21gou.jpg

この眠そうな顔は決して疲れているわけではなく

「先生、笑ってってば」と笑顔を強要するとこんな顔になるお茶目な当院の新枝先生です(笑)

 

吉本歯科医院の歯を失わないためのお話、9月号本日発送いたしました。

まもなくみなさまのお手元に届きます。

 

今回のテーマは

「顎の骨は語る」です。

大きなテーマです。

なんと徳川時代にまで遡って歯のことを書いてしまっています当院院長(笑)

どこまで掘り下げるおつもりですか??と周囲から突っ込まれそうです。

 

今回はぜひ小さなお子様を育てている方には

特に読んで頂きたいテーマです。

そして知って欲しいテーマなのです。

 

どうぞご希望の方はお気軽にお知らせくださいね。

 

私達は今、インターネットなど情報化社会が加速的に進化した時代に

生きています。

過去にこんな時代はありませんでした。

その世界では、ありとあらゆる情報や知識が飛び交っています。

そして活字になったとたんに

さもそれが「正しいこと」のように錯覚してしまうところが

私達には、あります。

 

私達は今、羅針盤を必要としています。

なぜなら情報という海の中にあまりにも無防備に

放り出されているから、です。

 

何が本当に正しいのか

それは自分の身でもって体験してみないと

本当のところはわかりません。

 

そんな中、

私達が発信する歯を失わないためのお話は、

情報の海の中で溺れる前の羅針盤になりたいと思います。

 

本当のことだけを知ってもらうために。

どうぞ知って下さい。

本当のことを。

 

歯を失うその前に。

2011.09.15実習生

jissyuusei.jpg

吉本歯科医院、今週月曜より歯科衛生士の卵ちゃん、実習生が

来て下さっています。

 

19歳っ!!

ひょえ、私より20近く違うの?

こんな娘がいてもおかしくない年齢??と

自分でびっくりしたわけなのです(笑)

 

横で笑っている小田も

私の中ではいつまでも20歳で止まっているように感じるのですが

もう3年目。

立派な歯科衛生士さんです。

うちのスタッフの中で唯一、新枝先生に指示命令をできる稀有な存在です(笑)

 

 

実習生、緊張に緊張で

カチンコに固まっており、

当時の田中や杉本や小田の入ったばかりを思い出しました。

 

人と話すのが緊張する

もう一日が必死

という時期です。

 

一生懸命必死で生きている様子が見てわかるので

それはそれは見ていてさわやかだなあと

いつも思っていたものです。

 

今では大ベテランの田中彩夏でさえ

人とどうやって話をしたらいいのかわからない

緊張する

とか、話をしていたように思い出します。

 

 

初めての人と会うのは誰しも緊張します

初めての場に自分だけが入っていくって

緊張します。

緊張するので

ストレスがかかるわけ、です。

 

しかし、いつしか緊張しなくなってくる時期があります。

それはきっと場数、です。

慣れ、ですので。

 

 

人に強くなりたい

人との関係にストレスがないようにしたい

と思うなら

きっと

場数が必要です。

 

若いうちに

どんどん負荷をかけておくと

歳を取った時、楽です。

どんな場でも動じない

おじない自分を作っておくと

どこに行っても平気

と思えるし

誰と会っても大丈夫

と思えてしまうから。

 

どんな仕事でも、最終は人間関係です。

人の中で自分を伸びやかに表現できる人はやはり

これから強いと思います。

 

伸びやかに表現できる自分

そしてその自分を受け入れてくれる場所

この2つがセットです。

 

実習生、まだ19歳。

どんな風にでも伸びていけます。

素敵な歯科衛生士さんになって欲しいです

2011.09.15熱は中から外に伝わる

私は19歳の時から日記を書いています。

その日記は一行で終る日もあれば

3ページも4ページもぎっしり書いている日も、あります。

 

日記には

その日どんなことがって

どんな風に感じたのか?

誰とどんなことが起こったのか?

忘れないように書いているんです。

体調日記も合わせて書いています。

朝、起きた時は体調悪かったけど◯◯さんに会ったらすごく元気になって

朝の体調の悪さは何だったのかと思うほど」など

体調と気分と人間関係は全てリンクしていることに気がつきます。

 

 

5年ほど前の日記を読み返してみて思ったことが、ありました。

ああ、こんなにしんどかったんだなあ

とか

ああ、こんなに苦しかったんだなあ

とか

その時の状況を思い出すのですが

人間面白いもので、

苦労して必死でやっている最中のことって

忘れてしまうものなのですね(笑)

 

どうやった

ここまで人間関係がこじれるのか

どうっやた

ここまで職場の空気が暗くなるのか

どうやったら

うまくいかなくなるのか

ということを

散々この身でもって体験したので

そのおかしさや、間違いが

今は面白いほど、わかるのです。

 

何かを得るときに

極端に間違った方向に走ってしまう

というのは

ひつの手段なんだそう、です。

 

最終的に西に行きたいのであれば

まずは東の端まで行ってみる

そうすると

東の端に行った瞬間に、

西にものすごいスピードで向かえるんですって。

 

私はこの話を聴いた時に

「ああ、じゃあ、よかったんだね」と思いましたし

あの苦しい体験は

必要な時期だったし、今となっては財産でも、あります。 

 

つい5年前のことを読み返してみて

一番私達の思考が変わったなあと思ったことが、ありました。

 

それは

人との関係です。

 

それまでは

「嫌なら辞めてもらっていい」

「合わないなら離れる」

という発想でした。

 

その発想は

スタッフとの関係にも

出ていたのです。

 

もの言わずとも

社員を大事にします

と言っていても

「嫌なら辞めてもらっていい」

「合わないなら別にいい」

と心の中では思っているので

やはり集まってくる人も

「嫌なら辞めたらいい」

「合わないなら辞めよう」

と思考する人ばかりが、集まってくるんです。

 

同じように発想する人が

集まってくる

というのは本当なんだと今は思います。

 

 

しかし、当時は本当にそういう因果関係がわからず 

同じようにスタッフを抱えて歯科医院を経営されている先生に相談しても

やはり同じように

「どうせ2~3年で辞めるんだしいんじゃない」

「そんなにスタッフのこと考えてたらもたない」

とか

「社員は言うことを聞かせるのが上司の役目」

ということしかアドバイスをもらえず

 

その全ては全て私の中で

違和感そのものでした

 

母性型を実践しはじめてから

私達は新しい人を次々に迎えるようになりました。

新しいスタッフ達、です。

 

心模様が変わってから採用した人達は

今、ここにいてくれている吉本歯科医院の全てのスタッフ達なのですが

どの人も、

一生付き合おうと思って採用した人ばかり、です。

 

心の中は表に見えません。

しかし、心の中のことは

現象という形になって

必ず現れます。

 

そのまず最初に形が

私達にとっては

吉本歯科医院のスタッフ達でした。

 

森下がいて

松本がいて

田中がいて

加島がいて

杉本がいて

小田がいて

そして、新枝先生が新に加わって・・・・・。

 

思い描いた形どおりの人が

今、こうして目の前に、います。

 

心の中は、見えませんが

確実に現実に起こることを

変えていきます。

 

そういう心のメカニズムを知ってからの私は

もう面白くてしょうがなく

母性型にずっぽりはまりこんでしまったわけ、なのです。

 

今、若い女性や若い男性が母性型勉強会に

はまり込んでくださっている理由は

その通りやってみたら、本当にうまくいった

ということをその身で体験するからだと

私は思います。

 

10年ほど前から

心の時代

と言われています。

 

そして最近はなお一層、そう思う時代です。

 

しかし

心の時代

とはとても抽象的では、ありませんか?(笑)

心の時代

というのは

実はとても具体、なのです。

 

法則があるのです。

私の中にはいくつかの法則が出来上がっており

その通りにやっていけば

うまくいくんだという確信です。

 

いい人を見つけたなら

どうしてもうちに来て欲しいと

アプローチし

そして来てくれたなら

「一生付き合う」という覚悟で

大事にしていく

そして絶対に離さないと決める(笑)

いい運を持っている人はそうそう、いないから、です。

 

そんな想いで採用をし

そんな想いでスタッフと日々付き合っていくと

寄ってくる人は明らかに変わり

スタッフ達の心模様は明らかに変わるのです。

 

上司と部下との関係は

その人の人間関係とそのまま通じます。

 

人と人とは

たとえ上司と部下であっても

最初はいいところしか見えません。

しかし、長く一緒にいると

嫌な面や

自分とは考えが違う

部分に直面します。

 

その時に

通常であれば

上司は部下に

自分の考えを押し付けます。

そしてそんなもんだ、と思っています。

 

しかし、

押し付けられた方には違和感が残ります。

 

人には誰しも弱い部分や

強い部分があります。

わがままな面や

素直な面があります。

 

あの人はわがままだ

あの人は素直だ

あの人は嫌な人だ

あの人はいい人だ

というのは

その時々のシーンでしか、ありません。

 

相対する人によって

自分の中の嫌な部分が出たり

自分の中のわがままな部分が出たりするのが人間です。

 

決して一人で完結しているのではなく

人間関係という関係性によって

その人のいい部分、悪い部分が浮き出されてくるのです。

 

自分の弱い部分も

ダメな部分

とろくさい部分も

考えが違う部分も

まるごと全部ひっくるめて

それでもいい、と受け止めてくれる人がいたならば

人はそちらに集まると思いませんか?

 

いいところだけ

強いところだけを

見せ続けなくてはならない関係は

いつか破綻します。

 

自分のアラや弱点を出したとしても

「それでもいいよ」と受け入れてくれる場が必要です。

 

そのためには

受け入れる土壌と受け入れる人に心の余裕が必要です。

 

自分がカツカツで

心が乾いてて

土壌も殺伐としている中で

そんな受け入れる余裕などもてるはずは、ありません。

 

母性型を実践しはじめて一番最初に起こった変化は

私自身の心模様でした。

 

今、出会っているこの人達とは

きっと深い意味があり

巡り巡って今、こうして吉本歯科医院に集まってきてくれている

と思うようになりました。

 

すると

もうこれはここで出会うべくしてであっているんだとしか

思えないような嬉しい事件がたびたび起こるようになりました。

 

今いてくれている

スタッフ達との関係をずっと継続させていくこと

そのためにはメインテナンスが必要です。

破壊して、捨てるのではなく

修理修復メインテナンス、です。

絶えず、修正し、微調整しながら

大事に大事に一生継続させるため、です。

 

歯も同じですね(笑)

 

働いてくれているスタッフ達のとの関係が

縁あるものなんだ、と信じることができた時

次に起こった変化は

起こしになられる患者さんでした。

 

当院と出会うべくして出会っている

と感じて下さり、そしてそれを私達に伝えてくれる

患者さん達に出会うようになってきたのです。

 

こんなシアワセなことは、ありません。

 

心の中にあるものは

必ず

目に見える形になります

それは

いいものも

悪いものも

 

なので心の中は見えないのではなく

起こってる現象でみえるのです。

 

そういう意味で

隠し事はできないのです。

隠せているようで隠せていないのです。

 

熱は中から外に伝染します。

小さな変化から大きな変化になっていきます。

逆は、ありません。

 

とってもシンプルな時代に入ってきたと思います。

2011.09.13見て下さっているんですね

 

歯の予防 PMTC 歯の定期健診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松

先日オープンした吉本歯科医院の「歯を失わないためのお話予防サイト」

http://www.pmtc.biz/

意外にもたくさんの方に見て頂いているようで

お声をかけてくださったり

メールを下さったり

嬉しい、です。

 

一生懸命作ったものを見てくださるのは

嬉しいものですね。

と言っても私が作ったのではなく

作って下さったお二人が素晴らしいのです(笑)

 

興味深いのが

「こうやってイラストを添えると硬い文章も読みやすくなるよね」

とか

「誰に頼んだん??」

とか

「どんぐらい時間かかったん?」

とか(笑)

 

同じく歯医者さんをされている先生や

歯医者さんの奥さんが

たくさんコメントを下さるのですよ。。。。。

 

同じものを作らないで~~~~~

といいたいところですが

素晴らしいものは素晴らしいので

おすすめしましょう♪

 

情報をたくさん発信したいと思った時に

私などは、文章大好き人間ですので

えんえん長々と文章を書きつづるのです。

 

当院院長もどちらかと言えば私よりで

ほうっておけば2人して

100枚も200枚も書いてしまうのです(笑)

 

しかし、

長々と文章で書いたことを

イラストやイメージにして

瞬間に表現してくてると

受け手は

「ああ、そういうことね」と

瞬時に理解してくれることが、あります。

 

デザイン

とか

イラスト

とか

かける人はすごいなあと

私は思います。

 

そんな才能を持った人は

もう惜しみなく

いろいろなシーンでその能力を存分に発揮して欲しいと

思うのです。

 

吉本歯科医院もそうですが

どんな仕事をしている人でも

特に個人で何かを発信している人は

想いを伝えていく

ということに一番苦労をしているのです。

 

それも

ありのままをそのまま

本当にストレートに

伝えることって本当に難しいのです。

 

どうしても

誇張してみたり

下にへりくだってみたり

なってしまうものなの、です。

 

そこに

このようにデザイナーさんとか

イラスト作家さんとかが入ってくださり

その想いをその人本人になりかわって

表現してくれると

こんな嬉しいことは、ないのです。

 

実際に今回この予防サイトを作ってみて

見て下さった患者さんからの反応を見ていると

あんなに一生懸命院長が書いているニュースレターの文章より

このサイトで表現したことの方が

スーッと伝わっていることが、わかるんです(泣)

 

私達が伝えたいことを

患者さんがもう既に先に知って下さっている

という状態ほど

私達にとって嬉しいことは、ありませんし

また、お互いにいい関係を築くことができるのです。

 

これからは

全ての仕事から

営業しなくてはならない

という概念は消えると

思います。

 

やっていることを

ストレートに伝えていく

それだけ、です。

 

今、やっていることと

発信していることに

1ミリの違いもない

発信したことと実際に体験することに

違和感がない

ということが

何よりも大事だと私は思います。

 

伝える

ためには

どんな手段もありかな、と最近思います。

 

面白い時代なんですねえ、今は。

 

吉本歯科医院かろやかバージョンのホームページです(笑)

どうぞご覧下さいね↓

歯の予防 PMTC 歯の定期健診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松

2011.09.13院長なんでも修理屋です(^^)

うちの院長のお話です。

うちの院長は、なんでも修理してしまう人、です。

それは医院にある機械でも、棚でも、椅子でも、

子供のおもちゃでも、なんでも(笑)

 

院長の実家に行くと

院長が子供の頃に作った勉強机やら本棚やらを

今でもきちんと使っています。

年季が入っていますが

ここまできたらもはや捨てることは、できません。

 

たまに休みができると

必ずホームセンターに行って

マニアックなドライバーとか

マニアックな接着テープとか

マニアックなのこぎりとか

買ってきては

いつも何かを修理しています。

ほうっておくと早朝から深夜まで夢中でやってます。

そういう時は、ひたすら熱中しているので

放置されることを望む院長です。

 

 

こないだ大きな治療を終了された女性の患者さんが

院長のことをこんな風にお話してくれたんです。

 

「先生の手は、魔法みたい」と(笑)

似たような比喩でよく院長の腕を語ってくださる方が多いのです。

 

口の中に手を入れるときに

違和感がない

というのです。

 

それを院長に聞くと

「そうしてるから」なんですって

 

たとえば器具を持った時に

器具の先端までが

「自分の手」と感じ治療をしているんだそう。

 

なので、器具の取り扱いなどは

ものすごく繊細で慎重です。

 

院長は恐らく当院の中で一番

ものを大事にする人、かもしれません。

そして、何でも捨てていくのがこの私(^^;)

 

どんなに忙しくしていても

せまいところで

ドタンガシャンということはなく

器具や機械の取り扱いはとっても丁寧です。

 

 

なので、

がさつな扱いをする人をものすごく嫌がります。

それはもう露骨に嫌な顔をします。

当院スタッフそのあたりは

きっと神経を遣ってくれてると思います。

 

院長と一緒に診療をしていると

衛生士さんたちも院長と同じように

繊細で丁寧に器具を扱うようになってきます。

もともとそうなのか、

それともそうなったのか

はわかりません。

しかし、横で見ていると

院長と同じような動きをしているのです(笑)

 

恐らく一番腹が立つ存在は私かも?????

 

ビデオでも

パソコンでも

壊れた棚でも

壊れた椅子でも

ドライバーとかあの手この手で

なんでもかんでも修理してしまうので

私が粗大ゴミに出したはずのものが

時々生き返って家の中に戻ってることが、あります。

 

「ああああ・・・・・壊れたから新しいの買えると思ったのに・・・・(泣)」と

思うことってよく、あります。

なんでも、治しちゃうので。。。

 

 

物の取り扱いがものすごく慎重で丁寧な人は

キレない人が多いように思います。

 

そう、

当院院長

切れません(笑)

 

怒りません。

何か起こってもすぐにメインテナンスしよういう風に

頭がいってしまうからか

怒ったことが、ないのです。

 

私は結婚してから5年ほどはすぐに怒って頭に血が上っていたのですが

院長と一緒に仕事をするようになって

なぜか怒らなくなりました。

いや、怒るのが減りました(^^:)

歳をくって怒るのが疲れるようになったとも言えます。

 

以前は

私一人で怒ってて

それをまったく問題にもしていない院長にこれまた怒っていたのですが

最近では2人して怒らないので

家の中はいたって平和、です。

平和すぎて会話がないかも(--)

まあ、それはそれでいいのです。

 

 

怒っても寝たら消える

といのが院長の習慣なのですが

うつってきたのでしょうか?

 

当院スタッフも

みんなそんな感じになっています。

 

長く一緒にいると

性質まで似るといいますが

家族と社員も同じなので

思考が似てくるのかも、しれません。

 

いまあるものを

「使えなくなったから捨てる」

「嫌いになったから捨てる」

「新しいいいものが出たから捨てる」

ではなく

ずっと使おう

一生使おう

と思ってメインテナンスをしていく

 

物も歯も同じかな、とふと思いました。

香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 歯を削る前に知っておきたい7つのこと。メールセミナー全7回 インプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • インプラント治療をする前に患者さん側が確認しておくべき5つのことインプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 合わない痛い総入れ歯でお悩みの方へ固定式入れ歯 インプラントオーバーデンチャー 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 診断が変われば治療は変わる 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 歯の予防 PMTC 歯の定期健診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 働きやすさが自慢の職場 子育て支援 吉本歯科医院 香川 高松
  • オール・オン・フォー All-on-4
  • 吉本歯科医院の「治療の特徴」
  • 歯科医師の採用について
  • newsletter
  • movie
  • 患者さんからのお便り
  • 無料メール相談・お問い合わせフォーム
  • メディア掲載実績・講演依頼
  • 歯科医院の方はこちらをご覧ください
  • 院長ブログ
  • マネージャーブログ
  • カウンセラーブログ
  • コンシェルジュブログ
  • 香川 高松市 吉本歯科医院 コンセプト
  • 当院のインプラント治療の特徴
  • 香川 高松 吉本歯科医院 自覚症状をお持ちの患者様へ
  • 香川 高松 吉本歯科医院 症例 事例

治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!