吉本歯科医院

087-818-1118

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

歯を抜きたくない削りたくない方、薬で治す虫歯治療、歯周病治療、インプラントや入れ歯治療なら咬み合わせ専門歯科の吉本歯科医院。香川県高松市。

香川 高松 吉本歯科医院
治療メニュー
  1. 1)インプラント
  2. 2)薬で治す虫歯・根っこ治療
  3. 3)歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎
  4. 4)削らない治療・接着ブリッジ
  5. 5)マウスピース矯正・
    目立たない矯正
  6. 6)審美歯科・歯を白くする
  7. 7)予防治療PMTC
  8. 8)顎関節症・顎が痛い
  9. 9)金属アレルギー
  10. 10)入れ歯
  11. 11)治療価格
  12. 12)親知らず
  13. 13)噛みあわせ
ホーム > 香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

2014.08.16可愛い彼女は、「シャイな彼」でした。

merubin.jpg

時間を忘れて話し込み、また子連れで日をまたいでしまうところでした。

私の良き指南役、金高夫婦の家にフィリピンからチャーミングな日本語教師がやってきていました。

彼女は、なんとシャイな「彼」でした。

後ろがシャイなメルビンちゃん

 

昨年、金高家が子供達と一ケ月滞在したフィリピンセブ島の英会話学校から

今度は、教師を連れてきちゃうという、グローバルぶり。

adobo.jpg

これは、彼(彼女?)メルビンが作ってくれたアドボ、という料理。

ローリエたっぷりの鳥と豚の角煮のような白ご飯がすすむ味

merubin2.jpg

みんなでワイワイ食事を始めた頃、スカイプ英会話の時間に。

画面の中で「ハーイ!」と話しかけてくれる凛々しい彼は

彼女でした。

 

日常の中に英会話がある金高家の夜ご飯は

にぎやかなことこの上ありません。

 

そして、興味深い話をひとつ。

金高夫妻は今年の春、スリランカへ旅行しました。

薬剤師免許を持つ夫妻は、

本場のアーユルベーダを体験すべく

8日間滞在してきました。

奥さんの「スリランカへ行く!」の一声で

本当に行っちゃう素敵なカップル。

3人の子供はおばあちゃんへ。。。

 

ちなみに奥さんのみゆきさんは

思わず「ねえ、その肌、どうなっちゃってるわけ?」という陶器のような白肌の持ち主。

アーユルベーダのお陰かな?

と思ったのですが、

ご主人いわく

「彼女は食事がいい、きちんとしたもの食べてる」

のだすです。

やはり、肌は中から、でしょう。

 

さらに、いろんなものを漬け込んだ謎の瓶がいっぱい。

化粧水やら、

ビワの葉やら

ドクダミの葉やら

漬け込んでいるというではありませんか。

 

暮らしぶりのすべてがとっても

細やかで、華美ではなく、丁寧に暮らしてる感じが

居心地がいいのです。

 

さて、話はもどりスリランカ旅行です。

どっさり4冊のアルバムを見ていると

「ああ、行きたい。行ってみたい」強い衝動にかられる私。

 

スリランカの病院で診察を受けると

白髪はどうやら、病気なんだそうです。

ストレスという病気。

 

スリランカには殺人がほとんどなく

医療機関制度が整っているわけでもないのに

寿命が長いんだそう、です。

 

そして、みんなニコニコしてるのです。

何か不愉快なことを言われただけで

ムカッときている殺気だった民族とは

大違いです。

 

ちょっとのことで腹が立つ

些細なことが許せない

察してくれないあの人が嫌い

これ、みんな、病気です。

きっと。

イライラ病。

 

生まれてから死ぬまでの間に

仏教という信仰がしっかりしみこんでおり

朝夕と祈り、心静かにする時間を。

そして、グレーな感情を溜め込まない生活習慣。

病気は心が作るといいますが

食事からもアプローチ

精神面からもアプローチ

そりゃあ、病気にもなりません。

溜め込んだ感情を水のように流せる思考の習慣が

あるのでしょうか?

 

 

さらに、ご主人は、風水士でもあります。

おじいちゃまが有名な風水士だったそうで

その血と知恵を受け継ぎ、

今、特に、子供を育てる親達を

助けています。

 

そう、私、勝手に助けられてます。

 

風水って、面白いんですね。

統計学なんですって。

 

私は、いいことしか頭に入ってこないたちで

教えてもらった私の風水全般を

勝手にいいようにいいように、都合のいいように解釈して

すっかりワインのように美味しく飲み込んでしまいました。

 

そうやって、

アドバイスをもらう前よりも

もらった後の方が、

テンションが上がって、幸福感につつまれてる

っていうのがいいです。

 

私は今年収穫期に入ってるのだそう。

活気が出る=仕事が忙しくてしょうがなくなる

ということだそうで、納得。

食欲の秋のイメージで、なんだか嬉しい。

 

気をつけないといけない年はあと何年か後らしいのですが

「しんどくてしょうがなかったら、スリランカいったらいいよ」

という言葉に安心し、

もうすっかりスリランカに行く気になってワクワクしてます。

 

時間が過ぎちゃうのを

忘れる時は

巡りのいい人達と会ってる時です。

私の場合は。

 

いつ会っても

ドキドキするような話を聞かせてくれる

この不思議な夫婦が

好きなんです。

 

ついつい

家に行ってしまう

足が向いてしまう

のいう自分がこれまた好き。

 

たくさんメモを取ったので

親しい人に教えてあげようと、思うほど

「さ、すぐやろ」という話ばかりでした。

2014.08.11思わずレジに行ってお金払ってました

yamasaki.jpg
昨日,待ち合わせしてたんです.
商店街の地下へ降りていくちょっとマニアックな本屋さんで.

店内散策してると
こんな本を見つけました.

店員さんが書いたPOPに惹かれ
本を手に取り,

にやにや
笑ってるところに
待ち合わせ人到着.


「一冊づつ買おう」
と,なかば強制,2冊お買い上げ.

サラリーマン山崎シゲル

他にもテーマ別の本棚のコーナーがあり
POPが面白い

「もう孤独な独居老人とは言わせない」
「今年中に結婚式をあげてぎゃふんを言わせたいあなたは必読」
「あの世をすべて教えてくれます」
「飽きっぽいあなたへ」
「シルバー川柳が今,熱い」
「全国秘宝館のすべて」

面白くてつい開いちゃう.


シルバー川柳はシリーズっぽく,2冊あったので
まずは一冊お買い上げ.


3時間くらい平気で人を待てそうな本屋さん.
地下ってのが,またいい.


待合室に置いてみたら
患者さんも笑ってくれるかしら?

「にやっ」
とした顔をしたら
ちょっと嬉しい.


本をただ並べるだけじゃなくて
マニアックなテーマごとに,POPつけておくと
光り輝いちゃうんですね.


参考参考.

2014.08.11そのまま、やってみる

それでは、次回は3ケ月後、半年後にお越し下さいね

と、患者さんとお話していると

3ケ月後、半年後といえば、もはや今年も終わり、

半年後は2015年です。

 

あっという間に、時は過ぎます。

一年のはじまりには、

さあ、今年こそはっ」と、何かを変えてやろう

新しく取り組もうと、思っていても

忙しい毎日を過ごしていくうちに

年頭の熱い想いや決心は忘れ去っていくことがあります。

 

そしてふと、

一年も終わりかけた頃になって

「ああ、やっぱり何もできなかった」

「ああ、何も変わってない」

「ああ、決心したけど、実行できなかった」

何も行動できなかった自分にへこみ

自分はやっぱりダメなんだ、とさらに

自分で自分の

自信を奪っていってることを

感じることが、あります。

 

心は、放置しておくと

行動しないようにできてます。

感情は放置しておくと

へこむようにへこむように

なってます。

 

「あっ!面白そう!すごいっ!」

とピンときたら

間髪入れずに行動しちゃう習慣が身についていることで

得られる恩恵というものは

すごいものだと、私は思います。

 

多くは、「あ、これっ!」とピンときても

でもね」

「本当かな」

と頭で余計な考えが一瞬よぎります。

 

その一瞬がくせもの、です。

その余計な考えが介した瞬間に

次に行動しようという気が失せるから、です。

 

だから、間をおかずに

動いてみるというのが

大事です。

 

私が自分でルールにしていることが、あります。

自分ルールは、

うまくいくことがわかっているので

ルールにしているのです。

 

①もうそれをやってのけて、向こう側に行ってる人を見つける

②その人が教えてくれる通りにする

 

nouda_5.jpg 

自分で考えたり

自分で解釈するのではなく

その人が教えてくれる1から10までその通りに、やってみる

のです。

 

途中経過で

「あれ?」と思っても

「そんなのあり?」

と思っても

まずは1から10まで素直にやってみる。

 

そうすると

何かしらの結果が出るんです。

これ、本当に、出ちゃうんです。

目に見えて、自分が「違ってる」という変化がでるんです。

 

そうなると

「うーん、やっぱり、そうかあ!」

と今度は確信に変わります。

やってみると

面白さを実感したり

すごさを発見したり

その過程そのものが、面白かったり

するので

やり始めた人は、

面白いので

続けるのです。

 

やらない人は

面白さを体感できないので

やらないまま

なのです。

 

やってみて

うまくいって

確信に変わると

 

そうなると

ますますもっと言う事を聴いてみようと

いう気になり

ますますその人やそのことへの関心が深まっていくのです。

 

どんなに知識を重ねても

やはり私のルールはこれ、です。

 

同じように

同じことに取り組みだしても

「でもお」

「うーん、あの人だからできるんだわ」

「本当かなあ」

「もっと、簡単なのがいい・・」

「面倒くさいなあ」

と言って動いてない人は

やっぱり、損をします。

 

人は、自分が「こうやってうまくいったよ」

ということは、

人に教えたくなるもの、です

 

ライバルには教えない

とか

あの人には教えない

とか

意地悪な気持ちが無い限り

やはり、うれしいことは、いいたくなるもの、です。

 

そして、一緒にその喜びを

わかちあいたいと

思うもの。

 

特に女性はその傾向強し。

 

でもその時に

「こうやったらうまくいくよ」ってことを

アドバイスしたとしても

「うーん、でもねえ」

とばかりで

やってみようとしない人は

そのうち、アドバイスしてくれる人は

いなくなります。

 

自分のまわりには

いくらでも人はいるように思いますが

誰のいうことも聴かないことが

たくさん続くと、

そのうち

自分のまわりから人は消えるのです。

 

 

なぜなら、

人は、自分のいうことを素直に聴いてくれる人の方へ

時間と愛情を注ぎたいから、です。

 

これは、自分がアドバイスする側になったら

そう思いますよね?

 

その方が一緒にいて楽しいし

その方がこちらも元気になる

もっと何かを教えようと

愛情を注ごうとしたくなる

 

 

自分に幸運をもたらしてくれるのは

人を通じて、です。

その人が、次第に自分の前から

消えていくのです。

 

片方は、素直に実行し、

やってみるから、行動した体験が

実感となり、ますます

自分を突き動かします。

 

片方は、「できっこない」「面倒くさい」

と言い訳をし、

ますます動かなくなり

ますます良いことから

自分を遠ざけてしまう。

 

もったいないのです。

 

私は20代の頃は

永遠にこの命が続くと思っていました。

 

30代もまだまだ。

 

しかし

40代になり

身内がどんどんなくなり

身近な人がどんどん本当にあの世に逝ってしまうと

自分の残り時間をものすごく意識するようになりました。

 

砂時計状態です。

 

だから、時間がないのです。

あー、できないなあ

でも、無理だなあ

なんて思考する時間がもったいない

 

 

どうすれば

できるかな?

どうやったら、あの人みたいな雰囲気をまとえるのかしら?

どうやったら?

どうしたら?

と、ずっと考えているだけでも

時間はあっという間です。

 

「本当かなあ?」

と、人の話に一歩引いてる場合じゃないんです。

「ちょっと、それ、教えて!!」

思わず身を乗り出しちゃうくらいで

ちょうどいい。

そうしてるほうが

自分の中身が縮こまらなくてすむのです。

 

 

なんでもかんでも

できないと勝手に決めてるのは自分です。

自分で決めるので

できちゃうわ

と決めるのも、自分です。

 

今すぐ、手を打てることは

あるんです。

 

どうしたらできるかな?

とすぐに考え

行動する方法を教えてくれる人が

すぐ近くにいると

一日はすごいスピードで過ぎていきます。

そういう存在は本当に、ありがたい。

 

 

体が動いている時は

心も一緒に動いてるんです。

そして、ひとつのことを思考しているので

他ごとが頭をよぎらない。

 

本当に、人間はシンプルにできてます。

そのまま、やってみる

ルールは

本当に使えるのです。

 

■次回母性型勉強会

2014年8月20日(水)午後6時半~8時半

高松国際ホテルにて

会費:3,000円(夕食込み)

申込は:http://www.boseinomonosashi.com/

2014.08.09実のお母さんかと思えば,お姑さんでした

昨日,長期キャンプが急遽1週間で取りやめになった息子が
大嵐の中,帰ってきました.
今日の暴風大雨なら昨日帰ってきてて正解.
しかし,子供のいない静かな時間はあっという間に,終了.

昨日は息子の誕生日.
ちょうど,院長とでかける会があったので
一緒に連れて行きました.


そのホテルのレストランでたまたま
お誕生日会をしていたある家族.


ご主人を通じて奥さんを知り
奥さんは,母性型勉強会に来て下さっています.

今日は奥さんの誕生日.
奥さんの誕生日を,ご主人とご主人のお母様
3人の子供たちがみんなでお祝いをしていました.


「おっ!」
「あっ!」

とひょんなところでお会いし,一家団欒の会に
顔を突っ込んできました.


奥さんとお母さんの関係がとってもいい感じだったので
私はてっきり奥さんのお母さんかな,と思ってお話をしていました.


よくよく聴いてみると
ご主人のお母様でした.


奥さんが凛としてて
お母さんと楽しそうに話してて
ご主人がその2人をニコニコ見ている


なんだか,いいなあ,この家族.


最初に勉強会でお会いしたのが3年ほど前でしょうか?
美しい人
姿勢を崩さない人
凛とした話し方



「この先生だっ!!」とピンときたお料理の先生に出会い
大阪まで何度も何度も通い,
今では,先生の指導を受け
ご自分でお料理教室を開催しています.


学ぶことすべて吸収し,
すぐに自分自身のやってることに再現,トライ.
素敵な人に会えば,
素敵なところをすぐキャッチし,
すぐ再現.


出会った時には
「いつかは,こんなことやりたい」
とにこやかにお話していましたが,
2年,3年過ぎると
本当に実現して今,すごい回転中です


「こんなことしたいなあ」
というイメージは,
本当にその通りになります.


取り組む姿勢の
何もかもが,違ってました.

そんな奥さんがキラキラと話をしているのを
隣でお姑さんが,ニコニコ嬉しそうに聴いているんです.
誇らしそうに.


どれほど,いい関係を築くべく
日ごろ,グラウンド整備をしているかってこと,ですね.


あっぱれな女性.
素敵.

凛としてる人は
もう本当に好きです.


この奥さんの弟さんに
私は今,髪を切ってもらってるのですが
不思議な空気を持った姉弟.


どんな両親に育ったのか
聴いてみたい.


次回勉強会で,聴いてみよう,そうしよう


次回母性型勉強会
平成26年8月20日(水)午後6時半~
高松国際ホテルにて
会費:3000円(食事代込み)

お申し込みは:http://www.boseinomonosashi.com/


2014.08.09親子でも、考え方は、違う

もう、成人の、大人になっても

親がかわいそう、で自分がそばにいてやらないといけない

という思いに縛られ苦しい思いをしている人は

少なくありません。

 

昨日も、もう何年も母親のことが「かわいそう」

結婚してからもずっと気になって、しょっちゅうそばにいないと

自分が苦しくなる、という女性がいました。

 

 

親が、かわいそう

という気持ち、私は自分が父親にそう感じていた時が

あったので、よくわかります。

 

 

母と別れてからの父がなぜかとっても

かわいそう、で、と思っていました。

 

 

しかしある人に

すごいタイミングで

「かわいそう」というのは、自分の方が立場が上で

相手を下に見ている時に使う言葉です、

とても傲慢な

言葉です。

 

と言われ

ハッと我に返りました。

 

誰かを「かわいそう」と言ってる自分は

自己満足です。

「かわいそう」と誰かのことを言っている自分が

本当は、かわいそうなのです。

 

これは、

自分で、自分が発する言葉のトリックに

はまっているんです。

 

本当は「かわいそうな」自分のことを

考えなくてすむから、です。

「かわいそう」と思うのは

本当は相手ではなく、自分です。

 

「かわいそう」と思われている相手は

実は本人そんなにかわいそうでは、ないのです。

 

 

小さい頃、親に十分に愛情を注がれなかった

だから、

今の自分は、こんなにつらいんだ、

という思考があります。

 

もし、小さな子供が親から

欲しい時に愛情を注がれなかったり

怒鳴られたり

不安な気持ちにさせられたり

といったことは、

子供こころにはとても、恐怖です。

たしかに。

 

私も、家を飛び出した母に連れられ

夜中に古い映画館で悪霊島を観た時には

たしかに怖かったです。

これから、どうなっちゃうわけ??

と思ったもの、です。

 

しかし、

成人すれば、大人です。

20歳過ぎた時点で、立派な大人の女性です。

ここを押さえておけば、

自分はぶれることはありません。

だって、私はもう大人だもの。

です。

とっとと、大人になることを

決めた方が、いいのです。

その方が楽なのです。

 

 

希望は過去の中には、ありません。

過去をほじくりかえしたって

自分の都合のいいように解釈するだけ、です。

自分の今の頭で

自分が「かわいそうだった」と解釈するだけ、です。

 

 

なぜ、私の親は

その時、あんな態度だったのか?

なぜ、私の母は?なぜなんだ?

その両親の影響を受けて

今の自分のこの思考パターンがあるんだな、と

そこはもう冷静に、冷静に、

客観的に、他人の心を観察するように

分析すれば、いいのです。

 

 

自分がうまくいかないパターンは

自分の心の傾向です。

本当は、あっちに行けばいいのに

なぜか、こっちにとどまってしまう。

というのは、自分を突き動かす潜在意識の部分が

何かを怖がっているから、です。

 

 

では、怖がっているものは何か?

を冷静に、冷静に、分析です。

そして、「ああ、そういうことか」と知れば

パッと離す事ができるんです。

 

大人になってからの異性の関係や

友人関係

親子関係

あらゆる関係は、

自分が育った親と子の関係に

根っこがあります

 

なぜ、いいたいことが言えない相手でも

迎合してしまうのか?

自分が幸せになろうとすると、自分で自分を阻止しちゃうのか?

自分の気持ちを優先することが、どうしても苦手なのか?

 

 

心理学を知り、

そんな自分を「ああ、自分ってこの通りだわ。だから私ってこうなんだー」

と安心して納得しても

知識を知ったところで、

現実はなにも変わりません。

 

私は、知識を知りたいのか?

それとも

誰とでも付き合え

のびびびと生きられる自分になりたいのか?

どっちを選ぶのかは

自分次第です。

 

 

育った環境は

自分でも気が付かないうちに

しみこんでいるものなのです。

小さい頃に植えつけられたもは

しみこんでいるのです。

よくも、悪くも。

 

 

しかし、そこを愚痴ってもしょうがない。

悲惨な過去だと思うのなら、

まだ、過去を克服できていないのです。

今が、満たされてる、と過去は

勝手に「だから、それも肥やしだったんだ」と必ず思えるものです。

転化できちゃうもの、です。

肥しだったんだあーー

と心底思うために

今、「自分はどうありたいのか?」と考えるのです。

そして、今の自分が嫌いなら

直ちに行動です。

 

一番効果的なのは

スカッと、行動している人に

ぴったり張り付く

プチストーカーになる

ということで、

3ケ月もすれば、彼の、彼女の行動や思考が

自分にもインストールされてきます。

 

 

結婚して外に出て、

母親を「かわいそう」と思う気持ちに支配されてしんどいのは

なぜなのか?

と、分析してみる。

 

大事なんだけど、

腹が立つのは

なぜなのか?

と、分析してみる。

 

 

ごちゃごちゃにからまった紐は

ゆっくり、じっくり解いていけば、

ちゃんと解けるもの、です。

 

 

紐とを解いていくと

結局、「で、自分はどうしたいわけ?」

というところに立ち返ります。

 

親からもらった今の自分が

いやなら、満足していないなら

「こんなのじゃ、嫌だ!」と思い切り叫んじゃえばいいのです。

自分を取り巻くあらゆるダレタ関係が嫌なら

いっそ全部ダンシャリしちゃっても、いいんです。

 

 

自分を動かすのは

誰かから聴いたような知識ではなく

本から得た知識でもなく

「もう、何が何でもどうにかしたいんだ!こんなの嫌なんだ!」

という湧き上がってくるマグマのような感情でしか、ありません。

 

目の前で

すごい勢いで真剣に生きてる人を見ると

衝撃を受けます。

その衝撃を受け取って

自分の中にすかさずインストールするんです

間髪いれずに、です。

頭に知識を詰めこむことでは

ないんです。

その醸し出している雰囲気や目つき、声の勢いを

インストールしていただくのです。

 

 

親子あっても

友達同士であっても

異性との関係であっても

職場での関係であっても

近所付き合いであっても

あらゆることはすべて

「私と、相手」という人間との関係によって起こります。

 

なので、「私は、こう生きたいんだ!!」というものがないと

永遠に、流されます。

流されっぱなし

踊らされっぱなし

 

いつも一緒にいる友達がこういうから

親がよろこぶから

みんながそっちにいくから

永遠に他人の言葉や気分に踊らされてしんどいのです。

 

 

昨夜、時々思い出したように

メールのやりとりをするある人からメールをもらいました。

私にリアルなネタを実況生中継してくれる人です。

 

「嫁が包丁を持って暴れております」

という出だしです。

 

うーん、今夜も激しくやってますな。。。。

当事者には申し訳ないのですが

私はこの方の実況生中継が

面白い。

 

夫婦間の問題も

根っこは、やはり親との関係です。

 

 

私も幼少期は包丁はよく壁に刺さってくるような家庭でしたので

驚くことは、ありません。

 

包丁をもって暴れてしまう奥さんの気持ちが手に取るように

わかるがゆえに、

それがうっとしくて逃げ出したい、できるなら

妻をリセットしたいというご主人の気持ちがわかるがゆえに

 

「むしろ、徹底的にやるべし」

と思ったりも、します。

 

どちらが悪いとか

ではなく

夫婦とはお互いにリスクを抱えあった存在です。

関係がおおありなのです

だから激しくぶつかるのです。

他人どうしなら

「あ、雲行きが怪しくなったなあ」

と雰囲気を察知したら

すぐに話をうやむやにし、ごまかせるのです。

 

リスクのない関係

状況が変わったならすぐに退散できる関係は

ぶつかる必然がないので

ぶつからないのです。

なので、一見仲良しのようですが

ひとたび突っ込んだ話になると

どちらか必ず逃げます。

そんなもの、です。

 

 

だから、仲良くやれるのです。

世間話をしている時は仲良くやれるのです。

 

しかし、夫婦はそうはいきません。

話し合わなければならない案件が山ほど、ある。

 

どちらかが幼稚だと、依存してくる。

依存された相手は逃げたくなる。

逃げさせはしまいと、追ってくる

そう、包丁を持って。

 

まさに、泥ぬま

泥、泥だらけ。

 

でも、いいのです。

泥ぬまOK。

 

いつだって逃げたくなるような問題を抱えているから

自分の中にプレッシャーや危機感や

どうにかしなければ、という思いが溢れてくるんです。

 

泥ぬまになるから

はじめて「やばいっ!!」という危機感が発動です。

発動するから、本気で考える。

自分のことも

相手を通してみて自分の幼稚さを知ったりするんです。

泥ぬまは底なしなので

はやく抜け出したい!と切実度も真剣です。

だから、いいのです。

 

 

泥ぬま体験の量=人生の面白い時間

と捉えてはいかがでしょう。

私は、そう思います。

 

 

50歳、60歳になった時

泥ぬま体験をたくさんしてる人の話は

魅力的です。

惹き込まれる。

 

あ、変態でしょうか?私は。

でも、その方が、面白い

 

 

身近な関係でさんざん泥ぬま体験をすると

どこかでお互いが消耗します。

 

消耗しつかれきると

今度は笑えてくるんです。

 

さんざんやりあったら、

なんだか、笑えてきた、ってこと

ないですか?

 

夫婦の関係や恋人関係で

泥ぬまにもめにもめる時というのは

同じ土俵にいる時です。

 

対等なので腹が立つ。

 

考えが違うことでもめたなら

より考えが深い方に合わせていくんです。

 私はそうやって教えてもらいました。

 

自分よりも、相手の方が深い考えをしてるなあ

ってことに気がついたら

合わせていくことができるんです。

 

「わあ、もうこの先生のやってることいってることを

生きてるうちに全部自分にしみこませられるかなあ?」と思うレベルの

人に会うと

10000%合わせます。

勝手に、あわせたくなる。

自分の考えなんて、どっかにぶっとび

その深さに自分を合わせたくてしょうがなくなる。

自分を評論してる場合じゃあ、なくなる。

 

 

そう思わせるまで

逆に自分が相手のことそう思うまで

戦い続けるか、

とっとと見切りをつけるかも

やはり

選択です。

 

どっちを選んでもいいんです。

自分で選べば納得です。

 

いっこを選ぶと

いっこは、捨てなきゃいけなくなるんです。

あっちもこっちも欲しいとなると

選べない

 

 

先日は、恒例のごった煮会がありました。

もう20年以上付き合っている人もいます。

年に2回、夏と冬とやってます。

年齢も、職業も家庭環境もみなごちゃまぜです。

いろんな人生があります。

 

「そこでそんなの選んじゃったわけ?」

って人もいれば

「ありえませんなああ」

という人もいて、面白い。

 

聞いてみると

みな、それぞれの人生の中で

何かを選んで

何かを捨てて生きてきている

 

みんながこちゃまぜになると

こんな面白い発見があるのです。

 

 

「妻が包丁持って暴れてます」の人の

今後の報告に期待します。(←私は何を期待しているのだろうか!!)

 

遅くなりました

先日のごった煮会の様子です。

12月冬の会の日程も決まりました。みなさま、また冬に!↓

DSC05382.jpg 

 

DSC05371.jpg

DSC05357.jpg

DSC05351.jpg

DSC05338.jpg

DSC05340.jpg

DSC05335.jpg

DSC05334.jpg

DSC05333.jpg

DSC05331.jpg

DSC05330.jpg

DSC05326.jpg

DSC05316.jpg

DSC05313.jpg

DSC05312.jpg

DSC05310.jpg 

 

2014.08.07「盗もう」と意識してないと,すぐ「飽きる」

出会った時に,はっとしたり
心惹きつけられたり,
自分には到底できないようなこと,できていないことを
やってのけている人を目の前で見た時,
すごいことを教えてくれる人に出会った時,
私は,思わず食べちゃいそうなほど,見てしまう癖があります.


そしてその人が話をしている時の
目つき,雰囲気,表情,声,その人がかもし出しているもの全部
息してる空気までも,なるべく近くにいて
自分に浸み込ませたい,という意識がもう「無意識に」働きます.


そして,できるだけ近くで感じ取ったものは
すぐに自分の頭で考えてみて,ノートに書いてみたりして
考え出したものをできるだけ間をあけずに
自分も誰かに再現してみる,

もちろんできっこないけど,イメージが消えないうちに
誰かにトライしてみる
ということを,やる癖があります.

だから,どんな場でも
「わお!」と思った人からは,それがどんなジャンルだろうが
その人の醸し出している雰囲気を盗みとり,自分に浸み込ませたくなるのです.


26の時に,この感覚を知ってから
私はずっと,この癖が付いてます.

だから,どんな場に行っても
私は,「飽きない」んです.

飽きる,
とか
冷める
という概念が
今,私の頭の中には,ありません.

盗もう,浸み込ませよう
と思っているので
誰からも,どっからも
溢れるほど,もらえます.


もらったもの,浸み込ませたもの,盗みとったものは
全部,そのまま,即効で,
今の自分の置き換えて使えるものばかり.
即効で,使うのです.


私は,吉本歯科医院のマネージャーという立場なので
この立場になってからは,
どこに行っても誰に会っても
何を見ても,どんな勉強会に行っても
「わお,これは使える!」
「これは,うちにあれにぴったり!」
「これは,あの子にばっちり」
・・と,何でもすぐ使います.


自分の今取り組んでいることに
置き換える
という意識をもっておくと
出会うこと,
出会う場すべて
肥やしになります.

そもそも,
口開けて,何かを与えてもらおう
とは思っていないので
自分の取り組んでいることに置き換えられるために
必死で盗むのです.


お金を払ったから
面白くしてよ
授業料を払ったから
私の人生変えてよ
というのは
うまくいかない思考パターンです.

しかし,自分の人生がどうもうまくいかない
不機嫌なことばかり起こる時には
どうしてもそうやって考えてしまいがち,です.



だから,弱ってる時には
意識して,会話する人を選ぶんです.
会って楽な人ではなく
少々,頑張らなきゃ,と思ってしまうような人と
会うんです.
そうやって引っ張ってもらうんです.



知識や技や盗み取ってきた知恵は
「そうはいっても」という自分の余計な頭を介在させずに
間髪いれずにすぐ「やってみる」
ことで,うまくいくことが多いのです.
私は,多かったです.


逆に,
少し間を置いて
ちょっと自分で考えて
ちょっと冷静になって考えてみて
となると
自分の余計な判断が邪魔し
身動きとれなくなってくる

そして,何が起こるか?

「飽きる」
「冷める」
ということが.起こります.


飽きたり,
冷めたりすると
私は,自分が面白くないんです.

面白くない自分には
すぐに「飽きます」



面白くない時間を過ごしているほど
残り人生は長くは,ない.


自分の人生は自分が勝手に作れるフィクションです.
自分が監督で自分が役者.

なのに,監督も役者も
冷めて,しらけて面白がれないとなると
その映画は面白くないんです.


何でも面白がっていけるのは
自分側の問題です.


同じ勉強をしても
「わお,なんて面白い!こりゃあ,すぐに使っちゃえ」
と思う人と
「なんか,面白くない」
と思う人がいますが
これは受け手の問題です.


面白い話を聴かせてもらえるかどうかも
受けての力がいるんです.


受け取る側が
もう何が何でももらっちゃおう
自分にこの人の何かを浸み込ませてしまおう
と意識してるか,どうか,です.



面白いことは,勝手に単独で存在するわけではありません.
どんな場に行っても
どんな人に会っても
受け取ろうとする意識がなく
私に何か面白いことを提供してちょうだい.
私は何もしないけど」
というスタンスでは,
出会うものすべてに次々と飽きていくのです.


のめりこんでいくから,
自分の枠を超えて成長することができます.

傍観者の目で遠めでみているだけでは
自分はすぐに飽きちゃウンです.


これは物事だけでなく
人に対しても同じことが,起こるのです.
最初は,よかったけど,
嫌な部分が少しでも見えたら
「飽きる」
のです.


すぐきらいになるのです.


「飽きる」というのは
自分側の言い分ですが.
逆に言えば,
相手からも「飽きられる」のです.
 
 


kaisetsu_9.jpg

やたらめったらすぐに

人を嫌いになる人は,嫌いになる相手が悪いのではなく
やたらめったらすぐに人を嫌いになる自分側に
問題があるのです.


自分の取り組んでることに
必死でわき目もふらない時には
人をそうそう嫌いにはならないんです.


嫌いになってる時間がもったいないから,です.
そんなグレーな気持ちはとっととスルーして流すのです.
私が誰を嫌おうが,好こうが
どっちでもいい話なんです.
スルーです.
話題に上げる時間ももったいないのです.


何でも徹底的に関わろうとすると
どこかで同じように生きてる人と
心同調する瞬間が,あります.


徹底的に関わっていこう
とする前に,
醒めて飽きてひいていくと
誰とも
何事とも向き合うことはできません.



すぐ「飽きる」「冷める」人には
同じくすぐ「飽きる」「冷める」人が
動物的勘でもって,集まってくるから,です.

なぜなら,
心地いいから.
同じように,自分が熱中しきれない心の内を
共感しあって安心するから,です.

しかし,残念ながら
すぐ飽きる同士なので
仲良くなることも,できません.


自分を成長させてくれる考えは
自分の好き嫌いを超えたところにしか
ありません.


ちょっとイヤになったから
ちょっと嫌なことがあったから
離れる

というのは,
損なんです.



同じ10年を過ごしていても
「止まったまま」の人と
「成長してる」人がいます.


去年はこのことができなかったけれど
今は,できるようになった
とした時,
それは成長です.

できなかったことが
できるようになるためには
できる人をよく観察し,盗み技を何度もやってみる
しか,ありません.


できないできない
自分はできない
才能がない
と言ってる間に
着々と,できるようになるための訓練を
淡々と重ねるんです.


今,できない自分
うまくいかない自分
素直に人の話をきけない自分
そんな自分をちゃんと見つめること抜きに
「できるようになる」
には到達しません.


私は,若い時に
そうやって自分の幼稚な好き嫌いで判断し
自分を成長させてくれる大事な機会や人を失いかけたことが,ありました.

その時の,喪失感というものは
今でも夢ででるほど,
苦しいものです.

だから,心しているんです.
もう二度とそんなことはしない,と.


その時の日記に記していること
があります.
当時教えてもらっていた先生がおっしゃったことです.

「考えることは,科学である.
もし矛盾が出てきたら,元に戻って考え直し
どこが間違っているのか,考える.

世の中に矛盾は絶対にない.
自己逃避がある時,自分の中に矛盾が起きてくる.

矛盾がある時は,行動していない時.
行動したら.答えは出る.
行動したら,ひとつのことしか,できない.

考えている時は,ふたつの事ができてしまう.
だから,矛盾ができる.

コーヒーを飲むか,紅茶を飲むか
選ぶのはひとつしか,ない.

選んで飲んでみたら,わかる」


だから,自分で,選ぶんです.
小さなことから,全部.

今日,あっちにいこうか,こっちにいこうか
誰に会おうか会うまいか
何を買おうか,買わないのか
自分で選べば,納得です.

誰かに聞いて確認を取ってから
何かをする
というのは
自分で選んでないので
後で愚痴が出るのです.


あの人が,選ばなくても
私は選ぶ

あの人は,あっちへ行くけど
私はこっちへ行く

これで,いんです.


そうやってやっていると
確実にいい循環に入ってくるんです.
 

nouda_12.jpg

自分が相手を好きかどうか

自分がその場を好きか嫌いか
なんて判断はどっちでも,いんです.

自分がこの世に存在してる理由なんて
わざわざ探さなくてもいいんです.


私が誰かを好きかどうかということよりも
相手が自分を必要かどうか,好きかどうか.です.
自分がその場を気に入る気に入らないではなく
その場が自分を必要としているかどうか,です.


あなたがいないと困る
という人や場をどれほどたくさん持てるか
です.

居場所がたくさんあれば
生きていくのは面白いです.
居場所を作ればその場所は自分には心地いいのです.


つぎつぎ飽きて
つぎつぎ醒めていくと
人との縁を自分からわざわざ切っていくことに,なります.

居場所を作る機会を自分から
わざわざ失っていくから,です.


飽きている
醒めている
というのは相手は感じ取るのです.


そこで,縁はぶちきれになっていきます.
そしてどんどん切れて
最後は,
自分をわかってくれる人などいない
自分を受け入れてくれる人などいない
自分を面白くさせてくれる人がいない
あの人はだめ
あそこにはダメ
となってしまうのです.


あっちはダメこっちはダメ
あの人はだめ,この人もダメ
よりも
あっちもいい
こっちもいい
あの人もいい
この人もいい
という自分の心の状態の方がよくはないですか?


のびのびと,生きていたいです.
でも,そののびのびが通用するためには
自分のグラウンドを整備しなくちゃいけません.

のびのびしてても許してもらえる
普段の態度,動作,言葉,です.



なんだかねーーー,面白くないわーー」
と自分の人生がだらけてきてる時は
頭で2個同時に,いや,3個も4個も
「ああでもない,こうでもない」と自分の考えが
舞っている時です.

自分の過去の蓄積が作り上げた
自分の過去の思考パターンで
自分の楽な思考習慣で
「ああでもない,こうでもない」
と考えているんです.


だから,しんどい
だから,苦しい
だから,煮詰まるんです.


これは,癖
です.
自分の思考パターンです.


みんながそう,なのではなく
自分の思考パターンがそう,なのです.


でも,みんなに悩みを話すと
「そうよね,わかるわ」と同調してくれるので
みんなも自分と同じなんだと思ってしまうんです.


単なる思考の癖ですので
そのパターンで自分がいやなら
やめて違うパターンを身につけるんです.

自転車を乗れなかった時から
乗れるようになった時までと同じ経路をたどるのです.

クロールができなかった時から
クロールができるようになった時までと同じ経路です.


ごちゃごちゃ考えずに
動く
直接会って話をしてみる
現場に行ってみる
しか,ないんです.


間接的に話を聞いてもやもやしていたけど
実際本人に会って話をしてみたら
モヤがスカッと晴れたってことは,よくあります.


今は,人との関係を繋げていくことは
至難の業です.

みんながすぐに
醒めるし
飽きる
から,です.




飽きない
醒めない自分を習慣にすると
不思議と同じような人が集まってきます.
不思議と,
「その経路ですか?」というびっくりするような
出会いや再会があるんです.



皆さんにも,ありませんか?
どっちかといえば,苦手な人を介して
自分の人生を変えてしまうような人に出会った
とか.


神様はいいことを
ストレートにおろさずに
ややこしくおろしてくれる時があるものです.

だから,自分の判断で
やたらめったら,縁を切ったらダメなんです.

むやみやたらに,人を嫌ってちゃ
もったいないんです.


その苦手な人の向こうに
とんでもない世界が待ってるかもしれないんです.



心の中の状態と
現実世界は100%リンクしてます.
そのリンク度合いは,腰抜かすほど,です.


だからやっぱり
死ぬまで自分ひとりの中で起こってることが
一番面白いのです.

自分内コミュニケーションが
一番面白いし,コントロールが難しいぶん
コントロールできた時,面白度合いもすごいのです.
そこに誰か自分以外の人の人生までが
重なってきたら,さらに面白くなるのです.



飽きてる場合じゃ,ないんです.

徹底的にやるから,愛情も湧き上がってくるんです.
徹底的に関わるから,長い期間付き合っていけるんです.

「げっ」
「ほんと??」
「ありえないっ」

あらゆる今の自分が理解できないことを
すべて飲み込んでいくから,
自分の枠が中から爆発して大きくなるんです.

自分が理解できることだけを受け入れていくのなら
今のままで死ぬまで同じです.


私たちは生物なので
肉体は確実に老いていきます.

若い40代,50代が増えてきた
とはいえ,
生物的には
その時期その時期に
やっておくべきことが,あるのです.


しかし,頭や心は年を重ねるほど
研ぎ澄ませていけるんです.


私は,年を重ねるほど
感情の殻が,壊れるのが速いです.


10代,20代はさんざん殻にこもっていたぶん
反動です.


自分の心をいつも
面白がれるようにしておきたい
という欲が強いんです.


人の雰囲気を盗もうという意識や
学ぼうという意識は確実に今日の自分の心のテンションを上げてくれます.


一度あがると
あがったりさがったりはせず,
高め安定です.


醒めたり,飽きたり,好きになったり,
というアップダウンの方がしんどいのです.


自分が選んでその場にいて
自分が選んでその人に会っているのなら
その時間は自分のものです.
徹底的に使わなければもったいないのです.


行動してる時は
頭はクリア,です.


さて、7,8月と,吉本歯科医院おかげさまで多くの患者さんが
お越しいただいてます.

みんなが消耗しないか,心配です.
院長やドクター、カウンセラー、歯科衛生士さんが,立ちっぱなしの話しっぱなしなので
なんとか袖を楽にできるようにと
動きます.

 

私も現場で森下や皆とともに,動いています.
体力は消耗し,夕方になると今はくたクタですが,頭は意外にもクリアです.

院長やスタッフの動きに沿って自分も動いてみると
見えてないものが見えてきました.

上や,横から見てるだけでは
わからない院長や,スタッフたちの動きのすごさに
感動します.


馬には乗ってみよ
人は添うてみよ

ですね.

人のやってることのすごさを知るには
同じように同じ場でいて,動いてみることです.


身近な人のやってることを
本気で「うわ,すごいな,」という気持ちがわいてきたら
これはもうラッキーです.

人間関係で一番うまくいく関係は
尊敬のあるなしです.

「すごい!」という尊敬の気持ちがわいてきたら
人間同士のトラブルは圧倒的に減ります.
夫婦も同じ.

尊敬がないと,馬鹿にするんです.
馬鹿にすると,大事にできなくなる.


尊敬できる部分を見つけるためには
添うてみないとわからないのです.
表面だけ見てると,わからないのです.


夫婦円満のコツは
お互いが必死で仕事してるところを
見ることだと,思います.

必死でしている姿を見ていると
要求が減るんです.
苦労も大変さも,見えてくるから,です.


旅行に行くより
お買い物をするより
映画を見るより
夫婦安泰のコツだと私は思ってます.


好きとか嫌いとかはもうどっちでもいいんです.
尊敬できることがある
自分を必要としている
くらいのことがあれば,
十分夫婦として成立しちゃうと思うのですが.
これは,私の考えです.



昨日から我が家は夫婦2人です.
子供2人がしばらくいないと,本当に家は静かです.
部屋の掃除もいらないほど,
ピカピカ.
ゴミもでない.


こんなに静かなものなんだね
と思わず顔を見合わせた私と院長です.


■次回母性型勉強会

2014年8月20日(水)午後6時半~8時半

高松国際ホテルにて

会費:3,000円(夕食込み)

申込は:http://www.boseinomonosashi.com/

 

 

 

 

 

2014.08.02密着しすぎると、関係は壊れる

今、吉本歯科医院ではずっと言葉遣いの勉強をしています。

言葉遣いの徹底です。

 

患者さんに対して感じのいい応対をしよう

という単なる接遇研修の一環ではなく、

言葉を意識し、使うことができるようになると

そのことが、自分自身を守る武器になると、思うからです。

仕事だけではなく、人生全般の自分自身の人間関係を

守るのです。

 

nouda_10.jpg 

 

上司に対しても、

先輩に対しても、

そして同僚に対しても、

さらには、夫婦や

恋人同士であっても

友人関係においても

距離は、大事です。

 

「仲良しになったから」

「よそよそしいのはいやだから」

「フランクな感じがいいから」

と馴れ合いの言葉を使うようになったり

年齢が上の方に対して

友達感覚の言葉を使うようになった時

自分の身の破滅は近いのです。

みんなが言ってても

自分は、言わない。

みんなが崩れてても

自分は、絶対崩さない。

 

 

近しい関係ほど、

距離がいります。

仲良くなればなるほど、「じゃあ、しょっちゅう会いましょう」

と会いすぎると

嫌なところが見えてくるのです。

 

つかず離れずの距離感

とても、大事。

 

つかず離れずの距離感を保っていれば

誰も自分の心の中までズケズケと土足で入ってはこないのです。

 

「あの人何考えているのかわからない」

くらいでちょうどいいのです。

 

夫婦であっても、同じ。

ラブラブの恋人同士であっても、同じ。

なにもかもをあけっぴろげに見せちゃって

ガンガン心の中まで土足で入り込む

入り込ませるようになると

関係破綻は近いのです。

 

仲良くなってくっつきたい

でも

くっつきすぎると

嫌なところが見えてくる

 

これが、人間です。

 

そもそも、

他人の頭の中など完璧に理解できるものでもなく

理解されたくもないのがこれ、人間。

 

ダラダラとなれなれしく

密着している関係は

いつかの瞬間には感情が吹きだし

ぶつかるもと、になるのです。

 

 

密着する人とは

ほうっておいても勝手に密着するのです。

悩みをダダ漏れし

感情の垂れ流しあいの関係で

そんな馴れ合いでダラダラくっつくものでは、ないのです。

 

特に仕事してると

「はあ?」

「かっちーん」

「腹が立つっ」

「なんて理不尽っ」

ということの連続です。

 

それが、異常なのではなく

それが、普通なのです。

あたりまえ。

 

そんな中で

いちいちムカついて怒って表情に出していたら

損なんです。

 

「ありえませんっ、なんて理不尽っ」

ってことを

たらふく飲み込んで

ゴックンしちゃったら

それは肥しになるんです

 

理不尽なことを飲み込んできた体験の量=その後の幸福感の量

です。

 

「許せないっ!!」

と周囲にダダ漏れしてると

嫌なことをぐっと飲み込めるチャンスを

どんどん失っていくんです。

 

毒はしっかり飲み込んでおくと

免疫になります。

同じような毒飲んでも

凹まなくなってくるんです。

 

だから、20代くらいで

かなりの毒を飲み込んでおいた方が絶対いいんです。

30代、40代になって

いきなり大きな毒がきたら

即、精神破綻、です。

 

社会的な仕事を失うくらい凹むかも、しれない。

 

免疫があると

「あーー、これかあ、あったなあ、昔もやったなあこのパターン」

と思えて回復の仕方と時期が見えるのです。

 

だから、

付かず離れずの距離感を保つ

言葉遣い、大事です。

 

 

うちの受付の松本はこのあたりの距離感が絶妙でした。

「つかず離れずの距離感」を保ち

患者さんにも決して馴れ合いにならず、丁寧な敬語を崩さない。

でも、冷たくない

事務的じゃない

 

私は、のめりこんじゃうたちなので、

松本の淡々とした立ち居振る舞いを

時々こっそり盗み見しては

自分もそうしよう、としていました。

 

 

今日は無礼講だっ

と言われても

態度を崩さないほうが自分のため、です。

 

散々盛り上がった後

余韻が残る人は、

きれいな言葉を崩さなかった人です。

 

自分の感情をあらいざらいぶちまけ

年齢の上下も関係なく

敬語も関係なく

まるで友達に話すようにダラダラ話していると

自分がその場を去った後、

必ず何か言われてます。

 

人は、本当に見ています。

何気ない表情を

何気ない一言を

言葉は、聴かれてるんじゃなく

見られてます。

 

だから、損です。

 

特に、若い時期は

自分がお客さんや患者さんの立場になった時でも

言葉をきちんとし、敬語を崩さない姿勢を持っている人は

光ります。

 

大勢の公的な人が集まる場で

動じないためには

言葉が大事です。

 

偉そうにする必要もなく

下からこびる必要もなく

感じのいい言葉使い、敬語が身についていたら

どこに行っても

気後れすることはありません。

 

 

言葉をきちんと使えないと

そんな場に行くと緊張する

気後れする

ということになってしまい

自信喪失して暗い気分になってしまうのです。

 

正しい言葉遣いというものを

きちんと習っておくと安心できます。

習ったついでに

血肉してしておくと

後が楽です。

 

どんなに心の中でいいことを思っていても

表面化する言葉が崩れていたなら

相手には「崩れた人」という印象しか届きません。

 

もったいないのです。

 

言葉を意識していくと

過剰に相手にのめりこんだり

期待したり

しなくなります。

 

逆に

なんであなたにそんなこと言われなきゃいけないわけ?」

という事態に巻き込まれることが

100分の1くらいにまで減ります。

 

ズケズケ心の中まで入ってこられる

というのは

入ってこられるようにしているから、です。

 

距離は大事です。

人との距離は

密着する時は勝手にそうなります。

磁石ですから、人と人とは

 

仕事の場では

つかず離れずが一番身を守ってくれるのです。

 

小さな職場ほど、

言葉が大事。

毎日一緒にいる人ほど、言葉が大事です。

 

 

■次回母性型勉強会

2014年8月20日(水)午後6時半~8時半

高松国際ホテルにて

会費:3,000円(夕食込み)

申込は:http://www.boseinomonosashi.com/

 

 

 

 

2014.08.01これを読んでいただくと、寝たきり生活になるリスクがかなり減ると本気で思います。

DSC_8824.jpg

歯医者さんしか知らない歯を失わないお話、50号出来上がりました。

50号かあ、すごいすごい!

100号もあっという間に過ぎるのでしょう。

 

さて、今回のテーマは

「転ぶことがきっかけで寝たきり生活に突入することが

多いのです」

です。

DSC_8823.jpg

そういえば、

転んだことが、きっかけでそのまま入院。

入院したことにより筋肉が急速に衰え

そのまま寝たきり介護生活に突入という方が多いのは

現実です。

 

では、なぜ転ぶのか?

噛み合わせ専門医が話す、「転ばないための噛み合せ

です。

 

当院院長吉本彰夫は、

噛み合わせをきちんとすることで

寿命を伸ばすと本気で思ってますし、

「もはや、そんなことは、あたりまえ」というスタンスで

日々患者さんにお話していますので

初めて院長のお話を聴かれた方はまずはびっくりされます。

 

しかし、

じっくりと

話を聴いていくと

「ほう、なるほど、その通りかもしれない」

と思って下さるそうなのです。

 

どうぞお読み下さいね。

当院のニュースレターは、通って下さっている患者さんに向けて

お送りしております。

または、受付窓口でお渡ししております。

 

吉本歯科医院のニュースレター「歯を失わないためのお話」バックナンバー

https://www.8181118.com/newsletter/

 

吉本歯科医院の動画一覧

https://www.8181118.com/movie/

 

吉本歯科医院で治療をお受けになられた患者さんの声

https://www.8181118.com/message/

 

吉本歯科医院へお口のお悩みご相談はこちら

https://www.8181118.com/contact/

2014.08.01視線は赤外線のようなものです。

ブログを書くパソコンに座る時間も、ありません。

というほどの、ここ10日です。

 

夜は恐ろしくお腹がすくので

ものすごく食べるのですが

翌朝体重計乗ったら、痩せてるんです。

 

産休に入った松本に代わって受付業務を引き受けてくれていた

井上さんが、

足の骨を折って入院しちゃいました。

 

接遇最前線の受付に立つ日が圧倒的に増え

日々患者さんとのやりとりをしているマネージャーです。

 

 

最初の1週間は

まったく操作のわからない患者さん情報の入力を

覚えるのに、脳ミソに汗をかいていたのですが

師匠カウンセラー 森下の的確な指導のもと

いい感じに新しい技をインストールすることができつつ、あります。

 

morishita_1.jpg 

森下は

カウンセリングにも呼ばれ

私の指導もし、

受付の管理もし、

さらに診療室と患者さんとの細やかなつなぎ

院長との患者さん情報の共有、

森下はここのところ走りっぱなし、です。

頼りにされっぱなしという存在は、あっちにもこっちにも

呼ばれるのです。

 

「ここにいたら、絶対太りませんよ」

と2人で思わず顔を見合わせるのです。

 

しかし、こんなに忙しいとは

ここに立つまではわかりませんでした。

。。。。反省。。

 

患者さんとお話する言葉の数が一気に増えたことを感じるこの10日間。

やはり、現場が一番面白い、と実感しています。

 

私は、接遇おたく、です。

接客大好き。

 

最初に接客に快感を覚えたのは

中学の頃、です。

父がよく連れていってくれてた

料理屋さんの中に入り込み

お金を頂かず、お手伝いをしていた時がありました。

 

お客さんが入ってきた瞬間に

思いっきり笑顔を向けて

意識を向けて

声をかけると

振り向いてくれることが、嬉しかった。

 

こちらから声をかけると

お客さんの方から

優しい言葉が返ってくることが

嬉しくてしょうがなかった。

 

それから、

高校、大学、とずっと

接客のアルバイトをしましたが

やっぱり、やってる自分が嬉しくて

快感でした。

 

家でいるより

外で夢中で接客のバイトしてる方が

あっという間に時間が過ぎる感覚が

たまらなかったんです。

 

 

20代の頃、

本気でティッシュを1000個配ったら

怖いものなし。

人にえらく強くなるよ

と、当時教えてもらっていた先生に言われ

「よし、ティッシュ配りや」

とその足で

ティッシュ配りのアルバイトを申し込み、

瓦町(←ローカルです。)の駅前で

ひたすらティッシュを配りました。

思い立ったが即、してみちゃうのです。

 

最初は恥ずかしい。

誰も振り向いてもらえない。

知ってる人がきたらどうしよう。

友達がいたらどうしよう。

妙な自意識が自分を包みます。

 

ティッシュだけもぎとっていくおばちゃんも多し。

でも、ある程度いくと

ぱっぱっぱと、目を合わせていくタイミング

がつかめ

目があったなら間髪いれずに

満面の笑顔を向け

ティッシュを渡す

 

視線は赤外線のようなものだ、と体感。

視線で、つかまえろ

と自分に言い聞かせ

その通りにやっていくと

本当に視線でつかまえられるのです。

 

 

受け取ってくれる

受け取ってくれた瞬間に

「ありがとう」と言ってくれる人もいる。

一人が受け取ってくれると

どんどん次々くる人がもらってくれる。

 

もう夢中でやってるんです。

配り終わった後には

妙な、自信。

そして、またしても、快感

 

ティッシュ配りに快感を覚えた後は

今度は、すぐにこの快感を体験したく

小豆島の佃煮屋の社長さんが

オリーブマラソンで佃煮をテントはって売るのに

売り子さんを探してるというので

「はいはい!私やりたい。」と挙手。

 

今度は、メガホン持って

佃煮を売りまくり。

その日はマラソンで、ランナーや観衆や家族が

島にたくさん来てました。

 

佃煮屋さんやら

Tシャツ屋さんやら

お土産ものやさんやら

いろんな店が出ています。

 

佃煮を買って欲しい

というより、

私の目の前に来てっ!

という執念のような接客。

 

モノを売るって、楽しい。

接遇って楽しい。

お客さんと話をする快感。

苦い顔したお客さんをにっこりさせる快感。

 

接遇は、お客さんのため

じゃなく

むしろ、私は自分のため。

自分が嬉しくてしょうがない。

だから、もっと言葉を多くかけたい

もっと、表情を大きくしたい

もっと、もっと工夫したい

もっと、いい言い回しはないものか

 

あなたの顔見れて嬉しいわ

と言われるとたまらない。

 

だから、

いろんな病院やお店に自分が行った時に

イヤイヤな顔して事務的な対応をする人をみると

そりゃあ、もったいない

と思うのです。

 

接遇能力だけは

死ぬまで使えます。

そして潰しがきく

 

機械化がどんどん進んで

あらゆることを機械がやってのけてくれるようになったら

人はどんどんいらないと言われます。

 

でも、人は必要なんです。

気配りできる人

気遣いができる人

相手がイライラしててご機嫌悪くても

対応次第で、ご機嫌さんに変化させてしまえるような人は

絶対、必要なんです。

 

 

挨拶を先にする

自分から思い切り笑顔を向ける

そうすると

最初はむっすりした顔で入ってこられた方の

表情も一瞬で変わる時があります。

 

嫌味っぽいことを言われた時も

こちらの態度や表情や

その時の思わず返す言葉ひとつで

ガラリ、優しい表情に変わってしまうことも、あります。

 

一瞬で、

変化する

一瞬で、

変化させる

ということが

面白くてしょうがない。

 

 

接遇は

人と人とが起こす化学反応なのよっ!

と20代の頃に日記に書いてるんです。

 

今、吉本歯科医院で受付をしていると

産休に入った松本のことを

「トイレに行く暇もない」

「座っていることはほとんどない」

「一番忙しい場所」

とみんなが言っていた意味がわかりました。

 

患者さんから

「あの、桃子さんは、もう赤ちゃん生まれたのかしら?」と

松本のことを聴いて下さることがよくあるのですが

それだけ患者さんの心の中にしっとり自然に入り込んでいたのだな

と改めて彼女の淡々とした仕事ぶりに

感動しているわけです。

 

私は、接遇ということを

きちんと教育を受けたことは、ありません。

 

教育を受けたことはありませんが

接遇教育はしていました。

 

学びながら、教えろ

という言葉通り、

教える立場に立つと

勝手に学んでいくものなのです。

 

自分がお店や会社に行った時

自分がお客さんの立場だった時、

「わあ、なんて感じのいい人なんだろう!」と

驚いてしまうような人が、時々います。

 

昨日も、近所の大手の薬屋さんの

主任販売員というバッチをつけた

若い女性の、圧倒的に感じのいい応対を目の前にし、

「おお、ここまでの笑顔と優しさを向けてくれるのか???」

とびっくりしたわけ、です。

 

車に乗っていた院長にも

「ちょっと、来て。

あの人から絆創膏買ってきて」

とお願いしました。

 

帰ってきてから

「ね?すごい感じいいでしょ?」

と再度確認。

 

王道の感じの良さ、

というのは、あると思います。

 

人はみなその日その時のいろいろな気分を抱えて生きてます。

家で夫婦喧嘩してきたかもしれない

会社で上司に嫌味を言われてへこんでいるかもしれない

友達同士でもめてさみしい気持ちになっているかもしれない

 

感情を抱えて、どこかの

店に、入るのです。

 

いらいらしてても

腹立つから文句のひとつでも言いたい

と思っていても

 

一歩入った瞬間に

ようこそ、こんにちは、よく来てくださいました

という気持ちが溢れ出てくるような

満開の笑顔で迎えてくれたなら

一瞬で、心がほっとあったかいものに

切り替わったりするのが

これ、人間です。

 

それができるのは

人間だけ、です。

 

相手の心の状態は変えることはできませんが

自分の心を相手に合わせていくことで

超イライラが、「まあ、いいか」くらいにまで

穏やかになっていくことだって、あるのです。

 

 

どんなに機械が進んでも

気持ちを意識という糸にのせて

相手に届かせるという技は

できないのです。

 

電話応対ひとつとっても、同じ。

機械でいいなら機械でも、いいのです。

でも、自分が電話を受けるのなら

「はい、吉本歯科医院でございます」

の「はい」で、もう印象が決まります。

 

話やすそうかな

とっつきやすそうかな

事務的じゃないかな

上から目線じゃないかな

面倒なこと言ってもいいかな

 

こんなことを人は一瞬で感じとるのです。

 

それも

最初の

「はい」にすべて集約されちゃうんです。

 

だから、マニュアルにはできない。

心をこめて

とか

気持ちをこめて

とか

申し訳なさそうに

とか

どんなにマニュアルに書いても

書きつくせないんです。

 

気配りをマニュアル化すると

膨大な量です。

 

事務的な冷たい応対をする人ばかりの職場は

どんどんマニュアルが増えます。

 

私も10年前、膨大な接遇マニュアルを作成することに

かかわりましたが

最後の方になって

「やっぱ、いらないね、これ」

ということになりました。

 

パッと感じて

パッとわかって

パッと表面化できる人がいると

マニュアルはいらなくなります。

 

思わずマニュアル捨てちゃうような人に

出会えたというのも

運命です。

 

だから、

接遇は、やってて自分が嬉しくてしょうがない

という快感を一度でも体験した人がやったほうがいいのです。

向き不向きが、ある。

 

適材適所です。

 

快感はその快感をますます工夫して

もっと快感を得ようとします。

その努力は苦労では、ありません。

もっと快感を得るための好奇心です。

だから、努力根性じゃないんです。

勉強することも

新しい技を得ることも

快感。

 

自分が好きだと思うこと

やってて時間を忘れてしまうようなこと

その上にのっけていけば

しんどい、は、消えます。

 

しんどい

を重ねていくのはしんどすぎます。

続かない。

私は、本当に続かないんです。

だから、得意なことの上に

どんどん重ねちゃうんです。

短所を指摘される前に

得意なことを圧倒的に重ねちゃう。

 

 

一日、めいいっぱい患者さんとお話してると

改めて、自分は接遇好きだな、と思います。

 

大変ねーー

しんどいでしょーー

なんで、そこにいるのー?(笑)

と言われるのですが、

実は私の内面では、快感が起こってます。

 

おばあちゃんになっても

現場で自分の態度や言葉や表情フルに使って

何かしていたいです。

 

時間があっという間に過ぎる

という瞬間を重ね続けて、

気がついたらぽっくり。

というのが、いい。

 

使える自分でいたい、と

心の底からわきあがってくるんです。

 

 

明日は、産休中の松本が赤ちゃん連れて医院に

顔見せてくれるんです。

 

また、報告しますね。

 

 

■次回母性型勉強会は

2014年8月20日(水)午後6時半~8時半

高松国際ホテルにて

会費:3,000円(夕食込み)

申込は:http://www.boseinomonosashi.com/

 

2014.07.26バナナケーキを頂きました.

banana.jpg
松山からお越しの患者さんの手作りバナナケーキです.

ずっしり,しっとり!

「うわっ!美味しそう!」
診療後はみんなお腹ペコペコなので
こんなケーキがあると,もう嬉しくてしょうがありません.

今から,早速頂きます♪

香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 歯を削る前に知っておきたい7つのこと。メールセミナー全7回 インプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • インプラント治療をする前に患者さん側が確認しておくべき5つのことインプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 合わない痛い総入れ歯でお悩みの方へ固定式入れ歯 インプラントオーバーデンチャー 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 診断が変われば治療は変わる 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 歯の予防 PMTC 歯の定期健診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 働きやすさが自慢の職場 子育て支援 吉本歯科医院 香川 高松
  • オール・オン・フォー All-on-4
  • 吉本歯科医院の「治療の特徴」
  • 歯科医師の採用について
  • newsletter
  • movie
  • 患者さんからのお便り
  • 無料メール相談・お問い合わせフォーム
  • メディア掲載実績・講演依頼
  • 歯科医院の方はこちらをご覧ください
  • 院長ブログ
  • マネージャーブログ
  • カウンセラーブログ
  • コンシェルジュブログ
  • 香川 高松市 吉本歯科医院 コンセプト
  • 当院のインプラント治療の特徴
  • 香川 高松 吉本歯科医院 自覚症状をお持ちの患者様へ
  • 香川 高松 吉本歯科医院 症例 事例

治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!