吉本歯科医院

087-818-1118

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

歯を抜きたくない削りたくない方、薬で治す虫歯治療、歯周病治療、インプラントや入れ歯治療なら咬み合わせ専門歯科の吉本歯科医院。香川県高松市。

香川 高松 吉本歯科医院
治療メニュー
  1. 1)インプラント
  2. 2)薬で治す虫歯・根っこ治療
  3. 3)歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎
  4. 4)削らない治療・接着ブリッジ
  5. 5)マウスピース矯正・
    目立たない矯正
  6. 6)審美歯科・歯を白くする
  7. 7)予防治療PMTC
  8. 8)顎関節症・顎が痛い
  9. 9)金属アレルギー
  10. 10)入れ歯
  11. 11)治療価格
  12. 12)親知らず
  13. 13)噛みあわせ
ホーム > 香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

2010.07.067月号ニュースレター

7gatsu.jpg

吉本歯科医院のニュースレターが今日届きました(^^)

今月号は、噛み合わせと免疫機能、老化、そして、歯科における金属アレルギーについて、です。

金属アレルギーに関しては、8月号にも続きます。

今回は、実際に吉本歯科医院にお越しになられた患者さまにご登場頂き

ご自身の金属アレルギーでの実体験を語っていただく、というインタビュー形式です。

順次発送させていただきますので、どうぞご覧下さいね。

 

ニュースレターが届くと、今度は発送準備で大忙しなのです(^^:)

バタバタと発送準備をしているところに、超10新聞を発行しているコピーライターの

人見さんが、同じく7月号の超10新聞を届けて下さいました。

できたてのほやほやの新聞の匂いは、好きです(笑)思わずくんくん。

匂いマニアの人には、この印刷物のできたての匂いはたまりません。。。。

IMG_2531.jpg

超10新聞は、吉本歯科医院の窓口にもおいてありますので、どうぞお持ち下さいね。

あっという間になくなるので(泣)はやいもん勝ちですが。。。

 

この超10新聞に、私マネージャーも、「患者力を磨こう」というテーマでえらそうにも

3回にわたって連載を書かせて頂きました。

この「患者力を磨こう」を読んで下さった患者さんで、香川県の人なら誰だって知っている大きなホテルをマネジメントをされている方がこんなことを私におっしゃって下さいました。

「患者力って、うちのようなサービス業で言えば、まさにお客さん力のことだね(^^)」と。

そして、

「言いたいこと、その気持ち、よ~く分かりますよ」と。

共感して頂きまた感激した私は

「御社でお客さん力を磨こう!プロジェクトしましょう!!」と思わず言ってしまいました(笑)

ノリのいい方なので、本当にやってしまうかも???

思いつきで動いちゃう人、本当に好き、です。

 

・・・いいサービスも受け手次第。

すべては、提供する側と、提供される側の関係がうまくいった時、奇跡のように

いいものができあがってくるんですね。

 

患者力に連載した文章です(^^)

ちょっと、長いですが、読んでくださいね。

 

 

【患者力を磨こう】

 

医療を提供する側、受ける側

サービスを提供する側、受け取る側

物を売る側、買う側

 

私たちの毎日の生活の中にはいろんなシチュエーションがあります。

 

そして、その全てのシチュエーションには人と人とが必ず関わっています。

 

私は人と人との関係は、「相互の関係」でなければ絶対にうまくはいかない、と常々思っています。

 

受身だけでも駄目、かといって押していくだけでも駄目

 

お互いが近寄ろう歩みよろうと気遣いをしあってはじめていい関係がはじまります。

 

そこが医療という世界においては、医者と患者との最初の入り口です。

 

特に難症例の長い期間の治療を必要とする患者さまの場合は、担当医師と長い間手をつないで身体を寄せ合ってダンスを踊っていくようなものです。

 

コミュニケーションをきちんと取れる関係でなければ共にダンスを踊っていくことなどとてもできないのです。

 

医師と患者とのコミュニケーションが必要!ということがうたわれていますが、実際にそれを体現できている現場は実はまだまだ少数です。

 

医療を提供する側、例えば病院。

これは、サービス業ではありません。

しかし、医療を提供する側の心の中にはやはり「サービスマインド」は必要だと思います。

病院にせっかく来て下さった患者さまに「心地のいい治療を提供する」というためには

「人をもてなす」という意識は絶対に必要だと思うからです。

 

医療であれ、サービス業であれ、会社組織であれ、何であれ、人が人と関るという点において

心地の良い気持ちの交流があれば、その「仕事」はもっといいものになりますよね。

 

事務的に言われた業務だけやっていれば「仕事」してるのか、と言ってしまえばそれでは

機械の方が上等なので、わざわざ血の通った人間がしなくてもいいのです。

 

「心遣い」や「おもてなしの気持ち」は、人間だけができる行為です。

医師という専門職であったとしても、やはり同じだと思います。

冷たいよりはあったかいほうが、いい。

 

人間に熱い血が流れている意味は、関わった人をあたためるためだと思うからです(笑)

じゃなきゃ、ロボットでいいですよね(――;)優秀なお医者さんロボットで。。。。

 

例えば、私の医院では、最善の治療を患者さんに対してきちんと行なうことは、もちろんですが、

そこに付随して患者さまとの気持ちの交流があります。

 

信頼してちゃんとまかせて下さる。

ドクターの言うことをちゃんと守って下さる。

衛生士の話をちゃんと聞いて下さる。

受付でのお約束を守って下さる。

予約の約束を守って下さる。

 

そんな患者さまとの出会いは、私たちスタッフ全員の気持ちをものすごく前向きに

そして優しいものしてくれます。

 

今までもそんな体験が何度かありました。

そういう時は、何もかもがうまく行くんですね。不思議と。

 

患者さんはもちろん喜んで下さいますが、何より嬉しいのは私たちスタッフだったり、院長だったりします。

医療を提供する側と、受け取る側の関係性がうまくいった時はこんなことがたびたび起こります。

 

これはもう絶対に受け取る側の能力だと私は思っています。

つまり、患者力が素晴らしい!という一言に尽きるのです。

 

患者さんという立場は、どうしても「私だけをちゃんと見て」という意識になりがち、です。

 

もちろん誰だってそんな気分になります。

 

「今、とっても弱っているんだからちゃんと大事にしてよ」

「私だけを優占してみてくれて当たり前」

「だって、弱っているんだもの」

「お医者さんでしょ?ここは・・・」

「保険料払ってんだから」

 

こんな気持ちになってしまいがちです。

 

しかし、もう一歩踏み込んで「私を大事にしてくれるためにどういう振る舞いをすればいいのか」という視点を患者さんが持ったとき

 

医療を提供する側の姿勢は大きく変わると思うのです。

 

つまり、お医者さん側より、もっと「大人」になってしまう、といえばいいのでしょうか(笑)

 

これは医療に限らず、全ての人間関係でも同じですよね。

 

相手に自分をどう扱ってもらいたいかは、実は自分が決めている、んですね。

 

扱ってもらいたいように自分が振る舞い、その場にふさわしい言葉遣い、態度、動作、表情を

していければ相手は勝手に変わってくれます。

 

医者と患者との関係だって例外では、ありません。

 

私はうちのスタッフには、いつもそうやって対応して欲しいと思っていますし、折にふれそういうことを伝えています。

 

つまり、臨機応変に柔軟に態度や言葉を変化させることができる人が大人だと思います。

 

自分の感情を上手にコントロールし、相手に受けていれもらえるようにふるまえる、こと。

 

こういうことを意識してやっている人とそうでない人は実は手に入れるものが全く違ってきます。

 

こちら側がどんなに良い医療を提供しようとしても、それを受け取る患者さまの姿勢や意識が

育っていない場合は、残念ながら受け取る価値は半減します。

 

では、「患者力」とはどんなものか?と申しますと

 

     歯科医師を本当に信頼してまかせてくださる

     関わる医師やスタッフに対して細やかな心遣いができる

     不安なことや疑問やお腹に溜め込まず、率直に質問できる(質問事項は事前にまとめ簡潔にメモにしておく)

     医師やスタッフとの約束事は必ず守る

     笑顔(笑)

 

お医者さんだって、生身の感情をもった人間です。

実は、お医者さんにだって、「この人苦手だなあ」とか、「なんだか話しにくいなあ」「何か言ったら怒りそうだなあこの人・・・」といった感情はあります(苦笑)

 

お医者さんだって人間です。

 

その生身の人間から、「どうにかしてこの人を良くしてあげよう」「親切にしてあげよう」という真摯な気持ちを引き出せるのも実は患者力だと思います。

 そう考えると、患者力=人間力、だとは思いませんか??

 

私も毎日毎日、診療の様子を見ていて本当に感じることがあります。

 

「ああ、この患者さんは、医師の能力を最大限に引き出すことができてるなあ」と思うこと。

「ああ、この患者さんは、スタッフに最高に愛されちゃってるなあ」と思うこと。

いい治療を提供できているとき、そこには必ず、患者さまの力があります。

 

例外は、ありません。

全ては相互の関係、です。

 

医療を提供する側は、もちろんどこまでもその技術を磨き、努力をし続ける必要があります。

 

しかし、医療を受ける側も、これからは高い意識が必要です。

 

知識を学ぶことも必要です。

 

自分の体のことですので、知らなかった、でつらい思いをするのは

自分以外何者でもないわけです。

 

自己責任という言葉は冷たく感じるようですが、自分の体はやっぱり自分しか守ってあげられないんですね。

 

どんなに医療が進化しても、自分の体を本当に守ってあげられるのは自分しかありません。

 

自分の体を死ぬまでちゃんと走れるようにするためには、何が正しい情報で、何が間違っている情報なのかを、きちんと知ることが絶対に必要です。

 

しかし、今という時代には、あまりにも「健康」ということに関して情報が氾濫しています。

マスコミで、インターネットで、雑誌で。。。。

 

でも、その情報は嘘かまことか?本当に必要な情報なのかどうか?

どうぞ、患者力を磨いて、本当の情報を手に入れて下さい。

 

一人一人が本当に必要な情報を手に入れ、患者力を磨くことで、 香川県の医療水準がぐっと引き上げられることは間違い、なし、です(^^)

2010.07.03テンションと効率

今日は吉本歯科医院は終日インプラント手術のため一般診療は行っておりません。

手術の日は段取りが違います。

朝から麻酔の先生と細かい打ち合わせなど。

スタッフの動きも、いつもの診療とは時間の動きが違うのでややピーンと張り詰めた様子。

黙々と動き回るスタッフたち。

院長も手術がはじまる前に細やかに3D画像解析や事前シミュレーションで何度も

頭の中に今日の流れを叩き込んでいる様子。

手術の前には、濃い目のコーヒーを飲んで頂き、リラックスをするのが手術前のおきまりです。

 

技工室に行くと、吉本歯科医院の朝晩のおそうじや器具の清掃をしてくれている

北原さんがお仕事をしてくれており、何気なく話をしていました。

北原さんはちょうど私からすればおばあちゃんよりちょっと若いかな、という年齢の方。

この北原さん、実はちょっとすごい人、なんです。

北原さんにはぜひ吉本歯科医院のニュースレターに登場して頂きたい!といつも言っているのですが「恥ずかしいから駄目!」と(泣)

若い頃からずっとお家でお商売をされてこられ、子育てやご主人のお母様の面倒をすべて

みながら働き続けてこられたかた。

いわば、おかみさん、ですね。

3人の子育てをしながら、お家のお商売の切り盛りも全部やってこなし、事務や経理や、営業や

仕入れに販売、配達に、顧客のお世話・・・・ひえ~~いつ眠るの??というほどハードな毎日。

また、ご主人のご両親のお世話も。。。

「当時は洗濯機もグルグル手で回すものだったのよ」と言われても想像もつかない私。

せいぜい二層式洗濯機くらいしかイメージできません。

毎朝一升のお米を炊いて、朝6人分のお弁当を作り、3度の食事もぜんぶ作っていたんだそう。

 

北原さんは言うんです。

「それこそ、休むヒマなんてなくて、自分の時間なんて皆無でね。でも、みんながそんな感じだったし今みたいに人と人同士がこんなに殺伐としていなかったから、みんなが支えあうのが普通だった。

だから、大変なんだったろうけど、心はあったかかった」と。

なんですって。

今でも、こうして吉本歯科医院に朝晩に来てくださりながら、51年間も、ご主人のお母様(お姑さん)のお食事やお世話をずっとしているんです。

 

そんな北原さんの顔は、本当にいつも綺麗なのです。

もやもやと考えるよりも前に、とにかくいつも動いている。

テキパキと動いている。

 

なので、表情がいつもすっきりしている。

もや~っとした雰囲気が微塵もない。

なので、私はいつも北原さんのそばに言って何かしら話をするのが憩いの時間です。

 

北原さんと話をしている中で、なるほどなるほど、と思ったことがありました。

北原さんは長い人生、ずっといわばハイテンションで生きてきた方です。

ハイテンションとは、決して派手で大声でとかいう見た目の問題ではなく、

心のエンジンがいつも燃えていたということ

 

ずっとテンションがあがっている状態が常だから、疲れない、んです。

そして、変に休まなくちゃ

とか

自分の時間を大切にしなくちゃ

とか

考えたこともなく、ただ目の前のことを淡々と黙々とやってきた、こんな感じ。

なので、北原さんは仕事のスピードがとても速いのです。

そして、北原さんにお願いしている「吉本歯科医院をいつも綺麗に」という仕事を

どんどん進化させていってくれています。

 

そんなところまで気をつけてくれるの?

そんな細かいところまでふいておいてくれたの?

裁縫までしてくれるの?

 

気配りの達人、です。

こんな仕事ができるのは、やはり北原さん世代の人特有、です。

「何もなかったから作るしかなかった」

「すぐに買えないから繕って何度も使うしかなかった」

という、モノが潤沢になかったからこそ、知恵が溢れてきた時代の人ならでは。

今は、雑巾だって、スーパーで安く売っていますから(--;)

 

北原さんに私は聞いたことがあるんです。

「ねえねえ、北原さん、いつも何か作ってたり、手を動かしているんだけど休むことないの?」って。

すると

「こうしているほうがいいの。

止まると、落ち着かないの」って(笑)

 

これを聞いて私も

「私も同じ~~~!!!」と共感。

 

そうなんです。

私も同じで、仕事はテンションだけでやっているようなもの

テンションが上がっているとスピードがどんどん速くなって、仕事の効率がよくなる。

でも、ひとたびテンションがさがると、普段だったら30分で簡単にできそうな仕事が

5時間たっても6時間たってもできなくなっちゃいます。

あれはなぜ?でしょうね?

時間の感覚は、自分の心模様と直結しています。

 

 

テンションが上がっていると余計なことを考える時間が脳ミソの中にはないので

つぎつぎにアイデアが湧くし、その湧いたアイデアを即、形にすべく動くことができます。

でも、テンションが下がると、そんな気持ちにもならないので、当然動くことができません。

 

とりあえず、私の場合はここ2年ほどは、テンション上がりっぱなし(笑)

でも、疲れない。

そりゃあ、むちゃくちゃして「ああ、今日は眠い~だるい~」って時もありますが

心のテンションはそうそう下がらないのですね。

それは、なぜか?

きっと一度このテンションが上がりっぱなしで心地いいバランスのいい状態を

体験してしまったから、もうバランスが悪い状態に戻りたくないという無意識の何かが

働くんでしょう・・と思っています。

 

そういうのってありますよね?

一度、快適を知ったら、もう以前までの「不快」には戻れない。

一度、美味しい味を知ったら、もうまずい味には戻れない。

この感覚と同じですね。たぶん。

 

では、テンションを上げるにはどうするか?

こんな話を最近したのでちょっと書いてみます(^^)

 

たとえば、吉本歯科医院では今、月に一回ニュースレターを発行しています。

ボリュームは結構、あります。

なぜこんなボリュームに設定したかというと、自分たちに意識的に負荷をかけたかったから。

 

このニュースレターを完成させるのには、まずが大枠のテーマを院長から取材をする。

そして、院長に話をしてもらいます。

その院長の話を事務のスタッフにテープ起こしをしてもらいます。

あがってきた原稿をは「専門家の言葉」なので、その言葉を私が『普通の人に伝わる言葉」に

翻訳します(笑)

 

さらに翻訳したものを、最低でも3人の一般の方に読んでいただきます。

読んでいただく方は、吉本歯科医院の一番多い患者さまの年齢層です。

40代の男性、50代の女性、男性、60代の女性など。

そして、何度も練り直しをした上で、最後にスタッフに読んでもらいます。

また、スタッフからの取材、患者さんからの取材、いろいろ項目があります。

1回のニュースレターを発行しようと動き出したとたんに、いろいろな方と関わり意見を

聞ける機会が増えます。

 

そうすると、面白いことが、起こります。

一人の人から必ず、「新しいテーマになりそうなこと」を教えてくれるのです。

そして必ず「次へのヒント」が思いつくのです。

じゃあ、あれもしようこれもしよう

ということにワクワク繋がっていくのです。

 

それは動いて、話す、書いて表現する、ということの副産物です。

 

ということで吉本歯科医院のニュースレターは、毎回毎回私たち、全力でエネルギー使って

書いています(苦笑)

そして、やっと入稿。

エネルギー出し切った~~~!!と満足。

 

すると、アラ不思議、出し切ったところには、また新しいエネルギーがさらに大きくなって

入ってくるのですね。

出し切ったはずなのに、また入ってるわ。。(驚)

これは宇宙の法則でしょう、きっと(^^)

出せば入る。

出し切らなきゃ入ってこない。

息を吸って~~吐いて~~と同じですね。

 

愛情と、同じです。

愛情を注ぎ惜しみしていると、そのぶんしか自分には入ってこない。

徹底的に愛情を注ぐから、注いだぶんだけ、またこちらに愛情が帰ってくる感覚と似ています。

ここでそんなにエネルギー使ったら消耗するし、もったいなから適当に仕事を。。って考えがちですが

実は、違うんですね。

 

適当に仕事を、というのが実は自分を最も消耗させ

また、女性をぶさいくにしていくものだったんですね~(><)

ご存知でしたでしょうか???

 

ダラダラ生きている人の顔は醜いでしょ?

それはどんなにお肌が綺麗でも、ブランドのお洋服を着ていても、醜いでしょ?

それって、見る人が見ればわかるんです。

わからない人に囲まれている人には残念ながら死ぬまで見えませんが。

顔ははっきりした意思が作るのです。

意思のない顔は、ぶさいく、です、はい。

 

私は、表情が醜い人は、きらい、です。

顔、形では、ないのです。

なので、年齢でも、ない。

 

醜い顔は伝染するので、困るのです。

また、そんな人が一人でもいたら

場の空気が乱れるし、出しているイメージが一緒に醜くなっていくからとても困るのです。

 

人との関係と仕事の仕方は比例しています。

人に愛情注がない人は、仕事にもエネルギー出し切らない。

仕事がうまくいくひとは、人との関係もうまくいく、そう思います。

例外は、ありません。

 

また、ニュースレターをはじめてよかったなあって思うことのひとつには

「継続し続けなくてはならない」というプレッシャーです。

一回だしはじめたからには続けないといけない

また、続けないと格好悪い、ですよね?

瞬間的に、ぐわーーってエネルギーを出すことって、単発なら結構できますが

それを持続的に続かせるってなると、これはまた別の能力です。

長期戦で、長い目で戦っていけるか、自分と、という視点が必要です。

一回は必死で頑張って勝ったけど、もう燃え尽きた~~~

なんてのは、困りますからね。

 

なので、心地よいプレッシャーは大事です。

途中でやめたらかっこ悪いじゃない?という美意識は、とても大事です。

 

イメージは青い静かなろうそくがいつも消えることなく燃えている、こんな感じです。

そして長く長く続けることができるために、テンションを上げておく。

というか、下げないように気を配る。

 

続けるって、最初は本当大変です。

でも、いざスタートをしてみると、「なんだ、こんな楽しいならはやくやってりゃよかった」と思います。

 

楽しいことなら、続けられます。

楽しくなさそうなことや、わくわくしないことは、義務感でやることは

努力逆転の法則が働き、しんどいだけなので、早々に止めましょう。。。。

しかし、何でも深く知っていけば、楽しくなる要素は山のようにありますからね。

仕事も、同じです。

 

そして、楽しいと思えるためには、やはり覚悟が必要です。

 

それは

誰に言われたのでもなく、すべてのことは私が決めて、私が動くんだという

覚悟を持つこと。

ここを押さえておかないと、悲劇、です。

私は、どういう結果になっても、たぶん、「ま、自分で決めたからしょうがないか」と思ってしまえる

そう思っています。

 

それは私の中に

どんな状況になっても、被害者意識を持って生きるのは嫌だ、というイメージがあるから。

どんな状況になったとしても、今、どんな状態でも、

その状態が今目の前に現実にある、ということは、やはり、自分次第なのです。

そして、そうはっきり言える人の目はやはり、スカッとしているのです。

 

たとえば、

私が「くっそ~~!!あの人があんなこと言ったから」

「上司がしろって言ったから~」

とか少しでも思ったとしたら、もうすでに私の中ではアウト、です。

被害者的思考は、私にとっては最も苦手です。

過去にOLをしていた時に、そう思うことがあった頃、私の心模様は最悪でした。

 

これって、男女関係でも同じですよね。

裏切られたとか、ふられたとか、浮気された、とか言っているのは

あれは、きっと被害者意識の塊の発想で生きているから。

こういう人に限って

私はこれだけ尽くしたのにとか

私は奥さんなのに

とか、うだうだと文句を言うわけです。

どっちでもええじゃないか!!と思ってしまうのです(笑)

自分が自分の人生を熱中していない証拠です。

 

ようは、人はどうでも、いいのです。

ようは、自分がどう決めるか、しか人生はないのに。

私という人間が覚悟を持ってきちんと生きているという大前提があってはじめて

同じような大人の感覚をちゃんともった人と関わることができます。

ちゃんと人に甘えることができるのは、たぶんちゃんと一人で立てているから。

一人で立つ、ということは決して経済的なこととか、職業的なことでは、ありません。

その心の覚悟の話、です。

「私がこうしたい」「私が決めた」「だから何が起こっても全て私の責任」

と思えるかどうか。

そう思えたら、人生観や、男女観、仕事観だって、変わっちゃいませんか?

パラダイムシフト、です。

 

うまくいかなかったのも、気分が悪いのも、社員が思うようにならないのも

とりあえずは、私の責任、と思っておけば、気分はそこまで落ち込みません。

もちろん、自分の責任じゃないことだって山のようにありますよ(笑)

 

でも、とりあえず、全部まとめて引き受けておくって覚悟を決めたとたんに

舞台は、回るのですよ(^^)これ、真面目な話。

神様は、覚悟を決めた人の後ろに必ずいいことを用意してくれています。

 

これは人との関係でもまったく、同じ。

どんな人の前にでも、きちっと向かい合う。

逃げない。

覚悟を決めて向き合っていく

覚悟を決めた途端に、「この人、苦手だったのに」と思っていた人が

「意外にそうでもなかったじゃない^^」という人に変化します。

すべてはこちらの関わり方。

相互の関係です。

お互い様、です。

 

とにかく、気持ちがスカッとしているのが一番です。

想いはストレートに。

堂々と表現し。

やるべきことをやって。

我慢は、あんまり、しない(笑)

 

テンションを維持する方法として、意識的に継続しなくてはいけないものを

作り、自分に心地いい負荷をかけるということ。

それも社会的に責任のあることを。

というのはとっても効果的です。

2010.07.02目からウロコの発想が!

今日はグラフィックデザイナーの藤本誠先生とご一緒に、今回JR高松駅2階にオープンした

ばかりの「とんかつヒガサ」に行ってきました。

このお店は全てのトータルデザインを藤本先生がされたそうです。

高校生の時から、スペシャルな時は、ひがさのとんかつを食べに行くのがちょっと楽しみだったことを思いだします。

ちょっと飲み屋さん街にある小さなおしゃれなとんかつ屋さん。

そんなイメージでした。

細く千切りにしたキャベツとおひつに入った白いご飯があつあつのとんかつによく合い

ご飯をおかわりしながら頂いていた昔を思い出します。

 

藤本先生との話の中で、経営者にとってのクリエイティブの存在価値を

熱く語って頂きました。

いや~奥が深いですわっ!!

そしてその説得力のある話し方!

具の字も出ないほどの納得感。

ここまで提案されたら、「はい、おまかせしま~す、先生・・・」と言うしか、ありません(笑)

 

藤本先生の話がなぜ、いろいろな場で通っていくか、そのわけが少し、見えました。

それは、

私はこう思うんだ。

これは、間違っていて

これは、これが正しいんだ

そして、私はこうするつもりだ

なぜなら、こうだから!

・・・・意思が明確である、ということ。

意思がはっきりしている。

なので、発する言葉が明確。

すべて、「私は~こうだ」と言い切れているところ。

 

白いもんでも黒く見せてしまえそうなこの説得力。

ある種の勢い。

その勢いの裏には、「かっこたる信念」がある、のです。

 

71歳ですよ?????信じられない脳みその柔らかさ、です。

頭の中にとらわれがないので、話をしていてとっても楽しいのです、ね。

うちの父と話すとこうはいきません(泣)

たくさんヒントを下さったので、私はひたすらメモを取っていました(^^;)

この時間だけで、コンサルタント費用が発生しそうなほど、具体的アイデアを頂いてしまいました。

先生、ありがと~~~!!!

 

・・・・と、ご機嫌で話をしている時に気になったのが、高松を代表するサンポート周辺での

喫茶店での店員さんの態度(><)

藤本先生とも話をしていたのですが、

もうちょっと愛想良く接客しようよ!と、思ってしまいます。

ここは四国の玄関口なんですけど。。。。。(泣)

お接待の島、なんですけど。

おもてなしの島、なんですけど。

 

ではなぜ、愛想が悪く見えるのか?

とじっくり観察をしてみました。

 

すると、こんなことがわかりました。

愛想が悪い=リアクションがない

ということ、なんですね。

リアクションがない=表情が無い、と一緒なので

表情がない=感じが悪い

・・・と、こうなるわけです。

 

本人はきっとリアクションしているつもり。

でも、リアクションが小さすぎるのです。

 

もっと笑顔で接客を!と言っても、たぶん、教育されている本人は

よくよく聞いてみると「えっ?ちゃんと笑っているつもりですが・・・」と、なります。

こういうシーンって本当によくあります。

 

私は、リアクションのない人は苦手です。

こちらが何かしらの働きかけをしても、何の表情も見えないような人だと

テンションが下がってしまいます。

 

リアクションする、ということは、相手の何かしらの働きかけに対して反応する、ということです。

反応がないということは、相手は

無視された

きらいなのかな

と思ってしまいます。

なので、反応がない人のところには、残念ながら人は去っていく、そう思います。

 

現に、私が今長く関わりたいなあって思う人は総じて、リアクションがきちんとあります。

働きかける(アクションを起こす)

敏感に反応してくれる(リアクションをくれる)

うれしくってさらに働きかける

このサイクルです。

 

そしてそのサイクルがスパイラルのようにぐんぐん回って上に上っていくのに・・・。

自らスパイラルを切って、ああ、もったいない、と思うことしばしば。

 

私は吉本歯科医院の若いスタッフには、よく言うことがあります。

はじめは、大きな声や、明るい笑顔って、意識的にアクションをするって

難しいんです。

特に慣れていないと。

でも、はじめは演技でもいいんです。

楽しくても笑っているうちに、その演技にはまって、楽しくなってくるから(笑)

笑っているから楽しいのか、楽しいから笑っているのか?

そんなのわかんないけど、たぶん、そんなもんです。

心と体は繋がっていますので。

 

また、女性はみな女優ですので(笑)演技はお得意なはず。

世の中が暗くしみったれてきたら、

せめて女性だけは、笑っていましょう、というのがなんとなく私の考え。

女ならでは明けぬ国、にっぽん。

女性が笑っている国は、やっぱり、素敵な国なんです。

2010.07.02男性性と女性性

先日の母性型経営勉強会で、男性性、女性性について興味深い話を聴きました。

 

ちょっと抜粋・・・

男性性の特徴は、自我を主張し、自分に有利に立ち働く積極的、行動的な能力のことです。

これに対し、女性性の特徴は、男性の生命力を奮い立たせ全能力を心ゆくまで発揮させる能力のことでした。

そして、男性の上に立ってリードするのではなく陰の力に徹する性のことだったのです。 

 

 

そして古代人の素晴らしい知恵は、男にも女にも男性性があり、女性性があるとされていることです。

つまり、

 

で男性性の強烈なタイプ

男だが女性性の多いタイプ

女だが男勝りの男性性タイプ

女の中の女性性の豊かなタイプ

 

 

と四相に性格を分けているのです。

 

あなたはこのうちの何型でしょうか?」

 

う~ん、私はどれだろう?僕はどれかなあ?

みなさん、頭をかしげていた、そう思います(笑)

 

最近私は、気がついたことが、あるんです。

 

それは、女性にもてている男性は、その中に少し女性的な面がひょっこり

見える、ということ。

何といいますが、私が最近あった男性で、魅力的だなあと思う人はみんな

「愛嬌がある」のです(^^)

 

また逆に女性であれば、女性の部分しかない、女性よりも、

ちょこっと男性性を持ち合わせている女性の方が、より魅力的です。

し、時代にも合っていますよね(笑)

 

こんなに仕事するのに、ちょこっと弱い部分をこそっと話してみたり

自分のへこみ話をサラリ言えたり。

俺は男だ~~!!なんて言ってる人は、そうそう他人にそんな面を見せられませんからね~。

そういう面をちらっとみた時に、女性は、その人のいわば短所であったり、

完璧じゃない部分を「しょうがないなあ~助けちゃおうかな」と思ってしまったり、

するんですよね。

 

そういう意味では男性は、

「◯◯さんって、なんか、かわいいよね」と言われたらラッキーだと思っときましょう♪

 

 

よく女の子が、「これ、彼氏に買ってもらったの~うふふふ~」とプレゼントを

みせあいっこしているのを見ます。

なんとなく、モノをもらったり、することが幸せの象徴のように思っている若い子もいるでしょう。

 

なので、男の人も、女性には何かプレゼントするもの!すれば喜ぶもの!と思い込んでいる人も結構いるんじゃないでしょうか?

 

しかし、私は思うのですが

これから、男性で、自分の人生をちゃんと生きていこうっ、仕事もバリバリやっていこうって思っている時に選ぶパートナーは、こういう視点で選んだほうが絶対、長い人生は

お得だということがあるんです。

 

女性には2つのタイプがいる、そう思います。

最近は特にそう思うようになりました。

 

1つは、完全に何かをして欲しい、与えて欲しい、という欲求が強いタイプ

なのでこういう女性は

パートナーに求める要素は結構多いです(笑)

こまかい項目が、あります。

 

経済力

やさしさ

親の問題(めんどうくさそうでないか)

住宅の問題

お金の価値観

見た目

いろいろです。

 

そしてこういうタイプは家庭に入ると一見良さそうですが、実はものすごい執着心があり

何が何でも夫や子供を自分の理想の型にはめたがるので大変です(><)

私は、ちょっと、苦手です。

 

さて、もう1つのタイプは

自分を成長させたいという欲求が強いタイプ。

特にこういうタイプは自分を成長させてくれそうな人が3度のご飯よりも、ファッションよりも

大好き、なのです(^^)

 

 

こればっかりは、もう生まれた時からの細胞にしみ込まれている性質だと

思うので、後から後天的にタイプ変え、ということは、難しい。

 

 

どんなに高いプレゼントをもらっても、高級なバッグをもらっても、

「この人は自分を高めてくれる人じゃない」と本能的に認識しちゃうと、あっさり

その足でその高級バッグを質屋に持っていったりしちゃいます(泣)

そんなものです。

 

3万円のフルコースをご馳走になっても、それがなれてくると心が躍ることは、ないのです。

モノではなく、価格でもなく、場所でもなく、ようは、目の前の人が

どんな人なのか?その一点だけが、気になります。

それが、女性という生き物の本質でしょうか??

 

 

逆に自分を高めてくれる人だ、成長させてくれる人だと認識しちゃったら、近所のラーメン屋でも満足しますし、幸せなのです。自腹でも(笑)

 

このあたりの心理って、もっと知って欲しいなあ~って思います。

私はよくそんな話を院長や院長の同級生が家にきた時などには

えんえん話すのですが、「えっ?そうなの?プレゼントしたら喜ぶんじゃないの??」と目からウロコ状態です。

 

そのてん、うちの女性スタッフは、そのあたりの微妙な心理が本当によくわかりますよ~

カウンセラーの森下などは、心が見えるのか?というほど、人の心理が

よくわかります。

ここまでくると、天才ですね。

 

 

また勉強会で教えてもらったことで興味深い話をひとつ。

こういった男性の中の愛嬌度とか、女性の中のたくましさ度などは、

なんとすべて幼児期に脳にインプットされるものなんだそう!!

 

そう、そしてその人格形成にもっとも影響を与えているのが

お母さん、なんですね!

 

 

私の娘はさあ、一体どうなるのか???

人生死ぬまで面白く、既成概念にとらわれず生きて欲しいなあ、って思います。

 

妙な枠を自分でつくって、自分を縛ってしまうような生き方は、して欲しくない。

 

やはり、身につけるべきは男も女も

度胸と愛嬌でしょう(^^)

2010.06.30じゃがいもと安定・・・・

imo.jpg

今日から明日まで当院院長は福岡にて研修会に出かけているため、吉本歯科医院は

休診、でございます(^^:)

スタッフも平日2日の連休に、島にわたったり、ちょっと遠くへおでかけを

したり、なんだそう。

私は、普段出来ない仕事が山のように残っているので朝子供を保育園に送り出してから

一人、診療室でシコシコと作業をしております。

お天気がいいので、窓を全開にして、ドアも開けっ放しにしています。

とってもいい風が入ってきます。

シーンとした診療室で、黙々と仕事をするのは、とても集中できはかどるので

こんな時間は大好き(^^)

そうこうしていると、カウンセラーの森下が、じゃがいもを持ってきてくれました(笑)

彼女の実家は徳島の山の中。

そこで彼女のお母さんが畑からじゃがいもを収穫して送ってくれたそう。

その美味しいおいもの、おすそ分け。

森下いわく、スライスして素あげしたら美味しいポテトチップスの出来上がり、だそう。

早速、今夜このおいもを使ってやってみよう。

 

森下つながりで話題をひとつ。

昨日ちょうど、待合室にあるSTORYとか、VERYという女性雑誌を読んでいた時。

ぺらぺらとページをめくりながら、

「なんだかさ~、ここに出てくる女の人って、きれいだけど

みんな同じ顔してますよね、妙です」と言う話に。

同感、です。

私も常々そう思っており、森下もそう思うんだ~と聞いて嬉しかったです。

まあ、雑誌の世界の話なので、なんとも言えませんが

私にはお人形がにっこり笑っているようにしか見えず、

これを「美しい」とか「きれい」とか「素敵」とか、うたっていることがどうも違和感です。

洋服やモノを売るための広告とはいえ、若い女性の多くは

「そうか~、こんなのが素敵なんだ~」って真面目に思ってしまう人も結構いるでしょう。

 

雑誌に出てくる女性モデルのイメージは、

立派なだんなさんと、可愛い子供達、安定した生活と、ちょっと贅沢な生活。

ページを開くたびに、なんだか嘘くさい、嫌な感じがするのは私だけでしょうか???

家族ごっこ、夫婦ごっこをしているように見える違和感。

見つめあう夫婦の目つきがこわい。

 

あらゆる職場に女性が解放され、最近では国の政治にも女性が登場。

そして、高度な教育も十分に女性には与えられるようになりました。

努力次第で女性だって、いくらでも出世したり、お金を稼ぐことができちゃう今、です。

女性が強くなって、って言われています。

それは男性が弱くなったからとも言われています。

 

でも、本当に女性は強くなったのでしょうか?

と考えた時に、それは以外にもそんなことはない、そう思います。

 

昔は、ご主人がせっせと外で働いてきてくれるのをお家で待ちながら

奥さんは子育て家事をして家を守ることで、かろうじて「安定」という生活を

持つことができました。

 

しかし、今は、こういうスタイルは崩れつつ、ありますよね。

女の人が男の人を支えなくなった。

それは女性から言えば「支えたいと思うような男性じゃなかった」となります。

しかし、男性から言えば「支えてもらえれば力を発揮するのに」となります。

卵が先か、鶏が先か、みたいな話しになってしまいます(--)

 

 

今、家庭の奥さんであっても、働いている女性であっても、どんな人も

欲しいのは、「とりあえずの安定」なんだそう、です。

若い未婚女性は、結婚するなら専業主婦をさせてくれる人がいいという割合が

多いってご存知でしたか?

ある程度、社会に出て働いてはみたものの、仕事だって面白くないし、

世間は結構厳しいし、

だったら、家で子育てして家事をしてのんびり自分の趣味の時間を楽しめる生活がいい。

そう思っちゃうんでしょうか。

 

つまり、結婚に求めるものの、

ともに人生を歩いていく人、みたいな感覚から

お金が支配する惰性の関係が、普通になってきている、そう思います。

結構、覚めています(--)

 

しかし、いざ、誰もが想像しえる「いわゆる安定」というものを手にした人の心模様は

一体どんなものだと思いますか?

 

立派なだんなさんを持ち

立派な子供を持ち

いい生活をし

趣味もたくさんあり、

・・・・・では、安定なのか?

表面上は安定かも、しれません。安定しているように見えるかも、しれません。

しかし、その心の内面は私は「嵐」だと、思うのです。

 

なぜなら、安定というもののコインの裏側には、死ぬほど退屈、ということがついて

回るから、です。

これはあんまり平和すぎると、平和ぼけして、人間が退化するのと原理は同じです。

「あなた、そんないい生活してて何が不満なの?」と言われ

今日も抗うつ剤を飲む、40代、50代が多いのを知っていますか?

 

精神科の先生の病院には、今日も溢れるほどの患者さんでいっぱい、です。

そんな話を精神科の先生に聞いた時、わたしは妙に納得しました。

この先生のお話は、日々患者さんと向き合ってこられ

生の患者さんの声を知っているからこそ、その言葉に真実味があり

私はとても興味深くいつもお話を聞いています。(←そのうちご紹介します^^)

 

どんなに与えられても、どんなにお金をもらっても

たぶん、退屈でつまらない毎日は、人間にとっては、不健康なんだと思います。

これだけ健康ブーム、で健康、健康とうたうのなら、本当は

人間の心の部分に直接、アプローチするようなことをしかけていかなくては、絶対駄目です。

 

健康になるためにウオーキングをしたり

健康になるために栄養の話を聞いたり

もちろん必要ですが、

人間はそんな単純なものでもないだろう・・と思ってしまうのです。

肉体だけで人間は存在しているものではありません。

 

つまらないものを面白くする

退屈で死にそうな状況を、血が騒ぐように活力のある状況に変えていく

それこそが、人間の本能的な欲望です。

そしてそれがその人の能力であり、人間としての力だと思います。

 

また、心が躍動している時、何かに夢中で取り組んでいる時、

その人にとってその瞬間の心は実は「安定」です。

 

つまり、安定は、止まっていたら、獲得できないもの、なのですね。

 

もし、私が10年後の将来を考えて、安定を求めて今日を生きていたとしたら

それは死ぬほど、退屈で、たぶん面白くなくって3秒でおかしくなる、そう思います(泣)

 

よく、1年後、2年後、10年後の予定を明確にたてて、とか、言われていますが

そんな先のことなんて、一体誰がわかるんだ?と思います。

昨日の感情と今日の感情はもう違います。

そして、1年前なんてなっちゃうと、出会っている人も違うし、

自分の成長度合いだって違う。

見える風景だって、きっと、違う。

なのに、そんな先のことを予定しちゃったら、もうそれこそ、面白くないのオンパレードです。

 

仕事で、計画を立てるとか、そういうのは、もちろん必要です。

計画を細やかに立てて、逆算してやるべきことを確実にやっていくことは

とっても効果的です。

 

でも、それはそれ。

自分の人生というに限っては、私はやっぱり今の積み重ねしかない、そう思います。

予定は、未定です(笑)

今日やっていることが、なんだかおかしかったら、きっと明日もおかしい。

今日やっていることに、ちゃんと集中していたら、明日はそれに続くだけ、です。

 

それがきっと、一番効率的かつ、効果的な人生の予定だと今のところ私は、思っています。

なんだか途中で妙な知恵がついて、

目標を設定しなきゃ、とか

10年後の予定を明確にしなきゃ、とか

思っちゃうと、きっと、脳みそはおかしな方向へ走っていく、そう思います。

 

目標はあえて設定するものでもなく、

きっと自分の中から湧き上がってくるもの。

やる気だって、同じです。

やる気は、無理矢理しぼりだすものではなく、あくまでも

自然発生的に湧き上がってくるもの

 

そう考えた時、

自分の心の奥底から、体の奥から、何かが湧き上がってくる状態が

人間としては最高です。

そして、健康、です。

そういう状況を個人個人に作り出す

そして、そういう状況に人がなれる職場を作り出す、それが大事です。

まさに、母性型経営のススメ、なのです(笑)

 

思いっきりのびのびできるために

そのキーワードは、やはり、安心感、なんですね。

 

じゃがいもから、ここまで来ました(^^;)

2010.06.29定例ミーティング

DSC_0004.jpg

今日はいつものように定例ミーティングでした。

話し合っておかないといけない事項をこまかくみんなで共有します。

指南役は、人間科学研究所の池田弘子先生。

話が脱線し、あっちこっちへ飛んでしまいそうなところを「目的は何か?」という

幹に戻してくれます(笑)

吉本歯科医院の予防プログラムの資料を作りたい、ということでみんなで

いろいろと知恵を出し合いました。

 

そこに院長の話が入ります。

すると一気に、男性思考(驚)!!

話が飛躍し、女性スタッフ全員が「OH!NO!!」状態に。。。。。

院長が一気に想いを話し始めると、あまりに大きな話になりすぎて

理解するのがとっても難しくなっちゃいます。

 

そこで、池田先生の指南役の出番。

院長の言いたい事を的確に翻訳し、スタッフに伝わるようにコメントしながら

ミーティングを進めていきます。

 

こういった話し合いや会議には、客観的に、かつ、俯瞰的に全体をみられる存在が

とっても大事です。

これは、中にいる人間だけでは難しい、そう思います。

私たちだけで、このミーティングをすすめていっていたとしたら、今の吉本歯科医院はない、

それだけは言えますね(泣)

感情的な生き物ですので、公平な立場の客観的立場の存在はとても重要です。

 

話し合う、情報を共有する、同じような感情を共有するということが

どれほど大事かということに、私は、2年前までは本当に気がついていませんでした。

ですので、スタッフ全員で話をする機会なんてほとんどないし、

連絡事項は上から下に文章で伝えるだけ。

今思えば、恐ろしい。。ですね。

 

母性型経営の中に、定期的な大家族会議のススメ、という考えが、あります。

それは意識的に大家族が集まる機会を作り、話し合いの場をもうける、ということです。

そしてその話し合いは、一方的なものでは、意味がありません。

また、一般的な会社のように立場の強いものが、立場の弱いものに、一方的に

おしつけるものでも、意味がありません。

あくまでも、

「どんなことを言っても大丈夫なんだ」

「どんなことを話しても守ってもらえるんだ」

という無意識の安心感がなければ、人は、本当に発言していくことは、できません。

社長のYESマンばかりがそばにいても意味が、ないのです。

 

よく、思うままにアイデアを、とか

なんでも好きに話していい、

とか、言いますが、

そこで働く人が本当に感じていることを口に出して話してくれはじめるには

時間がかかります。

自分の立場が守られててちゃんと保護されているってことが

体感できるようになってはじめて、人はポツポツと本音や、感情を

吐き出しはじめるのではないか、そう思います。

 

自分のことを考えてみたらそうですよね?

誰にだって自分の感情全部をそうそう吐き出すことなんて、しませんよね?

本音の本音を誰にもかまわず、話したりなんて、しませんよね?

心底、安心できる関係でなければ、本当のことは話してはくれません。

 

私たちは、吉本歯科医院で働いてくれているスタッフ達にはみんな

「ここには、自分の居場所がある」ってきちんと思えるようにしたい、そう思います。

ここでは、自分は認められる

ここでは、自分はきちんと育ててもらえる

ここでは、自分はきちんと守られる

そんな土壌を作りたい、そう思います。

最近では、ちょっとばかし、いい感じかな(^^)

 

子育てと同じ、です。

とはいっても、人間はみな完璧な存在では、ありません。

明らかに欠落した部分をみんなそれぞれ、持っている。

バランス良く均等が取れていればうまくやれるだろうけど

それがなかなか難しいのが、人間です。

 

なので、時には自分だけが、なんだかとっても劣っていると感じてしまう時だってあります。

でも、それは、自分だけでなく、みんな同じように劣っている部分があるのです。

そういう不完全な存在で構成されているのが、人間社会なので

不足を補い合っていくことができるのがまともな社会で、組織でもあります。

 

吉本歯科医院は、私も院長も、そしてスタッフも、みな同じように長所があり、短所が、あります。

特技があり、まったく不得意なことが、あります。

まさに、凸凹、です。

なので、その凸凹を、このメンバーで上手に補い合っていけば、いい、そう思います。

 

「この部分は私、苦手なの~~」と手をあげてしまいましょう。

ということ、です。

補なってもらいたい部分は、みんなにインフォメーションしていきましょう、と言っています。

そして、自分の弱点、欠点は早くに知ってもらいましょう。

もちろんその欠点や弱点を治そうという気持ちは、大事です。

日々意識することで治っていくことだってあるからです。

 

しかし、その欠点や弱点は、長い人生を生きてきて一番身にしみてわかっているのは

本人です。

今さら言われなくても、実は自分がよくわかっているのです。

それでも、治らない、ということはそれはもうその人のキャラです(笑)

短所を治そうと努力するより、思い切り長所を伸ばしてアピールして

いっそのこと、短所をウリにしてしまったほうが、楽ちん、です。

そう思いませんか?

 

しんどい努力はやめて、自分の心が楽しくなる方向に目を向けてエネルギーを注いだ

方がよっぽど効率的です。

 

うちの院長は完全にカミングアウトが早かった、です(笑)

「はい!僕、みんなの顔色読んだり、空気読んだりするの全くできません。すみません!!」と。

ですので、今うちのスタッフは

「うちの院長はこういう人」(--:)

と、知っています。

知っていますので、あまり腹が立ちません。

なので、みんなが院長の「困ったちゃん」の部分をサポートしてくれています。

まるで、お母さんのように。。。

本当に本当にありがたい、です。

 

昔は、わからないので、

「院長って、なんて女性の気持ちが分からないんでしょう!(怒)」

って大泣きしてやめていく人だって、いましたよ~(--:)

 

私は、思うのですが、男性の脳と女性の脳は、もう明らかに違う。

なので、そのあたりは、上手にお互いがインフォメーションしあう、ということは

とても大事だと思います。

きちんと話をすればなんてことないことでも、

話をしなかったために、大いなる勘違いと思い込みによって、その関係が

駄目になっていった、という悲しい事例は、山のようにあるのでは、ないでしょうか?

 

特に、部下が女性が多かったりする場合は余計にそうです。

 

さて、今日は吉本歯科医院はお花がいっぱいです(^^) 

ohana1.jpg

今週のお花、です。 

ohana2.jpg

 実がついています。

「これって食べれるん?」

ajisai.jpg

庭で切ってきたわよ、とお持ちくださいました。

あじさい、可愛いです。

2010.06.28真っ赤に日焼けしました(--;)

IMG_2408.jpg

日曜日は、朝7時から六萬寺にて朝がゆ会。

7時半からはじまるゴセイジャーが観られない!!と文句を言う息子を娘をなだめすかして

朝はやくに出発。 

IMG_2411.jpg

 梅干が美味しい3歳児

IMG_2412.jpg

IMG_2413.jpg

 アナウンサーのような話し方・・・と思えばやはり。

西日本放送の小橋アナウンサー。

声が、よく通るんですね。さすが。

IMG_2417.jpg

 あま~い、すいか。

IMG_2418.jpg

 かぶりつく

IMG_2421.jpg

 六萬寺の今雪ご住職。

ご住職に会うと、ほっと、します。

私が、何度も何度もこのお寺に来る理由・・・それは、今雪ご住職の顔をみたいから。。。

IMG_2430.jpg

 晴れました。

IMG_2432.jpg

 安徳天皇ゆかりのお寺、六萬寺

 

IMG_2434.jpg

 朝がゆ会の後は、

「美味しいパンとピザが焼けたわよ~~」という素敵なメールに

「食べに行く!!!」と、すぐに押しかけてきました(笑)

IMG_2435.jpg

もちもちの手作り焼きたてパン。

この後、野菜がもりもり乗った、ピザを堪能。

ああ、美味しい(^^)

生活の中で、普通にパンを焼いたりピザを焼いたり、

とっても日々の生活を楽しんでいる、方。

素敵です。

私は、しばらく、食べる派で(笑)

IMG_2463.jpg

 おなかいっぱいパンとピザと、お話を楽しんだ後は、またまた畑へ!

トマトが赤くなっていました。

IMG_2468.jpg

 シカゴ帰りのTED菅沼(^^)知る人ぞ知る、ギター&チェロ&オカリナ&弾き語りの達人。

どれほど、特技が多いの!!

せっせと、収穫。

IMG_2469.jpg

 とうもろこしが、ぐんぐん

IMG_2471.jpg

 なんだか、増えてきました

IMG_2476.jpg

 とまと

IMG_2477.jpg

 主が、せっせと、素人の世話をしてくれています(--;)

IMG_2480.jpg

もぎたてっ 

IMG_2481.jpg

ゆでたてのいんげん

3秒でなくなりました。

 

夢中で畑で野菜をもぎっていたら、気がついたら手と顔が真っ赤に日焼けしておりました(泣)

ここまで焼けたらもうやけど、です。

 

とりたての野菜をそのまま頂く、この美味しさと気持ちよさに

今、とってもはまりこんでおります。

とはいっても、ほとんど、畑の主が手入れをしてくれているのですが。。。

夕方5時半を過ぎると、山の方からすーっと涼しい風が流れてきます。

頂いた麦茶を飲みながら、縁側でゴロン。

あ~~~、しあわせ。

日本に住んでてほんと、よかった。

そんな日曜日でした。

 

7月には収穫した野菜で、バーべキューです(^^)

2010.06.28佐藤朝文様 インプラント治療

satousama.jpg

【患者さんの声は「実際に治療を受けた人の感想を知りたい」という患者さんの
声から生まれました。

ご登場頂いた患者さんはどの方も快く私どものインタビューを引き受けて下さ
った方ばかりです。

治療中はご苦労をされた方、食事ができずにお困りになった方、いろいろな方
がいらっしゃいます。

いいことばかりではありません。

いいことも、悪いことも、両方知って頂くことが大事なんだと私達は考えて掲
載していました.

ホールページでの医療広告ガイドラインが変更となり,患者さんの声の掲載を
削除しました.

個々の患者の状態等により当然にその感想は異なるものであることから,
「患者等の主観に基づく、治療等の内容又は効果に関する体験談」が広告とし
て取り扱われることになりました.

院内掲示、院内で配布するパンフレット等は今まで通り,広告ではなく情報提
供や広報と解されることから医院にて「患者さんの声」はご覧くださいね】

2010.06.25勢いが見える

今日、ある会社の経営幹部の方が患者さんでお越しになられました。

そして、お声をかけて頂きました。

「吉本歯科医院、勢いがあるのが見えてるよ」

「スタッフの人のスピード感と、活気が見えているよ」

とおっしゃって下さいました(^^)

 

嬉しいなあ。。。。

立派な方に、そういわれるとお尻がこしょまくなるほど嬉しいです。

「嬉しい!!!」と思わず手を握ってしまいましたが

手放しで大喜びしている私の姿もマヌケなのです(--;)

 

誉めてもらえると、犬のようにシッポを振って喜ぶ特徴を知られてしまったのでしょうか???(笑)

 

私も、実は、「勢い」が目に見えるほう、です。

それは人が出している、勢い、です。

その勢いは、暑苦しいものもあれば

さわやかなものも、あります。

さあ、うちはどちらでしょう???

 

ただ、母性型経営を実践することで土壌を整え、その土壌に水や栄養を微調整しながら

育てていくことで、吉本歯科医院は格段に居心地のいい職場になってきた、そう思います。

 

昔は、中にいるだけでどよ~んとした空気でしたし、

何かをやろうとしても、トップの勢いだけで、ふりむくと「あれ?誰もついてきてない」(泣)

状態でしたからね。。。。

もう、元には戻りたくないっ!!!

 

今、吉本歯科医院のスタッフたちは、非常に効率よく時間を使えている、そう思います。

自分のやるべきことが明らかになって

立場を自覚しているので

仕事のスピードがとっても速くなっている、そう思います。

私は、とにかく段取り魔なので、子供の頃から、段取るのが大好き(笑)

段取りがいい人は、とにかく好き、です。

なので、吉本歯科医院の採用も、どうしても段取りが良さそうな人を選んでしまいます。

 

今、吉本歯科医院のスタッフはおそらく何か問題が起こっても、

以前であれば立ち止まっていたのが

問題はチャンスと捉え、すぐに次へ、向かうことができます。

思考がストップしない。

 

これは、人生を生きる上で、実はとても重要なポイントです。

ほとんどの人は何か問題が起こると

また、嫌なことが起こると

そのことに反応し、その場で思考がストップします。

 

長い人なら1週間、1ケ月思考がストップしてしまう人だって、います。

ひどい場合には、もう何年もストップしている場合だって、あるのです。

しばらくぶりに会って話すと

「えっ???まだそこで止まってたの???」とひっくり返りそうになることが、あります(泣)

 

私は、止まっている時間が何よりも苦手、です。

その時間は死んでいるから。

もちろん、「さっ、いまから考えよう」って思考する時間は大好きですが

うだうだ自分の妄想の中だけで、いろいろ考えてドヨ~ンとなる時間が

何よりも苦手。

そういう時は、例外なく私は、動いていません。

体が動いていないので、もちろん脳ミソも動いていません。

心もストップ、です。

 

問題が起こったら、即、動けば、その問題はもうすでに問題解決に向かっています。

そのあたりのことって、本で読んで覚えても

また、◯◯セミナーに行っても、私は行動に変えることは、難しい、そう思います。

これって、体感だから、脳ミソに知識として入れ込んでも無理なんですね。

 

自分を変えていきたいって思ったら、

今やっている仕事をただひたすら段取りよくスピードアップしていくことに

熱中していけばいい、そう思います。

 

そういう意味では、今の吉本歯科医院のスタッフ達は段取り上手ですよ~~。

いろいろ問題がある中で、自分なりに「やりやすい方法」を獲得してきたんだと思います。

進化してるよねって、感じます。

 

受付は受付の立場から

カウンセラーはカウンセラーの立場から

歯科衛生士は歯科衛生士の立場から

それぞれが、進化しちゃっています。

時々話を聞いていないと

「えっ??そんなことになってんの?すごいね~」とついつい

おいてけぼりをくらいそう、です。

 

どんどんスピードが速くなっていって、その動きが流れるように見えていくことで

たぶん「勢い」というものが他人の目に見えるのかも、知れません。

2010.06.25患者さんの金本智恵子様 

【患者さんの声は「実際に治療を受けた人の感想を知りたい」という患者さんの
声から生まれました。

ご登場頂いた患者さんはどの方も快く私どものインタビューを引き受けて下さ
った方ばかりです。

治療中はご苦労をされた方、食事ができずにお困りになった方、いろいろな方
がいらっしゃいます。

いいことばかりではありません。

いいことも、悪いことも、両方知って頂くことが大事なんだと私達は考えて掲
載していました.

ホールページでの医療広告ガイドラインが変更となり,患者さんの声の掲載を
削除しました.

個々の患者の状態等により当然にその感想は異なるものであることから,
「患者等の主観に基づく、治療等の内容又は効果に関する体験談」が広告とし
て取り扱われることになりました.

院内掲示、院内で配布するパンフレット等は今まで通り,広告ではなく情報提
供や広報と解されることから医院にて「患者さんの声」はご覧くださいね】

香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 歯を削る前に知っておきたい7つのこと。メールセミナー全7回 インプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • インプラント治療をする前に患者さん側が確認しておくべき5つのことインプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 合わない痛い総入れ歯でお悩みの方へ固定式入れ歯 インプラントオーバーデンチャー 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 診断が変われば治療は変わる 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 歯の予防 PMTC 歯の定期健診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 働きやすさが自慢の職場 子育て支援 吉本歯科医院 香川 高松
  • オール・オン・フォー All-on-4
  • 吉本歯科医院の「治療の特徴」
  • 歯科医師の採用について
  • newsletter
  • movie
  • 患者さんからのお便り
  • 無料メール相談・お問い合わせフォーム
  • メディア掲載実績・講演依頼
  • 歯科医院の方はこちらをご覧ください
  • 院長ブログ
  • マネージャーブログ
  • カウンセラーブログ
  • コンシェルジュブログ
  • 香川 高松市 吉本歯科医院 コンセプト
  • 当院のインプラント治療の特徴
  • 香川 高松 吉本歯科医院 自覚症状をお持ちの患者様へ
  • 香川 高松 吉本歯科医院 症例 事例

治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!