吉本歯科医院

087-818-1118

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

歯を抜きたくない削りたくない方、薬で治す虫歯治療、歯周病治療、インプラントや入れ歯治療なら咬み合わせ専門歯科の吉本歯科医院。香川県高松市。

香川 高松 吉本歯科医院
治療メニュー
  1. 1)インプラント
  2. 2)薬で治す虫歯・根っこ治療
  3. 3)歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎
  4. 4)削らない治療・接着ブリッジ
  5. 5)マウスピース矯正・
    目立たない矯正
  6. 6)審美歯科・歯を白くする
  7. 7)予防治療PMTC
  8. 8)顎関節症・顎が痛い
  9. 9)金属アレルギー
  10. 10)入れ歯
  11. 11)治療価格
  12. 12)親知らず
  13. 13)噛みあわせ
ホーム > 香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

2011.04.11社内で何が起こってるのか

母性型勉強会で回を重ねているうちに、

また、

いろいろな会で「母性型経営のススメ」のお話を

させて頂いていると、

嬉しいことに、たくさんご質問やご相談を頂くことが増えてきたんです。

 

当院では患者さん対して「無料メール相談」というコーナーを設けているのですが

それはあくまでも「治療の内容について」であったり、「歯のお悩み」であったり

することがほとんど、です。

 

でも、最近は同じ分量で(^^:)社員のことや、女性の活用、といった

テーマのメールを頂くことが多く、ひとつひとつ拝見していくのが

最近の楽しみでも、あるんです。

 

一人の悩みは100人の悩みと言います。

私もそう、思います。

自分だけが悩んでいるようで、実はその悩みをオープンに話をしてみると

「ああ、それそれ、私も同じことで悩んでいた時期あったよ」ということって

山ほど、あります。

 

だから、きっと袋小路に入ってしまっても

きっと誰かが解決の糸口をくれると、思っています。

 

『実はこんなことで困ってるんだ」

ということって、

女であれば、いとも簡単に周囲の人に打ち明けることができます。

相談に乗って~~と、すぐに人に相談したり、

悩みを聞いてもらいたがるのは、どちらかと言えば、「おんな」の方です。

 

男性はその点、

人にもよると思いますが

「誰にも相談しない」

「自分で決める」

「自分で考える」

「自分で解決する」

と思って、問題を抱えたまま一人で悶々としてしまうことが

多いような気がします。

 

男のくせに、すぐに人に相談するなんて

男のくせに、悩みを人に相談するなんて

・・・と、誰にも言われてないけど、きっと自分で自分をそう

思ってしまって、聞けなくなってしまうんだと思います。

 

私は思うのですが、

社長が男性であり、会社の中に女性社員が何人がいるのであれば

その社長は、もう絶対女性社員全員から

「この人、助けてあげようかな」という支えたい気持ちを引き出して欲しいと思います。

・・・、もっといえば、そうでないと、絶対に『損」をします。これ、断言!(笑)

 

社内で今、どんなことが実際に起こっているか、

うちのお客さんはどううちの会社を思ってるのか

その本音の部分って、会社の社長としては知りたいですよね?

 

実体調査を知りたいから、社長はお金をかけていろんな調査をしてみたり

顧客満足度をアンケートとってみたり

するわけなんです。

 

が、しかし、そんなことしなくても

もっと確かなやり方が、あります。

 

社内で何が起こっているかは、そこに毎日いる女性に聞けば、いいんです(^^)

 

「え?どうやって聞くの?」

と返ってきそうです(^^:)

 

今は、どこの会社も「女性の力を活用しなきゃ」って言ってます。

これからは「女性の時代です」なんて、言ってます。

でも、実際のところ、本音の本音は、そんなこと思ってないと私、思うんです。

 

その証拠に、女性の気持ちに焦点を合わせたアクションを取ってる会社や

社長さんは、まだまだ少ない、という実体です。

 

そうはいっても、仕事は男の領域でしょ?

と本当は思ってるし、

女の仕事は、まだ「うちのおんなのこ」という感覚の人も多いです。

 

もったいないなあ、、と思います。

 

吉本歯科医院のカウンセラーの森下は、いつかの勉強会で

こう話をしたことが、あるんです。

 

「上司は、特に男性の上司は、もっと女性スタッフの気持ちをわかろうとすればいいのに。

女性スタッフは、大事にされてるって思ったら、もっと頑張ろうって、すぐにやる気になっちゃうのに」

って。

うんうん、私もそう思う!とぱちぱちしたのですが、

その問題の「大事にされている」と思ってもらえ方が、ひょっとしたら

男性にはわからない部分なのかなあ・・と最近思います。

 

私も男性と話をするとよく食い違うのですが、

女性と話をしていて食い違っていくことって、もうほとんど、ないんです(笑)

それはきっと同じ女なので、共感するポイントや、嫌だと思うポイントが

手に取るように自分のことのようにわかってしまうからだと思います。

 

その点、私は男ではないので

男の人の思考や、頭の中や、行動や、なんでそうくるか?といった意味不明なことには

まったくお手上げです。

最近は、いろいろと教えてもらうので少しは、その不可解な思考や行動が

見えてくるようになったのですが、

関係が近くなればなるほど、「???」は増える一方です(笑)

 

たとえば、女はすぐに泣く、

女性社員に泣かれたらお手上げ!という声ってよく聴きます。

うちの院長も過去のスタッフに、何か言ったらすぐに泣かれてしまい

もうどうしたらいいかわからない状態になってました。

 

女性が泣くことには、実はそんなに深い意味は、ありません(笑)

泣く=感情が溢れてしまう=感情のコントロールができない

というだけなので、泣いて涙を流せばすっきり、ということがほとんど、です。

私も、昔はよく泣いてましたが、

しばらく泣いていると、自分がなんで泣いていたのかも

わからなくなるほど、後はスッキリしています。

 

感動して泣く

とか、

嬉しくて泣く

のは、大歓迎ですが

 

自分が何か相手にしたことによって、相手が泣いてしまった、

そう思うとちょっときついですよね?

これが泣かしたのが男性で、泣かされたのが女性だとしたら

ものすごく自分が悪人に思えてきませんか?

 

でも、違うんです。

女の涙は、そこまで深い意味はありません。

感情豊かな存在だからこそ、感情はしょっちゅう溢れますので

溢れたものが、「涙」なのであって、だからといってあなたを責めているわけじゃあない

ということってほとんど、なんです、

 

女性に泣かれたら

「ああ、今、彼女は感情のコントロールが難しいんだな」と

思うと気がらくになりませんか?

 

物言いがきつかったとか

そういうことであれば、治せばいいので、

ひとしきり泣いた後は、

「言い方がきつかったら、申し訳ない」と謝ればいいんです。

でも、できることとできないことは上司にはあるので

それをスッキリ泣いた後に、きちんと目を見て話をすれば

たいがいのことはまともに話が通じていくはず、です。

 

泣かれたらお手上げに、ならないことって大事です。

 

うちのスタッフ達は、よく泣きます。

感動して泣く

嬉しくって泣く

自分がミスしてくやしくて泣く

そういうことってしょっちゅうです。

 

涙もろい歯科衛生士の田中などは、しょっちゅう目んたまを真っ赤にしています(^^)

 

泣く

ということは

感情が溢れる

ということ、です。

 

わざと泣くのは「×」ですが。。

 

わざと泣いているのは、たちが悪いのでそういう人には早々に退散してもらいましょう(笑)

わざと泣いているのか本気で泣いているのかを見抜くには

中にいる女性に聞けば、いいです。

女は女の涙がうそか本当か、すぐに見抜きますから。

こういう嗅覚って、ものすごいです、女性は。

 

感情が溢れる人って、素敵だと私は思っているので

そういう人しか採用していないわけなのですが

喜ぶことも大きい反面、泣くことも大きいわけです。

泣いて笑って起こって、というのが丸出しになるのが女性の本質です。

 

それを可愛いと思うか

面倒臭いと思うかで大きく違ってくると思います。

 

そういう感情溢れる面をもう完全な長所だ!と認め、尊敬してしまうと

女性はその人のために、一生懸命動いてくれるものだと私は思います。

 

自分にはわからないし

どうなってるか、教えてくれる?

助けてよ~

なんて感じで、素直に聞かれてしまうと

「そう?じゃあ、助けてあげる^^」と妙に「支えてあげてもいいかも?」という

気持ちになってしまうんです。

 

そうじゃない女性もいるとは思いますが

多くは、そうだと思います。

 

女性の視点は、本当にすごいです。

吉本歯科医院でも、ここまでの体制に行き着くまでにスタッフ達の力を存分に

発揮してもらいました。

100%「助けてもらった」と思ってますし、今もそう思っています。

 

当院の院長は男なので当初は

「そうはいっても、自分がやってる」と思っていたようです。

でも、ここ2年ほどは、もう頭の中全部で、「完全に助けてもらってる」と思っています。

心底そう思い始めると、出てくる言葉も本当に変わります。

 

何かしてくれたら

「ありがとうご」

と普通に言ってますし

何か様子がおかしかったら

「どうした?何かあった?」と心底心配しています。

 

それは女性には声をかけましょう、という知識から入ったものではなく

実体験の中で、本当にうちの女性スタッフ達に「助けられた」と思っているから

そうなるんだと思います。

 

 

女は、自分をコントロールしようとする人のことを

瞬時に見抜きます。

支配しようとする人なのかどうなのか?

自分を認め、尊重してくれる人なのかどうなのか?

もうすぐに見抜きます。

 

どういうところで見抜くのか?

と言えば

とっさに出てくる言葉であったり

態度であったり

目つきであったり、します。

 

もし、一瞬でも「この人って支配的」って感じたなら

私であれば、「この人を助けてあげよう」なんて純な気持ちは

湧いてこないです。

 

助けるふりはしますが、実際はしません(笑)

女はそういう生き物、です。

 

心が響かないことには、動かないし、動けないのです。

しんどいから。

心がその気にならないことを無理矢理努力根性でやるのは

難しいんです。

ぶさいくになるし、加齢が進みそうだし、何よりストレスが違います。

 

大好きな人のことを助けるのは楽しいです。

大嫌いな人のことを強制的にサポートしなさい、と言われやらされるのは

拷問に等しいんです。

 

吉本歯科医院では、女性の患者さんが割合として多いです。

それも、50代以降の患者さんが多いです。

こういった年代の女性の方は、視点が本当にするどいなあと私思います。

私達は患者さんといろいろな機会で密なコミュニケーションを取らせていただくのですが

患者さんとのいわば「いどばた会議」で、「ほおお~~~なるほど~~」とうなるような

ことを今までたくさん聞きました。

そういうことって、どんなに内部の人間で会議しても出てこないような

ことだったりするんです。

 

問題はどこか?

どうしたらもっと良くなるのか?

こんなこと、自分で考えるより、聞けばいいんです。

 

聞けば教えてくれます。

特に女性は。

 

男の人が10人集まって会議室で真剣に何時間も考えるより

女の人5~6人集めて甘いものでも食べながらいどばた会議して

チャアチャア話してたほうが、実際に、すんごい情報が飛び出してくること

っていっぱいあります。

 

なぜなら、女性は感覚の生き物なので、

「どうも感じが悪い」

「どうも居心地悪い」

『あの人、どうもダメ」

「この商品、これが使えないよね」

「あそこに、あれを置くなんてありえないよね」

といった細かい部分を本当によく見ています。

 

しかも、その細かさは言語化するのが難しいこと、なんです(笑)

 

「う~ん、何がって言われも困るんだけど、なんとなく居心地悪いのよね~」

「うんうん、わかるわかる、何だろうね~あれ?」

 

なんじゃそりゃ?

という会話なのですが、女性は日々こんな会話を延々しているのです。

とりとめがない、でも、当たってるんです。

 

そういった漠然とした情報を女性から吸い上げるって

重要だと思いませんか?

そしてその吸い上げた情報を追求していくと、問題が明らかになってくるんです。

 

女性は、すべてを自分の感覚を軸に考えます。

客観ができにくいんです。

だからこそ、感覚に対する精度は高いんです。

 

私は、何かおかしいなと感じたことは、まずはスタッフ一人一人に聞いていきます。

「これ、どう思う?」

「このこと、どう感じた?」

「あの人どう、思った?」

 

そうすると、だいたい一貫した回答が出てくるんです。

 

そこで、じゃあどうしようかと考えるのですが、

そうやって導き出された答えのままに決断して

おかしな方向にいったことが、あまりありません。

 

面白いでしょ?

 

スタッフをやる気にさせる

とか、

自分の思うように部下に動いてもらいたい

とか、

いろいろ経営者なら、あると思うんです。

 

でも、男性であればいざしらず

女性社員に限っては、

コントロールしようとしない

ということが鉄則です。

 

それよりも、「自分を助けて欲しい」というスタンスの人に女性の気持ちは集まります。

だって、かわいいし(^^)

 

選挙なんて見てると

そういう女性の気持ちを完全に引き出してしまった候補者などは

す~いすいと行ってしまうように私は見えます。

 

なんで一票入れたのか?

と問われたら

「だって、何か応援してあげないといけないような気がするんだもの」

と、選挙管理委員会に言わせればそれでは困る、というような

答えが返ってきそうですが、多くの人はそうだと思うんです。

 

女性は、そうそう簡単に裏切りません。

なぜなら、気持ちで動きたいと、思っているので

その気持ちを損ねるようなことをしない限り、そんなひどいことを

する人はそうそういません。

 

気持ちのケアをして欲しいんです。

それも、毎日毎日。

怒られてもいいから、ちゃんと見てるよ

あなたのことを大事に思ってる

ちゃんと考えてる

って日々、ケアが欲しいんです。

 

声をかけて欲しいし、何度も見てもらいたいし

できることなら、いいところをいつも誉めて欲しいんです。

 

誉めると叱るは違いますが

今、目の前でしてくれたこと

たとえば、疲れて帰った時に、お疲れ様と声をかけてくれて

お茶を入れてくれた時

「ああ、ありがとう。こうしてくれると本当嬉しい!」と

気持ちを口に出して表現されるとわたしなら、嬉しいです。

 

嬉しいから、また同じ状況の時には同じようにしてあげたくなります。

誉められたことは、何度も何度も繰り返してしまいます。

 

もし、何も言ってくれず、黙ったまま目も合わさず

わたしの入れたお茶を飲み始めたら

「もう入れてやんない」と思います。

 

仕事なら、入れますが、できることなら入れたくないです。

 

お茶ひとつにしても、心をこめて入れたお茶は美味しいけど

「あんにゃろう」と思ってイヤイヤ入れたお茶はまずいです。

どんなにいい茶葉でも(笑)

それは「愛情」というエッセンスが入ってないので

飲めば体も悪くなりそうです(--)

 

女性が

「あ、この人なんか、助けてあげたい」

と思うスイッチ、って些細なことなんです。

 

何気ない一言

何気ない態度

それだけ、です。

 

「ありがとう」「おいしい」「こうしてくれると癒される」

こんな些細なひとことを顔を見て目を見てかけてくれるだけで、

スイッチが入ってしまうんです。

 

とっても簡単!

 

女性活用とか。

難しく考えること、ないんです。

 

日々「助けてもらってるな」という些細な小さなことを

口に出していくだけで、勝手にいい循環に入ってくると思います。

 

おおがかりなことをする必要はまったくなしです。

 

 

そんなことで人が動くなら苦労せんわ!

と言う人に限って、こういう些細なことを絶対しないんです。

一回でもやってみた人は気が付くんです。

 

あれ?なんか僕ちゃんに優しいかも?彼女・・・

 

ということに(笑)

 

女性が求めているものは最終は『共感」です。

自分の気持ちをわかってほしい、です。

結論はいらないんです。

 

そのモヤモヤした心の中を聞いて欲しいんです。

「うん、そう」

「へえ、それで」

「そうだったんや」

聴き上手な男性は、横で聞いているとこうやって女性の話を本当によく聞いてます。

 

ひとしきり聞いた後には、その女性は間違いなく目の前の人のことを

昨日よりは好きになっているはずです。

 

今日の教訓

女性はコントロールしようとするとえらいめに遭う(笑)

2011.04.10誰にどんな仕事をしてもらえるか

やってきました(^^)

SONYの一眼レフカメラ「α」

とっても軽くて使いやすい上に、とってもきれいに撮れるんです。

焦点にピントを合わせて背景は上手にぼやかすというワザがテクニックいらずで

できちゃうこのカメラ、優れものです。

今までも持ち歩いていたカメラはシャッターチャンスが遅いのと

人物がいまいちきれいに撮影できなかったのですが、

このカメラでばっちり、です。

今、スタッフの盗撮しまくってます(笑)

sony.jpg

お花だってこんなにきれいに撮れちゃう

ohana5.jpg

 昨日、ちょうど新しいホームページを作って頂く方に医院に来てもらっていました。

「ねえ、ねえ、見て見て、このカメラ!」と自慢げに見せたところ

「あっ、私とおんなじ!」と(笑)

これで、同じカメラを持っている人、5人目です。

全員女性。

女性に人気なのでしょうか?

 

 

私達は今、毎月一回母性型原理の勉強会を毎月一回国際ホテルで

学ぶ会をしています。

その「母性型原理」ってなんぞや?というお声が多く、

「じゃあ、ホームページ作っちゃおう」と思い、作成に取りかかることにしました。

 

誰に作ってもらおうかなあ・・??

といろいろ考えていた時に、信頼できる人から、「この人」という女性を紹介して

もらいました。

 

昨日で3回目の打ち合わせでしたが、もうほとんどできたも同然!ほど

話がトントントントンと進み、「あ~、スッキリ」という感じです。

 

ああだ、どうだ、ああでもない、こうでもない、という私達の頭の中を

きちんと聞き取り整理し、形にしてきてくれます。

気持ちのいい仕事の仕方、です。

 

素敵な人に会わせてくれてありがとう、と昨日は本人と

会わせてくれた人に改めて感謝しました。

 

先日の上原訓さんと打ち合わせをしている時にも同じような

気持ちのいい感覚を味わったのですが、

共通することは一体なんだろう?と考えてみました。

 

それは、おそらく、仕事は相互の関係で

成り立っている、という考えから私達のスタンスが

はじまっているからなのかな、と思いました。

 

通常、何か仕事を依頼する時

たとえば、今回で言えば、ホームページの作成をお願いする時などは

どちらかと言えばお金を払う側が、立場がえらく、支払われる側が立場がどちらかといえば

下にある、というケースが多くないでしょうか?

 

また、何かものを買おうとした時、

お金を払って買う側が立場が上で、買ってもらう側が立場が下のような。。。。

 

私はまず、何か一緒にいいものを作って欲しいと願う場合には

そのスタンスでは絶対にうまくいかないと常に思っています。

 

ホームページの作成を依頼しましたが、そのホームページが予想以上にいいものに

仕上がるかどうかは、作る人よりも、それを依頼する側の力が大きく関わっていると

思うのです。

 

「よし、この人の想いをどうにか伝えられるようなものを作ってあげよう」

「この人のいうことをもっと聴いてみたい」

そう思ってもらえなければ

出来上がってくるものは、それ相応のものになってしまいます。

 

形にないものを作る人

無から有を作り出す人

いわば、クリエイターと言われる存在の人に何かを作ってもらいたいと

依頼する時

「お金を出すんだから、いいもの作って当たり前」というスタンスでかかって

しまう人が意外にも多い気がします。

 

そういう人は、「業者を使ってやっている」という感覚に近いんだと、思います。

 

しかし、残念ながらもはやそういうスタンスで仕事をしている人には

誰も付いてこない、と思うんです。

お金を出しても、です。

 

だって、面倒くさいし

打ち合わせいくのも面倒くさいし

何より、全部まるなげするような人は、「おまかせする」と言いつつ

かならず文句をつけるから、です。

 

少なくとも、クリエイターと言われる存在の人は

私達素人にはできないような斬新な感覚で、何かを作り出しているわけです。

自分には到底できないから、こういう存在の方にお金を出して

お願いするわけ、です。

つまり、お金を払う側ではあるけど、彼らは自分たちができないことを

やってのける「先生」なわけです。

そういうスタンスをお金を払う側が持てているかどうかで

出来上がってくるものは、違う、そう思います。

 

誰しも自分の能力をきちんと尊敬し、認めてくれる人には

それ以上のものを提供しようと思うもの、です。

 

認めない人には・・・・

適当にやりませんか?普通は・・・・(泣)

 

お金を払えば手に入るものは、形のある商品だけです。

人的な力を発揮してもらわなければ得られないようなものは

その能力を存分に発揮してもらうために

やはり依頼する側に、「引き出す力」がいるんです。

もうこれは、絶対です。

 

これは私達吉本歯科医院が発信している

「患者力のススメ」にも通じること、なんです。

 

患者力とはいわば、お客さん力

いいサービスを受けるのも受け手次第と、いうことです。

 

いい仕事をしてもらうのも、依頼主次第、ということと同じだと思います。

 

信頼してまかせてくれる

嘘をつかない

気使いをしてくれる

情報をきちんと出してくれる

お金の払い方がきちんとしている

そして、最後に

その仕事をしている間にいい気分にさせてくれる

ということ、ってとても大事です。

 

いい気分にさせてくれる

ということは

きちんとコミュニケーションが取れる

ということです。

しかも、心地のいいコミュニケーションです。

 

こういう状況をいつも作ってくれる相手であれば

依頼された側も、能力以上の力を発揮してくれそうじゃないないですか?

 

そういう意味で

私は何か新しいものを買おうと思ったり

何か作成しようとしてお仕事を依頼する人を探している時には

会った瞬間に、「この人好き^^」とインスピレーションで感じない人には

まずお願いしません。

 

なぜなら、一度お仕事をお願いする

ということは、

もしそれがうまくいけば、次回もまた同じ人にお願いしたいから、です。

いちいち、同じことを最初から説明するのは面倒くさいし

いったん、私達のことを深く知ってもらったなら、そこからはもう

あり地獄のようにさらにハマッてもらい、どんどん興味関心をもっていただき

さらにいいものを作ってくれた方が双方にとってもいい関係が築いていけると思います。

 

採用、と全く同じですね。

「この人」という人をひとたび見つけたら絶対離さないと思う(笑)

そして、ずーっとこの人にお願いしようと思って仕事をお願いしはじめると

もちろん関係を大事にしようと思いますよね?

 

関係をずーっと続かせていくには

何が必要か?

それは、リアルなコミュニケーションです。

関係が崩れるのは仕事の内容では、きっとないです。

感情のもつれ、なんです。

こう言ったのに

ちゃんと伝わっていない

こうして欲しいのに

でも、言えない・・・・

こういう微妙な感情のもつれで、「もう面倒くさいから、他の人にお願いしよう」と

なってしまうんです。

 

コミュニケーション上の問題は、コミュニケーション以外で解決することは

できないのですが、残念ながらコミュニケーション上で起こった問題を

「あいつが悪い」で放置して次に行ってしまうケースって多いと思いませんか?

 

それは仕事のシーンだけでなく

普通の人間関係でもまったく同じです。

 

だから、どうも悪~い空気を出しているような人と組んで仕事をしちゃうと

大変です(--:)

そういうオーラを出している人がやってきたら一目散に退散です。私なら。

 

なぜならどんなに提案しているものが素晴らしくても

それをやっている人がどうにも嫌な空気を出しているんだと

したら、私はその人と何度も打ち合わせのために会うのは嫌だから、です。

 

人の空気は確実に伝染します。

自分の大事な人がへこんでて私も一緒にへこむのはまったくOKなのですが

そうでない赤の他人に嫌な空気を伝染されるのは

困ります。

 

その感染したものがまた私の周囲へ伝染しますので

私だけの問題にはならないから、です。

 

何かをしようと、何かお仕事を依頼しよう、誰かと一緒にやろう

と考えた時、

「この人とずーっと一緒にやれるか?」と

いう視点を持つって大事だと思います。

 

人間関係と同じですよね?

 

この場だけ、適当に仲良くしておいて、時期が過ぎれば赤の他人、というスタンスで

付き合うのか

「ああ、いい人と出会った。この人とずっと一緒にしていこう」という意識で付き合うのでは

日々のコミュニケーションの方法もまったく変わってきます。

 

私はどうせなら、「縁があるよね」と思う人とできるだけ一緒に時間を過ごしたいと

思う派です。

なので、吉本歯科医院のスタッフには「出会うべくしてここにきてもらえている」と信じています。

また、そう信じていないと、つまんなくてやってられない、ということも、あるんです。

 

思い方って大事です。

何年も何年もそう思い続けていると、そういう自分の心の中の想いが周囲に勝手に浸透していく瞬間があるんです。

 

以前、当院のカウンセラーの森下がさらっと言ったことが、あるんです。

「わたし、ここでみんながいるのは縁があるんだと思う」って。

 

森下はサラ~っと言っていたので本人は忘れているかもしれません。

でも、私はとっても嬉しかったし

心の中で、「やっぱりそう想う???」と叫んでました(笑)

 

また、受付の松本が新婚旅行から帰ってきた時に

これもまらさら~っと言ってたのですが、

「大学の恩師の先生に出会えたのも、吉本歯科医院にこれたのも

縁だと思います。

この出会いがなかったら、今はないです」

と。

 

それを聴いたときも

『そう思うよね~~~!!」とこれまた

涙がでそうに嬉しかったんです。

 

一人が強くそう思い始めると、みんながそう思ってくるってこと

ってあると思うんです。

黒が多かったオセロがだんだん白が多くなっていくように。

 

 

最初の話に戻りますが、

あらゆる仕事がありますが、

もはや、全ての仕事は、「自分を大事に、尊重してくれる人や場」のところに

優秀な力が集まる、と思います。

 

「業者を使ってやっている」

「合い見積で安いところに決める」

そういう感覚で物事を決めるのは、もうたぶん行き詰まります。

 

関わったお客さん次第でその人の仕事が格上げされることって

世の中いっぱいありますよね。

 

仕事を依頼するほうは自分が選んでいると

思いがち、ですが

実は向こうも選んでいるんです(^^:)

お客さんを。

自分の仕事にふさわしいヒトかどうかを

きっちり見極めている、ということがあります。

そしてそれは若い人ほど、よく見ている傾向がある、と思います。

 

いい仕事を受けてもらえるようなお客さんなのか自分は?

という視点だって、必要です。

 

また、職場の中で、外からやってくる人に対して

「業者だからぞんざいな態度で接している」という姿を社員が見ると

女性社員であれば、もう一発でそのトップを嫌いになります。

 

人は、恐ろしいくらい人を見ています。

私達でいえば、お仕事をお願いした方が、今度立場が変われば

次は吉本歯科医院の大事な患者さんにだってなりうるのです。

 

自分がクレームを言える立場から

今度は相手がクレームを言う立場にいつ変わるか、わかりません。

 

そういう意味で、

日頃が大事です。

 

こういうことって、とっても「母性型原理」な考え方なんです。

ものすごく人生に使えます。

そして仕事にも!

 

新しいホームページの完成が楽しみ、です(^^) 

 

 

■4月母性型勉強会のお知らせ

日時;4月21日(木)午後6時半~8時半

場所:高松国際ホテル

会費:3,000円(食事込み)

お申込は:吉本歯科医院まで info@8181118.com

 

2011.04.07提案の仕方

さきほど、先日このブログでもご紹介した上原訓さんがお越しくださっていました。

https://www.8181118.com/manager/2011/03/post-358.php

今日は当院のPMTC(歯の予防治療)をお受けいただきました。

DSC00132.jpg

この様子は当院のニュースレター5月号でご紹介しようかなと思っています。

 

上原さんとお話していて、「すごいなあ・・・この方は」と驚くことが

今日、ありました。

それは私達の発行しているニュースレター15号までを本当に熟読してくださっており

私達以上に、私達のことを知って下さっているということが

お話をしていて伝わってきました。

 

上原さんには、「面白そうなものを作って欲しい」と、思い切り期待値を上げ

「面白そうなこと」をご提案いただいたのですが、

今日は、きちんと紙にまとて下さったものを拝見して、びっくり(驚)

 

そこまで私達の発信していることをお勉強してくださったんですか?

あの短期間で??

というほど、よく私達のことを知って下さっており

私達の発信していることを

「ようはここがポイントなのよね」という中にいる人間には

絶対にわからないような視点でこざっぱりとまとめて完結にして下さっていたんです。

 

 

私はそれを見て、

「う~ん、やられた」と心地よくノックアウトされてしまったわけ、なのです(笑)

こういう風に、事前にお客さんのことをよく知って、勉強して

何を伝えたいのか、何に困っているのか、じゃあ、どうしましょうか?

ということを的確に語ってくれると

それを受けた側は一気に頭の中がスッキリ、するんです。

 

もやもやしていたものを

「そうそう、それそれ!」と手放せる感じです。

 

上原さんのお仕事の仕方を見て、改めてこうじゃないといけないなあ

と感じます。

 

自分はこうしたい、とう自己主張よりも

まずは、

あなたはこうしたいんですよね?

きっと、そうですよね?

という相手の気持ちやいいたいことをまずは汲み取る

そして自分を知ってもらうよりもまず、相手のことを先によく知ろうとする

 

それってお商売の原則だと思うんです。

 

そして人間関係の基本、です、きっと。

自分のいいたいことだけ言ってる人と話しをするのはかなりきついものがあります。

あなたのことを聞きたい、という雰囲気を醸し出している人の前だと

時間を忘れて思わずうっかり、普段言わないようなことを

打ち明けてしまうものです。

 

また、 

そこまで私達のことを知って下さっているということを知ると

もう私の方は「満足(^^)」なので、

目の前の人の話を十分に聴く体制ができてしまうんです。

 

自分のことを知ってくれている人のことは好きだし

もっといえば、興味や関心を持って知ろうとしてくれている人のことを

嫌いには、なりません。

 

上原さんにお聞きしたんです。

「どうして、そこまで深く勉強して下さったんですか?

あの短期間で・・・・。」

と。

 

すると

「いや~~~、自分の歯のこととと思っちゃうと恐ろしくなって

そうするともっと知りたいって好奇心が湧いてくるんですよ」

なんだそうです。

 

 

好奇心って

すごいですよね。

 

私も、好奇心とまらない人間なのですが、その好奇心が発動するポイントは

結構マニアックな趣味だったり、します(笑)

人様に言えないようなことだったり・・・・・(^^:)

 

こんな上原さんのPMTC(歯の予防治療)初体験だったのですが、

ご覧の通り、上原さんの歯はピカピカ、真っ白。

お越しになる前から真っ白でした。

 

そこまで歯に対して意識が高いのはご自身のお父様の体験を

身近に見てきてから、だそうです。

脳梗塞で倒れられ、口が思うように開かず、歯のケアもほとんどできない

状態になってしまうと、口の中がボロボロになっていく様子を見て

「これはちゃんとしないと恐ろしいことになる」と危機感を持たれたんだそうです。

 

実際、上原さんのような年齢で、そこまで歯に対して高い意識を持たれている

方はまだまだ地方では、少ないのです。

 

上原さんからは

思いもかけないようなリアルなコメントをたくさん頂きましたので

当院のニュースレター5月号では楽しみにしていてくださいね。 

DSC00018.jpg

歯のレントゲンを撮影したものを院長に説明を受けていますが

もうすでに当院のニュースレターやホームページで、「レントゲンの見方」をマスターされている

上原さんは、「ここ、白いですねえ・・」とDR顔負けの診断ぶりです(笑)

DSC00034.jpg

お口の中から採取した口内細菌を顕微鏡でお見せしています。

「ああああ、見ないでえ!恥ずかしい」

思わず画面を隠す上原さん(冗談です^^)

DSC00071.jpg

当院の予防の母、歯科衛生士加島さゆりがお口の中をきれいにしていきます。

DSC00087.jpg

こんなところまでフロス、入ってますか?

私は、たまに加島にメインテナンスをしてもらうと必ずこの歯茎の奥深くから

「マネージャー、いつのねぎですか?これは?ほりゃ」と

フロスにくっついたネギを見せれ反省しています(笑)

DSC00127.jpg

表面もピカピカに磨きます。

 

歯も肌もピカピカの上原さんでした。

これを維持するべく、定期的にメインテナンスをお受けくださいね。

2011.04.06現場こそ、リアル

先日、娘に下から顎を激突され「ガキッ!」ときれいに顎がずれてしまった事故から3日目です(--)

今朝はやっと少しづつ口が開けるようになってきました。

 

表情を動かすとピキーンと右顎の関節が神経に触るように激痛が走るので

笑うに笑えず、表情を動かすこともできず、ろくろく食べ物を食べられず

体のどこかが故障すると、本当、ダメですね。

もう二度とこんな痛い目には遭いたくないので、顎には細心の注意を払おうと

心に決めました(笑)

 

さて、昨日、お客様がお越し下さいました。

先日の経営者の会で知り合った方。

2時にきてくださって、気が付いたらもう子供をお迎えの時間になっていました。

「あれ?もうこんな時間??」と2人で大笑いしたのですが

 

話がどんどん膨らむ

っていう体験って、ありますよね?

 

逆に、どこまでも一方通行って気がする、という体験も(^^:)

 

私は、誰かと会って話をしていて、

「あっという間の時間だったな」

とか

「もうこんな時間?」「もっと話したいよね」

という時の時間が最高のご馳走だと思っています。

 

仕事でどうしようもない場合ならしょうがないけれど

お互い大人で、わざわざ「会って話しましょうね」という時は

やはり、「話に熱中できる時間」を過ごしたいと思います。

 

会話はよくキャッチボールだと言いますが、

まさに、昨日はいいキャッチボールができたと感じたから

「あっという間の時間」だと感じたんだと思います。

 

3時間ちかくエンドレスで話し続けた後、締めくくりは

「なんだか、元気になってきたね」

「あれこれ、こうやってやっていきましょう」

と自分の心模様がとても前向きで、元気になっているのが

わかりました。

 

人間関係って、ほうっておいて勝手にできるものではなく

作っていくんだ、ということを改めて感じます。

それも、本当に気持ち、という部分からの働きかけ次第だと思います。

 

人は、話をしよう、言葉を発しようとするその前に

なんとなく、雰囲気というか「オーラ」を発していると思いませんか?

 

自分に対して心を開いてくれているのか

はたまた、なにやら構えていてまだ心を閉じているのか

 

そういう雰囲気は、もうぱっと会った瞬間に感じてしまいます。

 

それは、『目」に現れると、私はもう確信を持って思っています。

 

目は心の窓、とはよく言ったものです。

 

心の中は見えませんが、目はその心の様子をはっきり表わしています。

 

今日も、私は午前中、少し出かけていたのですが

その時に、ちょっとブルーになるような出来事がありました。

自己嫌悪なのですが、隠し切れない私の中の「ブルー」を早速キャッチした人がもうすでに3人(笑)

 

「あれ?何かあったの?」

「調子悪いん?」

「まだ、顎が痛いんやね・・・」

 

私は普段通りに接して、いつも通りに会話して笑顔だったはずなのに、

普段から見慣れている人には、「いつもと様子が違う」ということを

すぐさまキャッチしてしまうんです。

 

私もうちのスタッフたちの些細な変化にはすぐに気が付きますが

同様に、私もまた些細な変化を感じ取ってもらっているんだな、と改めて思います。

 

私は、職場の雰囲気というのは

そこにいる人間がもの言わずに醸し出している雰囲気の集合だと思っています。

 

雰囲気やイメージ

「なんとなく感じがいい」

とか

「なんとなく心地いい」

とか

「また、行きたい」

といった理屈では言い表せない微妙な感覚、

それが雰囲気です。

 

目には見えない

耳には聞こえない

文章化にしにくいものなので

なかなか「こうだ!」と強く言える人も少ないのではないでしょうか?

 

でも、そこをあえて、文章にしてしまう

これこれこうだから、雰囲気がいいんだ、

この人とこの人がこういう言葉でこういう表情で

こういう態度だから、感じいい、雰囲気がいいんだと

あえて、文章や言葉に出してしまうことって

私は今、とても大事だと思っています。

 

一瞬、「ああ、感じがいいなあ」と思ったことでも、もう10分もして

その場を離れてしまうと、記憶から消えてしまいます。

「なんとなく心地いい」という体感は残りますが

それも時間とともに、消えてしまいがち、です。

 

私達の職場、吉本歯科医院では、日々起こる些細な出来事を

ことこまかく、話をしあったり、言葉や文章で表現する、ということを

日常化しています。

 

語ることは、個人の感情であったり、心模様であったり、します。

 

従来型の職場であれば、そこで働く一人一人の感情に焦点を当てるなんて

「ありえない」ことかもしれません。

 

しかし、私達は、感情を持って日々生きています。

現実に、私も昨日の夕方までは、とってもご機嫌さんだったのに、

今日は午前中に心が沈むことがあり、さっきまではどよ~んとした気分でした。

でも、さっき、お客さんが来てまったく違う話をして、盛り上がったことによって

また気が晴れ、午前中に起こったことを自己反省するまでの心模様にまで

変化しています。

 

そんな自分の心模様の変化をどこかで見ている自分がいるのに

びっくりなのですが、それは少しは大人になっているということでしょうか?(笑)

 

みなさんは、いかがでしょうか?

 

自分の感情が淋しい気持ちになったり

嬉しくて飛び上がりそうになったり

悔しい気持ちになったり

出来事によって、アップダウンがありませんか?

 

あまりにも浮き沈みが激しいとしんどいのですが

ずーっといい気分を維持する

ことも難しいし

ずーっと悪い気分を維持する

ことも難しいです。

 

うんと若い頃は、私自身も青さゆえ、相当ケンケンしていたのですが

最近は、「ま、そういう時もあるか」と深呼吸して気持ちをニュートラルに戻そうと

思えるようになってきたと思っています。

 

ケンカしても、時間が過ぎればまた心が重なるときがあるかも?

とか

何か問題が起こっても、策は必ずある、と思えてしまったり

することって、子供の時にはたぶん無理だったと思うんです。

 

今は、世の中全体が、対極思考というか、二分化思考というか、

そういったこっちか、あっちか、こっちがダメなら、もう先はない

といった

善か悪か

敵か味方か

0点か100点か

勝つか負けるか

というどっちかしかない、という発想がやはり多いと思います。

 

でもそれってどうも

行き詰まってしまう気がします。

 

いい時もあれば、悪い時もある

時によっては善か悪かその真ん中のグレーということだってある

好きな時もありゃあ、嫌いな時もある

ということを許してもらえないような

窮屈な社会、って、しんどいです。

 

いつも100点でないと許してもらえないような

場や人の前だと、いつも緊張していないといけない

気がします。

 

職場はその最たるところだと、私は思います。

今日、調子のいい人もいれば、悪い人もいる。

それを「給料払ってるんだから、いつもベストを尽くせ」と言われると

「そんなこと言われても人間ですし・・・・・」と言い返したくなるのが人というものではないでしょうか。

 

逆に、安心できる土壌を作っておくから、

気持ちよく仕事してね、と心地よい空気があれば

人は言われなくても、イキイキ動くものだと私は思います。

 

仕事だから、笑え!と強制されても

その笑顔は引きつります。

 

要は、勝手に笑顔がほころんでしまうような

状況を先に用意するほうが、お互いがいいと思いませんか?

 

自分のことに置き換え考えてみるとすぐにわかるのですが、

自分から喜んで何かをしようと、動いている時の状態は、気持ちはハイです。

そして、心もなにか嬉しいんです。

 

指示されたから笑って応対している時と

自分がにこやかに笑いかけることで目の前の相手もまた笑ってくれる瞬間の嬉しさを

その身で体験することで、「ああ、自分が気持ちいいんだ」ということを

肌で知るわけです。

 

当院の受付の、松本桃子は、本当にありがたいことに多くの患者さんや

お客様から、「気持ちのいい応対をありがとう」とお褒め下さることが多いのですが

なぜ、そう感じていただけるのか?

と言えば

「やらされてない」から、なんです。

 

松本自身が、「こうした方が私が、気持ちがいい」というしっかりした体感を

自分の中に感じてしまったから、なんです。

 

人は一度、「気持ちいい」という感覚を味わうと

もう「気持ち悪い」という状態が耐えられなくなります。

 

快感を知ると、不快感が堪えられなくなりますよね?

それと、同じです。

 

接遇、ということに対してもまったく同じことだと思うんです。

人との関係ということに対してもまったく同じです。

 

きちんと目を見て、心でしっかりと向き合い、関わることで

得るもの、それは、

「快感」

だと、私は思います。

 

人ときちんと関わっていく、その瞬間だけでも、向き合っていく

という体験を重ねていくことで、

さら~っと表面だけをなぞるだけの関係とはまったく違う深さの

快感を知ってしまうんです。

 

人と繋がっていく、って気持ちのいいことなんだ、

メールや、携帯の世界だけでなく、

リアルな現実の世界で、目の前の人ときちんと目を見て

声を聴き、近い距離で関われていくって、

気持ちのいいことなんだって、知ってしまえば

コミュニティなんて勝手に活性化してしまうと

思いませんか?

 

どんなに便利になっても、やはり最終は人と人は

生身、です。

 

表情を見て

目を見て

声を聴いて

手を取って

その温度を感じて

・・・・・それしかない、と思います。

 

そこが枯渇してくると、バーチャルな関係に濃いものを要求するように

なってしまうのが人間だろうなと私は思っています。

 

その点、サービス業と言われる接客業は、リアルそのもの。

面白いったらありゃしない(^^)

私は何度生まれ変わっても、接客の現場にいたいなあと

思います。

 

現場ほど面白いものはない

そう思います。

 

書いているうちに、また気分が盛り上がってきちゃいました。

 

もうすぐ、高松も本当に春がきそうです。 

botanzakura.jpg

今週はぼたん桜です。

2011.04.04顎が・・・・痛いっ!!(泣)

今朝、事件が起こりました。

子供を抱っこしようとした瞬間、子供が不意打ちに思いっきりジャンプ。

そのジャンプした硬い頭が私の顎に激突!

一瞬「ゴキッ」といういや~な音が・・・・・。

 

なんか、おかしい

なんか、ずれた?

 

と思いつつ保育園に送りに行きました。

保育士の先生に、「おはようございます」と言おうとしたその瞬間

ズッキーン!!!

右の顎に激痛が走りました。

 

口が、開かないんですうう(泣)

 

想像して下さい。

チョコボール1個を食べる程度の口さえ開かない状態です。

 

これが噂に聞く

「顎がはずれた」

「口が開かない」

という顎関節症の重症の症状?と、自分でもかなりショックです。

 

今、こうしているだけでも、ズキズキ痛いんです。

お水を飲もうと少し口を開けるだけでも、カクッと右の顎がずれる音がして

その痛みと言ったらもう・・・・

経験した人しか分りません(泣)

 

吉本歯科医院にも、こういった

顎が痛い

顎がカクカクする

口が開かない

顎がはずれた

口を開けると痛い

といったお悩みを抱えてお越しになる患者さんはたくさんいらっしゃいますが

みなさん、こんな痛みを感じていらっしゃったんですね(><)

知らずに「それはつらいですね」なんて、他人事のように言ってごめんなさい!

これは、痛いです、はっきり言って、はい。

 

あまりのつらさに、院長に

「ちょ、ちょ、ちょっと、すぐなんとかして下さ~い><」と泣きついたところ

「う~ん、無理」と即答(泣)

 

院長の説明によると、もともと顎関節症だったところ、突然の衝撃が加わったことで

関節と関節の間のクッションが「ずれて」しまったんだそう。

 

鎮痛剤を飲んで、まずは冷やし、しばらくして炎症がおさまったところで

マウスピースを装着せよ、とのこと。

 

マウスピース入れるのに口を開けるのも、痛いんですが。。。。。

 

急きょ、顎関節の筋肉を和らげるマイオモニターをスタッフにつけてもらい

現在、治療中です(--)

ああ、つらい

「笑えるギリギリまで笑ってみて」と指示され、ここまで笑ってみました(笑)

口角を上げるのにも必死です。 

gakukansetsu.jpg

gakukansetsusyou2.jpg

口が開かないので、水も飲めない、ご飯だってもちろん食べられません。

今、気がついたのですが、水を飲むにも、ゴックンとなるので

顎の関節が動くんです。

その動く瞬間がこれがまた痛い!

 

飲まず喰わずになりそうです。

 

みなさまも、どうかお気をつけ下さい。

 

間違っても、「私って、顎の骨をカクカク言わすことができるんよ~」なんて

しないように。

・・・・私、面白くて昔はよくやっていました。

その結果が、このざまです。

 

顎のお悩みに関してはこちらを詳しくお読み下さいね。

知れば恐ろしくて、とてもできませんから。。。

 

顎の音がするようになってきた

 https://www.8181118.com/symptom/chin_noise.php

顎の音がしていたのにしなくなってきた

https://www.8181118.com/symptom/chin_nonoise.php

口が開きにくくなってきた

https://www.8181118.com/symptom/hardtoopen.php

 

 

しかし・・・・つらいです(泣)

吉本マネージャー、しばらく笑えませんが、決して機嫌が悪くて笑っていないのでは

ありません。

2011.04.04新枝先生の歓迎会でした

 

先週土曜日の新枝先生の歓迎会の様子です。

お酒のビンが相当空きました(笑)

DSC_3645.jpg

 子供達にもちゃんと御膳が(^^)「えび頂戴よ~~。おにいちゃ~ん」

DSC_3642.jpg

植村技工士、ちょっとすましてます

DSC_3656.jpg

上座に鎮座させられた新枝先生、お隣は加島衛生士&りこちゃん

DSC_3664.jpg

小田衛生士、子供達に、「ちいさいお姉ちゃん、ちょっとおいで~」と呼ばれます。

DSC_3733.jpg

この冬、一度も風邪を引かず、みんなの穴埋めを必死で頑張った田中衛生士!

えらい!

院長より「風邪ひかなかったで賞」を表彰されました(^^)

DSC_3716.jpg

カウンセラー森下とちょっと出来上がってきた田中衛生士

DSC_3688.jpg

加島の長男こうちゃんに、「もっと頑張れよ」と頑張れ札をかけてもらいました(^^:)

DSC_3685.jpg

そう、君も頑張れ!新枝先生

DSC_3672.jpg

きたはらさんとすぎさん。みんなの大好きなおかあさん

DSC_3671.jpg

子供達のおかあさんをしてくれている桂子先生。先生がいると、安心して仕事ができるママです。

DSC_3658.jpg

ママが大好き、りっちゃん 

DSC_3781.jpg

集合写真なんですが・・・・

DSC_3780.jpg

 小学校に入るで賞をもらったりこちゃん

DSC_3774.jpg

すっかり盛り上がった子供達が何かはじめました。

DSC_3747.jpg

先生も、赤い顔。

DSC_3745.jpg

ゲストもご機嫌

DSC_3743.jpg

杉本衛生士も今日は少し飲んでいます。

DSC_3739.jpg

今度小学生になるで賞

DSC_3736.jpg

DSC_3734.jpg

中学生になるで賞 

DSC_3782.jpg

まずは中締めで・・・

DSC_3761.jpg

えびぞり・・・・

 

新しい先生のお披露目も無事終わり、

これから新枝先生の活躍に期待します(笑)

プレッシャーかけてます???

2011.04.02今日はこれから新枝先生の歓迎会です

tsukushi.jpg

朝、机の上にこんなものが・・・・。

つくしですね。

春です。

よく子供の頃、近所の土手のお墓の近くにたくさん生えてたのを

取ってきて祖母に「たまごとじ」にしてもらったのを思い出しました。

つくしが、「土筆」と書くとは知りませんでした。

ご存知でしたか??

 

今日は夕方から、みんなで新枝先生の歓迎会です。

スタッフとその家族、子供達、シルバーさん、技工士の先生総出でおでかけ、です。

 

明日は日曜なので、今日は心置きなくお酒を飲んで(笑)明日は起こされても起きないぞ、と

思っています。

たまには朝寝がしたいのです(--:)

 

今日は子供の保育園の進級式でした。

お天気もよく、気持ちいい朝です。

 

私は子供達が通っているこの「春日保育園」の教育の理念がとても好きで

毎月一回発行されている便りにある文章を読みながら「ああ、本当にその通りだなあ」と

線を引くことがよくあります。

 

そして、そこで書かれていることは、うちの医院の職場環境作りや、患者さんとの関係にも

全て通じるところが、あるんです。

 

今日も配られた用紙の中に「私もまったく同感です!!」と思う文章が

書かれていましたのでご紹介しますね。

 

安心して預けられる保育園をつくるため

 

・・・・苦情ということばは法律として国の方針の中でうたわれていますので

仕方のないことですが、いささか抵抗があります。

各家庭と園が安心してお互いの気持ちや意見を出し合いながら、子供たちを

もっとも良い環境で育てていくことをめざす意味からすると、苦情というよりはむしろ

問題解決ということばがふさわしいと思います。

 

これだけ多くの家庭と子供達、それも多様な価値観を持った方々と職員が一緒になって

子供を見守っていくわけですから、園や職員に対する不満、ことば足らずによる行き違いも

きっとあることでしょう。

 

園に対して意見を言うことはとても勇気のいることです。

それには安心してものが言えるようにみんなの声に謙虚に耳を傾けられるように

職員の資質を高めていかなくてはなりません。

 

家庭と園が批判したり責めあったりするのではなく、できることとできないことをみんなで

考え、みんな理解しあえる関係を大事にしたいものです。

 

許しと信頼がなければ人は安心して過ごせません

みんなで決めたことが共通の目的となり、子供たちを通して大人たちもまたホッとすできるような

コミュニティを作りたいと思います・・・・・続く。。

 

まさに、こういうことを実践しているのがこの春日保育園なので

私は日々、すごいなあ、と思っているのです。

その様子を実際に見て、保護者は、「やっぱりここはいいよね。」と安心できるんです。

 

こういうことって、今はどこの会社でも問題になっている部分だと、思うんです。

話し合いができなかったがために、関係がどこまでももつれ

最悪のケースには「裁判!」なんてことになってしまうってことも

あります。

 

ここにもあるように

安心してものが言えるようにみんなの声に謙虚に耳を傾けられるように

職員の資質を高めていかなくてはなりません。」

ということが、やはり今、一人一人に求められていると思います

 

私もよく、やってしまうんです(泣)

自分のいいたいことだけ言って、主張ばっかりして、人の話を聴かないことが。。。

そういう時は必ず何か相手に嫌な感情を残しているのですが、

相手が「おい、感じ悪いよ!」と言ってくれればいいのですが、

たいがいは、言いませんよね?(--:)

 

人の話はよくよく最後まで聴こう、

まずは聴こう、

何を伝えたいのか、

冷静になって自分の感情をいれずにまず聴く姿勢が本当に大事なんだな

とここの先生達を見ていてそう思います。

私より、ずっとずーっと若いのに、本当に心が練れているわ、と感心ともに

自分を恥じるのでした(><)

 

お互い様なんだから、

という心模様で人と関わることができたら

きっとそんなに問題は起こりませんよね。

 

 

おっと、もう時間になりました。

行ってきますね。

2011.04.01矯正治療を終了された岡田忠大様

okadasama.jpg

【患者さんの声は「実際に治療を受けた人の感想を知りたい」という患者さんの
声から生まれました。

ご登場頂いた患者さんはどの方も快く私どものインタビューを引き受けて下さ
った方ばかりです。

治療中はご苦労をされた方、食事ができずにお困りになった方、いろいろな方
がいらっしゃいます。

いいことばかりではありません。

いいことも、悪いことも、両方知って頂くことが大事なんだと私達は考えて掲
載していました.

ホールページでの医療広告ガイドラインが変更となり,患者さんの声の掲載を
削除しました.

個々の患者の状態等により当然にその感想は異なるものであることから,
「患者等の主観に基づく、治療等の内容又は効果に関する体験談」が広告とし
て取り扱われることになりました.

院内掲示、院内で配布するパンフレット等は今まで通り,広告ではなく情報提
供や広報と解されることから医院にて「患者さんの声」はご覧くださいね】

2011.04.01今日から新しいドクターが入社しました。

niieda.jpg

ご紹介しますね。

吉本歯科医院の新しい仲間、新枝誉志也先生です。

にいえだ よしや、と申します。

「にいえだ先生」と、お声をかけて下さるととっても喜びます(笑)

動物園の新しい動物のようですね・・・・それじゃあ。

これから皆様の前に登場しますので、どうぞ末永くよろしくお願い致します。

niiedatanaka.JPG

歯科衛生士の田中の説明をうんうんと聴く新枝先生

今朝一番、ドキドキ顔で出勤した新枝先生。

院長について治療のアシストをしながら、その後質問攻撃です。

質問が出るということは、問題が明らかな証拠なので院長も朝からやたらご機嫌です。

質問せずにわからないことをそのまま放置し、自己流でやってしまうというのが

最悪のパターンだそうです。

新しい人が入った時、特に代診の若い先生を教育する時に

実は歯医者さんの先生はとっても悩みます。

なぜなら、立場が違うから、です。

 

歯科医師という先生でありながら、組織の中ではチームの一員として

やっていってもらわないといけないから、です。

 

吉本歯科医院は、何よりも「採用」を大事にしています。

少ない人数でやっているので、チームワークが何よりも大事です。

 

チームの和を乱す人は、どんなに優秀でもダメ、です。

さらに言えば、チームの和を乱す人を、「優秀である」とは思いません。

何か特別な能力だけを取り出して、その部分が素晴らしいとしても

人間を相手に私達は生きて仕事をしているわけですので

人への対応がまともにできない、となると、それはもう仕事以前の問題です。

一時期、スタッフや社員の教育を細かいマニュアルにしてその通りに

行動をパターン化していく、というスタイルがはやっていました。

吉本歯科医院にも同じように、「スタッフ教育でお困りではないですか?」という

セミナー案内や、マニュアル本の営業はたくさんやってきました。

それほど、人の教育に関する世の主流はまだまだ、そっち?なんだなあと

思ったほど、です。

 

しかし、こういった「こうなったらこうする」的な出てきた行動に対する指摘を何度もやっていく的な

教育は、私は意味がない、と思っています。

 

たとえば、うちの誰かが、患者さんに対して、とっても失礼な発言をしてしまった、とします。

その発言に対して、「なんでそんなこと言ったの?」と怒ってもしょうがない、と思いませんか?

 

何度も何度も同じようような「信じられないような」行動や発言を繰り返す人に

「なんで、そうするの?こうしなきゃだめでしょ?」と繰り返し言ってもしょうがない、と思いませんか?

 

なぜなら、『信じられないような発言」や「ありえないような行動」をしてしまうその張本人は

まったく「悪いと思っていない」し、「なぜ悪いのかもわからない」のです。

 

つまり、いつもその人はどこででもそういった「信じられないような言葉」や「ありえないような行動」を

起こしてしまうんです。

その人が38歳だとしたら、生まれてからこのかた38年の間、そういった考え方で生きてきて

そういった価値観を持って、過ごしているはずなんです。

 

その全てを表現したのが、とっさに出る「信じられないような言葉」であり、「あり得ない行動」に

なって出てくるんです。

氷山の一角が表に出てきているだけなので、その水面下ごと、まるごとごっそり

変えようとしなくては無理なのです。

私は、人は基本的には変えられないと思っています。

他人が自分を変えようとしても、無理なんです。

自分が変わろう、変わりたいと切に思い、行動を意識的に変える努力を

自分で始めない限り、もう絶対変わらないと思っています。

 

逆に言えば、

自分で変わろうと本気で思えば、あっけなく変わっちゃうとも思います。

強烈な何かがあれば、自分は、すぐに変われます。

 

吉本歯科医院での8年間で私は、人の問題でもう胃がおかしくなるんじゃないかというほど

悩んだ時期もありました。

でも、その時期は今となっては「あってよかった時期」だと思えます。

あの時期がなかったら、今、こうしてのんきにパソコンの前に座ってないなあとも思います(笑)

 

自分がやってきた『明らかな間違い」が自分がやったことなので

本当によくわかるんです。

間違いだったんだ!ということに気がつくと、今度はじゃあ、どうやったらいいのか?

ということが本当によく見えてくるんです。

 

転んでもただじゃ起きないO型みずがめ座の特徴でしょうか?(笑)

どんなことだって肥しにしちゃえと思うのは、過酷な家庭環境のなせるわざ?

そう思えば、親にだって感謝です。

話は戻りますが、

おおかたの会社では、きっと新入社員が入ったら、『教育マニュアル」のようなものが

用意されています。

大きな大きな会社であれば、それでも十分にやっていけるかもしれませんが

うちのように小さい会社?で、少ない人数でやっている場合には、私は「意味がない」と

思っています。

もちろん技術的なことはまったく別の話ですが、

吉本歯科医院にとって、今一番大切なことは、新しく入った先生が一日でもはやく

吉本歯科医院の考え方をその心と身体に沁み込ませてくれること、です。

吉本歯科医院のスタッフたちのように。。

 

あえて言えば、

心の中に、「吉本歯科医院流」という新しい考え方、価値観をインストールしてもらうこと

だと私は思っています。

 

私達は、どんな想いで日々、患者さんに接しているのか

院長はどんな想いでこの治療に当たっているのか、

そういう考え方を同じように共有できる

私達が向かいたい方向はこっちなんだよ、ということを

共有できる

ということが何よりも大事です。

 

少々、荒削りな言い方をしてしまえば、

その心の部分が共有されていたら、出てくる言葉は明らかに、変わります。

行動だって、変わります。

とっさの判断も、変わってくるんです。

 

私は、そういうシーンをこの吉本歯科医院で何度も何度も見ました。

 

スタッフの動きや、とっさの患者さまへの言葉かけなども

私がいちいち細かいマニュアルを作ったり、セミナーに連れて行こうとしていた時には

絶対になかったことが、起こってくるんです。

 

ちょっと拍子抜け、です(--)

 

あんなに考えて、こうやって教育したらうまくいくっていろいろ勉強したのに

なんのこっちゃ??と、拍子抜け(笑)

 

人が安心できる土壌を作り、

その中でこまかやなコミュニケーションをはかり、

・・・それが母性型の考え方です。

 

こういうスタイルに変えて一番良かったのは実は私です(笑)

なにが嬉しいって、本当にスタッフ一人一人のことが好きになっていくから、です。

いつも見ていると、いいとこしか見えにくくなってくるんです。

 

本人が気にしている短所でさえ、客観的に見れば「実は最大の長所」だったりします。

そういうことを本人に気がついてもらえたりすると私は本当に嬉しくなってしまうんです。

 

自分のことって、自分じゃわからないんです。

人が見ている自分の方がよっぽど、自分に近いと思いませんか?

 

だから、人が自分にかけてくれる言葉は、優しくあったかいものが

たくさんたくさん注がれると、その人はもうほっといても、素敵になって

勝手に能力が引き出されていくんです。

 

うちのスタッフたちのいいところは、もはや社風にもなっていますが

「お互いのいいところを誉めあう」ということを無意識にします。

お互いがお互いに配慮しあうので、

日々の診療は本当にスムーズです。

私共の医院を見学に来て下さった方が、おっしゃってくださることがあるんです。

「もっと、厳しくキチキチっとしてるのかと思った。」と。

 

院長の治療が細かく、やる行程も恐ろしく多いせいか、

それを全部こなそうとしたら、もっと厳しい規則を作らないとうまく回らないように

思うそうです。

 

でも、それはまったくの逆なんです。

 

やるべきことが多く、行程がややこしくなればなるほど、

人が出している雰囲気は、和やかでゆったりしている方がスムーズなんです。

 

ドクターと衛生士さんどうしがギスギスしていたら、

どうにもこうにもうまく回っていかないのです。

 

 

吉本歯科医院では、特に教育マニュアルというものを作っていません。

あえて、作りません。

以前作ったのは過去の負の遺産として、倉庫に放り込んでいます。

 

その代わり、どんどん考えてもらいます。

「なぜ?そうするのか?」ということを。

そのために、質問に対する情報はどんどん出します。

吉本歯科医院が発行しているニュースレターは、当院の院長吉本彰夫が書いていますが

大きな目的は患者さんに知って頂くため、ともうひとつ、中にいるスタッフ達に

院長の考えを深く知ってもらうために、あります。

 

そして、私のこのブログもスタッフたちが読んでいます。

「ああ、こんなこと考えているんだ」と知ることで、考えはじめます。

 

吉本歯科医院では、「採用」を何よりも大事にしています。

その「何よりも大事にしている採用」で入ってきてもらった今のスタッフたちは

吉本歯科医院の家族、です。

ひとたび、家族となれば、徹底的に信頼します。

 

信じているので、ルーチンワークのような誰でもできる仕事をするとは

思っていません。

 

あなたがしている今のこの作業は、患者さんの将来こういうことに

繋がっていくんだよ、ということを知ると、価値が分ります。

 

吉本歯科医院が患者さまに提供している治療が

どういう意味があり、どういう価値のものなのか、ということが

本当に中にいる人に分れば、仕事の仕方は明らかに、変わります。

 

モチベーションは・・・・・?

推してしるべしだと思いませんか??

 

どんなことも、外から無理な力を加え、変えようとしてはいけないんです。

「そうしたい」とその気になるような環境、情報をまずは与えなくては

土壌も育ちません。

 

もっと愛をちょうだい

と怒るより、

愛を注ぎたくなるような自分になる

方がはやいと思いませんか?

 

やる気の前に、まずは「その気」にさせる(笑)

禅問答みたいです。

 

まずは、新枝誉志也先生を、どうぞよろしくお願い致します。

2011.03.26インプラント治療(オールオン4)を終了された谷川美智子様

tanigawasama.jpg

 【患者さんの声は「実際に治療を受けた人の感想を知りたい」という患者さんの

声から生まれました。

ご登場頂いた患者さんはどの方も快く私どものインタビューを引き受けて下さ
った方ばかりです。

治療中はご苦労をされた方、食事ができずにお困りになった方、いろいろな方
がいらっしゃいます。

いいことばかりではありません。

いいことも、悪いことも、両方知って頂くことが大事なんだと私達は考えて掲
載していました.

ホールページでの医療広告ガイドラインが変更となり,患者さんの声の掲載を
削除しました.

個々の患者の状態等により当然にその感想は異なるものであることから,
「患者等の主観に基づく、治療等の内容又は効果に関する体験談」が広告とし
て取り扱われることになりました.

院内掲示、院内で配布するパンフレット等は今まで通り,広告ではなく情報提
供や広報と解されることから医院にて「患者さんの声」はご覧くださいね】

香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 歯を削る前に知っておきたい7つのこと。メールセミナー全7回 インプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • インプラント治療をする前に患者さん側が確認しておくべき5つのことインプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 合わない痛い総入れ歯でお悩みの方へ固定式入れ歯 インプラントオーバーデンチャー 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 診断が変われば治療は変わる 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 歯の予防 PMTC 歯の定期健診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 働きやすさが自慢の職場 子育て支援 吉本歯科医院 香川 高松
  • オール・オン・フォー All-on-4
  • 吉本歯科医院の「治療の特徴」
  • 歯科医師の採用について
  • newsletter
  • movie
  • 患者さんからのお便り
  • 無料メール相談・お問い合わせフォーム
  • メディア掲載実績・講演依頼
  • 歯科医院の方はこちらをご覧ください
  • 院長ブログ
  • マネージャーブログ
  • カウンセラーブログ
  • コンシェルジュブログ
  • 香川 高松市 吉本歯科医院 コンセプト
  • 当院のインプラント治療の特徴
  • 香川 高松 吉本歯科医院 自覚症状をお持ちの患者様へ
  • 香川 高松 吉本歯科医院 症例 事例

治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!