吉本歯科医院

087-818-1118

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

歯を抜きたくない削りたくない方、薬で治す虫歯治療、歯周病治療、インプラントや入れ歯治療なら咬み合わせ専門歯科の吉本歯科医院。香川県高松市。

香川 高松 吉本歯科医院
治療メニュー
  1. 1)インプラント
  2. 2)薬で治す虫歯・根っこ治療
  3. 3)歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎
  4. 4)削らない治療・接着ブリッジ
  5. 5)マウスピース矯正・
    目立たない矯正
  6. 6)審美歯科・歯を白くする
  7. 7)予防治療PMTC
  8. 8)顎関節症・顎が痛い
  9. 9)金属アレルギー
  10. 10)入れ歯
  11. 11)治療価格
  12. 12)親知らず
  13. 13)噛みあわせ
ホーム > 香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

2011.06.14夢を見ました

明け方本当に久しぶりに夢を見ました。

ぐるじい・・・・・

といや~な冷や汗をかいて目が覚めました。

首に娘の足が

お腹に息子の足が

のっかっておりました(泣)

 

 

なので目覚めはいまいち、です。

夢はめったに見ません。

だいたいがのびた並みにバタンキューです。

本当に久しぶりです。

 

昔むかしの全然幸福感を感じていなかった頃の夢です。

夢というより回想です。

夢には潜在意識の奥ふか~くで残っていることが

時々ひょんなことで登場するそうです。

 

普段は忘れていて思い出すこともないようなことでも

体内記憶の中ではしっかり残っているものなのでしょうか。

 

あまりにもリアルで、その時の風景や匂いまで

思い出してしまいました

そしてその時の気持ちまで。

 

私は22歳くらいまではほ~んとに

見える世界はいつも灰色なんじゃないか?と思うほど

不機嫌な人でした。

といっても表面的にはいたって愛想のいい人でしたので

きっと誰にもそれはわからなかったと思うのですが

心の中はいつも孤独で淋しくて不安でした。

みなさんはそんな風に感じたことってありませんか?

 

 

両親が仲が悪かった

ということで

家の中は安らぎの場ではなく

いつも家に帰りたくなく

祖父母の家にいる時のほうがほっとしてました。

そんな心模様で学校に行くので

学校も面白いわけはなく

面白くないので勉強もする気はなく・・・・

 

今となっては

大人の事情もよくよく理解できるのですが

子供の頃には家の中の世界や学校の世界がすべて

ですので、

そこでの居場所がない

となると

もはや「死にたなくる」ほどつらい気持ちになるのです。

 

大人になると

あれ?こんな小さなことで悩んでつらかったの?

と普通に思うようなことでも

子供の視界では

見えている世界が全てなので

家とか、学校が

あったかいものでなかった場合には

自分の歩く人生は死ぬまでこんなにも辛く苦しくて淋しいもの

と認識しちゃうもの、なのです。

 

子はかすがい

と言います。

それはどんな親でもそうだと思います。

どんなにお互いがいがみ合っていても

相性が悪いと思っていても

「この子のために」

ということでなんとか調整しようとします。

 

私が小学3年の時の頃です。

その日は夏休みで、やっぱり両親の仲は悪く(--:)

空気が最悪だったので私は

自転車に乗って動物園に行くことにしました。

 

いつものように信号無視をして(苦笑)

わたっていると向こうからすごいスピードの車が!

ボテッ!!(←なんだか鈍い音なんです・・)

思いっきりぶっとばされた私はおそらくかなり飛んだと思います。

夏の熱い道路に叩きつけられて

痛いというより熱かったことしか記憶にありません。

 

打ち所がどこか悪かったのでしょう(笑)

今、その後遺症が出てるのでしょうか???????

 

病院に運ばれて

目が覚めたとき

泣きそうな顔で私のそばで立っている両親の姿がありました。

 

その時に

まず思ったこと。

「お父さんとお母さんががいつもこんなに仲良かったらいいのに」

でした(^^:)

 

痛いとか

死ぬかも

とかよりも

子供のために一致団結して?寄り添ってああだこうだと

話をしている両親の姿に嬉しかったんです。

普段絶対見ませんからね~~~

 

それほど

子供は親の様子がすべてなんです。

別に自分にかまって欲しいとか

そんなことは思わないんです。

 

ただ、悲しそうにしている親の顔を見たくない

いがみ合っている姿を見たくない

汚い言葉でののしりあうのを見たくない

んです。

 

そうはいっても事情がありますので

それはそれで反面教師として

私の肥しにすることにしました。

 

両親が仲が悪いとそれにリンクするように

姑舅との関係もやっぱり悪く

当時同居していた私達一家は

もはや泥沼のような日々でした。

 

自分の力で外に出ることもできない

子供時代には与えられた環境だけが

全てですので

そこで

聴くこと

見えること

が全部、自分の心の中を作ってしまうんです。

 

私達が作る現実は

その人の心の中で思った通りのことが

形になっていますので

灰色な心の中=灰色な現実

が間違いなく出来上がってしまいます。

 

そんなことも

一切わからかなった子供時代

今思い出すだけでも

泣けてきます。

悲しくて。

 

しかし

神様はやはりいると思います。

100の不幸感を味わったら

かならずその反動で

100の幸福感を味わわせてくれるのです。

 

もし私がものすごく

子供時代からハッピーハッピーで満たされていたら

大人になってからこんなに幸福感を味わうことは

なかった

と思うのです。

 

普通の人にとっては

なんでもないこと

あたりまえのこと

でも

私にとっては

ものすごく幸福感を味わえるものなのです。

 

毎晩のように

緊張して怖くて不安になるような

ケンカをしている中にいたので

もうそれがない

というだけで

私は最高に幸せで心穏やかです。

 

朝起きて

子供が寝てて

普通に朝ご飯食べて

仕事に行って

みんなに会って

帰ってきてご飯食べて

お風呂入って

もめることもなく

一日が終る

それも、優しい気持ちのまま一日が終る

 

それだけで

もう本当に幸せ

それがずっと続なんて

そう思うだけで幸せ

 

なんです。

 

超マイナスからのスタートなので

何をもらっても

些細なことでも

なんだかすごく嬉しい気持ちになるのです。

 

これって何か法則があるのでしょうか?

ものすご~く苦労したから

その反動で

楽になった時にものすご~く嬉しいっていう。

 

だから、不幸は悪いもんじゃなく

不幸感を味わわないと幸福感も味わえないものなのかもしれません。

 

死ぬほど拘束され束縛されてたら

その束縛が解けた瞬間に

一気にはじけちゃいますよね?きっと。

どっかーん!!って。

 

吉本歯科医院にしても

私がここにやってきた頃からの数年は

もう地獄のような嫌な空気でした(--:)

私は、ですよ、あくまでも私の内心は。。。

 

でも、その暗い時期があったからこそ

今はその反動です。

思い出したくもないような人間関係のトラブルや問題が

あったからこそ

嫌な想いをたくさんして

人にもたくさんさせたからこそ

間違いがわかった

ということもあるのです。

 

人と仲良くしたい

仲間とうまくやっていきたい

今一緒にいる人とずっと縁を繋いでいきたい

どうしても

そう思ってしまうのは

子供時代に体験したこの不機嫌な時代が土台になっていると

私は今はそう思います。

 

人が強烈に何かを欲しい

と思う時

それはきっと自分にはなかったもの、なんです。

ない

から

欲しい

んです。

 

私はあったかいものが欲しいです。

毎日毎日自分の心の中に

じわ~っとあったかい気持ちになれるような

人との関わりが欲しいです。

 

そのために

マネージャーの仕事もするし

お母さんもします(^^)

 

最終は幸福感は自分一人では作れないんです。

自分ひとりで完結できないんです。

あなたがいて

わたしがいる。

 

心を合わせて何かをやろうと

した時にあったかい気持ちが湧きあがってくるんです。

 

そういうことが現実に起こってるんだ

ということを

吉本歯科医院では見せていきたいし

私自身の残りの人生でもやっていきたいです。

 

最近

親しい人の死が続き

お通夜、告別式の出席率ものすごい、です。私。

焼き場に行って骨になってしまうまでの一連を

じーっと見ていると

人間、ほんとにあっけないなあ

と思います。

先週まで息して話していた人が

こんな小さい骨壷に入るほど

小さい骨になっちゃうの??

と、悲しみを超えて、どこか冷静に見ている私がいます。

 

骨になったあとは

どこに行くかは

わかりません。

 

でも、ここでとりあえず終了!打ち止め!だとしたら

やっぱり考えます。

私は自分が何が一番欲しくて

何が大事なのか

を考えはじめてしまうんです。

 

35歳まではそんなこと考えませんでしたよ~~~(笑)

35歳から38歳までの間に

一体何があったんでしょうね???

 

価値観がまったく変わってしまったんです。

みなさんは、

いかがですか?

2011.06.13道をひらけ!

さっき

ちょっとばかし

嬉しいことが!

ありました。

 

当院の最年少歯科衛生士小田裕子です。

昨日本屋さんで

「道をひらく」という本を買ったそうです。

そう、あの有名な本!

 

本を開くと

胸にガンガンくる言葉がたくさん詰まってて

ああ!そうなんだ!そうだったんだ!

と相当な感激を受けたそうな

 

・・・・という話をしてくれました。

michiwohiraku.jpg

嬉しいいいいいいいっ!!!!

 

当院の小田は私にとっては一番心配な存在です。

で、その次が加島、です(笑)

なぜか????

昔の私を見ているようだから・・・・です(--:)

 

 

心配というのは

気にかかる

ということです。

 

悪い意味では、ありません。

 

当院の小田は天真爛漫な人、です。

無邪気で可愛い子犬のようなところがあるのですが

そのあまりにも無邪気なところ

「悪い奴に騙されはしないか!」

「変な壷とか買わされそうにならんか・・・・・」

と、こういう心配があるのです。

 

なにぶんまだ若いので

壁にぶつかってはダメージを受け

そしてまた

壁にぶつかってはダメージを受け

を繰り返すのです。

 

私も20代はその繰り返しでしたので

よくわかるのです。

 

20代の時、どうしようもなく

お先真っ暗で、何をしても迷路の中のような時期が

ありました。

その時に、やけを起こして暴れるのではなく

本屋さんに行ってました。

 

本屋さんに行くと

いろんな人がいいことをたくさん教えてくれる本がたくさん

あったから、です。

その頃から本を読みあさってましたし

本によって救われたことも

たくさん、あります。

 

本は大好きなので

自宅にも実家にも病院にも溢れるほど、あります。

小説が特に好きです。

任侠ものはさらにさらに好き(^^)

 

妄想癖が激しい私は

小説の中に恐ろしく入り込むのです(><)

 

なので

今日、小田の

「本屋に行ってきたんです!」事件?

とっても嬉しかったんです。

 

 

どんなに周囲が心を砕いても

心配しても

道をひらくのは

本人しか、ありません。

 

「ゆうこおお~~~!!こっちへおいで!こっちがえんやから!!」

とどんなに手を引っ張っても

本人がそちらへ

行きたいのだ!

と心底思わなければ

足は一歩も前に進まないのです。

 

人の話を聴いたり

本を読んだり

するということは

自分をいい方向に連れていってくれる

後押しをしてくれるものだと

私は思います。

 

当院の小田の心は

今、いろんないいことを吸収したモードのスポンジのような

状態になっていると思います。

 

素直な人なので

方向を間違えなければ

とてつもなく

素敵な女性に成長していくはず

と私はこっそり、思ってます(^^)

 

私も家に帰って今日はこの本を開いてみようと

思いました。

2011.06.13ほたる

DSC_4893.jpg

先日の土曜日、娘の3歳の誕生日でした。

土曜日ですので子供達は2階で遊んでおり

お昼休みにみんなに歌を歌ってもらって上機嫌の娘です

DSC_4924.jpg

ケーキを分けよう!

と包丁を持ったのはいいが

「面倒臭いからみんなで突きましょう!」

森下の鶴の一声で一斉に突きました!!(笑)

 

皿を出すのも面倒だし

等分に切るのも面倒だし

洗うのも大変だし

みんなで突いた方が美味しいし!

 

こいうことが許されちゃう人ばかりで良かった~~~(汗)

DSC_4930.jpg

いわゆる

わやですわ・・・(←方言です)

というやつですわ。

DSC_4937.jpg

崩れました・・

DSC_4941.jpg

ぐちゃぐちゃですわ

DSC_4942.jpg

ヨッシーもかぶります(^^)

DSC_4946.jpg

まなみちゃんもかぶります(^^)

DSC_4947.jpg

DSC_4951.jpg

おだゆうこ!手を伸ばすが

・・・残念!!

DSC_4958.jpg

 生クリームをねこそぎさらったりっちゃん

 

あっという間に3年かあ・・・

と大きくなった娘を見ながらしみじみ感じました。

 

この子の場合は生まれてから3週間目くらいから

病院に出て仕事していた記憶があり

私が育てた

というより

周囲に育てて頂いた

という気分です。

 

上の息子の時は、

もうどうしたの?

ってくらい細かいことが気になっていたのですが

下の娘になると

「死にゃあせんから大丈夫^^」と

妙に楽観的になっていたせいか

どちらかといえばのびのび育っているように思います。

 

それがいいのか悪いのかは大人になってみないと

わかりません。

 

最近、いろいろな夫婦の姿を見ます。

先日も当院の新枝先生のご両親と食事をした時には

「こんな仲のいい夫婦をはじめてみた!」

というほど、二人が寄り添って見つめ合っててて素敵でした。

そんな夫婦の中で育つ息子は、

なるほど・・・こういう風になるんだなああ・・

と夫婦の様子とリンクさせて息子をイメージしてしまいます(笑)

 

また先日も、ロータリーという会で

素敵な夫婦を見つけました。

70歳くらいのご夫婦。

穏やかで器の大きいご主人と

そのご主人を上手に支えているとっても知的で上品な奥様。

話に惹き込まれました。

 

すごいなあ

と思います。

 

私が育った環境の中には

そういう光景はなかったので

特にそう思うのかもしれません。

きっと

うらやましいんです、私は。

 

もちろん内情はわかりません。

隣の芝生は青くみえるように

中に入ってみるといろいろあるのも、わかります。

 

私も、先日ある患者さんに

「あなたなんて、幸せの渦中にいるようなもんじゃない!」と

サラリ言われました。

 

ちょうど

「どうしよう~~~!!」と目が回っている時だったので

なんでじゃ~~~!!!(怒)

とひっくり返りそうになったのですが。

 

 

断片的に見えている部分だけを見ると

そう見えてしまうこともあるんだと思います。

 

そう、

隣の芝生は青く見えるのです

 

 

しかし、一歩入ると

もちろんいろいろ、あるのです(笑)

悩みもあり

文句もあり

困ったこともあり

なんでやねん!!

と思うこともあり

 

1個解決したら

また1個

というように

問題がない時は一瞬もなく

そのつどそのつど

向き合っていくしか

ないんだと思います。

 

最近いろいろな方と

じっくりお話をする機会が多く

「え?こんな方でも、そんなことを乗り越えてきて今がこうなんだ」

「こんなにいつも穏やかで笑顔なのに、そんなに大変なことを抱えていらっしゃるんだ」

ということに気が付きます。

 

 

自分の心の中でどんなことが起こっていても

自分できちんとおさめ、整え、

そして人には優しく接する

これって

大人じゃないとできません。

 

私は

まだまだ

です。。。(--)

 

 

そうそう

土曜の夜は

塩江の奥まで車を走らせ(何台も車を連ね・・・)

ほたる

見に行ってきましたよ(^^)

hotaru.jpg 

川にたくさん

ぽーん、ぽーん、って飛んでました。

なんともいえないこの光景

写真で写せなかったのが残念!

 

ほたるを追いかけてどんどん山の奥へ

入っていく途中がなんだかとっても良かったのです。

懐かしい気持ちになりました。

 

山のにおいが

湿った川の空気のにおいが

においフェチには

たまりません(笑)

 

子供時代に一気にタイムスリップです。

 

こんな光景が普段の生活の中で

見られるのはもはや地方だけですね、きっと。

 

ほたる

ぜひ見に行って下さいね。

2011.06.10ラブレター

今朝当院の患者さんにお手紙を頂きました。

素敵な女性の患者さん。

「ラブレター書いてきたの(^^)」と可愛い笑顔でお話されるその人。

 

ぎっしり4枚封書に私達のことを書いてくださっており

私はそれを読んでまるでお母さんに誉めらているような気分になってしまいました(^^:)

 

私は基本的にオンナの人が好きです。

もちろんオトコの人も大好きですが。。。。。(笑)

特に50代以降のオンナの人が大好きです。

困った時に心をすぐにあたためてくれるのはいつも近くにいるオンナの人だからかもしれません。

 

 

そして

受け入れ度量がまったく違うから、です。

 

 

私は知りたがりの行きたがりで話したがりなので、基本的にはお誘いいただく会には

だいたい行きます。

 

その時に男性が多い会と

女性が多い会では

もうまったく雰囲気が違うのです

 

それはもう赤と黒ほど

天と地ほどの違いです(><)

 

女性が仕切っている会に行くと

まず会場に入る前の空気から、違うのです。

 

受付をしているあたりで女性がたむろしていると

パッと新しい人が来られたら

「ようこそ!こっちよ!」という言葉なしでもどうぞどうぞ!

という空気をみんなが出しているので

新参者でも、入っていきやすいのです。

 

これはある程度の年齢を重ねている女性達の話です。

若い女性が集まる会に行くとこうはなりません(泣)

 

まずは

新しい人を

受け入れてあげよう

緊張しているだろうから話しかけてあげよう

という暗黙の空気が、あるのです。

 

そして、そういう女性の集まる会で

お話をさせて頂くと

もう本当に1時間なんてあっという間に過ぎると感じるほど

いい気分で過ごさせてくれてしまうのです。

 

人の前で話をすると気がつくのですが

話を聞いてくれている側の視線が自分をちゃんと見てくれていたり

あいづちを「うんうん」と打ってくださっているのが目に見えてわかったりすると

マイクから通る声が違うような気が、私はします。

 

声がよく通る

というか

どんどん想いが溢れてくるというか。。。。

 

それに対して

自分が話していても

後ろを向いている人がいたり

まったく目が合わない人がいると

気持ちが乗ってこないせいか、

想いも湧き上がってこないので

なかなか声も通らなくなってくるのです。

 

話をしようとする側と

話を聞いてあげようという側と

その心がばっちり合った時

その時間は「たいくつな時間」から「あっという間の恍惚の時間」に

変わると

私は思います。

 

私は今までそういう体験を何度もしました。

しょうもないなあ

と思って聴くか

一生懸命聴こうと

耳を傾け心を傾けるか

で味わう感覚が全く違ってくるんです。

 

どうせ同じ時間を過ごすなら

しょうもない時間にするより

面白い時間にするほうがはるかにいいです。

 

人生はお一人様一回限りですし。。。。

 

・・・ということを肌で感じ

無意識のうちに体現しちゃってるのが

50代以降のオンナの人だと思います(全てとは言いませんが)

 

誰がきても

まずは聴いてあげよ

受け入れてあげよう

こちらから話しかけてあげよう

という雰囲気を持っている人の前では

誰だって居心地がいいので

そばに寄っていきやすくなります。

 

あなたのそばにもいませんか?

そういうオンナの人が。

安心できる存在が。

お母さんのように受け入れてくれる存在が。

 

 

目が合う人と一緒にいると

疲れることはあんまりないです。

 

目が合わない関係

目をあわさなくても完結できる関係の人や場に

長くいると私はどっと疲れます。

 

私がなぜ吉本歯科医院の職場の中でいると

エネルギー充電できるのかなあ?とふと考えた時

 

それは

ここにいる人みんなが

きちんと私と目を合わせてくれるから

なんです。

 

 

大事なことは

顔を見て

目を見て

その時その場で

話ができるからだ

と思います。

 

人との関係は

そんなにややこしいものでは、ありません。

 

文明の利器がありすぎると

きっと

ややこしくなるのです。

 

私達は血が通った生身の人間です。

目を見て、呼吸が聴こえる距離で

肌のあたたかさが感じられる近さで

話ができる関係があれば

人はそんなに疲れることは、ないのです。

 

うちの子はもうすぐ3歳と6歳です。

子供は笑っちゃうくらいまっすぐに大人を見つめます。

この目、です。

きっと。

本当に心の中に何の先入観もないので

まっすぐ直球ど真ん中なのです。

 

だから

可愛い

だから

いとおしい

のです。

 

大人になると

誰も言ってはくれませんよね。

 

「あんた、目が濁ってるよ・・」なんて(泣)

 

目は隠せない器官です。

心の窓とはよく言ったもの。

人の心の中が全部丸見えなのです。

 

さあ、私の目はどうだ????(泣)

2011.06.096月ニュースレターできました(VOL18)

6月号ニュースレターが刷り上ってきました。

今回はなんとオールカラー。

歯のメインテナンスのニュアンスをお伝えするにはどうしてもカラーでないと

難しく、思い切ってカラーにしちゃいました。

一度カラーにすると、ずっとカラーがいいわ、と思うのですが

高いので一年に一回だけにしときます(泣)

いつか毎号フルカラーでいけますように。。。。。。。応援して下さい!

DSC01348.jpg

うちの可愛い歯科衛生士子ちゃん達(^^)

嫁入り前の大事な大事な娘達。

当院院長、目ん球に入れても痛くないほど可愛いらしいです。

 

誰にもやらんぞ!と思いつつ、うちの子を大事にしてくれそうないい男をいつも

探している私です(笑)

うるさい小姑がもれなくついてきます

(そう、それは私のこと・・・ーー:)

DSC01350.jpg

今回から始めた新しいコーナーもあり

思いがけない素敵な患者さんの登場もあり

盛りだくさんの内容となってます。

 

どんだけ読ます気???

うっとおしがらずどうぞ読んで下さいね(苦笑)

 

今日は朝一番の患者さんがなんと大きなお鍋を抱えて治療にやってきてくださいました。

鍋ですよ、鍋

DSC01351.jpg 

スタッフの人数分のお弁当つきです。

 

身体にいいモノをしっかり食べなさい

とのこと

嬉しいです(泣)

ロクなものを食べていないと推察されてしまったのでしょうか???

正解!!

 

お昼休みにみんなで頂きます。

ねぎまで刻んで持ってきてくださいましたからね~~。

 

こういうにっぽんのおかあちゃんが

まだまだたくさんいるのですよ、この国には!

あっぱれ!

 

吉本歯科医院の「歯医者さんしか知らない歯を失わないためのお話」ニュースレターは

読むだけで寿命がのびる

がコンセプトです。

 

そんなアホな・・とお思いですか?

でも、本当なんですよ。

正しい知識は身を助ける、のです。

 

どうぞ知って下さい。本当のことを。

お問い合わせ、バックナンバーのお申込は

吉本歯科医院まで info@8181118.com

2011.06.08写真って隠せないんですよ・・・・目が(笑)

ところでみなさん、最近カメラで撮った写真って現像してますか?

その昔は「写るんです」という使い捨てカメラは駅にでも公園でも動物園でも

どこででも売ってたのですが。

 

デジタルカメラになってからというものすっかり現像ということをしなくなりましたよね。

私もそういえば、子供の写真もパソコンの中にデータとしてあるだけ、です。

 

データが飛んだらおじゃん、というやつですね(泣)

 

そんな中、私は昨日諸事情があり、写真館に行ってばっちり写真を撮ってもらいました。

古馬場にどで~んと立つ立派な建物、カガワ写真館です。

 

こちらはカメラマンの香川祐一郎さん(^^) 

kagawasan.JPG

写真っていいですよ~。

それも写真館できちんと撮ってもらうっていいですよ~。

 

香川さんの写真館にはたくさんの写真が飾ってあります。

家族の節目の写真

子供の成長の写真

仲間同士の写真

 

ある家族がたしか17~8年間の間、一年に一回写真を撮影しているものが

飾ってありました。

子供達は成長し

親達は老いていき・・・

人の一生というものをその家族写真は伝えてくるように思いました。

 

私の家にも、ひいばあちゃんやひいじいちゃんの頃から残っている写真の数々が

あります。

ふる~い白黒のものなのですが、これがまた味があっていいのです。

 

データ保存するのももちろんいいけど

こうやって手元に写真として残ってるというのもまたいいものです。

 

また、昨日改めて思ったことが、あります。

それは

もちは餅屋に!

です(笑)

 

自分を何か外に向かって表現する人というのは

まずは「見た目」が大事です。

いやいや、中身でしょう。

と思いたいところですが

まずは情報を先に取り入れられてしまう今の社会では

「私はこんな人です」

というイメージをどれだけ素敵にいいものに、好感度の持てるように

伝えられるか、というのは実はとっても重要なこと。

 

プロフィール写真や、たとえば履歴書の写真などが

適当にそのへんで撮影したものであれば

実際にその人がとても奥行きがあって素晴らしい人だとしても

パッと見た印象で「どうもいかんなあ~」と印象付けられてしまうとしたら

もったいないと思いませんか?

 

写真って、実はとても大事です。

どんな風に「見せたいか」というところにまで意識がいってると

自分を表現する写真もまた違うものになってきますよね。

 

写真はたくさん撮ってもらった中からお気に入りを何枚か選びます。

写真は撮る方と撮られる方が心打ち解けて「素」になれれば

いい写真が撮れるように思います。

 

意識している時の目

緊張している時の目

良く見せようとしている時の目

っていうのは

写真って隠せないものなのですよ・・・・・(泣)

 

目は口ほどにモノを言います。

 

ほんっとに目にはその人の状態がぜん~んぶ出ちゃうものなのですね。

そして写真というものは見事にそれを包み隠さず表わしてしまうものなのです。

おお、恐ろしい(--)

 

1000枚くらい撮っても

自分が納得いくような「お気に入り」の写真というのはたぶん1~2枚だろうと思います。

 

それが素の表情を引き出せるプロのカメラマンであれば

かなりの確率でいい「顔」を撮ってもらえるんです。

最初にわずかの投資は必要ですが

その費用対効果を考えれば十分すぎるほどのおつりがくるでしょう(笑)

 

今度は日曜日に中央公園で子供を撮ってもらうことにしました(^^)

通常よりかなりお得な料金で撮影してくれる毎年の恒例企画だそう。

 

なんでも最近は「遺影」の写真を撮影に来られる方が多いんですって(^^:)

早速母に薦めましたところ「殺す気?」とにらまれました(笑)

 

2011.06.07親知らずって抜いた方がいいんですか?

https://www.youtube.com/watch?v=CrTvHSGAZxo&feature=youtu.be

 

親知らずって抜いた方がいいんですか?

親知らずは痛くないなら抜かなくてもいいんじゃない?

親知らずはおいておけば歯がなくなった時に使えるかも?

親知らずっておいておくとどうなるの?

 

吉本歯科医院にお寄せいただくご相談の中でとても多いテーマです。

 

親知らずに関しては当院院長も

親知らずに関しての吉本歯科医院の考え方

https://www.8181118.com/director/2009/12/post-21.php

をご紹介しています。

 

また、当院にお越しくださった患者さまならきっと

「ああ、私も同じだわ」と思い出して下さる方も多いかと思うのですが

 

前歯が飛び出てきた

奥歯が痛い

歯並びが崩れてきた

奥歯の歯茎が腫れて痛い

顎がいたい

顎がかくかくする

 

という症状で初診にお越しになったのに

なんとそれは

「親知らずが悪さをしていた!」

ということが、あるのです。

 

実際私も5年前に下の親知らずをごっそり抜きました。

原因不明の顎の痛み

奥歯の歯茎がやたら腫れる

という症状が消えました。

 

また、もともと口が大きく開かない方だったのですが

親知らずを抜いてからは

マックのビッグマックだってかぶりつけちゃうほど口が開いちゃいます(笑)

なのでいつも大口を開けて笑っているのでしょうか?????

 

歯は健康な状態であればお口の中に28本、あります。

親知らずが残っている場合にはプラス4本です。

 

せっかくあるものを抜くなんて

・・・ともったいないと思いますよね?

しかし!!

時代は断舎離(ダンシャリ)ですよ!(←違うか???)

 

人生に不要なものは早々に取り除き

本来のあるべき姿に戻しましょう。

 

・・・・と当院院長の考えを代弁してみました(笑)

 

まずはPVをご覧下さいね!

https://www.youtube.com/watch?v=CrTvHSGAZxo&feature=youtu.be

2011.06.06プチ家族会~新枝家の巻

 土曜日は診療が終った後、当院の歯科医師新枝先生とそのご両親をお招きしての

プチ家族会でした。

はじめてお会いする新枝先生のご両親。

こんな気配りのできる素直な人柄の息子をどうやって育てたのだろう?

と私は興味シンシンででかけました(^^)

DSC01299.jpg

瓦町にある茶寮「藍(らん)」さんです。

DSC01301.jpg

玄関先には打ち水がしてあり涼しい気分になります。

DSC01302.jpg

大きなかもなす!

DSC01307.jpg

子供達も連れて行きました。

おかみさんが子供の「腹おさえ」に小さい小さいおむすびを作ってくれました。

こんなお皿が3つも並びましたが5秒でおむすびは消えました(--:)

「こうやって小さく作ってあげたら子供もよく食べるでしょ?」とおかみさん。

しかし・・・・私にはそんな技はできません(泣)

DSC01309.jpg

蕩けそうなかもなすでした。

横に添えてあるのはなすの皮で作ったきんぴら

DSC01311.jpg

よしや先生は子供達にやたら愛されています。

土曜になるとよしや先生の休憩時間はドクターからシッターに変身なのです(--:)

DSC01321.jpg

満腹食べて、たっぷりしゃべって、たくさん笑った後の集合写真です。

お父さんとよしや先生はそっくりでした。なにもかもが(笑)

DSC01322.jpg

カウンセラーの森下とも話をしていたのですが

とにかく、お父さんとお母さんの仲のいいことったら!

私はこういう家庭に育ってないので、こんなラブラブの両親がいる家庭は

想像もつかず、ただひたすら

いいなあ

うらやましいなあ

と思いました。

 

新枝先生もお父さんもなんとお母さんや妹さんの誕生日や記念日には

かならずケーキとプレゼントを買ってくるそう、です。

それが普通なんですって。

 

お父さんがにこにこ穏やかなので、その雰囲気につられて

家族全員がニコニコしている感じがします。

 

お母さんはとにかく、可愛らしい方でした。

お父さんとお母さんは私が数えただけでのあの3時間半の間に

15回は見つめ合っておりました!

 

とにかく顔をよく見て会話をする家族なのです。

 

私はそういうご両親を見て

なるほど

と妙に納得しました。

 

新枝先生が女性が多い職場の中でも

何の違和感もなく、みんなに溶け込み

そしてみんなに嫌味なく可愛がられてしまうそのわけが。

 

育った環境って本当に大事なんですね。

 

私は大丈夫かしら?

とふと自分の子供達に想いを巡らせてしまいました。

 

どんなに世の中が厳しくなっても

どんなに大変な状況になっても

毎日過ごす「家」の中が

あったかいもので、エネルギーの充電場所で

さらに心のよりどころであれば

人はどれだけ外に向かって頑張っていけることか、と思います。

 

大事なものはすぐそばにある

ということを

新枝一家と過ごすわずかな時間でしたが

感じてしまいました。

 

本当に素敵なご両親。

こんなご両親に育った素敵な新枝先生が私達吉本歯科医院にやってきてくれたこと

本当に幸せだなあと思います。

 

そして、改めて

大事にしなきゃ!と

思った吉本マネージャーなのです。

 

きっとカウンセラーも何か感じているはず、です。

 

不思議なご縁繋がりで私達のところにやってきた新枝先生です。

きっと将来素敵な歯医者さんとして多くの人を幸せにしていくこととなるはずです。

確信!

2011.06.04繋がり

昨日おとといとお通夜&告別式にでかけており

たった2日で一年分の感情を使い果たしたというくらい

泣いたり笑ったりどきどきしたり

心が熱くなったり

淋しくなったり

そして嬉しくなったり

しました。

 

大事な人が亡くなる

ということはもちろん淋しいことです。

 

死んでしまった側の気持ちはわかりません。

でも、残された側にはそれぞれにいろいろな想いを残します。

それがいいとか悪いとかは別にして

 

大事な人が死んでしまった時

家族や濃い関係の人は途方にくれます。

ただ、悲しい

とか淋しい

とかつらい

とか

そういう一言では言い表せないような感情が心の中に渦巻きます。

 

私も父が亡くなった時

なんとも言えない心の中の淋しさを

「一言でどうぞ!」と

言われてもとても言い尽くせない状態でした(--)

 

 

おとといのお通夜には親戚以外にも故人と親しかった人が

たくさんやってきました。

そして残されたもの同士が交流をします。

 

故人にお世話になったもの同士

ということで

私もたくさんの「初めて会った人」と話をしました。

 

お通夜でそんなに盛り上がって大丈夫?というほど

話をしたのですが、きっと湿っぽいよりも明るくしていたほうが

家族は救われるだろう

というやさしい配慮から集まったみんながそうしたんだと思いました。

 

大事な人を亡くした淋しさは同じなので

その思い入れと比例するかのように

いきなり突っ込んだ話ができたり、します。

 

たくさんの人が話をし、思い出話をしたり

普段は会わないような親戚、いとこ同士が交流をする場は

冠婚葬祭くらいかも、しれません。

 

もっと言えば、

結婚式のようなおめでたいシーンよりも

大事な人を失った悲しみわかちあっているお通夜や葬儀の

シーンほど、人と人同士はよけいにつながり合ってしまうものかもしれません。

 

嬉しい時よりも

悲しみにうちひしがれている時に

かけつけてくれた人のことは

生涯忘れられないものなのです。

 

 

実際、私も体験しましたが

普段はめったに連絡も取らないような親戚やいとこ同士が一気にその

絆が強くなったのも誰かの親が亡くなった・・・という時です。

 

自分にとって大切な人が

一人いなくなり、

また一人いなくなり、

そうやってトシをとっていくうちに

どれほど繋がりが大事かということが

身にしみてわかってくるからです。

 

私は20歳くらいまでは家や血の繋がりのある関係がどうも苦手でしたので

どこか関係をうまくやっていくことに抵抗がありました。

また、意味もない、と思っていました。

 

しかし、どんどん歳を重ねていくうちに

自分の親が亡くなった時

自分の家族が病気した時

などに、助けてくれたり

優しくしてくれる関係はやはり本当に大切にしなくては、

と思い始めました。

 

恩を受けていたことをその身になってみて

はじめてわかりました。

子供にはわからないことがきっと山ほどあるのです。

 

なので私は今は遠い親戚でも遠い遠いいとこのまたいとこでも

一度どこかで出会ったなら

仲良くしていたいと思うし、何かあったら助け合える関係を

作っておこうと思います。

 

最近発案した「いとこ会」というのは

やってみるとものすごく面白いものでした。

 

いとこの旦那さんのそのお姉さんとか

いとこの奥さんの兄弟とか

遠い遠い関係でも、何かのきっかけ(法事や葬儀や結婚式や)で

会った縁があるというだけで

いとこ大旅行会とか、開催しちゃいます(^^)

 

吉本歯科医院でも家族会(スタッフの家族含めみんなで交流しちゃいましょう!いう会)

はこの感覚からスタートしました。

ノリはまったく同じです(^^)

 

身内というのは

どこからがどこまでが身内というのでしょうか?

私はうちのスタッフ達も身内だとすっかり思っているので

その境界線は果てしなく薄い、です。

 

日本人は身内意識がすごく強いと言います。

私もそう思います。

ひとたび身内だ、と認識しちゃうと

死ぬまで大事にしたいと思いますし

8割増しくらいでえこひいきしちゃいます(笑)

 

人と人はもっと仲良くなっていいと

私は思います。

私などは、好きだなあこの人!と思う人はみんな自分の家族にしちゃいたいと

思うほど、です。←先方は嫌かも?????(><)

 

血が繋がっていようがなかろうが

もっと深く入りこんじゃって思い入れちゃっていいと

私は思います。

 

人には深く関わると面倒くさい

という一面も、、もちろんあります。

しかし、そういうデメリットを考えたとしても

私は深く関わる方が面白いし、お得だと思います。

 

クールな関係は楽でいいけど

その反面、あっという間に「さようなら」

という淋しい面も、あります。

 

物事にはかならずいい面悪い面があるのです。

 

この人は仕事の関係だから

この人は会社の人だから

この人は一回会っただけだから

 

というよりも

たまたまここで会ったのも運のつき(^^)

袖スリ合うも多生の縁

と考え、

縁あった人とは深く長く付き合っていこうと

決めると

いろんなことがうまくまわっていくような気がします。

ややこしい親戚関係であっても

毛嫌いするより

もっと突っ込んでいけばまた違う世界や

関係が開けてくるものです。

 

人と人とは

思い込みと勘違いと妄想で

関係が成り立っているものです。

 

自分が見たいようにしか見ることはできない

ものですよね?

 

実体なんて実はなく

Aさんが大好きな人もいれば

Aさんが大嫌いな人もいます。

突っ込んで話をしてみれば

意外や意外に素敵な人だった、ということも

人生にはたくさんあります。

 

 

私は38年の人生の中で

「本当に死んじゃうかも?死んじゃってたかも?」

という体験が2回あります。

 

どちらも水難です(泣)

なので私は水が怖いのです(--:)

 

みなさんには

ありますか?

 

死にかけた体験って????

 

私は何か思うとき

すぐこう考えるんです。

 

「どうせあの時死んでたかもしれないし

って(笑)

 

そう思うと

一気にモヤが晴れ

「やっぱ、やっちゃおうっと♪」って

なんでもできそうな気がしてくるんです。

 

やけくそ?理論????

 

ものすごく悩んでいる時に

地面でねっころんで空を見ると

一気に気が晴れるのと同じでしょうか?

 

気がでっかくなるというか

どっちでもよくなるというか

そう

一瞬で

宇宙目線(笑)

 

最近特にこの宇宙目線が登場するのです(^^)

なので足元が見えておらず

現実世界のみなさまには多大なるご迷惑をおかけしているやも?しれません。

 

しかし、それはそれでいいのです。

何かに夢中になってる時は

人は面白いほど人の目が気にならないのです。

そして

人の声も意外に気にならないものなのです。

これ本当、不思議です。

 

今日は土曜日。

なんだかやたらイソガシそうなスタッフの皆様です。

こんなにイソガシそうにしているのに

何の手伝いもできない私、です(--:)

たぶん、ここで一番使えない存在、それが私・・・・。

でも・・・・

それでいいのだ(←バカボン風に!)

 

今日は7時から新枝先生と新枝パパ&ママと食事会です。

「相当カッコイイらしい」

という新枝先生パパだそう。

新枝先生の教育係?カウンセラーの森下と一緒に行きます。

 

どんな方だろう?

とっても楽しみなんです。

 

またご報告しますね。

2011.06.01おか泉

DSC01273.jpg

うちの可愛い歯科衛生士子ちゃんです(^^)

うちの息子に!とやたら声をかけて頂く田中彩夏(左)と

こっそり、診療中に患者さんからラブレターを渡される杉本茉奈美(右)です(笑)

最強のアラフォー世代とは違いマドンナキャラの2人なのです。

 

「ナマ足がきれいね~~~」とすっかりおやじのコメントをする私。。。。。

 

今日は午後から休診なので宇多津の「おか泉」に行ってきました(^^)

DSC01279.jpg

ちょっと大人風のちょっとえらそうな私と加島(^^)その横で可愛い藍ちゃん(←天才的なイラスト作家)

DSC01282.jpg

藍ちゃんにはこれから吉本歯科医院のイラストを担当して頂きます。

ネタをどんどんばらし発想を膨らましてもらっている最中なのです(^^)

DSC01283.jpg

DSC01286.jpg

きたきた!これがひや天おろしですね。えびのしっぽまでが美味しい!

DSC01288.jpg

吉本歯科医院の母性型ドクター新枝先生の横には教育係?のカウンセラー森下が鎮座しております(^^:)

DSC01291.jpg

DSC01294.jpg

うどんを満喫した後は丸亀の知る人ぞ知る「長崎屋」のあげたて手作りドーナツを食べに大移動!

DSC01297.jpg

もうほんっと美味しいんです!

家で作れそうで作れない味。

もう満腹です・・・・・・・。

 

私は明日早朝から下関まで行きます。

子供を連れてえんやこら。。。。。

私の兄のお嫁さんのお父さんが亡くなりました(泣)

関係としてはそんなに近くないかも、しれません。

しかし、私には特別な思い入れのある「おじちゃん」でした。

大好きでした。

つい最近会ったときにはあんなに元気で明るい笑顔で「またね」と言ったのに。

 

今年2月に私の父が亡くなった時、その前後に何度も夫婦で高松に来てくれました。

言葉が話せなくなっていた父のそばにいる私に

「よっしゃ、おっちゃんがお父さんになってやる!」と言ってくれるような

情に溢れる人でした。

父が亡くなった時もすぐに駆けつけてくれて

涙を流してくれ、私達家族のことをずっと気にかけてくれ

なんとか明るくしてあげようとしてくれるような人でした。

私の兄も、自分の父親のように慕っており今はぐったり落ち込んでいます。

 

兄は一気に2人の父を亡くしたんだなあと

思うと余計につらいです。

 

最近、近しい人のお葬式が続きます。

こないだまで、目の前で顔を見て話をしていた人が

もう今はいない

ということに

なんとも言えない淋しさを感じます。

 

誰しも通る道とはいえ

淋しいのです。

 

毎日忙しく動いていると

とか

生きている

とか

そういうことって意識することはありません。

 

でも、ひとたび大事な人が

家族が

親が

友人が

仲間が

いなくなってしまった時

なんとも言葉にしがたい淋しさを感じてしまいます。

 

誰もが通る道とはいえ

香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 歯を削る前に知っておきたい7つのこと。メールセミナー全7回 インプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • インプラント治療をする前に患者さん側が確認しておくべき5つのことインプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 合わない痛い総入れ歯でお悩みの方へ固定式入れ歯 インプラントオーバーデンチャー 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 診断が変われば治療は変わる 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 歯の予防 PMTC 歯の定期健診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 働きやすさが自慢の職場 子育て支援 吉本歯科医院 香川 高松
  • オール・オン・フォー All-on-4
  • 吉本歯科医院の「治療の特徴」
  • 歯科医師の採用について
  • newsletter
  • movie
  • 患者さんからのお便り
  • 無料メール相談・お問い合わせフォーム
  • メディア掲載実績・講演依頼
  • 歯科医院の方はこちらをご覧ください
  • 院長ブログ
  • マネージャーブログ
  • カウンセラーブログ
  • コンシェルジュブログ
  • 香川 高松市 吉本歯科医院 コンセプト
  • 当院のインプラント治療の特徴
  • 香川 高松 吉本歯科医院 自覚症状をお持ちの患者様へ
  • 香川 高松 吉本歯科医院 症例 事例

治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!