吉本歯科医院

087-818-1118

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

歯を抜きたくない削りたくない方、薬で治す虫歯治療、歯周病治療、インプラントや入れ歯治療なら咬み合わせ専門歯科の吉本歯科医院。香川県高松市。

香川 高松 吉本歯科医院
治療メニュー
  1. 1)インプラント
  2. 2)薬で治す虫歯・根っこ治療
  3. 3)歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎
  4. 4)削らない治療・接着ブリッジ
  5. 5)マウスピース矯正・
    目立たない矯正
  6. 6)審美歯科・歯を白くする
  7. 7)予防治療PMTC
  8. 8)顎関節症・顎が痛い
  9. 9)金属アレルギー
  10. 10)入れ歯
  11. 11)治療価格
  12. 12)親知らず
  13. 13)噛みあわせ
ホーム > 香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

2010.07.29職場の雰囲気が

今日は朝から、子供の行事や、父の病院に出す資料などの準備で午前中は

外におでかけをしていました。

暑いな~~っと思いながら医院にたどり着いたのが午前11時半ころ。

ドアを開けた瞬間診療室をパッとみて「あれ?なんか雰囲気がいつになく明るいな」ということを

感じました。

これと言って特に、いつもは暗いとかそういうわけではないのですが、今日は特に

人の醸し出している雰囲気が明らかに違っていました。

う~ん、なんでだろう?

と観察していると、やっぱり。

今日は、院長が朝からとっても機嫌が良い!のです(笑)

もともと機嫌が悪い人ではなく、患者さんにも優しく穏やかな性質なのですが

今日は、朝から何か嬉しいことでもあったのか、とても声高くスタッフと

わいわいと話をしたり、患者さんとすっごく楽しそうに話をしていたり。

 

一体何があったのでしょう?

仕事以外での普段の動向や出来事はほぼノータッチなので(--:)何があったのか

知りませんが、院長が機嫌がいいことは、スタッフみんなにとって実はとっても

いい影響を及ぼすことなので、毎日こうしててくれたらいいのに、とひそかに思いました(笑)

 

トップの機嫌が明らかに悪く、言葉を交わさなくても「俺様に話しかけてくれるな」モードを

醸し出している職場だと、社員は萎縮します。

萎縮しますが、報告しないといけないことは出てくるので、いやいや報告すると

そのいやいやが顔や雰囲気に出てしまい、「なんだ、その顔は?」みたいなことになってしまいがちです。

悪循環ですよね。

 

とにかく、吉本歯科医院では、院長吉本彰夫がいつも安定感を持ってニコニコして

患者さんに接してれている、という状態が最高です。

院長がイライラすると、そのイライラを何とかしようと私までやきもきイライラします。

たぶん。

そうすると、その私の様子を察知したカウンセラーや受付の樋口が

なんとなく、様子のおかしさを感じてちょっとブルーな顔になってきます。

森下や、樋口がブルーになっておとなしくなると、続いて診療室の中でいる

歯科衛生士さんたちにまで伝染して、おとなしくなってしまいます。

それくらい人の感情は伝染するものです。

そして、感情の伝染はやはり、上から流れてくるものに流されるという傾向があります。

 

感情、という目に見えないもの

雰囲気という目に見えないものが

色づけして、目に見えるようになったら面白いのに、と思ったことが、あります。

楽しい気持ちはピンク色で

怒りの感情は灰色で

悲しい寂しい気持ちは青色で

共感してわかちあっている幸せな気持ちはオレンジ色で

嫉妬の感情は、黒色で

とか、誰の目にも見えてしまったら、面白いですよね、こまるか??(--)

 

でも、目には見えないけれど、きっと誰しもわかっているんです。

肌で感じている

「あれ、何かおかしいぞ」「嫌な感じだぞ」ということは。

逆も同じ。

 

自分がどんな感情を出しているか、伝染させているか、

意識して生きてみると楽しくなりますね。

 

今日カウンセラー 森下のブログです

https://www.8181118.com/counsellor/2010/07/post-32.php

思いついたので今日中に書くんですう!!と、昨日遅くまでシコシコパソコンに向かって書いていました。森下の言葉は本当にいつも直球です。

私が欲しい女性像の中に、森下はいつも、います。

そんな存在は身近にいてくれることに、ありがたいな、と思うのです。

 

inouesama.jpg

そうこうしているとお昼休みが終わり、患者さんがお越しになられました。

「ニューヨークの孫のところに行ってきたのよ^^」とお土産を頂きました。

可愛いお孫ちゃんの写真を見せて頂き、一同「かっわいい!!」絶賛。

吉本歯科医院に来て下さって、たくさんの「嬉しそうな顔」「楽しそうな顔」を

見せて下さる人が多ければ多いほど、私は何より嬉しい、です。

2010.07.28気持ちの伝染

今日はひさしぶりに、お昼頃から雨が降っています。

午前中にピーカンに晴れており、その熱気を受けた地面が雨が降ったことによって

なんともいい土の匂いが部屋の中に入ってきております(笑)

匂いマニア、なんです。

 

さて、今日は朝一番に「とみおか内科クリニック」さんに行ってきました。

なぜ行ったか?というと、最近この暑さで時々、くら~~~っと立ちくらみがする時がありました。

たまたま「とみおか内科クリニック」でマネージャー(事務長さん)をやられている素敵な女性が

患者さんで来て下さっており、一度も詳しい検査したことがない、というと

「それは一度はちゃんとしなきゃ駄目ですよ」という話に。

この事務長さんは、いつもクリニックの話や、スタッフの話や、大好きな院長先生のことを

話してくれるので、そんなに素敵なクリニックにはぜひ一度行って見たい!と思っていたところ。

予約をしてもらい、今朝一番に行ってまいりました。

 

明るい雰囲気のクリニックの玄関を開けると、受付から女性3人が一斉にニッコリ。

「おはようございます」と。

第一印象で決めました!では、ありませんが、本当に一瞬の雰囲気って大事です。

待ってくださっていた事務長さんが、「うふふ(^^)いらっしゃい」とにこやかに

応対して下さいます。

 

看護婦さんが待合室に出てきた時も私を見てさりげなく「ニコッ」と微笑んで会釈をしてくれます。

後ろから入ってきたおじいちゃんに優しく話しかけるスタッフの方。

スタッフがたくさんいるにもかかわらず、そのスタッフの方みんなが感じが良く

とにかく「あったかい」感じ。

 

事務長さんに思わず

「すごいですね~。この雰囲気って」とお尋ねすると

「そう言ってもらえると嬉しい~!うちはね、院長先生が、クマみたいにドーンとして、安心感があって

私たちにも、患者さんにも本当に優しいから、みんなのびのびしてるんだと思う」と。

 

その院長先生といえば・・・

クマみたい、の意味がわかりました。

その大きなごっつい手!

きちんと問診して、きちんと触診して、そして昔のお医者さんのようにちゃんとお腹をいろいろ

押してみてくださいます。

今は、パソコンに向かって問診しているだけのお医者さんだって、多いんですが

とみおか先生は、パソコンよりも、患者の顔色、様子、目の色をちゃんと診ようとしている先生。

あったかい大きな手でお腹を押してもらうと、ますますその安心感が伝わってきます。

手で触られるといろいろなことを感じますからね。

すごいなあ、こんな先生いるんだ、と思いましたし、四国中から患者さんが押し寄せてくる

理由もわかる気がしました。

結局、「この先生のところに行ったら信頼できる」というところで人は何度も足を運ぶんでしょう。

 

めったに取らない血を取ってもらって、尿検査をして、あとはう◯ちを持ってきて下さいとのこと(笑)

患者さんの立場で病院に行って、いろいろ見ていると本当に気が付くことが山のようにあります。

また、こんな素敵なクリニックであれば、学ぶものが一杯。

この事務長さん、まだ若い女性です。

でも、相当の数の看護婦さんや、スタッフの方の動きを全て統括されています。

では「バリバリのやり手みたい」なのかと言えば、そんなことはなく

ふんわりとしたとっても女性的な、お母さんのような人。

吉本歯科医院に患者さんとしてお越しくださって診療台に乗っている時は

「ふえ~ん、怖いよ~」と毎回半べそをかいているような可愛い人(^^)

 

どうやって、これだけの専門職の人たちをまとめているんだろう?

しかも、嫌な空気を出さずに

しかも、決して強制的ではなく

 

よ~く見ていると、ものすご~い気配りを、されています、はい。

全体をよ~く見渡して、患者さんの動き、スタッフの動きをよく見ている。

そして気分良く自ら動いてもらうように、細やかな声かけをしています。

決して、ほったらかしではなく、きちんと一人一人と関わっているのが、

待合室の患者席に座っていると、見えるんです。

 

1時間たらずのクリニックでの時間でしたが、クリニックの中で優しく声をかけて下さった方が

とっても印象に残ります。

「次回の予約日が楽しみです」

と、クリニックを後にした私です。

朝一番でこんないい気分になると、今日一日いいことありそうな気がしてきます。

 

 

そして、その後、病院に戻る前に、おなじみ春日水神市場

ここが近くにできてから私は本当によく通っています。

無農薬のお野菜やいろいろな珍しい野菜や果物がいつも豊富にあるんです。

ここににはやはり野菜が中心なので、もぎって洗ってかじるだけという面倒くさがりの私には

ぴったりの晩御飯の元です。

なぜ、ここが好きかというと

こちらも同じくスタッフの方が、誰かしら声をかけてくれるから(笑)

今日は何が美味しいとか

今日はすいかが入ってきたよ

とか、

このレモンはすごいよ

とか、お買い物が楽しいのはもちろんですが、お客さん同士でも会話が弾み

ひとしきり会話をしては、心が軽くなるんです。

私は夕方保育園に子供をお迎えに行った後に寄ることがほとんどなのですが

ここに来て誰かしらに話しかけてもらえると

今日一日がなんとも幸せな日のしめくくりのような気がしてきます。

美味しい試食がいつもたくさんあるもの、嬉しい。

 

スーパーが楽しくなくって、八百屋が楽しいのはたぶんそのあたりなんでしょうね。

この春日水神市場は、私が欲しいものを商品以外にもたくさんくれる大事な場所です。

 

野菜をたくさん食べるようになると、あんまり肉が欲しくなくなるので

体もすっきりします。

いいことづくめ。

いい市場が近くにできた、と本当に喜んでいるのです。

 

市場で野菜を買ってルンルンで病院に戻るとお客様が。

瀬戸内海放送のお二人。

kazuko.jpg

この左の女性は、たまたま吉本歯科医院に患者さんとしてお越しになり、そのキャラクターの素敵さに圧倒、その後、急速に仲良くなった方です。

歩く広告塔のような人。

私が思うに、彼女が語れば、どんなモノでも爆発的に売れてしまいそうな勢いです(笑)

 

彼女と話すとあっという間に時間が過ぎるのですが、今日はいつもまして

彼女と同じような熱い営業の方もお越しで、さらに熱気は増し、

午前中に、すっかりご機嫌でテンションが上がっている私は、ついついまた

調子に乗って話しこんでしまいました。

 

そんなお二人がお持ちくださったのがこちら

美人時計→http://www.bijint.com/

美人時計ってV存知でしょうか?私ははじめて知りました(--:)

でもとっても有名だそうです。

1分ごとに自動で写真が切り替わり、ユーザーに時刻をお知らせ。

その写真が美人ばかり、なんだそう(^^:)

 

その香川版を、瀬戸内海放送がスタートするそうです。

にあたって、美人時計に登場する美女を募集しているそう。

18歳~35歳までの美女は、ぜひご応募、下さい。

香川の美人時計を刻んでくれる女性を180人募集するそうです。

 

この美人時計の詳細は、吉本歯科医院の受付においておりますのでどうぞお持ちください。

また、吉本歯科医院にお越しの患者さんで

「おおっ、美しい」「かわいい!」という妙齢の女性には私がお声をかけさせて頂くかも。

「なんだ、この変な女は??」と思わないで下さいね。

 

人の雰囲気って、その人と会う前に会った人との感情が残っているだって話、ご存知でしょうか?

Aさんに会う前に、Bさんに会っていたとすると、Bさんとの関係が風通しのいいコミュニケーションが

できていたら、その次に会うAさんとパッと会った時に、「あれ、なんかいい感じ」って思われるんだそう。

そういうのってありますよね。

そんなに急に感情は変えられません。

そういう意味で、自分をいい気分にさせてくれる場所や人って大事です。

 

2010.07.27意識をしているんです

昨日、森下と何気なく話をしていたなかで、気が付いたこと。

マ「あれ、そういえば、森下さんって、最近アップダウンないよね~」

森「そうですか?そういわれてみれば・・・」

マ「うんうん、絶対そうそう。だって、ほら、昔はしょっちゅうアップ&ダウンあったよね」

森「確かに昔はそうでしたね・・・・・。

あのね、私は自分のそういうところを分かっているから、意識しているんです。」と。

 

やっぱり、ね、と思ったマネージャーなのです(笑)空気を読めない院長でさえ、「なんか、最近の森下さんてものすごくやりやすいよね」とか

「ものすごく安心できる」とか、言い出すくらいですので、よっぽどの変化です。

すごい!

 

人の印象を変えてしまうほどの何気ない雰囲気ですが

本人がこうやってきちんと意識を自分自身に配っていたんですね。

変化が見えると、その心のなかにある、何かを探ってしまいたがるのが私なのですが

私の予感は的中です(^^)

 

 

いい時はいいけど、ひとたび機嫌が悪くなるとそれも全部顔に出ちゃう人。

いわゆる感情のアップダウンが激しい人っていますよね。

 

「あれ?私、何か悪いことしたっけ?」

「あれ?怒らせたっけ?」

「あれれれ?機嫌悪そう。どうしよう」

と周囲に余計な気を遣わせてしまいます。

 

もちろん感情の起伏が激しいことを否定するのでは、ありません。

感情のふり幅が大きいのは、私は大好きですし、私もかなり大きい方(^^:)

 

いい時は恐ろしくテンションも高く機嫌もいいけど、ある瞬間に一気にトーンダウンして

「何???(怒)」みたいな表情に変わっている人って、います。

「えっ?昨日まで機嫌よかったのに・・・」とこちらもビックリ。

 

 

私も過去の職場にはたくさんいました(泣)

でも、こういう感情のアップダウンがすぐ顔に出てしまう人って、自分もきついけど

そこに巻き込まれる周囲が一番きつかったり、します。

 

感情のアップダウン、もちろん、人間ですので当たり前に、あります。

しかし、それを表に出すかどうか、または表に出てしまっているかどうかは

実はその人の「大人度合い」が関わってきてしまいます。

 

そして、上司からみた時、一番そばで安心できる存在というのは

もうまぎれもなく「感情のアップダウンの少ない人」「落ち着いている人」なんですね。

 

何か突拍子もないようなすんごい能力を発揮してくれるとか

すっごいアイデアを出してくれるとか

とてつもなく美人とか、男前とか

そういうことではないんですね(笑)。

 

一段上のところから、ドーンと落ちついて医院全体を見つめている

そんなイメージが今の森下の心境でしょうか、きっと。

その渦中の中にはまりきって一喜一憂していない、というか

客観的に自分を見つめる視点を確かに持っている森下。

素敵です。

 

先日、ある女性経営者である患者さんから、

「森下さん、ほんっとにキレイになったわね。」とお褒めの言葉を頂きました。

目が本当に肥えている方に言われると私もとっても嬉しくなります。

 

私は思うのですが、30歳近く、あるいはそれになった女性が明らかにキレイになる、というのは

これはもう見た目だけでは、無理です。

内面が伴い、そのことを本人が自覚し、喜びはじめた時になってはじめて

「キレイに」なってくるんだと思います。

それは最近の吉本歯科医院のスタッフたちを見ていて本当にそう思います。

外側はもちろん磨くのは大事ですが、中身の伴わない外磨きは、3日ほどでメッキが剥がれます。

内面からの自信や、気づきがあってはじめて表に表れてくるんですね。

 

一緒に仕事をするシーンで、私が一番気をつけていること

それは、周囲の人に余計な気を遣わさない、ということ。

 

マネージャー機嫌悪いのかな

マネージャーに何かしたっけ?

マネージャーを怒らせたっけ?

 

こんな気を遣わせてしまったら、スタッフは萎縮します。

こういうことって、上司がやりがちです。

会社でも社長や部長、上に立つ人が、その部下に対して、まったくの気遣いがないと

社員はみんな萎縮しちゃいます。

萎縮したら、もちろん疲れますので、いや~な空気といや~な緊張感の中で

一日を過ごさなくてはならなくなります。

そういうのって、とっても心が消耗しますので、結果仕事の効率も下がり

コミュニケーションも上手に取れなくなるので、情報の伝達ミスも起こり

結果、大きな問題や事故に繋がってしまうんですね。

 

そういう意味で、今回の森下の「私、意識しているんです」発言は、よかったなあ。

これを受けて、スタッフがいい影響を受けてくれるだろうなあと思っています。

一人の変化は、みんなの変化に伝染します。

 

そして、仕事において大事なこと。

周囲の人に余計な気を遣わせない、ということですが、

例えば、吉本歯科医院のなかの人全員がそれぞれの仲間に対してこういう

意識を持った時、勝手に「お互いへの気遣い」ができてくると思いませんか?

気遣いをしあえる職場であれば、本当に一日の仕事はスムーズに流れます。

文書やメールや、会議が減ります(笑)

最高の効率化!

 

また、親しき仲にこそ礼儀あり、です。これ、本当。

吉本歯科医院では、スタッフ同士も、敬語です。

言葉を崩すことは、しません。

もちろん、プライベートな時間に、先輩が後輩に対して、普通の言葉になるのは

ありますが、職場の中では、

「失礼いたします」

「お願い致します」

などの言葉は徹底しています。

仕事と言う場で、なれなれしい言葉が飛び交わないというのは、これは

外からお越しになる患者さんに対しての気遣いでも、あります。

外部の方が入ってこられた時に

「えっ、なんしよんな~」

「ちょっと、やっとってよ~」

「ごめんな~」

という言葉が普通に交わされていたとしたら、私ならその医院のあり方を

ちょっと疑いますし、大丈夫かな、と思ってしまいます。

 

上司、部下、先輩、後輩の言葉使いが今は結構崩れています。

言葉が崩れると関係まで一緒に崩れます。

言葉を崩していいのは、うんと年齢をいった人くらいで、若いうちは

きちんとしておいた方が、絶対いいです。

 

意識ひとつで、ここまで変わっていく、という森下について書いてみました(^^)

夏服に変わって、「この制服、下着がすけて困るんです~」と笑っている森下の今日このごろを

書いてみました(笑)

 

 

2010.07.26親知らずを抜いて

https://www.8181118.com/message/2010/05/post-18.php

でご紹介した患者さんの佐藤様が、今日お越し下さいました。

「やっと、親知らず抜いてきたで~」と。

上下3本の親知らずを抜いたので、なんだか牙を抜かれた気分だよ、と(笑)

 

そうそう、院長先生に伝えておいて、と伝言を受けました。

最初に、先生から、「顎がしんどくないですか?口が開きにくくないですか?違和感ないですか?」

言われてたんですが、その時は、特に違和感もなく、「いや、別に感じません」と答えていました。

でも、3本親知らずを抜いてその顎の楽ちんさ、軽さにビックリ。

口が軽いっていうんですか?食欲が出て大変です、とのこと。

 

 

吉本歯科医院にお越しの患者さんで佐藤さんと同じようにおっしゃられる方は

実は本当に多く、かくゆう私マネージャーも親知らずを抜いてから、「顎関節症の症状」が

かなり改善されました。

 

この顎の痛みやだるさが、まさか、親知らずのせいだったなんて!

知りませんよね・・・・そんなこと。

私だって、そんなこと聞いたこともありませんでしたし、最初は

何を言っているんだ?と右から左に抜けていました(--)

 

親知らずに関する記事はこちら

https://www.8181118.com/director/2009/12/post-21.php

https://www.8181118.com/manager/2010/03/post-87.php

 

 

吉本歯科医院のニュースレター9月号ではこの「親知らず」について

取り上げたいと思います。

どうぞお楽しみに

 

 

 

 

2010.07.23女性は太陽だったんですって

余談です。

昨日、夜、遅くまで母と話をしながら、「へ~、それは面白い」という話を聴きました。

私の母は、本に囲まれて暮らしているのか?というほどの本好きです。

そしてその中でも特に好きなのが歴史モノ。

 

その母の父(私の祖父)もまた本好きで、10畳ほどの書斎には何層にもなった本棚には

ぎっしり本が詰まっているようなところでした。

私の子供の頃から、眠る前にお話をしてもらったのは、絵本ではなく、母が話す

歴史ものでした(^^;)

戦国時代の話などは、「もう夜中じゃないか!!」というほど、話しを聞き入ってしまった

経験がよくあります。

徳川家康あたりの修羅場シーンなんて、何度聴いたか。。。。

今、冷静に読んでみれば、相当脚色していましたが、

小学生の子供にとっては、やっぱりドキドキするほど想像が膨らみました。

 

それほど、語り口調に惹き込まれ、子供心に、勝手に空想の世界に入っていったのを

覚えてます。

 

そんな母とはよく話をするのですが、「もともと、女性っていうのは日本では太陽だったのよ、知ってる?」という話題からでした。

日本の縄文時代は、今からさあ、8000年前、弥生時代でも2000年前、その頃の日本の

お話が残っているのは、日本神話です。

その日本の神話、古事記の中では、一説では、日本人が最も理想とする男女関係は

姉と弟の関係である、というんですね。

興味深い話だと思いませんか?

 

姉であるアマテラスオオミカミは、豊饒の象徴であり、その弟であるスサノオノミコトは姉を補佐する

力の象徴です。

この場合は、男性は女性の伴侶ではなく、女性のつかさどる政治の協力者として描かれているんだそうです。

世界中どこを探しても太陽は、男であり、月は女であるとしていますが

ことこの日本だけは違うんです。

全く逆。

アマテラスは女神であり、太陽の象徴。

女を太陽にたとえるのは、この日本だけなんですって。

 

神話は実生活の縮図。

 

日本人が昔から、女ならでは明けぬ国にっぽん、とうたってきたのも

このあたりに根源がありそうです。

 

社会も行き詰まって、家庭も実は行き詰まって、男女の関係も実は行き詰まってきてるとしたら

それこそ、新しい関係を構築することだって、必要かもしれません。

現に、私の周りには、結婚という形態をとっていないけれど、心底コミュニケーションが取れている

いい関係のカップルもたくさん、います。

そして、この神話の中にある、姉と弟の関係のような夫婦も、最近増えてきましたね。

12歳年下の旦那さんと仲良くやっている夫婦もいます。

 

世間一般のパターンからいわゆるはずれている世界の中には、

びっくりするほど居心地のいい関係を築きあっている人たちが結構います。

それは、家庭とか、夫婦とか、仕事とか、生きかたとか、

いろいろなことに対して、とってもおおらかで柔軟な感覚を持っている人です。

そういう中にいると、「あれ?こういうのも意外にありかも?」と

どんどん既成概念がぶち壊されていく快感があります。

 

ところで、自殺者が相変わらず減らない日本のようです。

自殺って、結構表には出てこないので表面化せず、「私の周囲にはいないわ」と思いがちですが

結構、あるそうです。

自殺者がどんどん増えている。

この香川でも大企業の中で働く社員の中にうつ病の数が多かったり、自殺者がでたり

あるんだそう。

それって、どう考えても、社会そのものがいびつな証拠です。

根本的なところが曲がってんだと、思います。

比較、競争、の思考のスパイラルから、それに乗っていけない人は、弱いものとして

こういう社会では扱われます。

そして、力の強いものが力の弱いものを押しつぶす、しかも、物言わず、おしつぶしていく

こんな感じが、どうも嫌です。

 

どんなことがあっても、自分は自分を信じられ、私って大丈夫、えらい、すごい、って自己肯定が

できない、できにくい、社会です。

 

教育現場の先生方も、今、「自分を好きになれない子供が多い」って言います。

そういう先生自身も、実は自分を好きじゃない場合が多い。

さらに、自分を好きじゃない、認められないお母さんが子供を育てると

やっぱり同じように子供を育ててしまいます。

全部繋がっていますので、やっぱり根っこであるところを早々に見直す必要があるんです。

学校でも、家庭でもそれが無理なら、それを職場でやっちゃえ!

というのが吉本歯科医院流です(笑)

人と認め肯定し、励まし育て続ける職場。

理想です。

 

そのまま社会に出て、職場に入って、

今度はもっと厳しい世界です。

職場は仕事なので、甘える場ではない

自分を信じられない、好きになれない、なんて甘ちょろい感情を吐き出す場ではない、

それがきっと今までも、そして今も最も多い職場の形ではないでしょうか。

 

でも、改めて私は今思うことがあります。

人は、自分自身のことを、ある意味、「私って大丈夫、いけてるわ♪」と心底思える人間になった時、

せまってくるあたゆる問題、事件に対して意外にも淡々と対応できていけるもんです。

 

また、逆に、自分のことを心底信じきれない場合は、自分のことが嫌いな場合、

ありとあらゆる諸問題にしょっちゅう巻き込まれ、そのたんびに心が消耗していきます。

そして、些細なことでも、周囲の人をガガガッと巻き込んでしまい、大きな事故になっちゃったりします。

 

ひとたびそうなると、

「私なんて、いなくても」

とか

「私の存在価値はない」

とか、

そんなこと誰も思ってないから~~~!!!(><)というような後ろ向き思考が

自分の中だけではじまってしまいます。

 

これだけ社会がいびつになり、人との関係が希薄になってしまったとしたら

一番必要なのは、いかに自分の心をちゃんと守っていけるか、だと思います。

おかしな方向に走ってしまわないように。

感情がどどど~んと落ち込んでしまているとき、暗い迷路に入っている時

その9割方は、おそらく自滅と、妄想だと思います。

自分で不安をつくりあげ、妄想し、消耗する。

これって、おひとよしの日本人特有らしいです。

根っからの前向き思考な民族ではないのが、日本人だから(笑)

 

そういう意味で、ぼや~っと生きていたら、絶対駄目です。

意識をもって、ちゃんと目を開けて、しっかり生きていないと

あっという間に流されてしまいそう。

そして、おかしくなりそうになったら、自分をニュートラルに戻してくれる存在の人を

いつも確保しておくことって、とても大事です。

それが職場なら、最高です。

 

ここの中にいたら心が病んだりしない。

と思える場所。

この人に会ったら、自分がニュートラルになれる、そういう人。

欲しいですね。

 

そして、元の話に戻ります。

元来、女性は太陽だった。

日本では。

という話。

私はこれを聞いて、「う~ん、なんて素敵(^^)」と心底思いました。

さらに、「やっぱり」とも思いました(笑)

 

それは女性優位とか、女性が強くとかそういう表面的なことではなく

もっと深い心の問題のこと。

 

今、手元にある本にはこんなことが書かれています。

「日本人は自然であることを第一の価値観とした。

女性文化というものは、農村を中心とし、自然を背景とした生産者文化のことである。

すべての人間が共同で生産にたずさわり、そこには階級も、性の差別もなかった。

一方ヨーロッパ的男性文化は、貴族(つまり私有財産の持ち物)が中心であり

都会生活が基本で、直接生産にたずさわる人間は下層である、と階級づけられていた。

これはそっくりそのまま現在に受け継がれている」

 

まさに、その通りですよね。

そしてこの男性文化がどうにもこうにも行き詰まっている。

その結果、その中で働く人がすっかり働く意欲を失ってしまっているんです。

そして今もまだまだ、どんどんその方向へ「それいけ~」状態で進んでいる、そう思います。

 

行くところまで行かないと止まらないのでしょうか?これって?

 

今はどこの職場も社員がとにかく「我慢してしまっている」そんな感じのところが本当に多いです。

「うちの上司は話をきいてくれないから」

「どうせ社員の言うことなんてきかないから」

何度も何度も、向かい合ってもらえなくなると、やっぱり人は口を閉ざします。

 

我慢は美徳でしょうか?

いえいえ、我慢は関係決裂の第一歩です(--)

一見、我慢は美徳のように見えますが、長年たまった不平不満を一気にぶちまけるときは

かならず来ます。

 

かくゆう吉本歯科医院でも、過去に、こういった我慢の不安や怒りを一気に

ぶつけられた時期も、ありました。

でも、社員が怒りをぶつけようと、思うとき、それはもう「もうここを去ろう」と心に決めてからです。

もしくは、もう言わずに去るか、どっちかです。

恋愛と同じですよね。

 

そういう意味でも、職場では「いかにこまめにガス抜きができる状態を作るか」ということが

本当に大事です。

女性はしょっちゅうガス抜き(感情の吐き出し口)が必要です。

それは奥さんがいる男性なら、おわかりになりますよね(笑)

ほうっておいたり、向き合わない時間が長くなればなるほど、怒りを溜め込むのが

悲しいかな、女性のさがですからね(^^:)

 

女性は太陽、なんとなくそんな気がしてきませんか???

2010.07.22充電場所

IMG_2026.JPG

畑で収穫した日曜日の夕暮れ時です。

夏の夜の匂いが、なんともいい風にのってきます。

風って匂うんですね。

ここに居ると、いろんな匂いがします。

IMG_2024.JPG

いつもいつもいろんな農作体験をさせてくれる河西おじさん。

滑り台や、木の戸棚やテーブルなど、「こんなんが欲しいんやけど~」と言うと

「よっしゃよっしゃ」と木を切り、本格的なものを作ってくれます。

さすが、ものすごい木造住宅を建てちゃう方は手わざが違います。

 

夏の収穫祭&バーベーキューをこの暑さの中、企画しようと試み中です。

収穫した野菜をその場で焼いて食べる。

う~ん、贅沢。

どんなサプリメントよりも効きます(笑)

段取り後、予定が決まればお知らせします。

まずは、吉本歯科医院のバーベキューから(笑)※8月7日(土)午後6時決行です。

2010.07.22繋がる

michikosan.jpg

先ほど、吉本歯科医院のニュースレター7月号の「金属アレルギー」について実際に体験談を

語って頂いた佐伯みち子さんの会社にお邪魔してきました。

8月号にもご登場いただくのその原稿の最終校正を頂いていました。

そして、ちょっとお話をしていました。

改めて、素敵な女性に会ったなあ・・と私はしみじみ、感じたのです。

佐伯さんとはよく考えてみれば吉本歯科医院にお越しになられたのが今年の春あたりなので

まだまだ日は浅い、です。

でも、私の感覚としてはもう10年以上長い付き合いをしているかのよう。

 

でも、相性や出会いとはそんなものかもしれません。

何回会っても会っても「なんか遠いなあ」「心が通じないなあ」という人もいます。

でも、会ってすぐに「ピン」ときて、いきなり本質的な話が通じてしまう人も、います。

 

佐伯さんとの出会いは、まさに後者です。

 

吉本歯科医院に患者さんとしてお越しになられ、私たちが発信していること

そして、吉本歯科医院のスタッフの応対を見て、「ここは一体どういうことをしているの?」と

声をかけて下さった方です。

私は、本当に嬉しかった!

その時のことをよく覚えています。

 

私たち吉本歯科医院が目指していること、地方での医療の水準を引き上げるという院長の想い

そして、地方の歯科医院であっても、気配りの徹底を実現したい、ということ。

 

佐伯さんは、私が話す「意識を配る応対を徹底したいんです」という内容の話を

誰よりも早く、キャッチして下さいました。

しかも、心で。

そして、佐伯さんの目指す方向もまた、同じだということを聞いて、これまた私も嬉しくなり(^^)

 

今は、日本全国、いや世界でもこういった日本の文化を見直そうとか、そういう流れがあります。

そしてそんな記事や本もよくでています。

しかし、実際にその「意識を配る」ということを現実にやれているのか、と問えば

それはなかなか難しいのが実際です。

 

そして、日本文化を見直さなくては、という流れは、その本質的なところを

もう一度問い直す必要があるんだと、みんなうすうす感じているんだと私は思っています。

 

資本主義的な考え方、そして、西洋的な思考、全てを論理的な発想だけで解決してしまおう

また、解決できる、目に見える現象だけが全て、数字が全てといった考え方では

もうどこも行き詰まってしまっている、そう思いませんか?

 

従来型の考え方で経営をしたり、自分の人生を考えたり、仕事をしたりするということそのものが

もう既に行き詰まってしまっている、そう思います。

なぜ、行き詰まっていると感じるのか?

それは人の顔を見れば分かります。

なぜ、こんなに豊かなはずなのに、幸福感がない表情なのか

なぜ、こんなに情報が溢れているのに、肉体も心も消耗しつかれきるのか

なぜ、こんなに不安な人が多いのか

やっぱり、おかしい、そう思います。

 

その元となる考え方が曲がっていたとしたら、その行き着く先だってやっぱり

曲がっちゃいます。

 

これはまさにいよいよ、比較、競争、対立という価値観で生きてきた終着点が見えてきた、

そう思います。

競争し、取り合うのではなく、共に良くなる。

誰かに勝つ、のではなく、協調していくことに幸福を感じる

 

対立ではなく、調和していく。

調和していくことで、上手にバランスを取っていくこと。

それは実はとっても難しい。

でも、やはりそのことを実現しなくては、人間そのものが本当に心が病んでしまうんだと思います。

対立や比較の中から、人と人とは心で繋がることは絶対にできません。

ともに満たされていく関係でなくては、一緒に気持ちをわかちあえることなんて

絶対できない、そう思います。

 

これからは企業だって、どんどん変わっていくはずです。

上下関係ではなく、そこで集う人同士が心できちんと繋がりはじめる職場が

きっと増えてくる、そう思います。

それは、人は誰しも自分以外の人と深く心で繋がりたい、生き物だと思うから。

そして一人では絶対に生きられない、存在でもあるからです。

 

佐伯さんとの話の中でこんなことを話してくれました

「一人とちゃんと繋がっていくと、そのことからどんどん周辺の人と繋がっていくんですね。」

「繋げようとするのではなく、勝手に繋がっていく感じです。」

そして、「私は15年以上もずっと、一緒に仕事をするみんなと繋がりたいと強く願っていた想いが

深いので、余計に今、繋がっている感覚が嬉しい」と。

素敵な人だと思いました。

自分の心をこれほど素直にオープンに開示できる佐伯さんの表情はとってもきれいでしたし

また、私もそうなりたい、と思いました。

 

突っ込んだ話がダイレクトにできる人との話は、大好きです。

あっという間に時間が過ぎていくのが本当に不思議。

それはきっと、会話というものにのって心が通じていく感覚があるからでしょうね。

あ~~楽しかった。

 

・・・・・と、のんびりしていたら、ニュースレターの締め切りに間に合わなくなってしまいそうです(泣)

8月号にも佐伯さんはご登場いただきます。

お楽しみに!

 

 

 

2010.07.22夏の制服に衣替え

natsufuku.jpg

吉本歯科医院のカウンセラー 森下と受付の樋口です。

今朝来たら2人が真っ白な制服にチェンジ!

「あら~、なんかさわやかだね~」

患者さんにも、誉めて頂きました(^^)

 

さらに今日はいつになく森下の髪型がきれいに決まっており(寝相が悪い日はひどいらしいです)

最近は、樋口もキュっと前髪を上に上げ、おでこがキレイです。

こういうキチンとしている感は、私はとても大好きです。

 

それは本人にとってもきっと「気持ちのいい」ものだと思います。

自分がいつもこぎれいにきちんとしていると周囲の評価ももちろんいいですが

それ以上に自分自身の心模様が違ってきます。

自分自身をこぎれいにしておくことは自分の心のテンションをいつも上げておくことに

一役買っているような気がします。

 

服装なんてどうでもいいじゃないか

中身が良ければそれでいいじゃないか

という考えは私は大の苦手です。

 

もちろんまったくのプライベートな時間で好きな格好をして楽しむのはこれは全くOKです。

 

しかし、仕事をしている、という環境においては別です。

自分がその場にふさわしい格好をしていて、その場に違和感がない、ということを

ちゃんと出来ていると、周囲からは浮きません。

浮いているのは個性でもなんでもなく、ただの「幼稚な人」と見えてしまうだけ。

その場に応じた服装、態度、動作、言葉遣いが臨機応変にできる、ということが

自分をどれほど守ってくれる武器になるか、ということを私たちはいつも学んでいます。

 

自分はどう見られたいのか?

また、自分は一体どう見られているのか?

 

そんな意識を持って日々を過ごしていくだけで、実は勝手に接遇能力は磨かれます。

 

「そんな気を張って仕事するなんてしんどい」と過去に話をしていたスタッフもいました。

でも、違うんですね、きっと。

気を張って集中しているから、逆に疲れない、んです。

ダラダラと他ごとを考えながら何かをしている時、実は一番疲れます。

脳ミソももちろん疲れますが、体だって同じように疲れます。

 

こんなにストレス社会で、人々が疲れやすくなっている

その根本的な原因はここにある、そう思います。

目の前の人に、事に、ちゃんと向き合って集中していたら、一日なんて

ほんとにあっという間です。

感覚としては、「あれ?もう一日終っちゃったの?」という感じ。

そして肉体的には心地の良い疲れ。

 

私は少なくとも吉本歯科医院で働いてくれるスタッフたちにはこんな一日を過ごして

欲しいし、また、私も一緒にそうしたい、そう思っています。

やらせれている感でしんどい時間はやはり、嫌ですし、疲れます。

女の人が心が消耗して疲れて顔がくたびれていくような職場はやっぱり嫌なんです。

 

みんな嬉しそうで楽しそうでいて欲しい。

強制するのでなく、自主的に自ら気づいていくような職場が最高です。

 

人間にとって、「もっと成長したい」という気持ちは最大の欲望だと思います。

そう思えるためにはその前段階の

「ここの職場は安心」「仲間とちゃんと繋がっている」というベースができ

心の中に不安感がない状態になってはじめて、そういう「成長したいな」という欲求が湧き上がってくるんだと思います。

 

先日歯科衛生士の田中が、「私は変わっていけるんでしょうか?」「このままじゃ嫌で変わっていきたい」って話してくれました。

まだ若い23歳です。

私はこういう人、本当に好き。

このままじゃ嫌ということは、もっと成長したい、と強く思っているからこそ悩んだり

泣いてしまったり、感情がアップダウンしたりするんです。

「ま、今のままでいいじゃないの?努力きらいだし~。変わるの面倒くさいし~」という人は

たぶん、この田中のような発言は絶対しないし、きっと思いもしない。

 

田中の能力や魅力はきっと、田中本人よりも周囲にいる私たちの方がきっとよく見えています。

それをどうやって伝えていくか

そして、本人の心の奥まで信じさせていけるか

そんなことを考えてしまいました。

もどかしいんですよね、見ている方は。

それは田中以外のスタッフを見ていても同じです。

 

よくカウンセラーの森下と話をするのですが、「本当に自分のことって自分じゃわからないよね」ということ。

森下の魅力は森下本人よりも、周囲の方が見えています。

そして、短所だけは、実は自分自身がよくわかって見えている。

 

皆同じように、自分を褒めちぎってもらったり、認められたりされた体験は結構少ないものなんです。

そして、社会人になってからは、誉めてもらえることなんて今はそうそう、ありませんよね。

 

吉本歯科医院は、その逆を行きたい、というか、行きます(笑)

愛情の再構築です。

足らない部分があるのなら、どうにかしてみんなで補っていきたいし、

満たされない不安な部分があるのなら、どうにかして、その不安を解消していきたい

 

職場は自分の大事な人生という時間を過ごす場所でもあります。

「職場だから割り切って」というのはあまりにも寂しすぎるし、つまらない。

職場も家庭も、地域も実はぜんぶ繋がっています。

自分の居場所を居心地の良いものにしていくことで、自分の人生はどんどん

開かれていくことを吉本歯科医院のスタッフには知って欲しいし、また、それを

実現して欲しいです。

DSC_0472.JPG

そうこうしていると患者さんが、チキンカレーを持ってきてくれました(^^)

このカレー、ほんっとに美味しいんです。

チキンがとろとろになるまで3日煮込んで、りんごやらバナナやらマンゴやらが入っています。

一度食べて「美味しい!!」絶賛。

「どうせ、ご飯ろくなもん食べてないでしょう」と、時々こうやってお持ちくださいます(笑)

その通り!!

2010.07.21人情とバーベキュー

今日は久しぶりに自分の机に座っています(笑)

留守にしていても、帰ってきたらきちんと受付の樋口が報告連絡相談をしてくれました。

留守中にあったこと、対応した内容、今後こうして下さいという内容まで。

彼女は本当に名マネージャーです。

69歳までは最低吉本歯科医院で働いて欲しいっ!!そう思っています

(院長死んでるか・・・・)

こんな奥さんみんな欲しいだろうなあ・・・・いいでしょう。。。世の男性諸君!と思うのです。

私にないものをそれぞれ全部持っているのが、うちのスタッフ達。

その部分を私に頂戴!と思うものばかり。

 

さて、土曜日は高知県の赤岡町での絵金祭りに行ってきました。

どうしても行きたい!という声が上がっており、一群大きなバス?に乗って

行ってまいりました。

絵金祭りの詳細はこちら

http://ekingura.com/modules/ekin3/

IMG_2551.jpg

IMG_2552.jpg

 

IMG_2556.jpg

IMG_2558.jpg

おどろおどろしい屏風絵が絵金祭りの宵にだけ蔵の中から目覚め、商店街の軒先にその姿を表します。

この屏風絵、子供が見ると泣いてしまいそうなほど、おどろおどろしいものも。

夜が更ける頃には、赤岡町全体が人、人、人。

ものすごい人が集まってきていました。

 

赤岡町の方が、高知弁で何かと教えてくれるのですが、そのあったかさと言うか

熱さいうかその熱気がとにかくすごい!

龍馬を生んだ高知だから?

「祭りじゃき~!!」(お祭りだからね)

「どっからきたが?」(どっから来たの?)

「飲むが?」(飲みますか?)

とにかく人がなつっこい。

こういうの大好きです。

人と人との距離がものすご~く近くって、心地いい。

余計な言葉を交わさなくても目が合っただけで、ふんわりあったい気持ちになれるって

やっぱり、こういう地域ならではかもしれません。

赤岡町の人が自分たちが住んでいる場所を愛しているのがわかるんです。

 

出店を出しているおじちゃんおばちゃんとのやり取りもどこか昭和を感じます。

地域が醸し出す雰囲気って本当に大事です。

そこにすんでいる人の顔つきまで影響しちゃう気がします。

 

よそから来た私たちをずーっと案内してくれた絵金蔵を設計した建築家の先生

そして、龍馬の生まれた町記念館を熱く案内してくれた赤岡町のおじちゃん、おばちゃん。

みんなあったかかった。

 

絵金祭り、来年も行こう!そう思います。

 

そして、3連休の最後には東京に行きました。

その行きの飛行機の中でのこと。

CAの男性バージョンって、何ていうんでしょうか?

そんな男性2人が機内で女性CAさんと一緒にサービスをしていました。

その男性、とっても感じがいい!!

ちょうど隣に座っていた中年の女性と話をしていたんです。

「最近は男性がいるんですね~。いいですね、感じよくって」って。

 

私はこういうサービスをしている人を穴が開くほど横目で観察するのが

趣味なのですが(笑)、その笑顔と気配りは、女性CAさん顔負け。

明らかに、この男性2人にざぶとん10枚!!でした。(←わかんないか・・?)

 

そこで思ったこと。

今までは、こういう職業は女性が、しかも若い女性が・・・って既成概念があった職業でも

これからは男性でもありかな、と。

例えば、吉本歯科医院でいえば、男性の歯科衛生士さんもありかな、男性のアシスタントもありかな

と。

 

働き方のものさしは、今はあきらかに変わっています。

現にうちの子供の保育園にも幼稚園にもかなりの数で男性の保育士さんが活躍しています。

育児休業する男性だって、珍しくない。

特に、男性の働く価値観は明らかに変わってきていると思います。

杓子定規に、従来型の働き方や人生観を示したって、今は共感しにくい時代です。

 

この男性CA?さんですが、よ~く観察していると、女性CAさんの中に入って

ちゃんと違和感なくサービスをしているんですが、どちらが声をかけやすいか?と言えば

それはもう断然この男性の方のが声がかけやすいんですね。

 

この「声がかけやすい」というのは実は大きなポイントです。

人には「気楽に声をかけやすい人」と「声をかけにくい人」がいます。

声をかけやすい人というのは、これはもうそれだけで能力だと思いませんか?

醸し出しているその人の雰囲気全体でもって「話しかけやすい」「近寄りやすい」んだから。

それがその人にとって良いか悪いかは別の問題として

こういった「人を快適な気持ちにさせるサービス業」を職業にしている人にとっては

そういうなんとなく醸し出している雰囲気はとっても大きなポイントになります。

 

最近私の周りでは、ほんとに従来とは全く違う自分のものさしで生きている人を

よく見ます。

商社マンで世界中を転々としてきた人が日本に帰ってきた時にたまたま赴任した先がこの

瀬戸内海の香川の地。

すっかり気に入ってしまい、そのまま商社をやめ香川に移り住んできた人。

 

東京でバリバリ働いていたけど、子供ができたのをきっかけに父性に目覚め

地元に戻り、クリエイター&パパ&農業を満喫している人。

 

今までの既成概念は、「それって本当に幸せなん?」と感じはじめた人がちらほら出てきたん

だと思います。

それはきっと、都会で働いていた人の方がこの瀬戸内海のほどよい地方加減に触れて

「あれ?」と気がつくんだと思います。

ここに住んでいるとわかりませんからね(笑)

 

ちょっと走れば海があって

山があって

適度に地方で、適度に都市化してて

野菜が直接取れて食べられて、水が美味しくって、空気もまあきれいで

夜は空がまだちゃんと暗くって。

これって、当たり前のことなようですが、ちょっと東京や大阪に行くと

帰ってきて、ほっとするんです。

ああ、帰ってきたって。

 

よく海外に行くと日本がよく見えるって言いますが

その日本国内バージョンです。

都会に行くと、田舎の良さがリアルに感じられるようになる。

 

先日の母性型経営勉強会では、沖縄から2人も参加して下さっていました。

あっかるい、あったかい表情を見て、沖縄の人って素敵だなと思いました。

そのお二人の顔を見てると沖縄に行きたくなっちゃいました。

結局そこに行きたいって思う時って、そこにいる人に会いたいからってことが

多いんですね、きっと。

その人がそこにいるから、だからその場所に行きたい。

そう思える場所があり、人がいるってことがやっぱり幸せです。

 

 

さて、お知らせです。

梅雨前に延期にしていた吉本歯科医院恒例のバーベーキューを

今度こそ、8月7日(土)午後5時か、6時~開催します(少々の雨は決行)

これからお電話しますが、「行ってみたいな」と思われる方はどうぞお知らせ下さい。

吉本歯科医院の2階を解放して押し合いへしあいしながら昨年のように行います。

昨年、「なんじゃ~~このとろけるような肉は~」と絶賛だった東原のお肉屋さんから

今年もお肉を届けて頂きます。

 

どうぞお楽しみに!!

2010.07.16社員力(しゃいんりょく)?

今朝一番に、カウンセラーの森下と話をしていた時のこと。

昨日書いた私のブログを読んで森下が「昨日の勉強会で言い忘れたことがある」と。

 

過去の吉本歯科医院はひどい状況だった。

それは経営者側の心がどこか違う方向を向いていたからスタッフの気持ちが付いていけていなかった・・・ということを話しましたけど、人と人との関係は半々、フィフティーフィフティーなので

上司をそうさせてしまう社員側にも問題はあった。

 

・・・・・というようなことを言い忘れていました」と(笑)

 

これは多分森下が、「あれ?言い過ぎたかな?(--:)」「マネージャー、ショックだったのかな?」と

思い気をきかせて言ってくれたのでしょう(笑)

 

 

でも私はその森下と話しをしながら、あることに気がつきました。

 

私が何度も何度も書いていますが、「人と人との関係」はすべて「相互の関係」です。

「お互い様」だと思っています。

これはもう確信をもって思っていることです。

なので、どちらが悪いということはやはりなく、お互い様なのです。

 

なので上司と部下との関係だって同じです。

 

そういうことをちゃんとわかって私たちに接してくれている森下は賢いなあ・・

う~ん、やられてる、と思いました。

早い話、とっても、大人なんですね。(もちろんこういう境地は年齢も必要です)

 

相手にとって自分はどうなのか?ということをまず先に考え動ける人というのは

相手にとっては非常に心地のいい人です。

そして、自分のことをまず考えて動いてくれるので、仕事もとってもやりやすい。

 

「相手はどうなのか?」ということを常に意識するということは

「自分がなくなる」ということでは、決してありません。

 

「自分が、自分が!!」ということを消して、まずは相手に合わせていくと

相手はその合わせてくれる人のことを心地良く感じはじめます。

そうすると、心地いいなあと思ってしまうので、当然その人には近づきたくなるし

なんでも話をしやすくなってしまいます。

そして気がついた時には、「あれ、いないと困るよ!あなたは!」というように

絶対に必要な存在になっています。

相手にとっていなくてはならない存在になってはじめて

「私はこうしたいんです」と主張をすれば、主張することなんてぜ~んぶ通っちゃいますよね。

 

うちの森下は、院長との関係はこんな感じです。

徹底的に院長の言うことを聞いて聞いて、その通りにやってきたから

気がつけば院長にとって「いないと困る存在」になってしまったわけです。

 

そして最近では、こんなことも森下は言います。

パソコンの前で、インプラント手術前のCT画像や3D解析画像を操作しながら

夢中になって何やら書いたり読んだりしているんです。

「ねえねえ、何そんなに夢中に見よるん?」と

聞いてみたら

「いや~、マネージャーね、私、最近わかるんです。

院長が仕事にはまるのを。

私も最近深く知っていくのが面白くてたまらない。

こりゃあ、はまりますよ^^」と。

 

夢中になってはまれるということは、そのやっていることに対する理解が深まり

どんどん興味が溢れてきた証拠です。

すごいなあ、と思いました。

 

お医者さんや医療を提供する側から、最高のものを引き出すのは患者力

そして、上司からいいもの引き出してしまうのは社員力(笑)

これ、何でもできますね。

お客さん力

子供力

妻力

夫力

彼力に彼女力(^^:)

 

全ては相互の関係です。

そのことにいちはやく気がついた森下はすごい!!

まさに社員力を発揮しまくっている、そんな彼女です。

香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 歯を削る前に知っておきたい7つのこと。メールセミナー全7回 インプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • インプラント治療をする前に患者さん側が確認しておくべき5つのことインプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 合わない痛い総入れ歯でお悩みの方へ固定式入れ歯 インプラントオーバーデンチャー 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 診断が変われば治療は変わる 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 歯の予防 PMTC 歯の定期健診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 働きやすさが自慢の職場 子育て支援 吉本歯科医院 香川 高松
  • オール・オン・フォー All-on-4
  • 吉本歯科医院の「治療の特徴」
  • 歯科医師の採用について
  • newsletter
  • movie
  • 患者さんからのお便り
  • 無料メール相談・お問い合わせフォーム
  • メディア掲載実績・講演依頼
  • 歯科医院の方はこちらをご覧ください
  • 院長ブログ
  • マネージャーブログ
  • カウンセラーブログ
  • コンシェルジュブログ
  • 香川 高松市 吉本歯科医院 コンセプト
  • 当院のインプラント治療の特徴
  • 香川 高松 吉本歯科医院 自覚症状をお持ちの患者様へ
  • 香川 高松 吉本歯科医院 症例 事例

治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!