吉本歯科医院

087-818-1118

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

歯を抜きたくない削りたくない方、薬で治す虫歯治療、歯周病治療、インプラントや入れ歯治療なら咬み合わせ専門歯科の吉本歯科医院。香川県高松市。

香川 高松 吉本歯科医院
治療メニュー
  1. 1)インプラント
  2. 2)薬で治す虫歯・根っこ治療
  3. 3)歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎
  4. 4)削らない治療・接着ブリッジ
  5. 5)マウスピース矯正・
    目立たない矯正
  6. 6)審美歯科・歯を白くする
  7. 7)予防治療PMTC
  8. 8)顎関節症・顎が痛い
  9. 9)金属アレルギー
  10. 10)入れ歯
  11. 11)治療価格
  12. 12)親知らず
  13. 13)噛みあわせ
ホーム > 香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

2011.05.31信じるものは救われる???

信じるものは救われる

そう思いませんか?

 

それは小さなことでも何でもかんでも

 

私はよく体調を崩しそうな時には

鍼灸の先生のところに駆け込みます。

 

最近は意外にも元気なので行ってませんが(^^:)

 

 

先生のところにいって

鍼をポンポンと打ってもらい、身体をあっためてもらい

つぼをサクサク調節してもらうと

びっくりするほど復活し、ものすごく元気になっちゃいます。

 

「こうこうしたから、もう大丈夫^^」

「ちょっと湿気が入っとったんやな、もう大丈夫」

と先生に念押しされると

もうすっかりエネルギー満タンになって帰っていくことが、できるのです。

 

それは

たぶん私が先生を100%信じているから

だと思うんです。

 

 

もう少しでも1ミリでも

「うさんくさいなあ」

「そんなんで治るかなあ」

って思ってたらきっとこうはならないのです。

 

 

そのカラクリ?が自分でわかるから

 

私は何かを受けよう

いいものを受けたい

と思う時は

もう全面的に100%信じちゃいます。

 

それはもう

力技で

信じます(笑

 

 

マッサージなども同じですよね?

「これ?効くの?」

と疑いながらやってもらってると

マッサージしてくれる人はそれをすぐに感じます。

 

なので、

本来であれば

100の力でほぐして癒してあげようと思うところを

「ま、いっか」

とたぶん30くらいの力しか出てこないのです。

 

目の前に100%自分を信じて心を開いている人と

半分だけ信じて心はちょっと閉じ気味な人がいたら

どちらに多くのエネルギーを注ぎたいか?

と言えば

答えは簡単ですよね?

 

人と人との関係は

どんな関係であっても

相互の関係です。

 

つまりお互い様。

 

お金を払っていても

同じ、です。

 

恋愛関係でもまったく同じですよね?

 

この人は自分に対して100%できているのか

それとも50%くらいなのかどうなのか?

一瞬で感じてしまいます。

 

100でやってきた人には100でも200でも300でも愛情を注ぎたくなるけど

50できている人にはよく50、そこから日を追うごとに、マイナス10です(--)

そんなもの、です。

 

私達の吉本歯科医院では、

患者力のススメ

というのを発信しています。

 

発信して2年ほどになりますが

こんなにも受け入れてもらって共感して下さるようになるとは

発信している側も正直びっくりです!(^^:)

 

 

同じ医療を提供しても、どんどん良くなっていく人と
どんどん泥沼に入っていく人がいます。
その「差」は、患者力にあるんです。


ドクターといえど血が通った生身の人間ですので
この人にはどうにかしてなんとか良くしてあげたい
という真摯な気持ちを引き出させてしまう人と
そうでない人がいるんです。

 

ここだけの話(になってないか???--:)


 

これはうちだけの話じゃなく

どんなお仕事でも同じですよね?

 

このお客さんのためなら、どうにかいいものを作ってあげたいと
思わせてしまう人と、ま、別にいっか・・・と思う人と(笑)


 

医療といえど、人間が行う仕事ですのでお互いの関係性がとっても重要なんです。

 

これは吉本歯科医院で日々患者さんと向き合ってきて実感することです。


どの先生が名医かな?と探すよりも
医療を受ける患者さんサイドの意識が

「私がよりよい治療を受けられるにはどういう態度やどういう姿勢ならいいのか?」

という視点に切り替わればその患者さんが手に入れる情報はより良いものになります。

 

当院の患者力のススメ
https://www.8181118.com/manager/2009/06/post-7.php
https://www.8181118.com/manager/2010/02/post-78.php

 

患者力ならぬ

お客力

部下力

上司力

・・・・いろいろ応用は効きます(笑)

 

 

根っこは同じです。

 

100%信じよう

と決めるのも実は能力です。

100%と99%の差は実はとっても大きいのです。

 

まるごとぜんぶ信じちゃう!

とドーンとこられると

人間そうそうその人を裏切れないものなのですよ。

99%なら、裏切れちゃうものなのですよ。。。。。。

 

また、信じたほうが絶対人生お得です。

 

私は38年生きてきた人生の中で

『あの人に裏切られた」と思っていることは実は一度もありません。

実際は裏切られているかもしれませんが(笑)本人はそう思っていないので

私の中では、「裏切られたことがない」なのです。

なので、それはそれでハッピーなのです。

 

疑ってかかるより

まるごと全部信じてしまった方が

手に入れるものは実は大きいです。

 

100%信じる

ということは

もう100%心開いちゃってますよ、あなたに。

ということ、です。

閉じた人には何を言っても言葉は入っていきませんが

開いてる人にはどんな些細な言葉でもいいようにいいように吸収されていくものなのです。

 

 

・・・・とこういう話になると

「だって、そうは言っても信じられないんだからしょうがないじゃない!」と(苦笑)

 

人と人との関係は

卵が先か、鶏が先か、・・・という話のようで

相手が自分をまず信じさせてくれるなら

私も信じますよ

という人と

 

自分からまずは全面的に信じますよ

という人がいます。

 

どちらが正解はそれはわかりません。

 

でも、

先に信じた方が勝ち、です(^^)

私はそう、思います。

 

徹底的に信じられてしまったから

相手もそれに応えなくてはという気持ちが引き出されてくるものなのです。

 

禅問答のようです(--)

 

そして、そうやって

日々の人間関係

仕事でのやりとりを繰り返していくと

びっくりするほどうまくいってまうから

本当不思議なものです。

 

 

特に上司と部下の関係になると

お互いが心開いちゃってる関係だと

びっくりするほど仕事はスムーズにいくものなのです。

 

 

だから、パッと会った瞬間に

「あ、うさんくさいわ」

「あ、苦手」

お感じた人には近づかないこと、です。

 

 

この人信じれそう!

と感じる人とだけ付き合えばいいのです。

 

 

うさんくさい

と感じたそれは

きっと自分にとっては正解であり

合わない

からです。

 

心から信じられない人と一緒にいたり

何かをすることほどしんどいことは、ありません。

 

話はややこしくなるし

お金ももめそうだし

いいことひとつも、ないのです。

 

 

信じるものは救われる

そう思いませんか?

2011.05.31気が利くドクター

 

yoshiya.jpg今朝、当院の新枝先生から7月号のニュースレターに掲載する原稿がメールで届きました。

パカッと開いて一気に読んで

その後のマネージャーは、

すっかりご機嫌さんです(^^)

 

今回の先生のコラムのテーマは「マネージャー」のことを書いてくれていました。

私がスタッフや先生や患者さんのことを書くことはあるけれど

そういや、こうして改めて紹介してもらったことはないなあ・・と思うと

なんだかとっても嬉しくなってきたわけなのです。

 

逆に立場になってみるとその嬉しさはよく分ります。

「そりゃあ誉めすぎでしょう??」と思いつつも、内心飛び上がりたいほど

嬉しくって、すっかり木の上に登っちゃっている私がいます(笑) 

 

つくづく、この新枝先生は、人を気分よく動かしちゃう天才だわ・・と思ってしまいます。

数年後、彼が開業した頃にはおそらく女性と子供が押しかけることになるでしょう(笑)

それほど、オンナコドモに異常と言ってもいいほど、

もてまくっております、この人(--:)

 

昨日の昼休みのことでした。

女性スタッフの中に一人新枝先生♂が混じってご飯を食べています。

当院のカウンセラーの森下がお茶?をこぼしました。

その時に何も言わずにサッとフキンを持ってきて森下の周辺を拭いたそうです。

淡々と、黙々と・・・。

 

その瞬間に

あら、素敵かも?(^^:)

と思ったそうです。

一気に昇格した瞬間です(笑)

 

いかにも!

という感じがまったくなく

それをするのが普通

日々の生活でもそうやっている

というのが見て取れた時、

何だかこの人、いい感じ・・・となってしまうそうなのです!

 

さりげない動きを

女性は見ていないフリをして

実はものすご~く

見ています(笑)

 

 

女性の中に混じっても違和感なく会話ができ

ちっともえらそうなところがなく

ちっとも、「俺ってドクターなんだぜ!えらいんだぜ!」

みたいなところが1ミリもないんです!

 

これ、本当に重要なポイントなんですが、やはりドクターとなると

どうしても、匂ってくるところがあるんです。

えらい会社でも上の方にいけばいくほど

そうなりますよね?

匂ってきちゃいますよね?(笑)

 

だから孤独になるのですが・・・・・・・(--)

 

スタッフを下に見るとか、

スタッフに対して上から目線とか、

そういう部分がもうカケラも

ない!!ない!ない!

 

そこが先生がみんなに支えてもらえている大きなポイントかもしれません。

 

さらに、新枝先生のすごいところ!

さっき、カウンセラーの森下と話をしていて

もうひとつ、見つけたんです。

 

それはとにかく

気が利く

ということ。

男のくせに・・・・と私と森下が口を合わせて言ってしまいました(笑)

↑思い切り偏見ですね・・・・・

 

院長が患者さんの治療をしていて

次に何が必要かな?

どういう行程に進むかな?

と予想し、どんどんさきさきに

器具を用意し、薬剤を用意し、院長に手渡します。

その連携やもうお見事!

 

自分がどう動けば

院長がスムーズにいくかな?

ということをものすごーく見ています。

 

そしてえらいのが、院長に対してだけでなく

歯科衛生士さんが患者さんに対応している時でも

同じようにすることができちゃうんです。

 

こんなドクター、初めて見ましたよ・・・(--:)

新枝先生が特別なのか

30歳という年代がそうなのか

育った環境が良かったのか

何が一体良かったのかわかりませんが

とにかく

こんなに気が利くドクターがいる、

というだけで吉本歯科医院の一日は

とってもスムーズなのです。

 

吉本歯科医院のニュースレター6月号は、「確実な歯のメインテナンス」です。

今回はニュースレター発行始まって以来のオールページフルカラー!

・・・・・高かった(泣)

乞うご期待です。

 

吉本歯科医院のニュースレター「歯医者さんしか知らない歯を失わないためのお話」は

読むだけで寿命が延びる

そんなニュースレターと自画自賛しております(笑)

 

6月号は期待しててくださいね~~!!

もうまもなく刷り上ってまいります。

2011.05.30うきうきしてるんです!

DSC00132.jpg

当院の歯科衛生士、加島小百合です。

先週あたりからどうも様子が違うのです。

なんだかとってもうきうきしているのです。

 

今朝患者さんとのやりとりをこっそり聴きながら

「ああ、加島ちゃんてばまた成長しちゃったわ」

と一人ニヤニヤしていました(笑)

 

 

加島は当院きっての予防のプロ!予防の鬼!です。

その執念はものすごく

何が何でもこの人の歯は私が守る!

という想いが人一倍熱く

時に熱弁

時には患者さんを怒っちゃうことも!

「だめじゃないですか!!こんなになるまでほっといて!!!」

 

そんな加島の熱い想いがだんだん患者さんに広まってきたせいか

最近特に加島の予防(PMTC)の予約枠はいっぱいです(--:)

 

加島いわく、

今、面白くってしょうがない

そうです。

患者さんに伝わっていくのが。

患者さんの意識が、脳ミソの中が

どんどん変わっていくのが。

 

自分の働きかけにより

自分の熱い想いが伝わっていくことが。

 

そりゃあ、面白いでしょう。。。。あなた。。。。

 

わかります

わかります(^^)

自分のやっていることが多くの人に伝わっていき

人の動きに影響を与えてしまうことをひとたび知ってしまうと

もう快感となって

止まらないのですよ(笑)

 

それを一度知っちゃうと

私は仕事はもうやめられない

と、こう思うわけです。

 

自分のやっていることの価値を自分がきちんと知った時

ほうっておいてもモチベーションなんて上がってしまうのです。

 

だって、

楽しいんだもん

だって

面白いんだもん

の世界です。

 

当院の加島、今とってもいい「気」を出しています。

見えちゃうんです。

ピンク色のもやもやとしたものが(笑

 

・・・・灰色のもやもやを出している人には近づかないように注意しましょう(泣)

 

そんな加島なので

きっと私生活も順調なのです。

全ては繋がっています。

一人の人間がやっていることなので。

 

また、そんないきいき楽しそうな加島を見て

嬉しいのです、私。

元気なさそうな加島を見るのはつらいのです。

私が会う人には、もうみんな元気そうで嬉しそうにしといて欲しいのです。

自己都合ですが(笑)

 

 

実は今日とっても素敵なことが、あったんです。

私は毎週金曜日、高松西ロータリークラブといいう会に行っています。

といっても新参者です。

一見堅そうな会

一見男の人ばっかりの怖そうな会

一見賢い会社の社長さんばっかりの会

というイメージですが

どっこい

お越しになっている会員さん

ものすご~くあったかくって

ものすご~くいい人ばかり、です。

 

女性会員大募集だそうです(^^)

どなたか入会されませんか?

・・・・・目が合ったあなた!!

毎週あるのですが、たまたま先週はいけなかったので

そのいけなかった分を補足するために

「メイキャップ」というシステムがあり、別の曜日にやっているロータリーに行く

という決まりがあります。

 

そのメイキャップのため

今日は高松北ロータリークラブという会に行ってきました。

 

どんな会だろうな?

どんな方がいるのかな?

とドキドキしながら行ったところ・・・・

 

なんとお隣に座った方が

先日facebookでお友達の紹介で出会った方でした。

「吉本さん、facebookでどうも(^^)」とお声をかけて頂き

なんだかバーチャルとリアルが出会った瞬間でした。

そんな方がなんと3人もその会にいらっしゃり

いや~、面白いものは何でもやってみるもんだ!と改めて思いました。

 

さらに、当院院長の父の教員時代の教え子

「お父さんに教えてもらったんや~~」という方がその会に4人も!

いや~せまいせまい(^^:)

悪いことはできませんよ~~~

 

 

偶然と言えば偶然ですが

いいえ、これは偶然ではありません(^^)

面白いと思いませんか?

 

みなさんはもうfacebokされてますか?

ぜひやってみてください。

私も「facebook先生」に教えてもらいながらやってますが

本当、面白いです。

リスクもあるだろうけど、それより面白い方が勝ってるので

これは「あり」です(笑)

http://ja-jp.facebook.com/people/Tomoko-Yoshimoto/100002272340292

2011.05.28価値観

DSC01269.jpg

 これ、有名なんですって。

患者さんに頂きました。

いつもとってもきれいにしてる美意識の高~い高~い方のお墨付き(笑)

 

トシを喰ってる森下さんとマネージャーにだけ、あげる

とコメントをつけて下さいました(泣)

 

かたつむりの粘液1000ミリグラムを濃縮して配合

と書かれてあります。

 

 

・・・・・・かたつむりいいいい????

 

なんだか理解できるようなできないような

効く様な効かないような

大丈夫そうな大丈夫でなさそうな(笑)

 

勝負の前にパックせよ

とのこと、です。

 

効果はまたご報告。

 

なんせかたつむりですからね(^^:)

それにしても、いろいろ教えてもらえるのはありがたい限りで嬉しいです。

ほっとくとどんどん朽ちていきそうな38歳♀です(--)。 

DSC01268.jpg

 そしてこちらも患者さんがお持ちくださいました。

これは「マサイのお人形」

手足がぶい~んと伸びるんです。

民族人形でしょうか?

お顔がとってもキュートで今もパソコンの横に飾ってるのですが

どうにもこうにも目が合う、んです(笑)

 

淋しがりやの私にぴったりです。

DSC01264.jpg

そしてこちらは今週のお花。

素敵でしょう?

ふわふわしたピンク色がとってもキュート。

花の名まえは・・・・・

知りません(^^:)

 

ところでみなさん

私は最近こんなことを考えます。

 

そもそも人と人とは分かり合えるのだろうか?

 

なんちゃって、哲学者風です(笑)

 

仲良くなればなるほど、

近しくなればなるほど、

人と突っ込んだ話をする機会が増えます。

 

そうしていくうちに

「あれ?最初は話が合っていたのにどうも合わない」

とか

「あれ?なんでそうなるの?」

とか

いろいろと自分の考えと合わないところが

出てきます。

 

でも、このトシになってどう考えてみても思うことは

そもそも人と人とは100%理解しあえるはずがない、

という結論に達してしまいました(にこやか風に)

また、理解しあえなくても

うまくやっていくことはできる、と結論づけてしまいました(笑)

 

・・・・と、言ってしまえば

なんだか淋しいような気もするけれど

やはり夫婦といえど、

どんなに長年一緒にいる親友でも

家族でも

100%その心のうちを理解しつくすことはできないと

私は思います。

 

誰しも心の中に

誰にも言えないような感情を秘めていると思います。

自分でさえ、理解できない自分自身の内面を

自分以外の誰かにわかってもらおうなんてことが

そもそも無理があります。

 

 

みなさんはありませんか?

なんでわかってくれないんだろう?この気持ちを

なぜ、そんな風に受け取るんだろう?そんなつもりはないのに

私ってそうじゃないんだけどな・・・本当は。。。

 

自分が伝えたいものと全く違うものを相手が受け止めてしまわれた

と感じた時

私は特にそう感じます。

 

誤解なのにな

そうじゃないのにな

そんなつもりで言ったんじゃないのにな

 

伝える方にも半分の問題はあるのですが

どう考えても伝わっていかないなあと

感じる時には言いようもないもどかしさを感じます。

 

当院では、出来る限り可能な限り

スタッフ一人一人がどんなことを考え

どういう時に楽しいか

どういう時に悲しいか

どういう時に怒りが出るのか

を共有するべくいろいろ話し合いをします。

 

しかし、どんなに話し合っても

100%わかりあえた

ということは絶対ないんです。

 

この人が感じていることがわかった

と、理解することができた

・・・・までが、限界です。

 

しかしそれだけでも、もう富士山並みにすごいことなのです。

 

この人と自分はこういう部分で違う

ということを

知っただけでも、

余計なことでもめる必要もなくなり

腹が立つこともぐっと少なくなるものなのです。

 

 

わかりあえるはず、を前提にすると

不可能を可能にすることなので

苦しくなるのですが

そもそもわかりあえずはずなんかないじゃない~~!!

と思っていると

うっかりわかりあえちゃった瞬間は奇跡のように嬉しいじゃないですか!

 

 

話し合いの目的は

相手と自分は違う

ということを知ることです。

 

 

なので、とにかく私は誰とでも何かあれば

直接、話をしたいと思っています。

メールとかじゃなく。

 

家族でも、職場のスタッフとも

どんな人間関係でも。

心を開いて話し合えば

どっこい

びっくりするほど関係は改善されていくものなのですよ!

 

話せば分る

は本当でした。

 

とは言っても私などは

「お前は自分を中心に宇宙が回ってると思ってるやろ~~!!」

と言われるほどの自己中オンナです(^^:)

 

自分が期待するリアクションが返ってこなかったら

怒ることもしばしば。

あ、近距離の人にだけですのでご安心を(笑)

 

・・・でもね、みなさん

人は誰しも自己チュウなのですよ(笑)

あっはっは

しかしそれはそれで、いいのです。

まずは自分、次に人、です。

 

自分の心が満たされていない人に

人の気持ちを満たしてあげることなど到底できないのです。

 

楽しさや安心感や幸福感は

伝染するのです。

 

いらついたお母さんに抱っこされている赤ちゃんがぐずるのと同じです。

 

自己犠牲の上に成り立つ愛情は

どこかで必ず破綻をきたすか

歪な愛情となって関係をゆがめます。

 

・・・・と「絶対こうだ!」と熱く語っている私のことを

「そりゃあ違うでしょう、あなた」と感じる人だってきっとたくさんいるはずなのです。

それが価値観ですし

それが違いです。

 

しかし、「違うでしょう、あなた」と感じている人とでも

私は楽しくやっていくことができるのです。

違いを知れば、やっていけるのです。

 

面白いですよね。

そんなことを思い出してからは

私は人間関係というところでストレスを感じることが

本当に少なくなってきました。

 

 

誰とでもうまくやっていくことができるんじゃないか

と思い始めると

気が大きくなっちゃうのでしょうか?

 

それとも単にトシをとってずうずうしく図太くなってきたのでしょうか?

みなさんは、いかがですか? 

 

 

いろいろ考えすぎてヒートアップした時には

私は即座に

寝ます(^^)

睡眠=復活

の図式はもう私の中ではゆるぎないものなのです。

 

いろいろ考えすぎると私はどうも不機嫌になります。

そういう時に人と話すと必ずもめます。

なのでそういう時は

すかさず

寝ます

 

たっぷり眠ると不死鳥のごとく復活し

翌朝にはすっきり

頭の中も本当にすっきり

感情は睡眠に左右されるのか????

 

とにかく

仲良くしたいのです。

せっかく会った人とは、いい関係を築きたいと思うのです。

そのためにはあの手この手を使うのです(^^)

根っからの淋しがり屋がそうさせてしまうのかも、しれません(笑)

2011.05.25まねできないものを

先週すごいお話を聴いてきました。

誘ってもらった講演会には行ってみるもんだ、と改めて思った吉本マネージャーです。

 

テーマ:世界が認める糸職人集団のブランド戦略

     ~山形から生まれたオリジナリティが、世界の常識を変えた~


 

2009年1月20日オバマ大統領の就任式。

その時にミッシェル夫人が着ていたニナ・リッチ社のカーデガンの原料となった特殊なモヘア糸を

作ったのがこの佐藤繊維さん。

そこから世界が大注目!

 

それまではメーカー側が

「今年はこれが流行るからこんなん作って~」と

言われるままに製品を作っていたんだそう。

しかし、このままじゃいけない!

オリジナルを作ろう!

と立ち上がったのが今回お話をしてくださった佐藤社長。

 

まずは登場してびっくり。

金髪

真っ赤&金色のスニーカー

おしゃれなジャケット

 

とにかく目立つ、目立つ、目立つ

 

佐藤繊維さんが過去に抱えていた問題や悩みは

どこの業界でも今もなお抱えている問題や悩みだと思いました。

 

特に繊維メーカーなどは

手でいちいち作るよりも、機械がどんどんオーとメーション化して

じゃんじゃん作った方がもうかる

こんな図式があったはずです。

しかし

それはもはや過去のもの

そして、経済が右肩上がりだったイケイケドンドンの時代の話です。

 

経済が成長している時には

単純な正解があるのです。

効率化、機械化=もうかる

より生産性のいいものが優れている時代です。

 

しかし、時代は変わりました。

正解は、ない時代です。

価値基準が大きく変わっているんです。

 

大が小を喰っていくような時代は終ったんです。

小さいもの

もっと言えば

個人、

こだわってこだわって

徹底的にこだわってオリジナルなものを作り上げることが

ブランドの価値になっていくんです。

 

どこにも真似できないようなことを、やる

 

それは人がやる、んです。

 

私はそんな話を聴きながらもうドキドキしながらそしてワクワクしながら

足をくねくねしていました(←なんでや???^^:)

人の話を聞いて血が騒いだのも久しぶりです。

ああ、いい時間だった。

 

佐藤社長がこうお話しました。

うちの職人さんたちは、モノを作る面白さを知ったとたん

やらされる仕事からやりたい仕事に変わってきた

 

技術は後から付いてくる

問題は絶対に作りたい

いいや、作ってみせるという

熱い想いありきなんだ、と。

モノ作りは技術よりも先にココロなんだ、と。

 

このあたりになると壇上から

ものすごい熱気が出ちゃってました(笑)

きっと講師も想いが吹き出してきちゃったんでしょうか?

聴いている側にも伝染してきましたもの!

 

どんな業界でも、今、言えることは同じだとわたしは思います。

お客さんは何を知りたいか?

 

それは

それをやっている人間が本当に信用できる人間なのかどうか

それを作っている過程が真実かどうか

言ってることとやっていることが一致しているのかどうか

 

本当のことを、知りたいわけです。

 

タテマエはいいんです。

宣伝もいいんです。

 

それよりも本当のことを知りたいんです。

 

表面的に見えていることと、実際にやっていることが

「ああ、ここは本当に一致してるんだ」ということを

お客さんが知った時、

一瞬にして価値観は変わります。

 

値段が高いとか安いとか

そういう話には、ならないんです。

 

なので安売りしてもモノは売れないんです。

 

佐藤社長のお話を聴いて私は思いました。

うちは、吉本歯科医院は、もっともっとこだわろう。

院長にはもっともっと専門分野を深めて深めてこだわりつくしてもらおう

そう思いました。

 

歯科でもやはり、あるんです。

お宅は小児は診てくれないの?

お宅は普通の虫歯治療はしてくれないの?

いろいろ、言われることもあります。

 

でも、特化し続けてきて今はよかったなあと私達感じているのが本当のところです。

当院院長が開業以来こだわっていること

 

歯科治療にもっとも重要なことは噛み合わせである

 

ということ。

 

院長いわくどんどん絞り込んでいくことで

世界は無限に広がっていくんだそう、です。

その深さは私にはわかりませんが

夢中で入り込んでいる様子だけは近くでみていてわかるのです。

 

昔は、私も院長にぶうぶうと文句を言っていた時期がありました。

「小児歯科もやればいいじゃない」

「普通の虫歯治療も希望する方にはすればいいじゃない」

今、思えば何もわかっていなかったのですが

その時に院長は私にこう言いました。

 

私でないとできないことだけを私はやる

私でなくてもできることは何も私がやる必要はない。

 

歯科医を現役でやれるには人生の残り時間が少な過ぎる

だから、徹底的に噛み合わせ治療にエネルギーを注ぎたい

と。

 

そのことを聴いたときに私は

ああ、この人は本当に時間が足りないと思っているんだ、と感じたんです。

それほど深い世界に入りこんじゃったんだと、感じたんです。

深まっていくとは

そういうもの、です。

 

好奇心が止まらない

というその心境は

私が唯一この院長と共感できる部分でした(笑)

 

思い切り、やってもらおう

と覚悟を決め

それ以来、院長の方針に文句を言うにはピタリやめ

徹底的にサポートする方向に変えました。

 

それが、今思えばよかったのかなあと思います。

 

人生は何が幸いするか、本当わかりません。

 

こだわり過ぎて本当に難しい人

と心底思っていたけれど

今となってはそれが最大の吉本歯科医院の財産になっているのですから。。。。

 

人も仕事も、なにもかも

とにかく好きなものだけ、熱中できるものだけに

絞り込んでいきたいです。

 

なぜなら、

残り時間は少ないから、です。

うんと若い頃のように、人生は永遠に続くと

思えなくなってきたから

 

親が死に

友達が死に

大切な人がある日突然死に

「私の残り時間はどれくらいある?」と

ふと思った時に

なにもかもは手に入れられないので

やりたいことを絞りこみ、そこにエネルギーを集中したいと

思いませんか?

 

やりたくないことをやっている時間は一秒も惜しいのです。

 

その時、その場、目の前の人に

向き合っていく時間が何よりも幸せな瞬間です。

 

最近は、こんな感じでまた熱い、熱い、熱い、せいか

なぜか最近であった人は同じように熱い人が多いのです(笑)

 

もうまもなくご紹介しますが

当院の7月号のニュースレターから、後ページを面白く飾ってくださる

素敵なイラストレーターさん、絵本作家さん?に出会いました。

 

本当に可愛らしい女性なのですが

話すとものすごい熱さで、マグマのようなエネルギーを秘めていることを

知り、先日は初対面で5時間も熱いトークをしてしまいました。

 

こんなこと作ってくれる人いないかなあ

ってずっと探してたんです。

出会わせて下さったキーマンにも感謝です。

 

願えば、届けられるんですね、本当に!

もうびっくりです。

神様、ありがとう!と叫んじゃいました(^^)

前ふりが長くなりましたが、どうぞお楽しみに!

2011.05.25あたらしいものさしPV出来ました!

 

あたらしいものさし~母性型へのシフト

 

こんなの出来ちゃいました(^^)

ご覧下さいね。

2011.05.24素敵なお洋服を

森下の長女、りっちゃんです。

りっちゃんが着ているお洋服をご覧下さい(^^)

素敵な素敵な患者さんのプレゼントです。

しかも、手作り!!

DSC01077.jpg

森下の嬉しそうな母の顔です。

一番いい顔をしている瞬間です。

DSC01108.jpg

うちの娘とおそろいです。

お袖が可愛いでしょ?

 

 

ぞうきんもまともに縫えない私です。

こんなお洋服をチャッチャッチャと作ってしまうなんて

もはやもう神の域

 

お写真で紹介したいほど、きれいで可愛くって上品な女性なんです。

あんまり美しい方だったのでスタッフ一同騒然!

大袈裟じゃなく、本当に騒然としちゃったんです。

 

そして私と同じ伊予の女(^^)

伊予=愛媛

です。

そう、松山からお越し下さいました。

 

故郷びいきの私は、

「やっぱり伊予女はきれいよね~~」

勝手に自慢しておりました(笑)

 

そして日曜は畑に行ってきました。

DSC01117.jpg

レタスを山のように・・・

DSC01129.jpg

ご存知でしたか?

空豆って、空に向かってはえるから

そらまめ、なんですって!

DSC01139.jpg

無農薬なので、こうしてネットを張るのです。

ネットを張っているのは、この畑でお野菜を作っている

香川大学経済学部の関先生。

DSC01145.jpg

間引した人参です。

これでサラダを作って食べました。

甘いのなんの・・・・

DSC01147.jpg

収穫したソラマメ

DSC01162.jpg

大根さんです。

はっぱも食べちゃいます

そんなこんなの日曜日。

 

野菜三昧ですっかり身体がきれいになりました。

収穫の時期には人参やレタスやトマトが

捨てるほど

あるそうなんです。

 

無農薬のお野菜が欲しいわ

という方、ご一報くださいね。

一緒に畑に行きましょう(^^)

 

何より土をいじるだけでなんだかとっても気持ちが良くなるのです。

土の力ってすごい!

DSC01173.jpg

当院の歯科衛生士、杉本茉奈美です。

髪をさっぱり切っちゃいました。

可愛いんです。

横顔が特に(^^)

DSC01097.jpg

得意の盗撮です(笑)

当院の歯科衛生士田中彩夏です。

きれいな編みこみでしょう?

・・・・・鼻をほじってるわけじゃあないんです(^^:)

2011.05.24FM香川さんが吉本歯科医院にやってこられました(^^)

DSC01183.JPG

今日は吉本歯科医院にFM香川のパーソナリティ藤澤翼さんがお越し下さいました。

6月6日(月)16時26分~当院院長が「予防歯科」についてお話させて頂きますので

ぜひ聴いて下さいね♪

ラジオは78.6へ(笑)

 

収録は1時間の予定だったのですが、事前に段取りをして下さっていたお陰で

あっという間に出来上がってしまいました。

そして驚いたのは、

パーソナリティの藤澤翼さんの「引き出す力」です!

う~ん、聴き上手

う~ん、ナイスなあいづち

う~ん、思わずうなってしまうような素晴らしいクロージング

 

さすが、プロ!

話を上手にするだけでなく、目の前の人を気分良く話させてしまえるということも

すごい能力ですよね。

 

それでは、ありがとうございました~!!

と録音が終った時点で私達思わず、

パチパチパチパチ!!

「すっご~~~い!!!天才!!」

賞賛の嵐でした(笑)

 

すごいものはすごいですもんね。

 

思わずラジオを毎日聴こうかな?という気にさせてしまう

素敵な藤澤翼さんのトークでした。

 

6月6日(月)16時26分~FM香川

ぜひ、お聞きくださいね(^^)

2011.05.18ぐっときちゃうんです(^^)

masai.jpg

今朝、出勤すると机の上になにやら紙袋とお手紙が。。。

当院にご遠方よりお越し下さっている患者さんからでした。

 

私達吉本歯科医院のことをとても誉めて下さって

さらに、「母性型経営」のこともニュースレターなどやブログを読んで下さり

とてもよく理解してくださっており、

思わず読んでいるうちにホロリときてしまいました(泣)

こういうお気持ちを素直に書いて下さるお手紙を頂くと

私どうもぐっときちゃうんです(^^:)

 

お手紙の中には、私達と歯医者さん以外のところで

ご縁があったかもしれないという不思議な経緯を書いて下さっており

「今こうして歯医者さんと患者さん」という立場で出会っているけれど

実はそれ以外にも縁で繋がっていたかもしれないと

思ってしまうような出来事です。

 

最近はつくづくその目には見えないけれど、実は繋がってたという

「ご縁」というものの存在を感じます。

 

先日もある会でびっくりするようなことが、あったんです。

私達吉本歯科医院の玄関先には、四国88ヶ所を巡るおへんろさんの道しるべのために

石碑を建ててあります。

 

その石碑はどなたかがお金を寄付されて私どもの医院の前に立ったものです。

その石碑にはあるご夫婦のお名前が刻まれてあるのですが

私達は一度もそのご夫婦に会ったこともなく、お名前も存知あげることは

ありませんでした。

 

どんな方だろうなあ~~

と思っていたのです。

 

すると、先日の会で事務局をして下さっている女性が

声をかけて下さったんです。

「実は吉本歯科医院さんの前に建てさせてもらった石碑を寄付したのは私なんです(笑)」と!

「こないだも両親を連れて吉本歯科医院の前の石碑を見せに行ったのよ~」と。

 

もう本当にびっくり、です。

この女性がご両親のお名前を刻んで建てられたものでした。

 

思わず2人で抱き合ってしまいましたよ(笑)

「不思議ね~~~」

「本当ね~~」

「ご縁ね~~」

と、一気に心の距離が縮まってしまいました。

 

私はあの石碑は実はうちの守り石だと思っています。

吉本歯科医院は実はいろいろなことをしてあの手この手で悪いものが入ってこないように

しているのですが、この石碑もなかなかにいい仕事をしてくれるのです(^^)

 

私は別に何か特別な宗教を持っているわけではないのですが(^^:)

信じていることが、いろいろ、あるんです。

玄関をきれいにしておくといい

とか

玄関には生きた花や緑を置くといい

とか

風をこまめに通らせるといい

とか

いろいろ、ありますよね?

 

環境を整えるということはものすごく大事なことだと思っています。

心の中と環境はいつも比例しているので

自分がいつもいる場所が毒素だらけだったら

やっぱり心の中も毒素だらけになりそうじゃないですか?

 

このお手紙を頂いた患者さんには先日も美味しい新鮮野菜を頂いたのですが

こういう気持ちのいいものを身体に取り入れることで

どう考えても心模様が違ってくると思うのです。

 

環境というと、もちろん職場だって環境です。

環境といえば、その中には職場の雰囲気だって、環境に含まれてしまうのです。

環境は、人間関係も含んじゃうんです。

 

私達の一日は、人によっていい気分にもさせられるし

人によって嫌な気分にもさせられます。

私は一人で生きているよ、と思っていてもやっぱり人の影響を受けて生きているんです。

 

私はこの母性型経営を発信しはじめてからずっと思っているし

書いていることが、あります。

それは

好きな人とだけ付き合う

ということ、です。

仕事も同じです。

 

最近は特にそう感じるようになりました。

今、私は「好きな人」としか付き合っていません。

嫌いな人とは一度会ってもそれ以上はないので、やはり続かないのです。

もし、縁があればどこかのきっかけで出会うと思っているので

自分から無理に何かアクションを起こすことはまずありません。

 

 

と言うと、とっても傲慢なように聴こえますが

きっと誰でも無意識にそうしてると思うんですが、いかがでしょうか?

好きな人とは会おうと思うけど

わざわざ嫌いな人にわざわざ電話して会おうなんてことには

絶対ならないですよね?(--)

 

職場も同じです。

あまりにも波長が合わない人とは一緒に仕事することが

できないんです。

いらないストレスを感じて消耗しますし

何より誤解ばかり生むし、トラブルや問題が起きてしまうのも

人間同士の波長が悪いから、です。

 

波長の合う人と一緒に仕事をすると

一から100まで言葉を尽くさなくても、

だいたいは「言わなくてもわかってくれる」状態なので

もう本当に楽チンなのです。

 

私は受付の松本(旧姓;樋口)が窓口となっていろいろなことを

私に取り次いでくれるのですが

彼女の一を聞いて100どころか、1000くらい知ってくれる「察する能力」の

お陰でどれほど楽をしているかわかりません(笑)

 

痒いところに手が届く

まさに、こういう状態でしょうか?

 

当院の松本は、過去に38名の社長さんに「欲しい!」と言われました。

正の字を付けて数えてるんです、私(笑)

絶対、離しませんけど!!!

 

なるほど~~

誰でもこういう「一を聞いて十を知ってくれる存在」が欲しいんだなあと

思いますし、実際私もそんな奥さんが欲しいです(笑)

 

私達吉本歯科医院が、ここ何年もまあ本当にトラブルもなく

おかげさまで多くの患者さまに支持して頂けているのは

もちろん当院院長の技術も大きな理由だと思いますが(←怒られそうですーー:)

中にいる人間の心の状態が落ち着いているから、だと私は勝手に思っています。

 

人は人によってダメージを受けるストレスが一番大きいと思うのです。

どんなにひどい状況でも周囲の人間との波長がきちんと合っていれば

人間そこそこ元気になっていけるもの、です。

 

子供の頃に言われましたよね?

 

誰とでも仲良くしなくちゃいけないよ

・・・と。

 

しかし人間には

どうしても

合う、合わない

好き、嫌い

があります。

 

例えば私であれば38年生きてきて

その38年という全人生の体験の中で判断して

「ああ、この人好き!」と感じている

または

「どうもダメ」と感じている

のだから

そういう直感から導きだされた

好き嫌いのモノサシは

実はとっても大事なのです。

 

私は

無理する

とか

我慢する

とか

強制する

とか

そういう言葉が大嫌いです。

 

されるのも嫌だし、自分がするのも嫌です。

軍隊じゃないし。。。

 

我慢してあの人と一緒にいる

とか

嫌いだけど頑張って好きになる

とか

そんなことはどう考えても無理なんです。

 

頭でどんなに好きになろうと思っても

心と身体がギクシャクして病気になるだけです。

 

それよりも、自分の心の状態をいつも風通しのいいものにして

そしていつも誰にでも心をオープンにしておいて

そこで出会っていく、繋がっていく人とだけ

きちんと付き合っていけば、

勝手にいい循環に入ってくると思うのです。

 

現実に

私共吉本歯科医院には、今、「あの人どうも苦手」という患者さんは

お越しにならないんです。

これ、本当に不思議!

うちのスタッフたちはいつも言うのですが

「うちに来て下さる患者さんていい人ばかりだよね」と。

 

そういう状態を作り出すことが

経営者の仕事かなとも最近思います。

 

いい人ばかりがやってくると

中にいる人もストレスがないです。

優しい人がくるとこちらも優しくなってしまうので

社員教育なんて必要なくなるんです。

 

従来型の経営スタイルとはもう全く違った概念ですよね。

人は教育しなければならない

のではなく

土壌を良くすることで勝手にいいものが育つという感覚です。

 

教育しなくちゃ~~

なんて気負ってしまうと

一人一人個性も違うし、能力も差があるし、大変です。

 

素地のいい人であれば

能力は勝手に引き出されます。

長所発見です。

 

短所をほじくり返したって

短所を一番知っているのは自分です。

 

長所は伸びますが

短所はなかなか消せません。

 

それにその短所がまたシーンが変わると最大の長所や魅力にも

なってしまうものなのです。

 

今、自分が誰と付き合っているのか

どんな人と一緒にいて

どんな人と仕事をして

どんな人とご飯を食べて

どんな人にお金を払っているのか

って、意識しますか?

 

私はものすご~く意識します。

不快なものや、少しでも引っ掛かりがあるようなことには

手を出さないし、お金も出しませんし、付き合うこともないです。

 

逆に

心がこっち!

と動いたことには即決です(笑)

 

そうしていると

本当に、スムーズにことが動くので不思議です。

 

私達の日常にはいろいろなことが起こります。

これは仕事のこと

これは家庭のこと

これは友達のこと

これは子供のこと

いろいろシーンはありますが

実はそのものは一人の人間がやっていること、引き起こしていることなので

出てくる結果はやはり同じなんです。

 

誰とどう関わるか

ってものすごく大きな問題だと私は思っています。

 

なぜなら、私達人生全般に関わることすべてを

運んできてくれるのは他でもない「人」だから、です。

 

波長の合う人はやはり自分にとっていいものを持ってきてくれます。

しかし、頭では「付き合っておいたほうがいいかな」と考えるけど

どうも波長が合わない人と付き合っていても

運ばれるものはやはり「合わないもの」なのです。

 

好きな人とだけ付き合う

と決めると

自分の周りから嫌いな人が消えます。

 

なぜなら、会わないので

それでも、どうしても今の環境で顔を合わせなくてはならないのなら

それはそれで対策を考えます。

 

嫌いな人とわざわざ付き合っている時間は

人生にはないのです。

好きな人とだけ、一生懸命向き合って生きていたいです。

人生は長いようできっとあっという間です。

 

もっと深く濃く付き合っておけばよかった

と死ぬ前に思うのは悲しいので

やはり、好きな人とは徹底的に濃く関わりたいと思います。

職場でも同じです。

 

今夜は母性型勉強会です。

今日は県外からもお越しくださる方がいます。

過去最高の参加人数かも?(^^)

楽しみです。

ご報告しますね。では、行ってきます(^^)

2011.05.14母性型のお話をしてきました

好きなことを話してもいい

という会はなんて楽しいんでしょう(^^)

DSC_4305.jpg

私達の医院での取り組みを少しだけお話させて頂きました。

DSC_4314.jpg

ほとんどが男性だったので、

「女性は男性の何を見ているか?」

「女性にサポートされるには?」

「こんな上司なら女性が喜んで動いてしまうのです・・」

と、好きなことを好きなだけお話させて頂き、大満足です。

DSC_4334.jpg

そして、ちゃっかり吉本歯科医院の宣伝も忘れずに・・・・・(^^:)

 

この会場でたまたま私のお隣に座ってらしたある老舗お料理屋さんの現在の社長さんと

お話をしている時です。

 

145年以上も続いているんだそう。

まだお若い社長さんできっと私とそう変わらない年です。

「145年も続いているお店を引き継ぐなんてプレッシャーですよね?」と

私がお話すると、

「いや~、もう本当にプレッシャーでどうしようかと思います。」と一言。

お父様が体調を崩されもう継がなくてはいけない、と切羽詰った時は

どうしようかと思った・・というお話をしてくれました。

 

そんな中ドキドキしながら一生懸命145年続いたお店を頑張って盛り立てようという

姿勢がとっても素晴らしいなあと素直に思いました。

 

だいたい、男性が多い会などにお邪魔すると

えてして男性は、特に社長さんは、「いいところを見せよう」と少し気負ってしまいがち、です。

ガチガチの鎧を着て、「どうだ~~!!」といわんばかりでカチンコになっている人もよく見かけます(^^:)

 

弱音を吐いちゃみっともない

弱気を見せちゃ格好悪い

という気持ちもわかります。

当院の院長もお外にいくとガチガチにかたまって人と話しております(苦笑)

 

しかし、ことこれが女性の場合には

「素敵だなあ」と思ってしまうポイントが男性とは真逆だったりも、するのです(--)

 

かっこよくみせよう

いいところをみせよう

いけてるようにみせよう

仕事できるようにみせよう

と意識するとかえって

「・・・・こんまい・・」と思ってしまうものなのです。

 

逆に

素直に

プレッシャーでたいへん

どうしたらいいかわからな

困ってることがいっぱい

 

なんて、ポロッと言えてしまうと

女性はホロリきてしまうもの、です(笑)

一生懸命だから

悩むし

真剣だから

うまくいかないことだって

出てくるんです。

そして、素直に感情を話ができる

というところに

「器の大きさ」を感じてしまうのです。

この微妙なニュアンスおわかりいただけますでしょうか?

女性ならきっと「わかるわかる」とうなずいて下さると思うのです。

 

頑張っている人

一生懸命動いている人

がもちろん大前提なのですが(笑)

 

それは男も女も同じです。

 

そういう自分が抱えている負の感情を素直に人に表現できてしまう人って

私は素敵だなあと思います。

 

実際に、母性型勉強会にお越しになる男性の方にはそういう方が多く

そうなるとやはり周囲の女性はほうっておかないのです、というか、ほうっておけない、のです。

「なんとかしてあげなくちゃ」

「サポートしてあげなくちゃ」

という気持ちのスイッチを女性の中からひっぱり出せたら

後は、本当に面白いほど勢いがついてくるものなのです。

 

先日も書きましたが

この世は全てバランスです。

光があってだから影があり

太陽があってだから月があり

オトコがあってオンナがあって

鍵と鍵穴のように絶妙にできているんです。

 

お互いがその特性を殺しあう関係ではなく、

特性を生かし合った時、すごい力になります。

 

本来、オンナはとんでもない底力を持っています。

それは生命を産み、育む性だから、です。

子供を持つ持たないに関係なく、

そういう育む、いたわる、支える、癒す

といったエネルギー貯蔵タンクのような存在なのです。

 

女性も癒されたいわ

という声が聴こえてきそうですが

女性は本来他人に癒してもらわなくても自家発電できちゃう生き物です(笑)

底力を信じれば。

だからオンナは長生きですし

自殺をするのもほとんど男性です(--)

オンナかゴキブリか?と言われるほど、実はずぶとい存在なのです。

 

 

それに対し

男性は小さい頃から

おだててもらってて

ほめてもらって

すごいすごい

と母やおばあちゃんやお姉ちゃんや周囲のオンナの子に

おだてられはじめて能力を発揮しちゃうのです。

違いましたか?

私はそう思います。

 

けなしちゃいけないし

自信を奪っちゃいけないし

とってもデリケートなのです。

 

デリケートだからこそ、大事に大事にすると

すごい力を発揮してオンナや子供やそして国を

命をかけて守ってやろうと思うのが

男性の特徴ではないでしょうか?

 

家と組織はきっとまったく同じです。

男の役割と女の役割がきちんと果たされているところは

うまくいきます。

そのバランスが崩れるとおかしくなるのです。

表面上うまくいっているように見えても

体のどこかに精神のどこかに不調をきたすのです。

 

なぜなら、

私達は

頭で考えている生き物のようで

実はその前に、人間という動物だからです。

生まれもった特性をそのまんま生かしてスイスイ生きるほうが

どう考えても楽でうまくいくのです。

 

 

・・・・と、こんな話をどんどん深めていくのが

「母性型勉強会」です。

ぜひお越し下さい。

そしてあなたの会社もぜひ「母性型経営」を(笑)

いいことずくめ、です。

「母性型経営」をされている社員の声もぜひ実際お聞き下さい。

 

 

あたらしいものさし~母性型へのシフトホームページをオープンしました。

http://atarashiimonosashi.com/

母性型勉強会のご案内の動画ができました~(^^)

http://youtu.be/gdt6MqXkAVA

 

次回母性型勉強会は5月18日(水)午後6時半~8時半

高松国際ホテルにて 会費3,000円(食事代込み)

お申込は吉本歯科医院 info@8181118.com

 

そろそろ締め切りです。

お申込はお早めに。

香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 歯を削る前に知っておきたい7つのこと。メールセミナー全7回 インプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • インプラント治療をする前に患者さん側が確認しておくべき5つのことインプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 合わない痛い総入れ歯でお悩みの方へ固定式入れ歯 インプラントオーバーデンチャー 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 診断が変われば治療は変わる 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 歯の予防 PMTC 歯の定期健診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 働きやすさが自慢の職場 子育て支援 吉本歯科医院 香川 高松
  • オール・オン・フォー All-on-4
  • 吉本歯科医院の「治療の特徴」
  • 歯科医師の採用について
  • newsletter
  • movie
  • 患者さんからのお便り
  • 無料メール相談・お問い合わせフォーム
  • メディア掲載実績・講演依頼
  • 歯科医院の方はこちらをご覧ください
  • 院長ブログ
  • マネージャーブログ
  • カウンセラーブログ
  • コンシェルジュブログ
  • 香川 高松市 吉本歯科医院 コンセプト
  • 当院のインプラント治療の特徴
  • 香川 高松 吉本歯科医院 自覚症状をお持ちの患者様へ
  • 香川 高松 吉本歯科医院 症例 事例

治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!