吉本歯科医院

087-818-1118

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

インプラント,噛み合わせ,総入れ歯,審美,治療は香川県 高松市の吉本歯科医院

香川 高松 吉本歯科医院
治療メニュー
  1. 1)インプラント
  2. 2)薬で治す虫歯・根っこ治療
  3. 3)歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎
  4. 4)削らない治療・接着ブリッジ
  5. 5)マウスピース矯正・
    目立たない矯正
  6. 6)審美歯科・歯を白くする
  7. 7)予防治療PMTC
  8. 8)顎関節症・顎が痛い
  9. 9)金属アレルギー
  10. 10)入れ歯
  11. 11)治療価格
  12. 12)親知らず
  13. 13)噛みあわせ
ホーム > 香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

2010.04.20吉本歯科医院スタッフ一日勉強会

昨日は吉本歯科医院のスタッフとコピーライターの人見さんhttp://www.coneri.co.jp/と社員さんのクリエイターの女性スタッフさんと合同で?ミーティングを行いました。

気分を変えるため、三木町のおくごうの会場をおかりしました。

吉本歯科医院のミーティングをはじめたそもそもの目的は、ともに働く人たちと考えやイメージを共有したい、ということからでした。

例えば、吉本歯科医院が求める人物像はどんな人なのか?

と問えば、今のスタッフはおそらくその理想とするイメージ像が同じように共有されていると思います。

個性は違えど、どんなことを大事にしていたいのか、どんなことに嫌悪感を感じるのか

どんなことに向かっていきたいのか、というところが全く違っていてはなかなかチームはまとまりません。

その根底となるイメージが共有されていれば、いわゆる「接遇応対」ひとつにしても

細かいマニュアルを作って教育しなくても大丈夫なわけです。

吉本歯科医院では、「意識を配る」ということをとても大事にしています。

気配り

心配り

手配り

目配り

このなんとなく「人の気配を察する」ということが身についていれば、後は必要な事項は

その都度知識として教えていけばいいだけなので、とてもスムーズです。

 

逆に、この「意識を配る」という能力がまったくない人に対して、どんな素晴らしい知識を教えたとしてもそれは、基礎のない家を建てるほど労力のわりに結果がよろしくない、ということが起こります。

私は、吉本歯科医院のスタッフとともに、「最高に気配りができる人」になっていきたい、と思っています。

現在、吉本歯科医院では院長吉本彰夫を筆頭に院長を想いをみんなが共有して

日々の診療にあたっています。

先日院長が改めてつぶやいたことがあります。

「なんだか、最近かゆいところに手が届くようにみんなが先先動いてくれるから精神的なストレスがほとんどないなあ」と(笑)

嬉しかったですね。それを聞いて。

「よっしゃ!」と心の中でガッツポーズです(^^)

トップが動きやすいように、周囲が気配りをし、気働きをしているチームみんなが

それぞれの場でイキイキ動いているのが理想です。

なんとなく、近づいてきたかなあ?

イメージした通りにしか、現実にならないというの本当ですね。

こんな風になったらいいなあ、と2年ほど前に漠然と考えていたのですが

今思うと、そのイメージ通り、いやイメージ以上の現実が今ここにあります。

う~ん、嬉しい。

それもこれも、素敵なスタッフが揃ってくれているから、です。

 

昨日の勉強会では、カウンセラーの森下の提案で「もっとみんなのことを知りたい」というテーマがありました。

そこで森下が取り出したもの・・・それは!

IMG_2047.JPG

手相です、わ(笑)

それもスケッチブックに何枚も休みを返上してもくもくと勉強した跡が(^^)

IMG_2045.JPG

感情線やら頭脳線、生命線に出世線、医療関係者の線やなにやらかにやら、奥が深いのです。

森下の解説を聞きながら一人一人検証していくと、相当あたってました。

いやあ、びっくり。

私も、そのまんま、でびっくり。

IMG_2044.JPG

カウンセラー森下はるみはカリスマ占い士に転身できそうなほど、説明が上手で

みんなもびっくり。

森下の驚くべき一面を見た、という感じです。

 

彼女が最後にみんなに向かってこういいました。

「今回、私がこんなことをしたいなと思ったきっかけは、もっともっとみんなと心の壁を取っ払って付き合っていきたい、と思ったから。

家族や夫婦はどんなにひどい言葉を言い合っても離れたり縁が切れたりしませんよね。

でも、他人同士はどんなに仲良くてもちょっとした言葉のやりとりやコミュニケーションの行き違いで

縁が切れてしまうことがある。

吉本歯科医院の仲間とはずっと一緒にいたいので、心の壁を取っ払って心から信頼しあえる

関係になりたい」と。

こんなことって言えます?面と向かって。

なかなかいえませんよ、普通は。

私は森下の言葉を聞いてなんだかとっても胸が熱くなるのを感じました。

 

みんなの目をまっすぐ見てちゃんとこういうことを話ができる森下は

素敵でした。

 

もうひとつ、手相のいいところはみんなで手を触れ合えること(笑)

一緒に毎日顔を合わせても意外に手を触れる機会ってないんですよね。

触れるってとてもすごいことで、触っただけで、その人とぐっと心の距離が近くなります。

エッチな意味じゃなくって(笑)そう考えるのは私だけか?と横で突っ込まれています。。

森下はそういうことも含めて「手相をしよう」と考えていたそうなんです。

深いですね~

IMG_2051.JPG

帰りに「おくごう」の方がたけのこを掘ってきて下さいました(^^)

 

 

追伸 昨日、瀬戸内海放送のスーパーJチャンネルで吉本歯科医院を紹介して下さいました。

    ほんのちょっとかと思いきやとても長い時間で驚きました。

    森下が超アップで出ていたので今朝のミーティングではその話で持ちきりです。

    アップに耐えられるように普段から女を磨いていなくてはいけませんね(^^)

2010.04.19畑で野菜を作りませんか?(^^)

土曜日、畑に行ってきました。

畑を快く貸してくださっているのが、檀紙町の河西家(ニレの樹建築さんです)です。

こちらの河西若夫妻がとても素敵なのですが、さらにさらにご両親が素敵な方で

いつも畑に行くと、あれやこれやとほとんど手伝って下さり、手取り足取り教えて下さいます。

西インターのあたりは、高松市ですが空気が全く違うんですね。

まさに、地に足のついた生活を送っているなあという河西一家なのです。

 

お天気のいい休日、畑体験の写真をご紹介しますね。

一緒に畑をして野菜を作りたいわ、私♪という方はぜひお声かけ下さい。

いいですよ~、。土は(笑)

IMG_1944.JPG

未来をになう子供たち・・・今から長くつにはきかえ畑に!

IMG_1948.JPG

地ならしした畑にビニールを張っていきます。

IMG_1947.JPG

ニレの樹建築の大工さん&1級建築士さん、河西くん。自宅の木の家は、いるだけで癒される

本格日本建築。ああ、木の家が欲しい。

IMG_1951.JPG

ビニールの上から苗を植える穴をあけていきます

IMG_1952.JPG

穴をあけたところに苗を置いていきます。何の苗??

IMG_1955.JPG

穴を開けるのも腰がひけています(--;)

IMG_1960.JPG

こなれてきました

IMG_1966.JPG

上手に埋めていくのもなかなか難しいのです

IMG_1972.JPG

とうもろこしの苗はこっちね

IMG_1980.JPG

苗が埋まったところで水をやりましょう

IMG_1986.JPG

せっせと水やりです

IMG_1995.JPG

お水をあげた畑に、今度は日よけ風除けをしました

IMG_1999.JPG

さくらんぼの木です。5月には真っ赤なさくらんぼができるそう。

食べ放題なので食べにおいでと嬉しいお誘いを(^^)あっという間に食べつくしてしまいそう

IMG_2003.JPG

たまねぎを引っこ抜いています。うんとこしょどっこいしょ、です。

IMG_2014.JPG

河西くんのお父さんがお孫ちゃんのために作った滑り台。

なんでも作っちゃいます。さすが大工さん。

IMG_2013.JPG

竹馬だって作っちゃう(^^)

IMG_1959.JPG

そろそろ日が暮れてきました。

ここに来ると心模様が全然違ってきちゃうのが不思議です。

流れている時間がゆったりしてるせいか、呼吸までゆっくりじっくり。

畑が終ってみんなでお茶を頂きながら食べたよもぎもちの美味しかったこと。

また畑に行くのが楽しみな私です。

お陰で夜は泥のように眠れました(笑)

2010.04.19サングラス

IMG_2035.JPG

こんなサングラスを買いました(^^)

というのも、先日から通っている目医者さんが「目も日焼けするのよ~。サングラスは必須よ~」と

言った一言がきっかけです。

サングラスといえば、「芸能人がするもの」という意味不明なイメージがあったんですが

違います、ね(笑)

先週金曜日に行った会合でたまたまお目にかかった楓月(カツキ)眼鏡店さんに行ってきました。

「眼鏡屋さん、眼鏡屋さん」とずっと探していたのですが、なかなか探しにいく時間もなく

ふと目の前に現れた眼鏡屋さんに「ここだっ!」と思い、すぐにお声をおかけし

「近いうち行きます」と(笑)

 

楓月(カツキ)眼鏡店の坂東さんです

katsukisan.JPG

一見派手なイメージですが(??)、お話すると、とってもシャイっぽく、誠実な方。

悪いことができなさそうな方、といえばいいでしょうか?

あれこれ眼鏡を試し、結局2個も買ってしまいました。

なぜって、4月中は半額なんですって(^^)

サングラスが欲しい方は、今のうちに・・・ですね。

こだわった眼鏡が欲しい方にはピッタリのお店だと思いました。

 

コンタクトをしているのですが、もともとは眼鏡好きの私。

この夏はサングラスが大活躍しそう、です。

2010.04.19藤井裕子様 顎関節症の治療終了

fujiisama.JPG

【患者さんの声は「実際に治療を受けた人の感想を知りたい」という患者さんの
声から生まれました。

ご登場頂いた患者さんはどの方も快く私どものインタビューを引き受けて下さ
った方ばかりです。

治療中はご苦労をされた方、食事ができずにお困りになった方、いろいろな方
がいらっしゃいます。

いいことばかりではありません。

いいことも、悪いことも、両方知って頂くことが大事なんだと私達は考えて掲
載していました.

ホールページでの医療広告ガイドラインが変更となり,患者さんの声の掲載を
削除しました.

個々の患者の状態等により当然にその感想は異なるものであることから,
「患者等の主観に基づく、治療等の内容又は効果に関する体験談」が広告とし
て取り扱われることになりました.

院内掲示、院内で配布するパンフレット等は今まで通り,広告ではなく情報提

供や広報と解されることから医院にて「患者さんの声」はご覧くださいね】

2010.04.17院長、本日より韓国へ研修会へ出発です

IMG_1941.JPG

昨夜、異業種の方々が集まる会に院長と一緒に参加してきました。

ルーヴの野崎専務とお会いし、パシャリ(^^)

2人ともさすが前歯がキラリ(笑)

lowe029001.jpg

懐かしいお顔の方にもたくさんお目にかかれてとっても楽しかったです。

集合体でかたまってみると「なんだか硬そう」な感じの会でも、お一人お一人ちゃんと

お話させて頂くと、その印象はあっという間に消え、みなさんすべて違った個性で

素敵な方が多かったです。

やはり、人は面と向かって話さないと駄目ですね。先入観で人を見ては損をします(^^;)

 

さて、本日より、当院院長は韓国ソウルに研修会のためおでかけ、です。

そのため吉本歯科医院、本日土曜日と月曜日は休診とさせて頂いております。

大変ご迷惑をおかけします。

20日(火曜)は通常通りの診療とさせて頂いております。

 

院長がお留守で、休診なので、この機会に私は普段できないたまった仕事をかたっぱしから

かたずけます(^^;)

一人で黙々と作業をするのは嫌いではありません。

子供が診療室の中で走り回っているのですが、シーンとした雰囲気も落ち着きます。

普段ものすごく人と話している反動か、深夜に黙々作業をするのも大好きです。

やはり、人間には「静」と「動」のバランスが必要なんですね~。

 

休診中に、院内の機械のメインテナンスや、データベースの管理など業者さんに来てもらって

あれやこれやするのですが、休診中はとてもよく仕事が進みます。

月曜日はスタッフ全員で一日ミーティングです。

今回は、おくごう、の研修室をおかりして行います。

ミーティングの様子はまたお伝えしますね♪

 

2010.04.14めざせ!超10 新聞に院長が・・・

hitomisanto.JPG

めざせ!超10新聞を発行しているコピーライターの人見訓嘉さんが今月号の超10新聞を持ってきて下さいました。(超10新聞は吉本歯科医院の受付においておりますのでどうぞお持ち帰り下さいね)

来週月曜日は、吉本歯科医院は一日休診で、全体ミーティングをちょっと場所を変えて行います。

このミーティングには、人見さんと人見さんの会社の社員さんも参加して下さいます。

なぜなら、人見さんが吉本歯科医院が行っている「母性型経営」に深く共感して下さっているから、です。

他の会社の人達と一緒にミーティングするのはどんなもんでしょう?(^^)楽しみです。

これを機に、いろいろな会社の社員さんたちと合同で吉本歯科医院が現在定期的に行っている

ダイナミックミーティングを行っていきたいと思います。

 

テーマは、「幸せな仕事をするために」です(今、決めました^^)

 

一般的に社員は、社長の鏡って言われてます。

どこの会社にも、社長の足りないところを絶妙に補ってくれる社員が集まってきていると思います。

鏡というくらいなので、社長次第で社員はいかようにでも変ります。

なので、どんなにいい手法や制度を取り入れたって、社長の心向きを変えなきゃいつまでたっても

同じように問題は起こり続けるし、社長を取り巻く職場自体の空気をいいものに常に向上させて

いかなければいっくら社長一人で成長してても「振り向けば一人」状態になってしまいますよね(泣)」

私はそれは、嫌、です。

やってて面白くない。

 

吉本歯科医院では「母性型経営」っていう考え方を持っているんですが

人に対する想いもおそらく違うと思っています。

能力がないから、成果を出せないから、「はい、あなたクビね」という風土が一度出来てしまったら

なかなか壊すことはできません。

経営者は、社員を「能力がないから容赦なく切る」という考えを持った時、

同じように社員も「じゃあ、給料分以外は働かない」「要求する賃金がもらえなかったらとっとと辞める」という考えになります。

普通に考えたら誰だってそうなります。

 

冷たい想いからは、冷たい想いを引き出し

あたたかい想いからは、温かい想いを引き出していくもんだと思います。

 

奪いあう、搾取しあう、暗黙の風土がその会社に根ずいてきた会社の行き着く先は

もう見えている、と私は思うのです。

人の感情を無視した経営が発展するとはどう考えても思えない。

 

最近は、少しづつですが、同じようにこの考えに共感して下さる方がいるんです。

ニュースレターのコラムを読んでメールを頂いたり、声をかけて下さったり

「う~ん、なんだこのいい感じは?」とどんどん繋がっていく不思議な縁を感じています。

人見さんいわく、「準備運動ができていると繋がるのは一瞬」なんだそうです。

さすが、言葉の魔術師!言うことが冴えてます。

 

「面白そうじゃない!!うちも一緒に!」という社長さん、ぜひ私までお知らせ下さいね。

tomo@8181118.com

shinbun.JPG

今月号にどど~ん、と、吉本歯科医院の院長、吉本彰夫がニコニコ顔で登場しております(笑)

ぜひご覧下さいね。

中を開けてみると・・・美容室CUBEのスタッフさんたちが登場していました。

こちらの美容室は私の心の憩いの場・・・・です(^^;)

ややこしい髪質の私でも、「なんにもしなくてもきまるようにして!!」という無理難題を

いとも簡単にクリアしてくれる高見さん(スタイリストさん)

30ウン年間生きてきて今の髪型が一番しっくり気に入ってます。どんどん髪が短くなっていきます(笑)

さらにさらに、三野さんのリンパマッサージ(2時間熟睡まちがいなし)は、体中の悪いもん

全部出しましたっという体感ができちゃうすごいもの。

直接皮膚に触れてもらうことはやっぱりとっても気持ちいいもの。

だからこそ、「誰に」「どんなふうに」お願いするかはとっても大事です。

誰でもかれでもいいってわけでは、ありません。

「夜、子供寝させてからきたらいいよ」といつも優しく言ってくれる三野さんです。

寝る準備万端で、8時くらいに駆け込むのが理想的です(^^)

そしてマッサージが終ればそのまま泥のように眠ると翌朝、「誰?」ってくらいすっきりしてますから(笑)おそるべし、三野マジック。

さらに、付け加えますとCUBEの「頭洗い」は最高です。

頭洗ってもらうのってこんなに気持ちよかったっけ???とびっくりしちゃいます。

どうぞ一度行ってみて下さい↓(しかし人気があるせいか、なかなか予約が取りにくいかも???)

CUBE 林町 http://cube918.com/

2010.04.13ルーヴ野崎専務のブログ発見(^^)

今朝一番のご予約で奥様と仲良くご出勤、いやいや治療にお越しになられたルーヴの

野崎専務さん。

パシャパシャとなにやら熱心に医院の中を撮影しているので何ごとかと思いきや

奥様が「毎日ブログかいてるんですよ」とこっそり教えて下さいました。

早速、拝見(^^)

nozakisanblg.jpghttp://ameblo.jp/lowe-managerblog/

今日は、吉本歯科医院のことをご紹介して下さっていました。

たくさんお褒めの言葉を頂き、「えらいこっちゃあ」と思っています(笑)ちゃんとせねばっ

野崎さんは、吉本歯科医院の患者さんの中では伝説の患者さんリストに名を連ねる方です(^^)

スタッフたちからもよく話題に出ますが、それにもまして患者さんたちからもよくお名前が

さらにさらに、先日参加した勉強会でも、「野崎さんってほんっとリーダーシップのある素敵な方よねええええええ」とトロンとした瞳でおっしゃられいた女性社長さんがいらっしゃいました(笑)

キラリと光る方はやっぱり噂になっちゃうんでしょうね。

毎日、拝見させて頂きますっ専務どの。。。

2010.04.12母性型経営について

「母性型経営」の考えに共感して下さる方と月に1回定期的に集まって話し合い?お食事会?を重ねています。

 

共感して下さる方との時間はどんどん話が膨らみ、アイデアが誘発されます。

 

母性型経営とは、いわば行き過ぎた成果主義でギスギスした経営スタイルとは真逆の考え方です。

 

儲かることが善」「広まって大きくなることを良し」とする右肩上がりの時代はもうすでに終りました。

 

世界中に資本主義独特の、結果だけ成果だけが全てという考えが蔓延しているように日本も同じように損得勘定が人々の心を支配してしまっています。

 

損か得かだけで動くようになってしまっては、組織の中にいる人達がギスギスしてしまってもしょうがありません。

 

母性型経営って結局、何が大事なんだろうね?という話をしていた時に、「身の丈にあった」「足るを知る」「腹八分」「指示命令ではなく、まずはじっくり対話」という言葉が飛び出してきました。

 

その言葉を聞いた時に、なんとなくしっくりと心が落ち着く感じがしたのです。

 

インターネットの普及で情報は個人が瞬時に手にいられるようになりました。

 

そして、黙っていてもテレビやラジオやインターネットから、溢れるほどの情報が押し寄せてきます。

 

そしてその中に登場するのは華やかな世界で活躍している人の姿だったり、はたまた見ているだけ聞いているだけで気分が暗くなるようなニュースだったりします。

 

そしてその映像や音声はどこまでも刺激的です。

 

CMが必要以上にうるさく感じるのは私だけではないと思います。

 

人間はもともと刺激を欲しがる生き物です。

 

成長したい、会社を大きくしたい、もっと成功したい、という欲求も、いわば刺激の欲求です。

 

適度な刺激はもちろん必要です。

 

しかし、度を過ぎた刺激は人間の精神を破壊していくと思うのです。

 

刺激や欲求は快感を伴いますので、「もっともっと」とエスカレートしていきます。

 

つまり、どんなに手に入れてもいつも「乾いている」「満足できない」状態に今は、国全体がなっている、そう見えます。

 

実はこんなに豊かな国なのに、誰もが幸せそうに笑っていない国はやはり、おかしい。

そう思いませんか?

 

母性型経営は、まずは日々の生活の中で大きな時間を占める「仕事」つまり、「職場」というところをあたたかいもので満たしていこうという考えです。

 

小さな単位を安心させ、人と人同士が繋がりを感じながらいい仕事が実現できるような職場が増えれていければそこで働く人、しいてはそこに関わるお客さんや関連の会社の方がどんどん幸せになっていきます。

 

損得勘定で人との関わりをはかるのではなく、「自分自身がそれをやっていて幸せ感を得られる」という感覚を大事にしていくと経営は確かに変わります。

 

広がって大きくなること、利益を格段に上げることだけがいいことなのか?それが目的なのか?今一度考えてみる必要があると思います。

 

永遠に広がり続け、発展し続けるということはこの世にはありません。

 

それは長い歴史を見ても明らかです。

 

急激な成長はかならず破綻をきたしますし、本当に良いものであればそれはじっくりと時間をかけてじわじわと広がっていくものです。

 

また一気に大きくしたものを小さくすることは、難しいのです。

 

押し寄せてくる情報や知識を頭の中に詰め込みすぎた人間の精神はどんどん肥大し、その先に待っているのは精神の破裂なんだそうです。

 

日本人の多くがなんとなく将来に対し漫然とした不安感を持ち、なんとなくおかしいと思いつつも、世の中がそうなんだから、とあきらめている感が今は確かにあります。

 

特に会社勤めをしている方で、不安を持たずに仕事をしている方のほうが今は少ないと思います。

 

今という時代は、自分の心と体は自分自身で守っていかなくてはなりません。

 

歯も同じです(^^;)そのためには「何が本当に自分を幸せにしてくれる情報なのか」をはっきりと見極める必要があるんだと思います。

 

そして、自分の精神の平安を保つために、情報も、そして口に入れる食べ物も、「本当にこれは安全なのか?」「本当に必要なのか?」とひとつひとつじっくり考えながら自分の中に取り入れ、そしてよく咀嚼していくことが大事なんだと思います。「あれもこれも全部欲しい」「なにもかもいっぱい欲しい」のではなく、全ては腹八分で抑えていく自分を見つめる力が必要です。

 

私たちは吉本歯科医院を地に足のついた組織にしていきたいと思っています。

 

それを実現するためには、ここで働く人すべての顔がちゃんと見られる、つまり目が行き届くことが大前提です。

 

目が行き届けば、極め細やかなアクションを取る事ができます。

 

中にいる人をちゃんと見つめていくことを当たり前にしていくと、自然と「人を大事にしよう」という気持ちが溢れてくるはずです。

 

一人一人の顔が見えなくなった時に、いろいろな問題や事件が起こります。

 

それは社員を一人の人間としでではなく、「利益を上げるためのモノ」として見るようになってしまうからです。人材までも損得勘定で計ってしまうのです。

 

組織にこの母性型の風土を生み出すためには、まずは組織のトップである経営者自身が、「人を大切にしていくこと」の重要性、そしてそのことによって得られる効果を実感することが一番だと思います。

 

私は一人でも多くの経営者の方に、この母性型経営という考え方をお伝えしたいと思います。

 

社員との対話を重ね、そして重ねていくことによって必ず経営者自身の内面に変化が生まれます。

 

一般的には、会社の社長さん、また部下にとっての上司という存在は、「怖いもの」と思われなかなか近づきにくいところがあります。

 

そして経営者自身も、トップたるもの、という意識がありなかなか社員一人一人と顔を見て話をするということをしません。

 

しかし、その思い込みを取り払い、「どの人も大事な自分の家族」「すべての社員を無条件に尊重」こんな風に思うようになってくれれば、組織はいくらでも変わっていきます。

 

結局組織はトップの心ひとつでどうにでもなってしまうのです。

 

良くも悪くも。。

 

母性的な温かさが存在する、そんな組織がもっともっと増えていけば素敵だなあと心から思います。

 

母性型経営、母性型原理を詳しくお知りになりたい方は、どうぞお問い合わせ下さいね。

 

第一回母性型経営勉強会を開催します。512日(水)午後6時半~8時半。経営者以外の方でも、母性型原理に関心のおありになる方はどうぞご参加頂けます。

 

詳細は吉本歯科医院マネジャー吉本委子までお問い合わせ下さい。info@8181118.com

2010.04.09大峯様

【患者さんの声は「実際に治療を受けた人の感想を知りたい」という患者さんの
声から生まれました。

ご登場頂いた患者さんはどの方も快く私どものインタビューを引き受けて下さ
った方ばかりです。

治療中はご苦労をされた方、食事ができずにお困りになった方、いろいろな方
がいらっしゃいます。

いいことばかりではありません。

いいことも、悪いことも、両方知って頂くことが大事なんだと私達は考えて掲
載していました.

ホールページでの医療広告ガイドラインが変更となり,患者さんの声の掲載を
削除しました.

個々の患者の状態等により当然にその感想は異なるものであることから,
「患者等の主観に基づく、治療等の内容又は効果に関する体験談」が広告とし
て取り扱われることになりました.

院内掲示、院内で配布するパンフレット等は今まで通り,広告ではなく情報提
供や広報と解されることから医院にて「患者さんの声」はご覧くださいね】

2010.04.09構造医学の吉田先生の講義~IN京都

先週の日曜日、院長と京都へ行ってきました。

お天気もよく、桜も満開!タクシーに乗ると「今日は、世界中から観光客が京都に押し寄せてきている最高の日ですよ」と。たしかに、ものすごい人でした。

物理学者であり、お医者さんでもあり、構造医学研究所の所長さんでもある

吉田勧持先生の講義を受けました。

同志社大学で行われました(学生気分になっちゃいます^^)

RIMG0003.JPG

とっても難しいお話なのかと思いきや、専門的な話よりもずっとずっと人間の奥深いお話を

して下さり、思わず夕方4時まで夢中で惹き込まれてしまいました。

もちろん咬合(噛み合わせ)の専門のお話もたくさんしてくださったのですが、その専門的な話は

当院の院長がブログで書くそうですので(笑)私が、とっても興味深かったお話を紹介しますね。

kobito.jpg

この小人のおじさんの模型、ご存知でしょうか?

ホムンクルスっていうんだそうです。

手や舌の細胞が、大脳全体とつながっていることをあらわしているそうなんですね。

指や舌をたくさん使えば使うほど、指先の神経細胞と脳が連動して、脳の神経細胞をたくさん働かせるんだそうです。

なるほど、全くそうかもしれません、と妙に納得したのです(笑)

私たちも、ただぼやっと見ているだけ、目で読んだだけのことよりも、実際に指を使ってノートに書いてみたり、口に出して話してみたり相手に伝えた時のほうが、よりいっそう頭に入ってくるという体験がありますよね。あの感覚ですね。

武道家の日野晃先生もそういや同じようなことをいつも言ってたなあと思い出しました。

手や足の指の末端までいかに繊細に感覚できるか、がとても大事、と。

そしてそのことが脳を刺激し、活性化させ、頭を賢く賢くしていくんだそうです。

吉田先生いわく、パソコンのキーボートでは、駄目、なんだそうですよ。

現代人は、画面ばかり見てバーチャルの世界で、キーボーボードを打つ時間が圧倒的に多くなっているので、このホムンクルスのおじさんのような重要な体の器官を細やかに使うことがなくなってきていますよね(><)

また、吉田先生は、「歩行」ということをとても重要視されています。

地面を素足で歩くことで人間は、自分の精神状況を安定していくんだそうです。

なぜなら人間は歩くことによって、足の裏からエネルギーを地面に放出させ、エネルギー循環を

しているんだそうですね。

今は、エネルギーを放出するよりも圧倒的に蓄積の方が多くなっています。

体をあまり動かさない、という生活スタイルです。

情報も同じです。

蓄積ばかりで脳みそはパンク状態なのに、まだまだ押し寄せきちゃいます。

エネルギーというところで考えたら、それはやはり「常に循環」というサイクルで

支えられていないとバランスが取れなくなってしまうだそうです。

なんとなくわかりますよね。

 

私も煮詰まりそうになったら、即座にジョギングシューズにはきかえ、歩くか走るか、

はたまた泳ぐか、します(笑)または、居心地のいい人にくっついておく、か。

それだけで、脳みそがすっきりしますし、心もとっても落ち着いてきますし、心模様までも変ってきてしまいます。

ハイヒールや硬い皮靴は、地面と絶縁状態になってしまうので、最悪なんだそうです(泣)

また、情報も頭に入れすぎて発信していないと、パンクしそうになってしんどくなってしまいます。

つまり手や指、足、口、舌を意識的によく使っているということは、自分で自分の神経回路を使っていることと同じなんですね。

どこまでもアナログ、です。

 

例えば、指の先をちょっとばかり針で突いたとします。

すると、「痛い」と感じますよね。

痛いと感じているのは、「頭」つまり、脳です。

ですので、針でちょんと突いてから、「痛い」と感じるまでにはものすごいスピードで

神経回路が繋がっているんですよね。

指先から、手首を通って腕の関節を通って、肩関節を通って、頚椎を通って、脳に「痛いよ~」と

伝達しているわけです。

そんなこと普段意識して生活していませんが、それほどに微細に自分の体を感じられるようになったら、脳はどんどん活性化していきますよね。だって全部繋がっているから。

吉田先生のお話を聞いて、やっぱり人間は地に足のついた生活をしてないといけないなあ、と

強く感じました。

やっぱ、田んぼで野菜でも作ろうか?という気分になっちゃうのは私だけではないはず(笑)

土を触るとものすごく気持ちいいですからね~なんででしょうね?

 

「噛み合わせ」についてのお話も吉田先生はしてくださったのですが

その内容は、院長が5月号ニュースレターに書くそうですので、こちらもお楽しみに(^^)

衝撃の内容ですので。。。。。

 

講義が終わり、ちょっと花見をしていこう、ということになり二条城の桜を見てきましたよ~(♯^^♯)

http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/page037.html

それはそれは、お見事な桜たち。

さすが、京都!黙っていても人が集まるような文化や建物がいたるところに残っています。

商店街にも、京都らしい古い金物屋さんや、扇子屋さんや、風呂敷屋さんが

たくさんあり、「ああっ、ここも行きたい」「ああ、あっちも!!」と、院長を引きずりまわし

時間の許す限り、街ブラをしました。ああ、楽しかった(^^)

日帰りで行くにはもったいない、京都でした。

今度はゆっくり観光に行きたいな。

一緒に行きませんか?(笑)誰に言ってる???

香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 歯を削る前に知っておきたい7つのこと。メールセミナー全7回 インプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • インプラント治療をする前に患者さん側が確認しておくべき5つのことインプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 合わない痛い総入れ歯でお悩みの方へ固定式入れ歯 インプラントオーバーデンチャー 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 診断が変われば治療は変わる 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 歯の予防 PMTC 歯の定期健診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 働きやすさが自慢の職場 子育て支援 吉本歯科医院 香川 高松
  • オール・オン・フォー All-on-4
  • 吉本歯科医院の「治療の特徴」
  • 歯科医師の採用について
  • newsletter
  • movie
  • 患者さんからのお便り
  • 無料メール相談・お問い合わせフォーム
  • メディア掲載実績・講演依頼
  • 歯科医院の方はこちらをご覧ください
  • 院長ブログ
  • マネージャーブログ
  • カウンセラーブログ
  • コンシェルジュブログ
  • 香川 高松市 吉本歯科医院 コンセプト
  • 当院のインプラント治療の特徴
  • 香川 高松 吉本歯科医院 自覚症状をお持ちの患者様へ
  • 香川 高松 吉本歯科医院 症例 事例

治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!