吉本歯科医院

087-818-1118

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

歯を抜きたくない削りたくない方、薬で治す虫歯治療、歯周病治療、インプラントや入れ歯治療なら咬み合わせ専門歯科の吉本歯科医院。香川県高松市。

香川 高松 吉本歯科医院
治療メニュー
  1. 1)インプラント
  2. 2)薬で治す虫歯・根っこ治療
  3. 3)歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎
  4. 4)削らない治療・接着ブリッジ
  5. 5)マウスピース矯正・
    目立たない矯正
  6. 6)審美歯科・歯を白くする
  7. 7)予防治療PMTC
  8. 8)顎関節症・顎が痛い
  9. 9)金属アレルギー
  10. 10)入れ歯
  11. 11)治療価格
  12. 12)親知らず
  13. 13)噛みあわせ
ホーム > 香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

2013.12.24クリスマス

haitatsu.jpg
クリスマスケーキが届きました。
今年もあと6日です。


12月26日(木)は院内清掃、機器メインテナンスのため一日休診です。
全ての機械が停止しますので診療は行なっておりません。
どうぞご了承下さい。

12月27日(金)、28日(土)は通常診療となります。

2013.12.21その場所に座っちゃいけない人だったんです

今日、うちにもよく来て下さっているクリニックの先生に
こんなことを聞かれました。

その先生は、吉本歯科医院の受付の松本をとっても高く評価して下さっている方で
何かと声かあると、役に立つ資料や本を山のようにプレゼントして下さる方です。


クリニックの受付に座っているスタッフが
どんな教育を受けても良くならない
味もそっけもない応対をしてしまい
何度も患者さんや、来る人来る人に文句を言われてしまうのだ、と。

美人がゆえに、笑っていないと、余計に感じ悪いのだ、と。

さあ、どうしたものか?と、コーヒーをすすります。


これ、困るんです。
わかります。
悩みの種、です。


医療はサービス業ではありませんが、
私自身は、100%サービス業だと、思って毎日生きてます。
その方が、私の毎日はよほど面白いから、です。

医院の外に出たって、
そう思っています。
どんな場に行った時も
どんな会に行った時も、です。


お迎えする人を、心地よい気分にさせ
嫌な気分にならないように最善の配慮をすることは
大事な仕事です。


そういう意味では
あらゆる仕事はサービス業です。
人間関係を円滑にするためには、
絶対に必要なことです。


よく、ホテルのような場所で、すっごく感じが悪い応対する人がいますが
そういう人は、「あ~、嫌だ、嫌だ」って自分が思いながら仕事をしてるんです。


その心の中で思ってる「あ~、嫌だ、嫌だ」が、そのまま表情に態度に、そして「目」に
出てしまってるんです
自分じゃ、ばれてないと思っても
お客さんは一瞬でわかってしまうんです。


だから、「あの人、なんか感じ悪い」となってしまうんです。


特に受付となると、
もうそのクリニックの顔、表玄関、窓口、広報部長のような存在です。

その存在が
事務的で
冷たく
愛想のない人であれば
バックにある医院の内容がどんなに素晴らしく充実したものであっても
患者さんは、その奥までは入ってみようかな、とは思わないのです。


仕事をしている人間であれば
無愛想は、減給の対象です、
と私は過去に勤めた会社の上司に言われていました。



学生時代から接客をするのが好きで
いろいろなバイトをしましたが、
当時の未熟な私が見ても
「ああ、素敵だなあ」と思うような人は
いつだって、完璧な笑顔で、お客さんの応対をしていました。

どんな不愉快なことが自分に起こっても
仕事の現場では笑顔で自分を立て直していました。


無愛想なんて、ない。


私はそれを見て
「大人っ!」と思いましたし、憧れました。
そうなりたい、と思いましたし
今もそう思ってます。


自分の我があるうちは
なかなかそう大人な対応はできないのです。
「自分なんてどこいっちゃったの?」
「自分なんてものはどこにもない」
と思って新しいことをどんどん盗もう、応対の技術を取り込もう
と邁進してる時には、
周囲は自分をどんどん評価してくれるものなのです。


これらを総称して
「素直さ」
と言います。



吉本歯科医院の松本は入社してから5年ちょっと
私が言う無茶苦茶な理不尽なことも
まるごと飲み込んでいきました。


どう考えても
患者さんの間違いだった出来事であっても
「申し訳ありませんっ!!私が、思い違いをしていました!」と
すっと頭を下げられる人です。

これを、大人、と言います。


どう考えても上司のミス、伝達忘れだったとしても
「申し訳ありませんっ!!私が聞きもらしていました」
と頭を下げられます。

すごいでしょう?


これ、なかなか出来ません。


なぜなら、人には、自我があるから、です。


「私は悪くないのに、」
「だって、相手が間違ってるのに」


こう思うから、です。


大方の人は、ここでつまづき衝突します。
上司と衝突し
同僚と衝突し
お客様と衝突するのです。


仕事で衝突を繰り返す人は
家庭でも、友人同士でも同じです。


自我あるゆえに、です。


こんなことは、
とっととクリアしてしまえば、
自分はすっと楽になります。


職場でうまくやれるようになると
プライベートは嘘みたいにうまくやれるのです。
職場で磨いた技は、応用がきくから、です。


当院の松本が患者さんと衝突を起こさず
仲間とも上手に距離を取り、円滑に業務を進めてしまうのは
こういう内訳なのです。


心の中の様子の話です。


心が大人か、
心が子供か
です。


稚心を去れ
という言葉がありますが

あらゆるトラブルは
自分の心が幼稚だからがゆえに、起こります。


甘えるのをやめようと、決め
頭を上げ、
もう、大人になろう、と決めた方が楽なんです。


自分の主張を通すために
まずは、相手の主張を通してしまう
ということができるのは
大人しか、できません。


人相手の仕事は、
といっても、どんな仕事も人が相手ですが、
特に面と向かって人と関わる仕事をしている人は
このようなことが、とても大事です。


そしてそれは自分の身を守る武器になります。
敵を作らない、ために
どう自分が応対するか
相手を不愉快にさせないために
自分がどう対応するか、です。

とっても、高度です。


そして

私は思うのですが、
人には向き不向きがあると思うのです。
職業にも、ある。


受付という実はとっても重要な場所に
無愛想極まりない人を座らせてはいけないんです。


世の中は、どんどん動いて進化しているんです。
進化しない人は、淘汰されるのが、これ自然界です。
組織も、まったく同じ。

狭い世界から、一歩外に出てみると
「あっ、こりゃあ、大変だわ、私、こんなことしてられないっ」ってことは
すぐにわかります。
しかし、出ないと、分りません。
社会はそんなものです。


「あ~、嫌だ、嫌だ」と思って仕事をしている人にわざわざお願いして
お仕事をしてもらう必要はどこにも、ないんです。


きっと、その人は知らないんです。


その場所の活用の仕方を。
その場所がどれほど、社会と繋がっているかを。
その場で会える人がどれほど自分を見てくれているかを。
その場での自分の応対がどれほど、他人に影響を与えているかを。


その視点を持っているかどうか、だと思います。
「自分はいつも、見られている」
「自分の応対のひとつひとつを、他人が評価してくれている」
ということを、知っているかどうか、です。


その意識が
患者さんの前を横切る時にすっと頭を下げたり
一歩引いたり、
声の強弱になったり、
というさりげない配慮になるのです。


見られている
ことをちゃんと知っているから、
どんどん気配りのレベルが上がっていくんです。


評価される人はどんどん評価され
ダメだといわれる人はますますダメな評価ばかりが続くのです。



会社をしていたり、お店をしている人は
いつだって、人を探しています。

「いい人を」探しているんです。


その「いい人」を見つける瞬間というのは
自分がお客さんの立場になった時、
とても感じのいい応対をしてくれた
というものなのです。



だから、
今いる場所で
花開いている人は
どこに行っても花開くのです。


今すぐ、意識を変えるんです。
こうしちゃいられないっ
私は、笑ってたほうが素敵なんだ、
私のことを見てくれてる人はきっといるんだ
と早く、チェンジしちゃったほうが
得なんです。




どんな職場でも
どんなポジションでも
自分の心次第で
いかようにでも、自分の人生の扉を開いていけるのに
そのことを知らないんです。

だから、
「あ~、面白くない、こんなところで。つまらない、嫌だ嫌だ」
と思って毎日そこに座っているんです。



その場に座りたい人はたくさん、います。

座る人が間違ってるんです。



暗い幸薄そうな顔で表玄関に立たれては困るんです。
どんなにいい話も逃げていきます。


お願いして座ってもらうのではなく
ここに座りたい!ここでやりたい!という意識の人に
座ってもらうのです。


適材適所でない時には
トラブルばかり、です。


それにしても
女の人は、笑ってた方が絶対得です。
笑ってる人のそばに、寄ってくるんです。
いいものは、なにもかも。


リアクションの大きい人なら、なお、いいんです。

2013.12.21冬至にはゆず湯

yuzutoji.jpg
今朝、ゆずをたくさん頂きました。
牟礼町の患者さんでお庭にたくさんできるそうです。

「冬至かやら、ゆず湯ね」
と昨年もたくさん頂きました。


12月22日頃が冬至だそうです。
今夜は、お風呂に浮かべて楽しみます。


みかん湯やゆず湯をする時は
我が家では子供が大喜びです。
みかんやゆずを絞ったり皮を剥いたりしてしまい
お風呂上りに体が痒くなったりしますが。。。
suisen.jpg
ゆずで喜んでいると、
「庭で咲いたのよ」と寒い中水仙をお持ち下さった患者さん。

今日は治療の日ではなかったのに
寄って下さいました。


嬉しいです。
あと10日で2013年も終わり。
慌ただしいけれど、なんだかウキウキする年末です。

2013.12.21年内のご予約について

2013年内のご予約は既にいっぱいになってしまいました。
年内の新規の患者様のご予約をお受けすることができず、お電話を頂きました方、ご来院下さった皆様には大変申し訳ございません。

大変ご迷惑をおかけしております。


新規の患者様のご予約は2014年1月4日(土)の枠よりお受けさせて頂いております。


ただし
■現在進行中の患者様の応急処置、緊急を要する処置などについては
もちろんお受けしております。

■メールでのご相談も通常通りお返事させて頂いております。



せっかくお電話を頂きました患者様、ご関心をお寄せ下さった患者様には
大変失礼をしております。
心よりお詫び申し上げます。

2013.12.19あと10日

gaku14.jpg
12月はなんだか気分が浮かれます。
今朝はこんな素敵なプレゼントをお持ち下さったんです。

「どうやって作るの??」みんなで覗き込んで目が「・」です。
嬉しいです。


12月にはいると私もお世話になった方にご挨拶に伺いますが
私達のところにお越しくださることも多く、
普段なかなか会えないような方の顔が見られる嬉しい時期です。

院長も恩師の先生が直々においでくださったりと
嬉しいサプライズです。

なので今の時期の私は少々テンションが上がってます。

お歳暮を頂いたり、差し上げたり
そのやりとりをしながら
「今年もありがとう」「助けてもらってありがとう」という気持ちを
届けやすい時期です。



手にお土産を持って
ご挨拶に伺うことは、私にとって
相当心躍ること、なんです。


吉本歯科医院にお越し下さっている患者さんにも
お帰りになる際にはそろそろ
「あ、もう良いお年を、ですね」とご挨拶をして
お見送りする方もいらっしゃいます。


12月が1月に変わるだけですが
何か特別な節目のように感じます。


診療もあと10日になりました。
今年中に治療を終了してしまいたい患者さんも多く
吉本歯科医院の中はバタバタしていますが
あと少し、気をひきしめていきます。

2013.12.18治療中断の危険性

これから、吉本歯科医院にて虫歯治療、歯の根っこの治療、神経の深い部分の治療を
お受けになられる患者様へ


当院院長吉本彰夫がお伝えしたいことです。
「治療中断の危険性」
https://www.8181118.com/director/2013/12/post-72.php


初診の患者様のお口の中を診させて頂いた時に
とても多いことがございます。

それは
「治療を途中で中断したままになっている部分がある」
ということです。


多くの方は
痛みがおさまったから、まあいいだろう
仮の歯だけど、十分噛めるし、見た目も悪くないからこのままでいいだろう


こう思われます。


しかし、ここに落とし穴が、あります。
治療中断したことによって、将来、歯を失ってしまうことに繋がっていくのです。
どうぞ、お読み下さいね。


詳細は、吉本歯科医院の歯を失わないお話VOL46をお読み下さいね。

2013.12.17感情を左右するのは、栄養

SBSH0390.jpg
先週末、患者さんに美味しいお食事に招待して頂きました。
女性4人、男性1人と「おんながさわがしい」食事会でしたが
紳士なその男性は、始終ニコニコと話を聴いて下さいました。


さて、その素敵な紳士に頂いたのがこちらの本です。

女性のイライラがすっきり消える食事

一気に読ませて頂きました。

納得
おっしゃる通り
実践しなくちゃ

と思うことばかり、です。


イライラ女性は損をする!
のは、わかっているのですが
わかっちゃいるけど、イライラしてしまうのが人間というものです。


本の中に
私達の感情を左右するのは、栄養

とあるのですが

私は、これって、本当その通り、と実感しています。


振り返ってみること数年前
長男を出産する前、した後の私は
ほぼ、ばあさん状態でした。


妊娠中もつわりはひどいわ、
足はむくむは、
絶えずイライラするわ

さらに、出産は、お産が終わった後に
血圧が急低下。
「先生っ、血圧どんどん下がります!!」と看護婦さんが叫んでいるのを
鉄のハンマーで頭を殴られたような痛みが襲い
その場を気を失い、気がついたら集中治療室で寝てました。
どうやら脳のCTをとったそうです。


産後の肥立ちは恐ろしく悪く
髪は抜けるわ
肌はかさかさ
体重はどんどん減るし
もう怖かった。。。。


そんなこんなでつらい育児をしている最中に
知ったのが
「それは、栄養が足りてないのよ」
という一言でした。


なんでも、はまったらとりあえず徹底的にはまってみる
人間ですので、栄養のことを勉強しました。



そこからはあっけなく私は変わり
数年がたった時には
「あれ、そういえば、腹が立つことってそんなにないなあ」
「朝はすっきり目が覚めるなあ」
「肌の調子もいいぞ」
「どんなに食べても太らない」
ということに、なってます。


あっけない、話でしたが
そんなものです。



心と体は繋がっている
ので、
その時の感情がそのまま体に影響されるのは
あたりまえです。

便秘なだけでも、一日は憂鬱ですし
お肌が荒れてかさついてると、人の顔もまともに見られません。


髪や肌や爪をきれいにするのは
何もシャンプーやお化粧ではなく
内から8割、外2割ぐらいかな、と私は思ってます。
もちろん2割に何をするかも、大事です。


本の中にこんなエピソードがあります。

一ヶ月ファーストフードだけを食べるというドキュメンタリー映画がありました。
普段は優しい人が、2週間もするとイライラしてキレやすくなり
恋人とのケンカが絶えなくなりました。


3週間後には精神不安定でドクたーストップ。
4週間後にはファーストフードが食べたくて仕方がないという中毒症が起きました。


怖いですよね。
でも、ここから導きだされることと言えば
「人間は食べたもので性格なんていとも簡単に変わってしまう」

ということです。


感情は脳で作られる
というのも、納得です。


さみしいな
とか
かなしいな
とか
腹が立つな
といった感情は、脳の栄養状態です。


私は、ストレスを感じたり
精神疲労することによって
栄養をどんどん消費している
という栄養の考え方を知った時には
目からウロコでした。


何も
走ったり
動いたり
することだけが
栄養を消費しているのではないんです。


人間何が一番栄養を消費しているかって
精神
なんです。
ちなみに一番カロリーを消費するのは
脳だそうです。


つまり
ストレス耐性が弱い人ほど
人よりもたくさん栄養を消費しているってこと、です。



じゃあ、ストレスに強い自分を作らなきゃ、
精神力を強くしなきゃ
といきなり滝に打たれても、ダメなのです。


ストレスに強くなるには
まずは、栄養が自分の体の中に潤沢にある
ということが必要です。


質のいい栄養が潤沢に体にある
感情の元となる脳内ホルモンの状態が良くなる
少々のことでカッとしない
イライラしなくなる
「ま、いんじゃない」と思える自分になる

ということです。



栄養といえば、
30品目をしっかり、肉魚、牛乳・・・と
学校で習ったようなことしか連想しませんが
今の栄養学は恐ろしく進化しています。


誘われたけど、面倒臭いからやめておこう
勉強したいことあるけど、面倒臭いからこんどにしよ
なにもかも、面倒臭い
熱中することも、ない
楽しいことなんて、ない


これ、単なる栄養不足です。
ストレスを感じやすく
人の言葉に傷つきやすいのも
栄養が不足すると
人よりも過剰に反応してしまうものです。


私も結婚当時は
院長に「瞬間湯わかし器」と呼ばれていました。

それほど、すぐに頭にきていたのでしょう。


忘れましたが。


悪い出来事とは
ある人にとっては、大変苦しいものですが
別のある人にとっては、なんてことない出来事です。


大変苦しいものに感じてしまう人にとってはストレスです。


将来が不安で
いじいじくよくよ考えてしまうのも
栄養不足です。


お母さんと同士の付き合いで
普段の気心しれた友人とは違う集まりにでかけると
妙に疲れて、帰ってきた時には
ぐったり・・・という話はよく聞きます。


これは
なれない環境で
自分を思い切り出せない関係で
長い時間を過ごしたため、
いつもより栄養をたくさん消費してしまい
脳を落ち着かせることができず
イライラしてしまうのです。


そう、考えると
手が、打てます。


そう思いませんか??
私はなんでもすぐに手を打ちたい、性分なんです。


すぐに改善したい!
もういますぐに!!
できることはすぐやるのです。


いいな、と思ったり
素敵だなあと思う人がやってることは
すぐにやりたくなるし
欲しくなる
実践したくなる


すぐにしないと、
「あっ、やろう」という勢いは一瞬で過ぎ去っていくから、です。
土曜日に「しよう」と思っても
日曜日の朝には気は変わるのです。
そういうもの、です。


気が変わらないうちに、やる
自分の、気が、変わらないうちに、です。

他人の気が変わることは
どうしようも操作できませんが
自分の気が変わることを
やってしまうに、変えることは、簡単なことなんです。


自分の体の中を質の良い栄養で満たす
これは、大事なことです。


母性型では
自分の心のコップを愛情で満たす
が基本なのですが、
心がはいっている体をきちんとする、ということは
肉体を持ってこの世に生きてる人間にとっては
大事なことなのです。


あの世に行って魂だけになれば
栄養もどっちでもいいのですが
そうはいかないのが、この世の世界。


せっかくもらった自分の肉体
大事に大事にしたいです。
磨けばこたえてくれるのが、これ、人間の性質です。
放置すれば、崩れるのも、これ同じ。


心が寂しい時や悲しい時や
ストレスだけど頑張りすぎている時は
栄養を人よりもたくさん消費しているんだ、と自覚することが大事です。



世間は、イライラしてる女性にはえてして
冷たいのです。
イライラしてる男性より、
イライラしている女性には、より厳しく冷たいのです。

イライラした奥さんに主人は
冷たいのです。
イライラした彼女だと、別の彼女に乗り換えたくなるのです。
イライラしたお母さんだと、子供にイライラが伝染するのです。


しかし、イライラしてしまうのは
自分だけのせいでは、ありません。


栄養状態が悪いだけかもしれない。
ストレスに対して、過剰に反応してしまう「考え方」を持っているのかも、しれない。



どちらにしても、
すぐに改善できることなんです。
知れば、改善できる。
歯と同じです。にこ



悩んでいる時間などどこにもなく
はっと、気が付いたら
とっととクリアするための知識は
今はたくさん溢れています。


クリアな表情で
前を向いて歩き続けている人は
たくさんいるんです。


とっとと、秘訣を聞いて
どんどん扉を開いていけるんです。


自分の体は質のいい栄養でいつもいっぱい。
少々のことがあっても、
栄養貯金が山のようにあるので
大丈夫。


この余裕が、ますます、ストレスを消してくれるんです。

2013.12.16ようかんといのししが

youkan.jpg
患者さんが手作りして下さったようかんです。
若い女性が、ようかん。
しかも、手作り。

渋くて素敵です。
みんなで頂きました。
inoshishi.jpg
「また、山へ行って猪捕ってきちゃるけんのう」
とおっしゃっていた患者さんから、です。


予告通り
いのししをしとめてきて血抜きまでして
下さっています。


早速、しし鍋です。
どちらも、渋い!

2013.12.13母性型思考  NPO法人教育倫理プラザ情報誌「響」掲載

hibiki8.jpg
NPO法人教育倫理プラザ情報誌「響」にて母性型思考の内容が紹介されています。

2013.12.13歯医者さんの治療、途中でやめたりしてませんか?

nl5.jpg
2013年最後の歯を失わないためのお話ニュースレターが今刷り上ってきました。
う~ん、印刷のにおいがたまらない。

さあ、今回は、「治療中断の危険性」


みなさんは、こんな体験ありませんか?

歯が痛くなったので歯医者さんに駆け込んだ
ある程度治療してもらったので痛みがおさまった
口の中には治療途中になった治療部分があるまま、
または、
仮の詰め物、仮の歯が入ったまま


それでも
痛みはないし
仕事も忙しいし
見た目も悪くないので
次回の予約をキャンセルしたままそれっきり


治療は中断したまま
延期したまま

こんな体験はおありになりませんか?


吉本歯科医院にお越しになられる新しい患者さんのお口の中を診させていただいた時
治療を途中で中断したままの状態が悪化して再発、
ひどいお痛みや炎症を起こしているケースは少なくありません。


ご本人の自覚はなく
「え?とりあえずは痛みが消えたので
そのままにしておいてもいいかなって、思ったんです。軽く」

という感じです。

ほとんどの患者さんが
治療を途中で中断することの
恐ろしさ、危険性をご存知ありません。


歯を失う大きな原因となること
ご存知ありません。


さあ、今月もしっかりお読み頂き歯を失わないための
知識を身につけて下さいね。


当院院長吉本彰夫、まくしたてるように
書き綴っております(笑)

それほど、危険なんだ、ということを
知って頂きたいのです。

熱が、伝わって頂ければ嬉しいです。nl4.jpg

nl3.jpg
患者さんの体験談では、「ほうっておくと死にますよ」とまで
宣言された患者さんのご紹介をしています。


一人の体験談ほど、100人のためになるものは、ありません。
どうぞご覧下さいね。


歯を失わないためのお話「治療中断の危険性」VOL46は
吉本歯科医院受付でもお渡ししております。
ご希望の方はどうぞお声かけくださいね。


まもなく発送です。

香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 歯を削る前に知っておきたい7つのこと。メールセミナー全7回 インプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • インプラント治療をする前に患者さん側が確認しておくべき5つのことインプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 合わない痛い総入れ歯でお悩みの方へ固定式入れ歯 インプラントオーバーデンチャー 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 診断が変われば治療は変わる 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 歯の予防 PMTC 歯の定期健診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 働きやすさが自慢の職場 子育て支援 吉本歯科医院 香川 高松
  • オール・オン・フォー All-on-4
  • 吉本歯科医院の「治療の特徴」
  • 歯科医師の採用について
  • newsletter
  • movie
  • 患者さんからのお便り
  • 無料メール相談・お問い合わせフォーム
  • メディア掲載実績・講演依頼
  • 歯科医院の方はこちらをご覧ください
  • 院長ブログ
  • マネージャーブログ
  • カウンセラーブログ
  • コンシェルジュブログ
  • 香川 高松市 吉本歯科医院 コンセプト
  • 当院のインプラント治療の特徴
  • 香川 高松 吉本歯科医院 自覚症状をお持ちの患者様へ
  • 香川 高松 吉本歯科医院 症例 事例

治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!