吉本歯科医院

087-818-1118

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

歯を抜きたくない削りたくない方、薬で治す虫歯治療、歯周病治療、インプラントや入れ歯治療なら咬み合わせ専門歯科の吉本歯科医院。香川県高松市。

香川 高松 吉本歯科医院
治療メニュー
  1. 1)インプラント
  2. 2)薬で治す虫歯・根っこ治療
  3. 3)歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎
  4. 4)削らない治療・接着ブリッジ
  5. 5)マウスピース矯正・
    目立たない矯正
  6. 6)審美歯科・歯を白くする
  7. 7)予防治療PMTC
  8. 8)顎関節症・顎が痛い
  9. 9)金属アレルギー
  10. 10)入れ歯
  11. 11)治療価格
  12. 12)親知らず
  13. 13)噛みあわせ
ホーム > 香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

2010.09.10人を変えることはできないけど。

以心伝心っていうんでしょうか?

最近、「あの人どうしてるかな?」とふと頭の中に想いがよぎったひとから

本当にひさしぶりにひょっこり連絡をもらったりすることが続き、

「あれ~??どうしてるのかなって思ってたとこ!本当本当!!」(笑)と

驚いています。

こういうことって、経験ありますよね?

意識していないけれど、目に見えない何かビーム?を飛ばしているのでしょうか?

 

ここ1週間ほど、嫌な咳が続き、「う~ん、夏ばてかしら?」と感じているのですが

体調はいまいちなのですが、頭の中はあいもかわらずテンションが高い、のです(笑)

気が付けばここ2年ほどは、テンションが一定しているなあって気が付きました。

 

なんでもかんでも夢中になったりはまったりすると、ついつい寝食を忘れ没頭してしまうので

ついつい「もう、無理!」って息ぎれしてテンションがドド~んと落ちていた2年ほど前を思うと

上手にやる気や生気?を維持するコツをつかめてきたのかな?って思っています。

 

よくあれこれと動いたり書いたり人と会ったり、しんどいでしょう?

頑張ってるでしょう?

無理してるんでしょう?

と言われるのですが・・・(--)いや、何も無理はしていません。

 

外から見るとそう見えるんでしょうか?

 

確かにやることはものすごく多いんです。

でも、それは自分で作り出していることなので、実は大変大変忙しい忙しいと言いつつ

「やっていることが楽しくてしょうがない」ので、寝るのを忘れても食べるのを忘れても

苦ではない、んですね。

あまり忘れると身体が氾濫を起こしますので、それだけは気をつけねば。

 

私の場合は、今にも増して「おい、もっと頑張れよ」と言ってくれる存在の方が

心地よく、「あっ?やっぱり?」とそういうことを言われると嬉しくなってしまう気があります。

マゾ??

 

自分で仕事を増やして、それを自分で期限を作って、「あ~ん、無理無理」と言いながら

期限までに仕上げるのが趣味、です(笑)

こういうところは、院長とよく似ています。

似ているのでやっていけるのかも、しれませんね。

価値観やら、性格やら、育った環境などほとんどは、合わないので(><)。

 

とにかく興味が少しでも湧いたことや、心がはっとしたことは、私の場合は

何かしらの形で文章に書きたい、という癖が、昔からあるんです。

それが19歳の時から続いている日記であり、また最近では

このブログ、です。

書いていくことで、心の中でなんとなく思っていたことがはっきりとわかったり、

なんとなくこんなことしたいな~と思っていたことが、「こうすることに決めた!」と言う風に

決定できたり、書くことは、言いことづくめ、なんですね。

 

そして、書くことと、同じくらいいいことづくめなのは

やはり、人に話す、ということ。

私は今、こんなこと感じててね、こんなことしたいんだってことを

話すこと。

なので、話し相手が必要です(笑)

同じような感覚で共感してもらえる人を見つけたならば、私はすぐに話し相手に囲い込んで

しまいたくなります。

囲い込まれた人はいい迷惑ですね。

 

今日も、会に出かけていろいろな方とお話をさせていただき感じたことが、ありました。

やはり、みなさん経営者の方や、部下を抱えている方が多かったので

悩んでいることは、「人の問題」が多いです。

 

「人を変えることってできるんですかね?」

こんな話題になりました。

 

私は、人を変えることはできない、と思います。

自分のことに置き換えたらわかります。

では、どういう時に自分は変わるのか?変わりたいと思うのか?と考えた時

ものすご~く、エネルギーの高そうな人と一緒にいたり話しをしていると

勝手にその空気が伝染してくるときってよく、あります。

「私も変わろう」とか、そう思うのではなく勝手に、伝染、そう、感染(笑)

歯周病と一緒ですね(^^:)

歯周病は感染症ですので、チューしたら勝手に菌がうつっていっちゃいます。

そんな感じ。

別にチューをしなくてもいいけれど(笑)

 

ものすごく何かに熱中している人のそばにいると

なんだかよくわかんないけど自分まで「やる気」が湧いてきちゃった、なんてこと

ありませんか?

私は、よくあります。

それはきっとその人のエネルギーに上手に飲み込まれたんだと思うんです。

 

だから、私はエネルギーの高い人のそばからは絶対離れないんです(笑)

「お前、離れろ」「あなた、邪魔よ」と言われてもくっついています。

だって、それが自分のテンションを維持する一番いい方法だと思うから。

 

そういう意味で、エネルギー体の低そう~な人のそばには近寄りません。

吸い取られるの、いやです。

うちのスタッフ達は、日々、こういう「自分の運」とか「強運」とか「運を下げない」とか

こんな目に見えないものを意識して生きている人が多いので

たぶん、感覚が鋭いと思います。

 

 

そう考えると

やっぱり、私自身がいつも何かに熱中して夢中で生きていると

嫌でも私に関わる人達は、勝手にいいものを受け取ってくれると思います。

私になんだかよくわからないけどやる気とか、生きるエネルギーとかが

みなぎっていたとしたら、それは吉本歯科医院で一緒に働くスタッフたちに

伝染します。

しかも、勝手に。

無意識に、です。

 

 

だから、私はスタッフに「やる気をだして」とか、「もっと笑顔で」とか、強制して言う気は

さらさら、ありません。

気分や気持ちは触発し合って、湧き上がらせることだってできるのです。

では、まずは私から。

 

人と変えることはできないけれど、気持ちを伝染させることは、意外に簡単。

 

「人はどうすればやる気になるのか?」

 

と聞かれれば私は迷わず答えます。

 

「やる気が勝手に湧いてくる人のそばにいけばいい」

ですね(^^)

 

一度ブレーキをかけたらまたアクセルを最初から吹かしてエンジンを回すのは

ちょっと大変です。

なので、止まりそうになったら、少しニュートラルにしておいて

その間に、エンジン一緒に回してくれそうな人に乗ってもらいます。

そしてゆっくりでもいいので、絶対に止まってしまわない、ことが大事かな、と

最近本当に思います。

2010.09.10日銀初の女性支店長

shimizushitentyo.jpg

今朝は本当に秋らしい風になりましたね.

しかし,9月中旬にはまた猛暑がぶり返すそうなので,まだまだ本格的な秋は遠いそうです.

 

秋の風が吹く気持ちいい中,今日は香川県経済同友会の女性リーダー竹内麗子さん主宰のKWLNという女性の会で素敵な方のお話を聞くことができました.

 

その方は,日本銀行高松支店長,日本発の女性支店長,清水季子さんです.

明治15年に開業以来,128年の歴史の中,初の女性支店長さんなんですって.

新聞やテレビで拝見するよりもずっと素敵で,話しやすく,お話される言葉が

とにかくシンプルでまっすぐ,なのが印象的でした.

 

銀行という超男性型タテ社会の中で女性が上に上がっていくには?

という質問に対し,

「女性も男性もなく,どれだけリスクをとれるか.自分の人生をかけて仕事に打ち込めるかどうか」

とおっしゃっていました.

その表情が潔く,とにかくパワフル.

 

海外での活躍の期間が多かったせいなのか,コミュニケーションの仕方が

とてもさばけているように感じました.

理路整然と順序だててわかりやすく話すことをしながら,同時に,「私はこう感じる」という

細やかな感情の部分もお話されます.

特に女性は感情的に話をしがちですが,清水支店長さんは男性性,女性性をバランスよく

あわせもっている,そう感じました.

 

とにかく,この香川県にこんな素敵な女性がやってきて,しかも,日本初なんて

嬉しいことだと思いませんか?

2010.09.08樋口のことを書いていたら・・・・

 

DSC_0761.JPG

9月号のニュースレターが出来上がってきましたよ(^^)

今月は「親知らず(おやしらず)」について、です。

 

親知らず・・・・・みなさんは、お口の中に残っていますか?

ちなみに私は院長と出会ってから3本抜きました(--:)

 

お陰でひどい顎関節症の症状がスーッと引いたのですが、まさかそんなことは

知りませんでした。

 

親知らずをおいておくことで

■耳鳴がする

■めまいがする

■顎がカクカクする

■口が開きにくい

■歯並びが崩れる

 

・・・・・なんて、想像しませんよね?

実際私も「は?なぜ?親知らず?」と院長に質問攻めだった7年前を思い出します(笑)

 

現在発送準備をしておりますので皆様のお手元にはまもなく到着です。

どうぞお楽しみに!

 

 

また、吉本歯科医院の「歯を失わないためのお話」バックナンバーも非常にご好評いただいており

「あっという間になくなってしまった」ので、現在増刷をしております。

 

この「歯を失わないためのお話」ニュースレターですが、なんと公共機関や教育機関に

閲覧用に置かせて欲しいという嬉しいお声もあったりで、発信している私達もビックリ、です。

 

最近は、同じ歯科医師の先生にも、「毎月送ってよ」とお声を頂き(笑)、本当にたくさんの

方に読んでいただけることができて嬉しいばかり、です。

 

 

バックナンバーをご希望の方はどうぞお気軽にお知らせくださいね。

お送りさせて頂きます。

 

1月号 虫歯治療について

2月号 歯周病について(前半)

3月号 歯周病について(後半)

4月号 噛み合わせ①

5月号 噛み合わせ②

6月号 噛み合わせ③

7月号 金属アレルギー①

8月号 金属アレルギー②

9月号 親知らず①

 

 

 

9月号が仕上がったと思ったら、もうあと少しで、10月号の校正にかかります。

一ヶ月の速さといったらもう。。。。

 

10月号には、当院の誇る接遇の達人、受付の樋口桃子をご紹介する予定なので

今日の早朝にその原稿を書いていたら、気が付いたらA4に印刷したら6ページにもなっていました(泣)

あまりにも多すぎ、せめて3ページにまとめください・・・という編集してくださる方の声が聞こえます。

 

樋口に関しては、私達の吉本歯科医院が、「気配りの徹底」をしていこうと

決めたきっかけをくれた存在なので、どうしても思い入れが強く、溢れる想いがありすぎて

しまうんですね。

 

書いた自分に正直驚きました(^^;)

 

 

10月号のスタッフ紹介は楽しみにしていてくださいね。長いですよ~~~(^^)

 

吉本歯科医院が今こうして多くの皆様に「感じがいい病院だね」「接遇が素晴らしいね」と言っていただけるような風土を築いてくれたきっかけとなったのがこの樋口の入社です。

 

受付とは、第2の院長席であり、まさに吉本歯科医院の顔です。

 

私どもにお越し下さる全ての患者様やお客様は、必ずこの受付を通過して入ってこられます。

 

また、お電話で最初に出会うのも受付です。

 

実は受付は組織にとって最も重要な位置です。

 

当院の樋口に一度でも会われたことがある方は思い出して頂けるかと思いますが、彼女は日本語をとても美しく話す女性です。

 

大学時代の恩師がやはり「美しい日本語」にこだわった先生であったらしく、それ以来とても日本語を大切にするようになったんだということ。

 

特に年配の女性の患者さんには「若い女性がきちんとした言葉を話すのは素敵ですね」とよくお褒め頂くのですがその理由はこんなところにあるのです。

 

樋口と仕事をしているといつも感じることは彼女には一から10まで説明しなくても基本的には「多くを言わなくてもわかってくれる」ということなのです。

 

一を聞いて十を知る。

つまり私や院長の様子を察して間髪入れずに反応したり、私たちが「こうしたいな」という意識を言葉を使わなくても伝わるということです。

 

これってすごいことだと思いませんか?

 

今は全てを言葉で口にしなくては伝わらないという時代ですが、気配を察して動けるという能力が樋口には備わっています。

 

例えば、樋口は私が3日ほど医院を留守にしていても、留守中に起こるすべてのことを

 

「これはマネージャーに報告は必要だ」

「このお客様は院長やマネージャーが今やろうとしていることに関わりがある」

「この問題は、以前起こった問題と同じことが原因だ」

 

こういったことを瞬時に頭の中で整理し、3日後に私が戻った時には順序だてて報告、連絡、相談をしてくれるのです。

 

メモの数も半端ではなく、「ここまで報告してくれる?」ということまで細やかに知らせてくれるのです。

 

そしてそのメモによって助けられたことも多く、そのメモによって新しく生み出されたものもたくさん、あるのです。

 

こういった「察する」という能力は私は後天的に身につけることは難しいもの、と考えています。

 

残念ながら社会人になる前にその育った環境の中でその身体に沁みこませていない人は、社会人になってから「人に気を遣え」とか「気配を感じなさい」とか言われてもそれはたぶん、ちんぷんかんぷんだと思うのです。

 

「気配を察する」ということはその字の通り、相手の表情をよく観察し、動きをよ~く見て、どうしたいのかな?この人は?何を求めているのかな?ということを先々感じ取り、言われる前に動いていなくてはなりません。

 

よく見るということは、深く関わっていかなくては相手は見えませんので、「察する」という能力も磨かれることはありません。

 

こういった「相手の気配を察する」だとか「表情をよくみる」とか「気を遣う」だとか「相手の気持ちを汲み取る」だとか、そういったものは、残念ながら本を読んで頭で勉強したり知識を脳にインプットするだけでは、再現できるものではありません。

 

ただ単に、「気配を察する」という言葉を脳ミソが知っただけで、瞬時の行動や、無意識の行動として現れてくることは決してありません。

 

 

今は、何でもかんでも「マニュアル化」です。

 

そして、人材教育だって「マニュアル」です。

 

接遇教育もしかり、です。

 

しかし、マニュアル化することの弊害だってあるのです。

 

マニュアル化して人間を教育する、ということは、逆に言えば「言葉で全てを説明し、指示しなければ何も出来ない」人間を作ることになる、そう思いませんか?

 

何か問題が起こった時に、「え~と、マニュアルにあったっけ?」と真面目に思う人間が溢れるだけ、です。つまり応用が利かない、ということです。

 

ちょっと考えたらわかることですが、私達の人生は、もちろん仕事だって同じですが、「何が起こるかわからない」のが人間関係ですし、私達が生きている社会そのもの、です。

 

にもかかわらず、「こうなれば、こうなる」というマニュアル化人間では、瞬時に対応できるはずもなく、実は余計に会社全体としての能率や効率は下がります。

 

ですので、吉本歯科医院では、例えば接遇研修だとか、一切のマニュアル化された教育は行いません。意味がない、と思っているからです。

 

接遇という部分だけを取り出して短期的に教育したとしても効果はありません。

 

もっとも効率的で、かつ、効果がある教育は何か?と言えば、私はやはり、「察する」という能力をいかに引き出すか、自分の動きが全体の中でどう影響を及ぼすのか、といったことを考えることができる総合的な教育が必要だと感じ今、いろいろな取り組みを行っています。

 

「私が」「私が」という自己主張を引き出すような教育ではなく、「相手にとって自分はどうなのか?」「周囲の人が働きやすくなるために私はどう動けばいいか」という意識を引き起こさせるような教育です。

 

そしてそれはそのまま知性を育てることにも役立つと思うのです。

 

私がここまで「気配りの徹底」を吉本歯科医院で実現したいと強く思うきっかけになったのがこの樋口です。

 

彼女がいるなら、彼女の気配り能力が周囲に伝染し、そしてそれがそのまま吉本歯科医院の風土になるんじゃないか、そう思ったからです。

 

樋口に出会えて良かった、彼女に出会ったいなかったら、私はここまで「察する」ということに意識が向かなかったと思うから。

 

まだ若い29歳です。こんな素敵なお嬢さんを育ててくれた彼女のご両親に改めて「ありがとうございます」と言いたい、そんな気持ちです。

 

 

・・・・ね?朝の4時から、熱い文章でしょ?(笑)

2010.09.07気持ちは伝染する

昨日は、研修医の先生が見学に来て下さっていたことと、特に私達に嬉しい声をかけて下さる

患者さんが続きに続き、う~ん、今日は何なんだ?と思うほど嬉しい一日でした。

 

噛み合わせの治療を行っているプロのスポーツ選手の方が

治療の経過が進むにつれ、「試合のパフォーマンスが変わったよ」と院長に

おっしゃって下さったこと。

こういうコメントは、院長が何よりも嬉しいこと、なのです(^^)

そうですよね。

DR冥利に尽きる、そうです。

やってよかったと思うし、「よ~し、もっと良くしたい!」と妙な使命感まで

湧き出てくるそうで、それはそれは嬉しそうな顔で、患者さんとお話していました。

 

また、吉本歯科医院に来るようになって、「歯医者さんに来るのが楽しみになった」と

おっしゃってくださる患者さん。

 

こちらは、今度は、私が嬉しい(^^)

歯医者さんがおそらく、どの人にとっても「行きたくない場所ナンバー3には入る場所」です(--)

にもかかわらず、「通うのが楽しい」だなんて!

こういうお声を頂くと

では、もっと楽しんで頂こう!なんて思ってしまいます。

 

吉本歯科医院では、治療終了後、待合室で患者さんとなにやかにやとお話させて

頂く機会が本当に多いのですが、そういう雰囲気の中に新しい患者さんが

パッと入ってこられた時に、なんとなく「あっ、ここはいい雰囲気だな」と感じて下さる

患者さんが、多いんだそうです。

 

いろいろな患者さんにお話をおうかがいするのですが、

なんとなく「理屈ぬきで雰囲気がいい」とか「感じがいい」と感覚的に感じて下さる。

こういうことって、あまり重要視されていませんが、

実は私達吉本歯科医院では、この「なんとなくの感じ」つまり、「場の空気」を

常にいいものにするために、一工夫も二工夫も、しているんです(^^;)

 

ばらします(笑

 

どんなに外観が素晴らしく、立派でおしゃれでも、お店の中に入った瞬間に

「あれ?なんか空気が悪い」「雰囲気が嫌な感じ」って感じたことって

ありませんか?

 

それはもちろん、掃除ができていないとか、変なにおいがするとか

そういう要素もありますが、実はその空間の「なんとなくの空気」を作り出しているのは

9割方はそこにいる「人」だと、私は考えています。

 

そこに10人のスタッフがいたとしたら、その10人が醸し出す雰囲気がそこの場の空気を

作っているのです。

 

どんなに設備にお金を入れても、どんなに商品が素晴らしくても、おしゃれでも

そこにいる「人」が、「嫌な空気」を出していたとしたら、そのお店は繁盛しない、そう思います。

 

なぜなら、人は無意識に、自分を囲む空気を明るくしてくれる人の周りにのみ、人は集まるものだからです

街灯に虫がいやというほど集まってくるように。

 

あなたといると楽しい気持ちになる

あなたといると嬉しい気持ちになる

あなたと会うと気分がよくなる

 

そんな気持ちにさせてくれる「いい空気の場」にしか、人は集まってはこないから、です。

 

そして、気分はどんどん人から人に伝染します。

 

この場でいい気持ちになった人が1人増え、2人増え、3人増え、そうすると

あとから来る人は「なになに??」というように、勝手にその楽しそうな空気のある場所に

集まってきてしまいます。

そんなものです。

 

よく、男性型社会では(--)何時間もえんえん、会議をしますよね。

しかも、難しい顔で。

しかも、しゃべるトップがえんえん一人でしゃべり、あとの部下は

それをうつむいて、聞いているかノートに書くか、パソコンで議事録を取るか、しているだけ。

もちろん目を合わせて心通じあうコミュニケーションも少ないので

長時間の会議になると、恐ろしく神経を消耗します。

そんな中で話し合われることに、何か発展的な発想や、びっくりするようなアイデアや

みんなが幸せな気持ちになれるようなことって生み出されるんでしょうか?

無理、だと思います。

 

こういう会議に突破口を開いてくれる存在が組織には必要です。

10人くらいの会議なら、10人の顔色をよ~く見ながら

そして、

あっ、この人は今いち元気ないんだろうな

やる気がなくなっているんだな

悩んでいるのかな

こういうことを表情や態度から察し、一人ひとりに意識を向け、絶妙に全体の空気を

なんとなく「楽しく」「なごやかな」ものに少しづつ、笑いに変えていきながら

話しをすすめていける存在が、必要です。

 

話し合いや、ミーティングを行う前に

まずは「場の空気を作る」ということができる存在が一人でもいれば

10人や20人の会社なら面白いほどうまくまわっていくと思います。

 

そこにいる人が、場の空気を作っている

 

という大前提を押さえておけば、職場の空気は明らかに良くなっていきます。

 

モノではなく、人が出している無意識の雰囲気です。

 

何をやっても人が集まらない

会社の人間がついてきてくれない

と、よく言われていますが

それは、人が醸し出している空気の存在に気が付いていないから、です。

気が付いていればそこに何かしらのアプローチがあるはず、です。

 

感覚的なことがきちんと分かる人を

調整役として会社の中に置けば、本当にびっくりするほど、良いめぐりに変わってきます。

感覚的なこととは

「なんとなくいい雰囲気だなこの人は」とか

「今日は様子がおかしい」

といったささいあことを体感として感じられ、それをきちんと言語化でき、表現できる人のこと、です。

吉本歯科医院でいえば、カウンセラーの森下が、その役目になっています。

 

こういう存在が一人でもいれば、

その感覚的なことをもとに、じゃあ、どうしていったらいいのか?を

組み立てて考えればいいので、ちょっとバランスを崩しているなあという時に

すぐにそのアンバランスを微調整し、元に戻してくれることができるのです。

 

逆に組織の重要な位置に

こういった感覚的なことがまったく分からない人が立ったとしたらどうでしょう?

数字上のことだけでしか物事を見られないので、当然

社員の微妙な心の機微に気が付くことも、ありません。

そして、お客さんの些細な変化に気が付くことも、ありません。

そして、ある日突然、ド~ん!!と落ちるのです。

内部告発や、アフターの悪さによるクレームなど、これでもかこれでもか、というほどに

いろいろな悩みを抱えることになってしまいます。

 

 

頭で考えていること数倍

直感で感じてしまう違和感の方が真実だと思うのです。

 

もちろん、理路整然と考え、思考し、論理的に納得する、ということも必要ですが

やはり、そこで仕事をしているのは、ロボットではなく

生身の人間であり、血が通っており、感情がある生き物なんだ、というベースを

押さえておかずしては人の教育もなにもない、と思いませんか?

だって、「なんとなく嫌な空気~」とみんなが感じている会議によって

生み出されるものが良い方向に向かうはずはありません。

そう考えると、効率も悪いですよね。

 

では、みんなが「なんか居心地がいいな」「この場は楽しい」「嬉しい」「認めてもらえる」

という場の空気を作り出すことができれば

そこでみんなで話し合って生み出されたものは、とても良い方向へ向かうし

決まったものは、即現実に形にしていくことができます。

もちろん、神経を消耗していないので、心も元気。

「じゃあ、やるか!」とぱっと動くこともできるのです。

 

心と身体は常にセットです。

 

心を喜ばせると、身体は勝手に動くのです。

それは人間の原則ではないでしょうか。

少なくとも私は、心が沈んでいる時は、身体も動きません(--)

動いても、いいものは生み出されず、動けば動くほど、悪い方向に

向かうので、心が沈んだときはできるだけおとなしくしておきます。

動かない、方がいい時だって、あります。

 

そういうメカニズムをもっともっと、組織を作る人は知っておくべきだと思うのです。

 

心の安全基地を整え

愛情のコップをまずは満たしていくことをせず

「働け~、もっと頑張れ~仕事だ~、給料払ってるだろう~~」と叫んでも

それは無理な話ですし、言ってるこちらも消耗します。

 

私は最近特に感じることがあります。

私達が生きているこの世界は、やはり一定の法則で動いている、ということです。

こうすれば、こうなるという、普遍的なことがあると思います。

 

まずは自分から、そして、自分に関わる最低10人以下?くらいの人から

心を一緒にあたためていくこと。

経営者であれば、まずは社員の心を一緒に満たしていくんです。

そして、嬉しいとか、楽しいとか、ありがたいね、という気持ちが湧いてくるまで

ひたすら身近にいる人を喜ばせる。

そうやって、楽しんでいると場の空気の温度が確かに上がってくるのがわかるんです。

組織としての体温が上がってくる。

低体温じゃなく、高体温(笑)

みんなであったかくなってその渦がどんどん大きくなってくると

その渦に心地よく巻き込まれていくのが、周囲の人々です。

 

会社でいえば、渦の中心にいるのが社長で

その渦の一番近いところでポカポカしているのが社員たち。

その社員の外でそのあったかさに近寄ってくるのが、お客さんです。

 

私達吉本歯科医院がイメージするのが、こんな感じです。

抽象的ですみません(><)

 

そういう状態に組織全体がなってくると

頑張ろうとか

成長しようとか

そういった一切の努力は、たぶん、「それをすることが楽しい」という状態になってきます。

自分を成長させようとする行為は実は、自分にとって最高に面白いことなんだと

思えたらしめたもの、です。

あとは、いい状態を維持するために、、メインテナンス。

吉本歯科医院でいえば、歯の予防、PMTCみたいなものです(笑)

 

一度意識が変われば、あとは経過観察で、落ちないように維持すればいいのです。

このあたりのトークは、わが吉本歯科医院の歯科衛生士、加島が熱く語りますので

お聞きになりたい方は加島にお聞きくださいね(^^)

 

朝からまた熱く書いてしまいました(--:)

今日は今から、吉本歯科医院の信頼する歯科技工士さんの会社にお邪魔し

院長が新しくスタートさせるプログラムの打ち合わせに行ってきます。

院長の求めているものをお伝えし、こういうことを実現したいんだ、ということを

きちんとお話できるかどうか。。。。楽しみです♪

 

 

そうそう、昨日、ルーヴの野崎専務さんのブログ

吉本歯科医院をご紹介して頂きました。

http://ameblo.jp/lowe-managerblog/

コテコテのサヌキ弁で(笑)

誉めてくださって嬉しい。

こうやってお褒め頂くことで、吉本歯科医院で働くスタッフたちもまた嬉しいんです。

 

2010.09.06研修医の先生が見学に来られています

kengaku.jpg

今日は朝一番のミーティングから、大学の研修医の先生が見学に来て下さっています。

29歳!う~ん、さわやか(^^)

土曜の夕方に

「月曜に朝から、見学の先生が来られるから!」ということで

バックヤードを大急ぎで大掃除(苦笑)

本当はいつもキレイでいないといけないのですが、なかなかそうもいかず。

ですので、今朝の診療室は、ピカピカです。

 

人が来ると、きれいにする

 

これは誰の影響か?

私・・・・ですね、きっと(--)言っていくところは、ありません。

 

フレッシュな風に、今日の院長はなぜかいつになく楽しそうです。

スタッフたちも、診察室に「いつもとは違う空気」を感じ、なんだか楽しそう。

 

先生いわく、

「今まで6つの医院に見学に行きましたが雰囲気が全然違います」とのこと。

治療内容も違うし

スタッフの対応も違うち

患者さんの雰囲気も全く違う

んだそう(^^)

 

何にせよ、誉めてくださるのはとても嬉しいし、「吉本歯科医院みたいな医院を開業したい」と

思って下さるのは、やっぱり、嬉しい。

 

これから大学を出て、将来は開業したいとのこと。

真面目で、一生懸命な先生ですので、はばたいて欲しいなと思いました。

 

せっかく吉本歯科医院にお越しくださったので、

もって帰れるものはすべてお渡ししようと思います。

 

ちょっと、母性本能をくすぐる先生なのでしょうか???

女性スタッフに、あれやこれやと大事にされています。

可愛げがあり、まじめだと、女性はサポートしたくなりますものね。

 

さあ、これからが楽しみです!

2010.09.06言葉と想い

昨日は「日本人の美学」と題した一人芝居と、お話に行ってきました。

http://misawashingo.com/

水澤心吾さん演じる、杉原千畝の一人芝居。

たった一人の勇気ある決断が6000人の命を救った、というお話です。

 

ものすごい迫力に客席すべてを惹き込んでしまった、そんな1時間半。

小さい子供も連れて行ってたのですが、その圧倒されるエネルギーにただただ

食い入るように観ていました。

 

こんな日本人がかつて、いたんだ、という事実にまずは驚き、そして、改めて

日本人であるということに、すっと背筋を伸ばしたくなるそんな時間でした。

 

一人芝居の後は、「日々のあたりまえのこと」という演題で木村まさこさんが

お話をされました。

木村まさ子さんのお話を間近でうかがうのはこれで2回目。

前回お目にかかった時に、「なんて美しい言葉を話す人なんだろう」とドキドキしましたが

昨日もやはり、改めて感じました。

 

言葉はその国の文化。

言葉が乱れると文化も乱れ、そして、国は滅びる。

 

こんな話からはじまります。

 

ぞんざいな言葉や汚い言葉、人をののしる言葉、人に嫌な感情をひきおこすような

言葉を使うと、その言葉はまずは一番最初に自分に向かってくる、そうです。

 

うんうん、そう思います。

私も最近特に、「言葉」を意識するようになりました。

それは自分が発する言葉を一番最初に聞いて、一番最初に影響を受けているのが

実は自分なんだということに、心底気が付いたことがあったから、です。

 

木村さんがおっしゃった

「自分が今、使う言葉が、自分の思考を作り、そして、人生を作っていく」ということ

とてもすーっと体にしみ込みます。

 

たとえば、

私はもう駄目

そうなこと言っても私は無理

もう年だから無理

私はそんな能力はない

あ~、面白くない

こんな言葉癖を日々使っていたとしたら、それはもう見事にそのまま自分の心の奥底に

インプットされます。

そして、さらにはもう見事に

今、自分が発した言葉通りの現実を私の目の前に見せてくれる、そう思います。

 

では、言葉を変えてみればどうか?

と考えてみたいですよね。

 

私は大丈夫なんだ

私はうまくやれる

私は人生に愛されてる

ってずっと想っていたら、そしてそれを口癖のように話していたら

その言葉は、自分の心の奥底にしっかりインプットされ、

ここぞ!という時にでも、ひるまず、自信を失わず、ありのままの自分を

表現していくことができるような気がします。

 

言葉は本当に大事です。

私は母が、いわば、言葉にとてもこだわった生き方をしている人なので

言葉に関しては、小さい頃からたぶん、良い言葉のシャワーを浴びせてもらったかなと

思っています。

 

ありがとうね。

いい子だね。

愛してるよ

大好きだよ

宝物だよ

何があったってそばにいるから大丈夫

 

こんな言葉をシャワーのように母や祖父母から受けて育ったことだけは

ありがたかったかな~と今は思います。

そういうベースがあると、少々過酷な環境でも(笑)本人は意外にも要領よく、楽しく

生きられるもの、なのです。

 

木村さんいわく、

なぜ、今のように全国をこうやって「当たり前のことを大切にしよう」と語り歩いているかと

言えば、あまりにも、世の中の人を見たときに「なぜ?なぜ?」というシーンばかり

が目に入ってきたからなんだそうです。

 

なぜ、声をかけ合わないのか?

なぜ、人と人とが目を見てほほえみあえないのか?

なぜ、電車の中で子供がベビーカーで泣いていても抱きあげてヨシヨシをせず、バギーをゆするだけなのか?

なぜ、食事の時に「いただきます」「ごちそうさま」といわないのか

 

木村さんがおっしゃることは、本当に当たり前のことばかり。

でも、お話を聴いていて、身が痛いこともありました。

振り返れば「あ、私、できていない」と思うこといっぱいです。

 

今は、学校に行っても

給食費を払っているから、うちの子供に「頂きます」と言わせないで下さいという保護者がいるんだそうです。

本当?と思いましたが、木村さんが学校現場にお話に行くと、ものすごい勢いで

増えているそうです。

 

そして、目を合わせて挨拶をしましょう

というと

「それをする意味は?それは何のために?どういう効果があるのか?」と

まじめな顔で質問してくる保護者だって、増えているとのこと。

 

・・・・・・本当でしょうか?それは。

もし本当に増えているとしたら。

それは、日本は本当に大変な国になってきているのかもしれません。

 

私達が吉本歯科医院で日々意識してやろうねって行っている

気配りの徹底、ですが

こういうことは

理屈で説明できるような内容のものでは、ありません。

でも、あえてそれを理屈で説明しろと言われているようなものです。

何だか、さみしくなってきますよね。

 

私は思うのですが、特に日本人は、理屈ではなく、もう無条件で

すーーーっと、言葉が身体に入っていく、という感覚をもともと持っている民族だと思うのです。

それが日本人の高い精神性だと思うし、全てをマニュアルや理論で説明しつくさなくても

ぱっと感じて、ぱっと動ける、そんな高度な能力をもともと備えている、と思うのです。

 

相手の気持ちを察する

気配を察する

違和感を感じる

こんなことは、マニュアル化して説明できるものでは、ありません。

 

しかし、あまりにも日本人のコミュニケーション能力が低下したせいか

コミュニケーションに関するこまかいマニュアル本だって、山のようにあります。

人の心を分析し、論理的に言葉を並べることが物事を理解していくことのスピードを

早めると、考えた結果、こういうマニュアル本や、コミュニケーションのテクニックが

出てきたんだと思います。

 

つまり、人間の心というものをパターン化したり、マニュアル化したものです。

コーチングだって、同じ、です。

「こういう質問をなげかければ、こうなる」

「こう考えさせれば、こうなる」的なパターンです。

 

こういうこと巧みに勉強して話をしている人が目の前にたったとき

私は、すぐに違和感を感じます。

ああ、こういうことを勉強して、頭で考えてやっているんだな、ということが

絵として見えてきますので、もうその時点で、その人が話そうとしていることの

奥が見えてしまいます。

そして、それが見えた瞬間に、なんだかとっても淋しい気持ちになります(><)

 

 

もし、人の心をパターン化したもので説明しつくせるなら

この社会から、うつ病は消えるだろうし、あらゆる心の不安や心の病気は

消えていくはずです。

 

しかし、心の病気は増える一方です。

 

人間はそんな存在ではない、と私は思っています。

また、人の心をパターン化して、分析し、解説し、評論し、そして理解し、・・・・

それができたからといって、目の前の相手と「ああ、なんとなくいい感じだな、この人」と

心が繋がっていくことができるでしょうか?

 

 

言葉ひとつにしても、同じです。

伝えるということひとつにしても、「伝えたい」という想いがあれば

言葉は勝手に伝わっていくものです。

テクニックでは、ありません。

 

木村まさ子さんの言葉に引き込まれていったのは、

木村さんの話し方や、抑揚、間の取り方が素晴らしかったことももちろんありますが

その根底に、「何が何でも伝えたい」という熱い想いが確かにあったからこそ、

受け手に伝わってしまうんです。

 

木村さんが、お話の中でおっしゃったことで

ああ、これはうちのスタッフたちにもって帰ろうと思った言葉があるので

書きますね。

 

言葉には「言い切る」ということができるんです。

言い、切る、です。

 

たとえば、誰かの心無い言葉に傷ついた、ということってありますよね。

だれそれが、こんな事を言ったことで私の心が傷ついた、ってこと。

 

しかし、本当に『傷つけられた」のでしょうか?と、いうことなのです。

受け身であるようで、実は、自分の心を本当に傷つけられるのは自分しかいないんです。

 

たとえば、私に対して

誰かが嫌な言葉を言ったとします。

 

しかし、その瞬間に、私が

『何言ってるの?あなたにそんなこと言われる筋合いはない。私は気にしない」って

心で突っぱねることができたとしたら、その嫌な言葉は私の身体の中には入ってきません。

そしてその時点で、「関係ない」って言い切ることができたとしたら、

心が傷つくことは、ありません。

 

逆に、

「ああ、やっぱりそう思われるんだ、ひどいこというけど、やっぱり私ってそうなんだ」と

その言葉を自分の身体に入れてしまったら、その瞬間に本当に「私の心が傷ついた」となってしまうんです。

 

これって、わかるような気がしませんか?

 

自分が本当にまったく気にしていなくって、少しもそんなことを思ってもいなかったとしたら

他人に何を言われても、「そうなん?」ですませてしまいますが

1ミリでも、自分の中に気にしている部分があったり、コンプレックスに感じていることが

あったとしたら、それを指摘されるだけで、必要以上に傷ついてしまうんです。

 

言って、切る、

言い切るとは、自分の言葉で自分の心を守ることだってできるということなんですね、きっと。

言われた言葉に必要以上に心が痛くなる時は、その根となるものが

自分の中にあることに気が付くいい機会です。

 

たかが、言葉ですが

されど、言葉、です。

自分は発する言葉が、鉄砲の引き金をひく中指?人差し指?のように

まずは、自分に一番帰ってくるんです。

 

そう思えば、きれいな言葉を使おうと思いますし

やさしい言葉を使いたいとも思います。

人に優しくして欲しいなら優しい言葉を

丁寧に扱ってもらいたいなら、ぞんざいな丁寧な言葉を

 

・・・・・・当たり前だけれど、本当に大切で、もう聴いた瞬間からすぐ

やろうと思うことばかりをお話して下さいました。

 

木村まさこさん、還暦だそうですが、こんな女性になってみたいなと

思うような女性でした。

ただ、見た目の若さだけを作ることに必死のケバケバした女性ではなく

浮き草のような不安なふわふわした心ではなく

1本芯が通ったしなやかな女性。

 

私は、どうしてもこの木村まさ子さんの実際のお話を吉本歯科医院のスタッフに

会わせたくて、今しょうがない、んです。

あ~~~誘えば良かった(--)

全国どこへでも、お声がかかれば、お話しに行きますとのこと。

機会を作りたくてしょうがない、そんな月曜の朝、です(^^)

2010.09.06託児スタッフ募集終了のお知らせ

先日お知らせ致しました土曜日の託児スタッフ募集ですが、

おかげさまで本当にたくさんのご応募を頂きました。

子供好きの方がこんなにいるんだ!!と、私たちも正直びっくり(^^)

面接の結果、お一人の女性にお越しくださることに決めました。

 

ご応募頂きました方、本当にありがとうございました。

「ああ、また何かの機会でお目にかかりたいな」という方もいらっしゃり

本当に、また機会があればお声をかけさせて頂きたいなと思います。

 

まずは、募集終了のお知らせでした。

ありがとうございました。

 

 

2010.09.04ニュースレター

昨夜は、お料理上手の心の友(^^)が、夜ご飯を作りにホットプレート持参で

我が家に来てくれました。

睡眠不足と、動きすぎ?でちょっとバテ気味だったので見た目とても疲れていたらしく

「あなた・・・・動きすぎよ、休みなさい(><)」と優しい喝を入れてくれました。

 

自作のゴーヤーを佃煮にし、すじこんを甘辛く煮たものでねぎ焼きをぱぱぱぱと作ってくれました。

ビールを片手にひたすら食べる私(笑)

お好み焼きに大興奮の子供達。

しばらくして院長が帰宅し、「おおっ、おかずがこんなにある!」とまた感激(--;)

美味しいものを食べさせてくれる人のそばからは、人は離れないと言いますが

う~ん、まさにそう思います。

胃袋を制するものは、人生を制するのでしょうか?

 

美味しいものを満腹食べて、そのままゴロンと泥のように眠ったので今朝は

やっとエネルギー充電完了。

人間、何はなくとも「寝ること」ですね。実感しました。

 

さて、私達吉本歯科医院では、今年1月から毎月一回、「歯医者さんしか知らない歯を失わないお話」というニュースレターを発行しています。

第一号はページ数が10ページでした。

そのうち、お伝えしたいことがどんどん膨らんでいき、今ではなんと16ページ!

これでも、減らして減らしてやっと、16ページ(笑)

しかも、新しく吉本歯科医院にお越しになられる方には必ずお渡ししていくので

発送先リストもどんどん増える一方です。

吉本歯科医院にはニュースレターの住所録や、データ管理や、発送準備をして下さっている

事務スタッフの方が専門にいるのですが、昨日も「いや~、マネージャー、どこまで増えるんですかね~--:」と。

そうですね、どこまで増えるんでしょう。。。。

 

しかし嬉しいことに、このレターを読んで下さった患者さんの中には弁護士の先生や

お医者さんや、建築家の方や、その他もろもろいわゆる専門家と呼ばれる方も多くいらっしゃるのですが

最近、こういった専門家の方から、お声をかけて頂くことが多いんです。

どんなお声かと言うと・・・・

「同じような情報発信をしたいんだけど、どうも進まないので相談にのってよ」

「これ、これ、こういうことがやりたかったんですよ!」

というお声、です(笑)

嬉しいですよね。

 

じっくり読み込んでくださって、「ああ、こういうことはうちの業界でも同じことだ」と

感じて下さる方が本当に多く、私達吉本歯科医院と同じように、一般の方が

知らないであろう本当の情報を、発信していく必要があるんだ、と思って下さるんです。

 

それともうひとつ、ここのところ、続けて専門家といわれる方とお話した時に

同じようにお話されたことが、とても印象的だったんです。

 

「人と話すのが、苦手なんです。。。実は」

「仕事だから話すけど、コミュニケーションは苦手」

という方が実はとても多い!

 

思わず、「先生!うちのカウンセラーの森下を出張させましょうか?高いけど・・・(笑)」

と言ってしまいました。

 

そうなんです。

◯◯大学の名誉教授だって、大きな病院にお勤めしていたお医者さんだって

立派な建物を作っている建築家の先生だって、

「相手の立場にたって、わかりやすく説明することができる」というコミュニケーション能力は

備わっているとは限らないんですね。

なんだか、専門家の◯◯先生というだけで、コミュニケーション能力だって高そう!と

思ってしまうのですが、実はそうでもないんですね。

 

しかも、これはうちの院長にも言えることですが

専門家なので、やはり、業界用語、専門用語を当たり前のように使ってしまいます。

また、「小学生でにもわかる言葉で伝える」ということが、結構難しい、です。

 

奇跡的にも吉本歯科医院には、カウンセラーの森下がおり、

彼女がもう見事に専門家である院長から知識や情報を引っ張り出し、

それを「目の前の患者さんにわかるように」本当に、優しく柔らかく翻訳し

お話をしてくれます。

 

院長が伝えたい専門的な内容が、患者さんに伝わったときはじめて、

患者さんにとって、私達の院長は「素晴らしい先生だ」と認識して下さるわけです。

 

それを繋ぐのがやはり、「人と人とのリアルなやりとり、つまりコミュニケーション」です。

 

コミュニケーション能力って、どんなものなんだろう?

って考えた時に、本屋さんにいけば、いろいろなテクニックが並んでいます。

しかし、そのどれをとっても私はピンとこないものばかり。

それはなぜかと言うと、

ぜんぶ、知識だから。

頭で考えてやることなんて、たかが知れているし、

「じゃあ、やってみてよ」と言われれば、できるのかと言えば

たぶん、できないか、

本人ができた気になっているかなので

きっとあまり役には立ちません。

 

私が当院の森下がカウンセラーがきっと天職で、コミュニケーション能力の天才だと

思っているには実は理由が、あります。

 

彼女は、考えて動くよりも、

まずは感じて動く、人、です。

 

あっ、この方は、今どんなお気持ちなんだろう?

あっ、何か、お悩みなんだ

何かつらいことでもあったのかな?

 

こういう心の機微を直感的に感じとっていける人です。

そして、感じ取った上で、

目の前の人にとにかくきちんと合わせていくことができる人、です。

瞬間瞬間の出来事を逃げずに向き合っていくことができるので

そのことが「実力」となって、どんどんコミュニケーション能力が鍛えられていくのです。

 

カウンセラーという仕事も社会的にはいろいろな業界で確立されてくることが

多くなりました。

いろいろな勉強本もあります。

 

しかし、私はこればっかりは、やはり、その人が今までどんな人生を歩いてきて

今、どういう気持ちで生きているか、がそのまま表にでてくる仕事だと思うんです。

 

 

当院のカウンセラーの森下は、今までに私が知っているだけでも

本当に波乱万丈な人生を送ってきている人です。

世間一般から見たら「波乱万丈」に見えるかもしれませんが、きっと森下にしてみれば

目の前のことに必死に生きて、感じたままに動いてきた結果、です。

本人は「私、こんなこと人に話すの恥ずかしい」と言いますが

私は、もっともっとそんな話を聴きたい、んです。

 

だって、それが今の森下を作っているんだから。

だからこそ、今、こんなに魅力的であちらこちらから引っ張りだこなんだから。

きっと、それでいいのだ(バカボン風に)

 

かくゆう私も若い頃は、結構やんちゃをして、親にもいえない、もちろん

ここにも書けないようなことをたくさんやってきましたが、そのことがやはり

肥し?となっているなあと感じる瞬間があります。

 

自分が持つ既成概念を壊すということは、今の自分よりももっと深い考え方を理解していく

ということに尽きます。

そしてその深い考え方を理解する、こんな世界もあるんだ、ということを

身体で実感するためには、とにかく「やってみる」「動いてみる」『関わってみる」という

実践するということしかきっと方法はない、のです。

 

そしてその動く原動力となるのはきっと

「好奇心」なんです。

私も好奇心がものすごいものですが、きっと当院の森下は私以上(笑)

怖いもの知らずで、なんでもあたって砕けろの精神は、

「その先にもっと素敵な世界があるかも?」という好奇心なしでは、湧いてくるはずも、ありません。

 

好奇心が湧いてきたら、とにかく間髪いれずに動いてみるということを

私は、たぶん今、やれているから、楽しいのかなと自分で思っています。

 

カウンセラーに必要な条件、それはきっと

「好奇心がある」ということです。

それがあれば、どんなことだってどんなジャンルだって、興味が湧きさえすれば

どこまでも追求していけますので、知識は深まる一方です。

 

好奇心さえあれば

あの人ってどんな人なんだろう?

これは一体どういうことなんだろう?

知りたいことは無尽蔵に湧き出てきます。

湧き出てきたら、その湧いてきたものに乗って、どんどん深めていけば

深まったら深まったぶんさらに面白くなり、さらにもっと深いことを知ってみたくなるのが

人間の好奇心です。

 

そして、深い部分では、きっと何もかも繋がっていることに気が付いてきたら

自分の関わっている業界だけでなく、職業だけでなく

きっとこれは、こういうことと同じだろうな、という風に

応用が利くようになってきます。

 

今の職場で大事にされる人はどこに行ってもやはり大事にされるし

今の職場で必要とされている人はやはりどこに行っても必要とされるのです。

 

逆に、今の場で必要とされていない存在だとしたら、

どこに行っても必要とされることはない、そう思いませんか?

 

まずは、今の場で、「自分がいないと困る」というところまでいくと

次へのステップに繋がります。

そこまでいかないうちに、ダウンすると、それから以降はレベルは落ちる一方です。

 

なので、恐らく今、吉本歯科医院のカウンセラーの森下は

ある日突然違う仕事を与えられたとしても、きっとまたその体験に応用を利かせて

上手にやっていくと思うし、その分野でもまた、能力を見出されていくと思います。

どこに行っても愛されていくだろうし、どこに行っても重宝されるでしょう。

そんなもの、です。

 

ひとつを徹底的に深められる人は、応用が利くのです。

 

逆に、何をしてもどんな仕事をしても、

「意識を持たず、好奇心もなく」日々を過ごしている場合は

何をしても応用が利かないということに、なります。

 

今、目の前にある環境の中で、自分を最高に活かすために

どう人と関わり、どんな意識で過ごしているかで

やはり私は2年後、3年後は大きく変わってくると思うのです。

 

 

どこででも誰とでも上手に関わっていける

人と人との関係は全て、お互い様

 

この2点を押さえておけば、私は極端な話、幸せに生きていけると思っています。

ので、そんなことばかりをいつも吉本歯科医院のスタッフには話しをして

無理矢理?共感を得ています(笑)洗脳????

 

今、私達吉本歯科医院には、本当に全員が全員、「代わりのきかない存在」になっています。

森下の、

樋口の、

加島の、

田中の、

杉本の、

小田の、

代わりは、いません。

 

院長も同じくそう、思っているからこそ、私には何も文句を言わないんだと思うんです(笑)

そんな風に、スタッフのことを思うようになった自分にも驚きです。

代わりがいない、と思うと、自然と情が湧いてきますし、親身になりたいという

気持ちが湧いてきます。

 

誰かが何か大変なことがあったとしたら、私も胸が痛みます。

そして、心配します。

 

そういう心模様が今とても嬉しいんです。

 

今、嬉しいことに、私達吉本歯科医院と同じような形でお仕事をしていきたいと考えてくださり

「マネージャー」や「カウンセラー」の存在を作ろうとして動いている方が

周囲にいるんですね(^^)

 

私どもの医院の雰囲気を実際にご覧になった方が、同じようにやっていきたいと

感じ、行動に移して下さっていること、本当に嬉しい。

 

とにかく、支え合う、支えたいという気持ちを引き出す、お互いに引き出し合うというのが

私の考える母性型経営、です。

 

みんなで一緒に良くなっていきたい。

何かあったら共に考えたいし、弱っている時は弱っていない方が助ける。

 

社会はそんなに甘くない

仕事はそんなに甘くない

経営はもっとシビア

・・・・・・って、きっと既成概念だと思うんです。

 

数字だけを求めるといろいろなストレスに振り回されます。

机上の空論的な方法に振り回されその結果、気が付いたら何の結果も出ていない

なんてことばかりですよね。

 

仕事だって会社だって社会だって、詰まるとことろは人と人とで成り立っているんです。

そういう意味で、人と人との関わりを本当にキチン考えていけば

うまくいくんだと私は今本当に、実感しています。

 

実はとてもシンプル。

 

昨日、歯科衛生士の加島と話をしている時に、

ある患者さんの話題になりました。

加島が担当させていただいている女性の患者さんです。

この患者さんは、大きな病気が発覚し、命にも関わるような大手術をされました。

手術前に一度加島のメインテナンスをお受けになり

そのときには笑顔で、「手術があるの」とおっしゃっていたんです。

事情を知っているだけに、加島もなんとお声をかけていいかとまどいながらも

今日のメインテナンスで、明るく笑って話かけて下さるこの患者さんに応えていました。

 

その後しばらく時間があいていたのですが、おとといちょうど私がある会で

その患者さんのご主人にお目にかかることがあったんです。

「奥様、いかがですか?手術の経過は?」とお聞きしました。

そうすると

「手術は無事終ってね、今はなんとか元気になってるよ」と教えて下さいました。

 

そのことを私はいち早く、心配しているであろう加島に伝えなくちゃと思い

昨日、「手術は成功してお元気になったみたいだよ」と伝えました。

 

・・・・すると、加島は

みるみる目から涙が溢れ、「うっ、うっ、うっ、良かったあ・・・・」と泣き出してしまいました。

本当に心配していたんです。

加島は、実はこういう人、なんです。

人の気持ちがそのまますぐ自分に移ってきて涙してしまう人なんです。

そして、心配症です。

素敵だと思いませんか?

 

私は、加島のこういう瞬間に見せる思いもかけないような感情の爆発?や、

表情が、大好きです。

人間らしくて、大好き。

また、こんな気持ちがなくなったら、人間おしまいだろう、とまで思ってしまいます。

 

なので、これは加島の長所であり、最大の能力です。

人の痛みを自分のことのようにわかり一緒に痛みを感じられる

これって、能力だと思いませんか?

 

改めて、うちの女性スタッフたちは、その身のうちにまだまだ秘めた力を

持っている人ばかりだろうな、と思うのです。

 

今、吉本歯科医院に集まっている、という事実だけで、

奇跡的に運がいい人ばかりじゃない?と勝手に思っています(笑)

 

「あなたってものすごく運がいいの知ってた?」ってくどいくらい言い続けることで

本当に運がいいような気がしてきませんか?

運は、信じる人のところに集まってくると思うんです。

 

若いスタッフには言っています。

「私はね、最高に運がいいの。私と関わるといいことばかり起こるよ」って

口癖にしてね、って(^^)

それで、実際に本当に幸せにしてあげたらいいじゃない?と思いませんか?

 

 

そういう意味では、強運な女性に囲まれている院長、吉本彰夫は

今、最高にラッキーな人かも、しれません?自覚してます??(笑)くしゃみ、しております。。。

2010.09.03ほほえみの磁石

昨日、子供を保育園に送っていった時です。

娘と同じクラスの女の子のお母さんが、「吉本さ~ん、ブログ読んだよ~(^^)」と声を

かけてくれました。

いいこと書いてるなって思ったよ、と言ってくれてとっても嬉しかった。

 

このお母さん、私は一年前からずっと思っていたのですが、

とにかく朝に夕に会った時にはいっつもパーッと明るい笑顔でほほんで、目が合うとすぐに

微笑み返してくれる人、なんです。

朝、てんてこまいで忙しくてバタバタしているんですが、彼女に会うと

「う~ん、なんかいい気分、さっ、今日も動くか~~」という気持ちになってしまいます。

 

いつ会っても「微笑んでいる」ので、私も用がなくても近寄って話しかけてしまうし

一言二言会話をしたくなるんです。

私はそれを「ほほえみの磁石」だと思います。

 

全身で微笑んでくれているのがわかるので、そのなんとなくあったかそうな存在に

ついつい物理的に近づいてしまいたくなるのです(笑)

 

逆に、怖そうでいつもしかめっつらをしている人には

話しておかなければならないことがあっても、つい近寄りたくないので

「メールですませておこう」みたいなことになっちゃいます。

 

ほほえんでいる人は、なんだか幸せそうに見えるので

私は好きです。

きっと、神様がいたとしたら、神様も幸せそうな人が好きだろうから、

そういう人はちょっと多めに守ってくれているような気がします。

 

感じがいいとか

微笑み返してくれるとか

目がきちんと合うとか

そういうことって、数値化できませんし、能力として資格で認められる評価されるものでも

なんでもないですよね。

でも、一番人の心をあたため続けてくれるものって、実はこういう「なんとなく感じていること」なんだと

思います。

 

今日の今この時に、ほほえみ会える存在がいて、そういう場があれば

私は、自分の人生は大成功かな、と思います。

 

そういう意味では

名前も知らない存在でも、今日あった人とでも、ほほえみあえる、気持ちを交換しあえる

人間同士はやっぱり素敵だと思います。

 

人と人とが「きちんと関わる」ということ。

それは目の前の人に意識を向け、目を見て、心を傾けるということ。

そういうことができる社会はきっと素敵です。

今回森下がブログに

関わり合う、ということを書いていますが、

https://www.8181118.com/counsellor/

私達吉本歯科医院は、「人と人との関わり」をこれからもうるさいほど発信し続けます(笑)

だって、その方が、きっと楽しいに違いないから。 

 

微笑みと言えば、今日お越しになられた患者さんも「ほほえみの大サービス」の方でした。

imamurasan.jpg

初診の時点で滞在時間3時間という記録を残した今村幸太郎さんです。

カウンセラーを笑わせ、院長を笑わせ、受付の樋口を笑わせ、さらに中に入って

歯科衛生士を大笑いさせ、なかなか本題の治療に入れず、みんなを

お腹をかかえて笑わせてしまった、今村さん。

 

彼もまた、いつも「ほほえみ」の人、でした。

ほほえみを通り越して、飛び切りの笑顔で入ってこられるので

ついつい私達も、大笑いしてしまったんですね。

 

そんな今村さんは、親知らずを抜かなくてはいけないのですが

「実は歯を抜くのが、こ、こ、こ、怖いんです~~~(><)」と(笑)。

そうですよね。男性だって、歯医者さんは怖いのです。

「大丈夫ですよ、痛くないから♪」と、若い衛生士さんに言われ

ほっとしている今村さんが、ちょっと可愛く見えました。

抜歯、頑張ってください!!!!!

2010.09.03母性型経営のススメ講演

DSC_0668.JPG

先日の9月1日(水)モーニングセミナーで「母性型経営のススメ」お話させて頂きました。

懐かしいお顔にたくさんお会いでき、ちょっと興奮気味の私、でした。

 

そして、先週のお邪魔した講演と、この日の講演でお話を聴いて下さった方が早速

医院にお越しくださったり、勉強会へのお申込を下さったり、と、打てば響くこの感じが

今、とても快感です(笑)

 

講演が終了した後、みなさんで一緒に朝ご飯を頂くのですが

今回は、終了後に女性の参加者のみなさんと集まってお話ができる機会がありました。

実は、講演よりもこの女だけの本音の話の方が、とっても盛り上がったのです(^^:)

 

今日のお話は、男と女がいかにすれ違っているかということに尽きますよね、という話から

「うちの主人はまったくわかっていない」

「男性は、もっと女性の感じ方や気持ちを勉強したらもっと支えてもらえるのに」

「かゆいところに手が届かないのが男性よね」

いろいろ、出てきます。

 

職場の人間関係は、家族の縮図、もっといえば、男と女の関係の縮図だそうです。

 

こんな話がありました。

ご一緒に経営をされているご夫婦です。

ご主人は社長さん。それを影になりサポートしてくれているのが奥さん。

奥さんはご主人が気が付かないいろいろなことが直感的にわかってしまいます。

「どうも最近、お客さんが減っている」

「どうも社員の様子がおかしい」

こんなことって、数字の上で出てくる前に女性は直感で感じてしまうもの、です。

そこで奥さんが

「あなた、もっとこういう風にしていきましょうよ」

「社員たちをもっと大事にしていきましょうよ」と

意見すると、

「お前に何がわかる?!黙っとけ」

なんだそう。。。。

黙っとけ・・・・って、いつの時代???と思うのですが、実はまだまだこんな会社は

ざらにあります。

奥さんも、あまりにもこういうことが続くと

「もう、いいわ。この人には何を言ってもわかってもらえない」

「聴いてもらえないから、もう言わない」

と心を閉ざすようになってしまいます。

 

もったいない、ですよね。

 

今回お話したのは

男性は、もっと女性の感じ方や気持ちを知って下さい。

そして、女性活用とか、そういう言葉ではなく、

本当の意味で、上手に女性にサポートされて下さい、ということです。

 

女性は、目標設定とか、将来の成功とか、お金とかモノとか、そういうことよりも

もっと欲しいものが、あります。

それは、今、この時に、目の前の私と、きちんと向き合って欲しい、という一点です。

それをせずして、夢を語られても「はあ、ご勝手にどうぞ」という気持ちになってしまうのです。

それは職場の上司と部下でもまったく、同じ。

 

 

こういうお話をすると、講演で後ろの方に座っていた女性陣は

「うんうん、本当にそうそう」と、ものすごいあいづちを全身でうってくださるのですが

前の方に座っている男性陣は

ひたすらメモを取る(笑)

 

女性は感覚的な表現をするととても理解できやすいけれど

男性は「こうすれば、ああなる」という理路整然と理屈で納得できることでないと

なかなかうなづいては、くれません。

 

男と女は違うんだ、という大前提のもとにコミュニケーションを取るということが

どれほど大事かということを私も吉本歯科医院でマネージャーを日々していて感じます。

院長が男性で、スタッフは女性

患者さんにも男性がいて、女性がいます。

「伝え方」ひとつにしても、男性によって、女性によって、感覚的に話をして伝わる場合と

文字や表や写真を使って伝えた方が効果的な場合も、あります。

それはもう人によってさまざまです。

 

これからはどこの職場にも女性は、います。

女性だらけの職場だって、多くなります。

女性に上手にサポートしてもらえる、そんな男性を実は私達

母性型男子(ぼせいがただんし)と呼んでいます(笑)

 

母性型経営の勉強会でいろいろな経営者の方にお目にかかるのですが

実に女性に上手にサポートしてもらっている社長さんは、やはりお商売もうまくいき

しかも、ご自身もとっても穏やかで不安のない心模様なんです。

 

ここからは母性型経営のススメ「MOTHER PORT」の第二号で池田先生が

書かれていた文章です。

 

 

『「母性型リーダー」の草分けとしていち早く取締役に女性を登用している社長さんがいらっしゃいます。

その女性取締りは決して身内の方ではありません。

 

女性には安心して仕事を任せられる、というのが社長の弁。

 

「ウチの男性社員は不況の時でもよく頑張ってくれています。

 

ただ、男性なので競争心や自己主張がある。

 

だから、私の話をよく聞かないで突っ走ってしまったり、成果にムラ、ばらつきもある。そんな時、この男性のムラを微妙に調整して発奮させてくれるのがうちの女性陣なんですよ。

 

社長に一方的に怒られるより、女性に『せっかくお客様の所へ行くのだからここうしてみたら』とか『お客さんには印刷ではなく、直筆でお礼を書いてみたら?』などと大所高所から指摘すると男性も納得。

 

また喜ぶ時も女性は本人とともに喜ぶから社内はお陰で明るい。

 

社内に気配りの出来る家庭のお母さんのような存在は必要です。

 

すると社長は安心して外に出られる」。

 

そんな社内での母親役の存在が、この女性取締役。

 

会社の女性役員と言えば、キャリア、仕事バリバリの女性をイメージしがちですが、この女性は

決して出しゃばることのなく、しかし明るく前向きなまさに頼りになる「お母さん」という存在。

 

ウチにあっては、営業マンを毅然として束ねながら、ソトではお客様との信頼抜群で、決め細やかに気がつくので、お客様の会社の用事まで彼女に頼まれるそうです。

 

誰にも大事にして真面目に対応する社長は、社員とは運命共同体と思っていたが、男性社員はプライベートまで踏み込んでもらいたくないという壁があったんだそうです。

 

そんな心の壁を自然に取り除いてくれたのも女性の力だそう。

 

女性を社長が信頼すると、女性はきっちり応えます。

 

女性は、実は「信じたい」「支えたい」生き物、なんですね。

でも、「信じられない」「そう思えない」が、今は現状です。

 

女性はウラオモテが少ない。

しかもことさら教育しなくても日常の業務の中で男性をしつけてくれるんだそうです。

 

社長は「私は力がないから」「私は出る幕がない」とさらっと本気で言える肩の力の抜けたしなやかな社長さんです。

 

また、男が「長」になると敵が出来るのは世の常。

いち早く女性の能力に気づき「活用」ではなく「信頼して任せて」しまうことを実践しておられる深い人間学を持ったしなやかでパワフルな社長さんです』

 

 

女性に上手に支えられる男性

女性に運気をもらえる男性

 

そして、女性の存在をきちんと認められる男性、です。

 

それが母性型男子(ボセイカタダンシ)です。

 

 

母性型男子のススメ・・・・今、静かに広がっているんです、実は(笑)

 

香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 歯を削る前に知っておきたい7つのこと。メールセミナー全7回 インプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • インプラント治療をする前に患者さん側が確認しておくべき5つのことインプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 合わない痛い総入れ歯でお悩みの方へ固定式入れ歯 インプラントオーバーデンチャー 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 診断が変われば治療は変わる 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 歯の予防 PMTC 歯の定期健診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 働きやすさが自慢の職場 子育て支援 吉本歯科医院 香川 高松
  • オール・オン・フォー All-on-4
  • 吉本歯科医院の「治療の特徴」
  • 歯科医師の採用について
  • newsletter
  • movie
  • 患者さんからのお便り
  • 無料メール相談・お問い合わせフォーム
  • メディア掲載実績・講演依頼
  • 歯科医院の方はこちらをご覧ください
  • 院長ブログ
  • マネージャーブログ
  • カウンセラーブログ
  • コンシェルジュブログ
  • 香川 高松市 吉本歯科医院 コンセプト
  • 当院のインプラント治療の特徴
  • 香川 高松 吉本歯科医院 自覚症状をお持ちの患者様へ
  • 香川 高松 吉本歯科医院 症例 事例

治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!