吉本歯科医院

087-818-1118

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

インプラント,噛み合わせ,総入れ歯,審美,治療は香川県 高松市の吉本歯科医院

香川 高松 吉本歯科医院
治療メニュー
  1. 1)インプラント
  2. 2)薬で治す虫歯・根っこ治療
  3. 3)歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎
  4. 4)削らない治療・接着ブリッジ
  5. 5)マウスピース矯正・
    目立たない矯正
  6. 6)審美歯科・歯を白くする
  7. 7)予防治療PMTC
  8. 8)顎関節症・顎が痛い
  9. 9)金属アレルギー
  10. 10)入れ歯
  11. 11)治療価格
  12. 12)親知らず
  13. 13)噛みあわせ
ホーム > 香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

2009.07.11しっとりチーズケーキ

今日は土曜日です。土曜日の吉本歯科医院は平日よりもややバタバタとした一日になります。

診療室の中はバタバタとはしていますが、患者さまとスタッフ達との何気ない会話や笑い声が

なんとなくいい感じの雰囲気を作っています。

安心して見ていられるのは本当にありがたいことです(^^)。

今日の午前中、インプラント治療期間中の患者さまに手作りのチーズケーキを頂きました。

来院されるたびに、毎回いろいろな種類のケーキを作って私達に持って来て下さいます。

毎回毎回、チョコレートバージョン、チェリーバージョン、チーズバージョンと趣向を変えて

プレゼントして下さいます。

私達も美味しくってまた食べたいものだから遠慮なく、「また、作ってください(^^)」と

あつかましく言っちゃってます(^^;)。

もう一体何回ケーキを焼いてくださったんだろう・・・?

cake.jpg

でも、嬉しいものですね。

患者さまと、こうやって治療を通じて親しくさせて頂けることは本当に幸せなことです。

 

お昼休みに吉本歯科医院の2階で、みんなでケーキを頂くことになりました。

土曜日は、保育園がお休みのためお母さんが仕事している間、2階で子供たちは子守のお姉ちゃんと遊んでいます。

吉本歯科医院のお昼休み風景(土曜日バージョンです^^)↓

minna.jpg

どの子もやんちゃで本当に可愛い吉本歯科医院の宝物たちです。

スタッフたちもいい顔してるでしょ?

もっともっとみんなが笑っていられるような吉本歯科医院を作り上げることが私の目標です。

そのキーワードは、やっぱり「コミュニケーション」です♪

 

さて、今夜は吉本歯科医院の一大イベント、バーベキュー大会です(^^)

声をかけすぎて気がついたらものすごい人数になってしまいました。

雨が降らないように昨日は自宅の窓に4つ、テルテル坊主を作りました(笑)

15年ぶりです。

願いが通じたのか、いまのところ香川県地方、お天気は曇り。

なんとか、夜まで持って欲しいところです。

こんな大人数でバーベキューをするのは初めてなので、もし、うまくいけば

この夏にもう一回くらいやりたいな。。。。

みんなで交わってワイワイするのは大好きです。

バーベキューの様子は次回にお伝えしま~す。。。。

 

■吉本歯科医院の患者さまの中には高知の四万十から片道6時間かけて通って下さっている患者さ

 まがいらっしゃいます。今日も朝はやくのご予約で息子さんとご一緒に来院されました。

 東京往復しても6時間はかかりません(><)

 院長、吉本の治療を信頼して下さり、ご遠方にも関らず毎回通院して下さっています。 

 近い、遠いの距離ではありませんが、そこまでお時間をかけて吉本歯科医院に通って下さる・・・

 そのことに対して私達は出来る限りのおもてなしと、誠実な治療を提供させて頂きたいと改めて

 感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009.07.04変わることは快感・・・・・

昨日、吉本歯科医院の歯科衛生士さん、加島が大変身をして出勤してきました。

朝、加島さんが現れた瞬間に「うわーっ!!」と全員が叫んだそうです。

少し遅れてやってきた私も思わず「うわーっ!!」と叫んでしまいました。

長かった髪をばっさり切って、メイクもバッチリ決めて「大変身」です(^^)

 

kashimasan.jpg

吉本歯科医院では、今、ヘアスタイルを変える、がブームのようで新人小田に続き、

カウンセラーの森下もバッサリ、髪を切ってしまいました。

女性は本当面白いもので、髪を切ると、それに合わせて何もかもチェンジしてしまいたくなってしまいます。

私も長かった髪を切った時には、これまでにない爽快感でした。

髪を切ったので、それに伴い、口紅を変えたくなり、短くなった髪に合うようにピアスを入れたくなり

首がすっきりあいた洋服を着たくなり、どんどん新しく変えたくなってしまうんです(笑)

古い髪を捨てて、新しい自分に脱皮して、どんどん変化していく気分です。

そういう意味で変化は快感です。

 

さて、この加島衛生士。吉本歯科医院では一風変ったキャラクターの持ち主です。

その特徴のある歩き方、独特の話し方、これはもう会って頂かないことには伝わりません(笑)

私はよく彼女が患者さんとお話している様子をこっそり、聞いているんですが

(声がとても大きいので聞こえてくるというのもあります・・・^^;)

それはそれはよく患者さまの話をよく聞きます。

そして、抜群のあいづちを打ちながら、歯科衛生士として伝えなくてはいけないことを

やんわり、時に、しつこいくらい話をしています。

本当に親身になって言っているのが耳で聞いているだけで私にも伝わってきます。

彼女は自分が担当した患者さんのことは、どんなことでも把握してます。

口の内はどんな状況なのか、口内炎ができているのは仕事が忙しい日が続いていたためだとか、

チェアに座る時に腰が痛そうだったとか、院長の厳しい診断にややめげそうになっているとか・・・。

そんな加島なので、患者さまの中には当然、加島ファンは多くいます。

もちろん吉本歯科医院には素晴らしい歯科衛生士はたくさんいますが、これはもう年の功でしょうか・・。与える安心感が大きいんでしょうね。

治療に関しては、PMTC(お口のクリーニング)で、この加島がリーダーとなって、現在患者さまに

心地よい約一時間を提供しております。詳しくはこちらをご覧下さいね。

吉本歯科医院のPMTC

 https://www.8181118.com/menu/07treatment.php

 

先日のブログでも書きましたが、私は今、吉本歯科医院はベストメンバーだと思っています。

それはなぜかっていうと、ミーティングをしている時に全てのスタッフがちゃんと私やお互いと

目を合わせて話をしてくれているからです。

そして表情がやわらかい。

 

目は口ほどにモノを言ってるわけですが、かつて吉本歯科医院の体制がうなくいってなかった時は

もう見事に全員が目を合わさなく言葉だけが飛び交っていました。

怖いですよね・・・。

同じ職場にいながらにして、まともに目を合わせられない人と人がいる、なんて

それは仕事がうまくいくはずもなく、その悪い雰囲気の中に患者さまは入ってこられるわけなので

悪い空気の循環です。ゾンビ集団のようです。

 

今は、あまり多くを語らなくても、いろいろなことを目で見て察してくれています。

「こういうことを言いたいんだろうな」という勘を働かせてくれているというか・・・。

 

それぞれのスタッフと話をしていても、会話の中にひっかかりがないので、ちょっとした時間に

ワイワイガヤガヤと雑談するだけで妙に気分が良くなってしまいます。

 

私は、「たわいのないなんでもない会話」が職場の中にはたくさんあった方がいいと思います。

ちょっと話をするだけで、心の中にあったかい気持ちが広がるし、いつも繋がってるような

気持ちがするからです。

 

吉本歯科医院は、たぶん普通の職場よりたくさん会話が飛び交う場だと思います。

患者さんとも、スタッフ同士でも、出入りして下さっている関係者の方とも。

別段、特にこんな会話を患者さまとしましょう!なんてことをやっているわけではありません(笑)

みんなまともな人間で、まともな大人なので、そんなマニュアルも必要ありません。

人の気持ちをあたたかいものにしていくのは、最終は関った人とのコミュニケーションだと思います。

私の場合で言えば、誰でもいいから一日に10人くらいあーだこーだ話しながら笑い合えたらその日の夕方にはもう相当いい気分で家に帰ることができます。

コミュニケーションがあると体の疲れもどっか行っちゃうし、雨が降ってても晴れ!みたいな気分になっちゃいます(^^)

 

ここ最近は、それぞれのスタッフの成長と、変化がうれしくて毎日結構ご機嫌さんです。

みんなに負けないように私もピカピカにならなくちゃと気合が入ります。

DSC_0072.JPGのサムネール画像

↑この日インプラント治療最終日の患者さまを囲んで待合室でのひとこま。

植村技工士、スタッフそして患者さま。「長い間治療おつかれさまでした~」 

2009.06.27大阪アイキャットから、十河基文先生が来院

今日は午前午後と,インプラント手術でした。

今回の手術に大阪のアイキャット代表の十河基文先生が立ち合われるということで

昨日から吉本歯科医院にお越し頂いています.

http://www.icatcorp.jp/company/purpose.html

 

 

DSC_0080.JPG 

アイキャットとは、吉本歯科医院がインプラント治療の際に、採用させて頂いている画像解析システムの会社です。

院長吉本は、十河先生の開発された画像解析システムによって、本当に安心してインプラント治療を患者さまに提供できているといつも言っています。

このシステムがあることで、CT画像だけでは把握できないことまで全て事前に把握でき

手術前にほぼ完全にシミュレーションを行なうことができます。

院長吉本はCT画像だけのインプラント手術を絶対に行ないません。

CTを撮影している、というだけでは不完全だからです。

詳しくは↓をご覧下さいね。

 

アイキャット画像解析を採用した吉本歯科医院の詳しいインプラント治療はこちら

https://www.8181118.com/implant/

 

 

さて、この,十河先生....びっくりするくらい魅力的な方で

今朝も朝礼からお越し頂いたんですが,そのご挨拶で瞬時にして

うちのスタッフたちを虜にしてしまいました(笑)その時間わずか3分!

 

なんて言ったらいいのかうまく言葉が見つからないんですが

とにかく,感じが良い方で,腰が低く,えらそうなところが微塵もない.

そしてお話がやわらかく,そして面白い.これぞ関西人.。

テンポの速いトーク、リアクションの素早さ、表情の豊かさ、すっかり惹きこまれちゃいました。

 

そして周囲への気配りが素晴らしく、それぞれの立場のスタッフをとても尊重してくださり声をかけて下さっていました。

 

お医者さんや歯医者さん,または先生ってずっと呼ばれている人って

どこかやっぱり偉そうな?雰囲気を出していることが多いですよね.

 

でも,この十河先生はまったくそれが,ないんです.

そういう空気ってうちのスタッフたちは瞬時にして敏感に感じとってしまうので

昼休みには「十河先生好き~!!」

「大阪のアイキャットに見学に行きましょう!」ということに。。。

 

すごいですよね。

一瞬にしてここまで好意を持たれてしまうって。

逆のパターンはよくありますが。

 

手術中は、院長と十河先生が、「ああだ、こうだ、なるほど、すごいっ!!」とかいろいろ言いながらオペを進めていました。アシストについたスタッフたちは「2人のトークが面白いオペでした。」と。

 

DSC_0092.JPGのサムネール画像 

手術が終った今も、2人でカウンセリングルームにこもって熱いトークを交わしています(笑)

こんなに楽しそうでいきいきしている院長を見るのも久しぶりで、波長の合う人との熱い会話は最高に人を活性化させるのね~と思ってしまいます。

 

本籍が香川にあるという十河先生ですので、今日の日を機会にちょくちょく来て下さるといいなあ。。

職場が一気に明るくなるので♪

 

 

十河先生、ありがとうございました。

今度は私たちが大阪に押しかけていく予定です(^^)

 

十河先生には歯科界の現状、インプラントの現状、「えっ本当ですか?それは?」というようなことを

たくさん教えて頂きました。

メモを取ったので、近いうちまとめてアップしますね。

素人でもわかるように分り易くやわらかく噛み砕いて下さった話だったので、私にも本当によく理解できました。

それもすごいですよね。

2009.06.26ベストメンバー

今日はものすご~く忙しい一日でした.
午前中はやや難症例のインプラント手術,平行して通常の患者さまの治療,
予約表はギッシリの一日.
そんな日に限って,ご予約外の緊急の患者さま,時間を間違えちゃった♪という患者さま.
お昼ごはんを食べる時間もわずかで,みんなとりあえず何か突っ込んでおこうという程度で
午後の診療に突入!
午後は午後で,いつになく来客も多く,みんながそれぞれでの場で,必死で対応している,そんな一日でした.

夜,一日の診療がやっと終わり,院長は大阪からのお客様と今,横でにこやかにお話をしています.

改めて,吉本歯科医院は今,ベストメンバーだなあ・・と思うのです.

私がこの病院にやってきてから約5年,いろいろとスタッフの入れ替わりもありました.
大事にしきれなくてつらい思いをたくさんさせてしまい,辞めていったスタッフたちも
たくさんいました.

でも,今,吉本歯科医院で活躍してくれている全てのスタッフは,少なくとも私にとっては最高の仲間だと思っています.

面接の時にその印象に私が一目ぼれしてしまった受付の樋口さん.その日本語の美しさは吉本歯科医院の財産です.

吉本歯科医院のことなら何でもわかっていて,そして阿吽の呼吸で何でも先に動いてくれるカウンセラーの森下さん.

院長いわく,「言わなくても分かる」「欲しいものが先に出てくる」と絶賛している歯科衛生士の田中さん.何でもできちゃいます.

好奇心の塊のような歯科衛生士の加島さん,年が私と近いこともあり何でも相談できる貴重な存在.性格がとにかく素直!

おそらく吉本歯科医院の中で「もっともお嫁さんにしたい」No1じゃないでしょうか,歯科衛生士の杉本さん.
可愛くって素直なので,何でもしてあげたくなっちゃいます.

そして,新人歯科衛生士の小田さん.面白いですよ~.新人なのに,院長も一目置く貫禄をかもし出しています.
スポンジのような脳みそを持っていて言ったことは何でも吸収しつくしていきます.

そして,小林先生...院長にいろいろ厳しく言われながらも私たちに言わせてみれば「小林先生,いないと寂しいよね」と
言わせてしまう癒し系ドクター.嫌な顔ひとつせず何でも頼まれてくれます.

そして,非常勤の先生方,朝夕とお掃除に来てくださる方,ベビーシッターにきてくれる学生さん...

吉本歯科医院に関わって下さっている方,み~んな,大好きです.


昔は,そうは思えなかった自分がいます.
自分のことに必死で,スタッフや医院のことまで何も考えられていなかったなあ,と思います.
でも,その時期は私たちにとって必要な時期だったんだとも思います.

今,心からみんなのことが大好きなので,一人残らず絶対離さないっ!!って決めてます(笑)勝手に.
誰か新しい人が来てくれることは歓迎ですが,誰か一人でも去っていくことは絶対いや,なんです.

とはいっても,若いスタッフも多いのでそのうち結婚もするでしょうし,出産もするでしょう.

でも,そうなったとしても片足は吉本歯科医院に突っ込んでいて欲しいな,と思います.
そのためにいろいろな取り組みを考えていきたい.
常識破りなことでも,いいことならどんどん取り入れていきたい.

吉本歯科医院の財産は,ここで働いてくれている人たちの「優しい気持ち」です.

みんなの「優しい気持ち」だけを引き出していけるような環境を作るのが,たぶん,私の一番の仕事です.

2009.06.25実年齢は関係ありませんね(^^)

先日、お誕生日パーティにご招待頂きました。

その方、御歳94歳(^^)

おそらく香川県では一番パワフルなおじいちゃんではないでしょうか?

マルヨシセンターグループの創業者で、現役を退かれた後も、途上国に学校を作るなど

精力的にボランティア活動をサポートされておられます。

 

yanosan.jpgのサムネール画像

ご自宅でのお誕生日会には50名近くの人がお祝いに入れ替わり立ち代わり・・・・・。

矢野会長とは10年前に初めてお目にかかっていらい、定期的にお会いする機会が

ありましたが、お会いするたんびに背筋が伸び、どんどん鋭さを増していくように感じます。

矢野会長とお話していると、やっぱり凡人でない言葉がポンポン飛び出します(笑)

人と同じことをしていたら同じような人生。

2倍動いたら2倍の人生。

私は人の10倍動いて、100倍生きる。

そして、自分で決めて、自分から動く、です。

こんなお話です。

こんな話はだ~い好きで、心に響きます。

有言実行の矢野会長は、「◯◯する」と宣言すれば、数ヶ月後にお会いした時には

「◯◯してきたよ」になっています。

矢野会長の語録には「もう歳だから」とか「そんなことはできない」はない、そうです。

そういえば、一度も聞いたことがありません。

そう考えていくと、現実に歳はどんどん取っていくけれど、その歳の重ね方はその人が

今をどうやって捉えて生きているかに全てはかかっているなあ、と改めて思いました。

私は、歳はとれば取るほど、「衰える」のではなく、逆に「研ぎ澄まされていく」と思いたい、です。

また、そうでなければ嘘だろう、とも思います。

私はいちおう、女なので、やっぱり見た目年齢も気になります。

いつまでも若々しくいたいなあ、という願いはあります。

でも、悲しいかな、人は歳を重ねれば重ねるほど、外見だけではカバーできないものが

外ににじみ出てきてしまうように思います。

どんなに皮膚がきれいでも、どんなに色白でも、どんなにシワがなくても

あがけばあがくほど、逆に内面の心模様は全て顔に現れてきます(--;)。

こればっかりは、もう隠しようがありません。

男も女も。

94歳の矢野会長は100歳までに、やりたいことが、やっておかなくてはいけないことが

たくさんあるんだそうです。

その計画はきわめて具体的で、もう本当に「お見事!」と言うしかありません。

そして印象的だったのはやはり、「目」です。

「キラキラ」とか「澄んでいる」とかじゃないんですね。

どっちらかって言うと「ギラギラ」です(失礼!)

野生的な深く鋭い目でまっすぐに私を見ます。

「目」は本当に口ほどにモノを言い、ですね。

 

そしてもうひとつ。

先日東京に行く機会があり、もう一人パワフルな女性にお会いしました。

ほぼ、70歳に近い60代の女性です。

友人を介して知り合った方なんですが、せっかく東京に来ているので、ということで

久しぶりにお会いしました。

会った瞬間に

「ひさしぶり~~!!きれいになったわね~!会いたかったわあ!嬉しいわ~」って

いきなり熱い手で私の両手を握ってくれたんです。超近距離で。。。

普通の人だったらびっくりするようなエネルギーの大きさです(笑)

私はそんな人は大好きなので私も思わず抱きついてしまいました。

でも、なかなかそんなことする人いませんよね。外人じゃないし・・・・

でも、「嬉しい」とか「楽しい」とか、「会いたかった」とか、素直な感情をストレートにぶつけてくれるって気持ちいいもんだな、と思いました。

面白かったのが、その彼女に会って話をしていた1時間で私のテンションはすっかり上がってしまったことです。

多分、嬉しい、楽しいオーラが伝染したんですね(^^)

その後に、大学時代の友人とひさしぶりに会ったのですが、今度は私が同じように

熱くなった手を握っていました。

人が出している無意識の雰囲気は絶対伝染していると思います。

だから、「自分」をいつも「嬉しい、楽しい」状態にしておくことは関る人を幸せにしていくんだと思います。

パワフルなお二人から学びました。

実年齢は関係ありません(^^)

kawabata.jpg 

2009.06.20とうとう、クリアアライナーで矯正治療をはじめてしまいました。。。。

今日、いよいよ、私も初の矯正治療をスタートしました。

正確に言うと、2回目です。一回目はその不快さに3日で挫折。

私は上の歯に八重歯があり、笑った時の見た目がどうもよくない、そうです。

本人はあまり気にしていなかったのですが、院長に言わせてみると「ありえない歯並びの悪さだよね」だそうです(--;)

上下の咬み合わせがとても悪く、ものもほとんどまともに噛めていないんだそうで、そう言われてみればそんな気もします。

かみ合わせが悪いことで最近では、顎関節症の症状まであり、かたい煎餅を噛んだ時など

やたら顎がカクカクと言って痛いのです。

大きな口を開けるようなことをすると顎の骨がゴリゴリとすれている感じがして、つらいのです。

それを解消するために、院長に以前、マウスピースを作ってもらい、夜眠る時には、必ずつけて寝ていたのですが、しばらくしたら、その痛みも、なくなってしまい、マウスピースを付けて眠るのを

怠っていました。

すると、やっぱりまた、顎が痛くなってきました。

院長に「顎が痛いよ~」と訴えると、

「そりゃあ、マウスピースちゃんとしないからだよ」と。

さらに「いつでも治してもらえると思うから、有り難味がないんだよね~。だから、もうやってげな~い」なんですって(泣)

でも、それもそうですね。

患者さんには、「ちゃんとマウスピースして下さいよね!」と言っていても

自分では、ついつい面倒臭くなって、痛くなくなったから「ま、いっか」となってしまう私。。。

反省致しました、はい。

そして、そして、今日からクリアアライナーで、矯正治療をはじめました。

クリアアライナーは、取り外しが可能な矯正装置です。

ご飯を食べている時と、歯みがきの時以外は、できるだけ長く口の中に入れておくという装置。

実際に入れてみると、歯が押される感じはありますが、それほどの違和感はありません。

ただ、とっても話しにくいのと、口のあたりがこんもりと盛り上がっているように見えるのが

気になります(泣)

衛生士の加島さんに「マネージャー・・・きれいになるには努力がいるんですよ~~」と

言われましたが、本当におっしゃる通りです。

どれだけ、長い時間口に入れていられるかで、仕上がりは決まります。

今日からスタートして、一体どれくらいで私の歯並びが変わっていくのか、とっても楽しみです。

 

DSC_0010.JPG  

実は、ドキドキで治療代に横たわる私(チェアが倒れるとやっぱり緊張してしまうのです)

DSC_0014.JPG

歯が動くためにすき間を作ります。隙間を作るためにこんな器具を使って「ディスキング」をします。

※歯のすき間を作るために歯と歯の間にこの器具を出し入れし、歯を削っていきます。

DSC_0015.JPG

ディスキングしています。

ゴゴゴゴゴっ!と、頭蓋骨に響きます。痛みはないんですが、その振動に最初は驚いてしまいます。

しかし、しばらくしていると快感に変わってしまいました・・・・(ふふふ)

dis.jpg

最後の仕上げを院長が。

「仕上がった時にきれいになるように削っておこうね~」と優しく言いながらも

ガガガガガっ、ゴゴゴゴゴっと、結構派手に削っていきました。

tomokyousei.jpg  

高丸先生とニッパリ♪

そして、歯のすき間ができたところでめでたくクリアアライナー装着(^^)

クリアアライナーっていうくらいなので、本当にクリア(透明)な装置です。

所要時間30分でした。

 

さあ、クリアアライナーでどこまで私の歯並びがきれいになるか、楽しみです。

次は2週間後にさらに硬めの装置をセットします。

 

※クリアアライナーでの矯正は、軽度の歯並びの矯正の場合にのみ適応されます。詳しくはご相談くださいね。

 

 

2009.06.17いいサービスも受け手次第

ご夫婦で治療に通われている患者さまが吉本歯科医院には多くいらっしゃいます。

昨日、今日とたまたま素敵なご夫婦がお越しになりお話をさせて頂く中で、感じたことがありました。

こちらのご夫婦はお二人そろって、いつもとても私たちスタッフ全員に優しく、あたたかい心遣いをして下さいます。いつも治療以外の大切なことも私たちに教えて下さったりします。

玄関を開けて入って来られた時からその「いい雰囲気」は漂っており、「今日もよろしく」と受付をすませ笑顔をかけて下さいます。

私たちもお話するのが楽しいものでついつい話し込んでしまったります。
(診療室から「いい加減にしなさい」と院長が怒っています・・・)

治療中には、スタッフやドクターの話には丁寧に耳を傾けて下さり、的確な質問を返して下さいます。

きちんと理解しようとして聞いて下さっているのがわかる質問だったりします。

そして、治療が終了すると、必ずこちらが恐縮するほどの感謝の言葉をドクターだけでなく、スタッフみんなにかけてくださいます。

ご主人と奥様はやはり雰囲気が似てくるんでしょうか?笑った顔がそっくり(^^)

信頼してまかせて下さっていることを本当に感じるので、期待にどうしても応えたい、喜んで頂きたいとみんなが心から思ってしまう瞬間です。

毎回毎回、そんな感じなので、どうしても私たちスタッフの中では、ミーティングで話題になってしまいます。

ミーティングで話し合うのは、お越しになる患者さまの診療内容についてはもちろんですが、

その患者さまの印象や、雰囲気などもどうしても話題になってしまいます。

やはり、私が感じがいいな、と思う患者さまはスタッフ全員がやはり、「大好き」なんですね。

いつ優しくしいただけるので、嬉しくなってみんな好きになってしまうのです。

「大好き」なので、その患者さまが来られると当然、顔が笑ってますし、その患者さまをがっかりさせたくない、と思ってしまうので対応にも気合が入ります。

帰り際には、お見送りをしたいので、どうしてもお顔を見に玄関まで行ってしまいます。

その患者さまと私たちスタッフとの間にはいいコミュニケーションの循環が巡っています。

 

そう考えた時、医療に関らず、あらゆる人との対応の場は、提供する側ももちろん大事ですが、

受け取る側も、いいものを受け取るには意識が必要だな、と感じます。

 

この患者さまは、おそらく吉本歯科医院以外でも、例えば、お仕事の場や、趣味の場においてでも

このように周囲に気遣いをされておられるんだと思います。

 

私たち歯科医院は、サービス業ではありません。

しかし、心の中にはやはり「サービスマインド」は必要だと思っています。

吉本歯科医院にせっかく来て下さった患者さまに「心地のいい治療を提供する」というためには

「人をもてなす」という意識は絶対に必要だと思うからです。

医療であれ、サービス業であれ、会社組織であれ、何であれ、人が人と関るという点において

心地の良い気持ちの交流があれば、その「仕事」はもっといいものになりますよね。

事務的に言われた業務だけやっていれば「仕事」してるのか、と言ってしまえばそれでは

機械の方が上等なので、わざわざ血の通った人間がしなくてもいいのです。

「心遣い」や「おもてなしの気持ち」は、人間だけができる行為です。

 

吉本歯科医院であれば、最善の治療をきちんと行なうことは、もちろんですが、

そこに付随して患者さまとの気持ちの交流があります。

 

信頼してちゃんとまかせて下さる。

ドクターの言うことをちゃんと守って下さる。

衛生士の話をちゃんと聞いて下さる。

受付でのお約束を守って下さる。

そんな患者さまとの出会いは、私たちスタッフ全員の気持ちをものすごく前向きに

そして優しいものしてくれます。

今までもそんな体験が何度かありました。

そういう時は、何もかもがうまく行くんですね。不思議と。

患者さまはもちろん喜んで下さいますが、何より嬉しいのは私たちスタッフだったり、院長だったりします。

医療を提供する側と、受け取る側の関係性がうまくいった時はこんなことがたびたび起こります。

 

これはもう絶対に受け取る側の能力だと私は思っています。

今、世の中のほとんどの人がやっているのは、「自分が言いたいことだけを自分勝手に言う」自己主張です。

「自分はこうだ!」「もっと自分の言うことを聞いてよ」みたいな、自己主張です。

そういう人の出してるオーラ?は、見ていたらすぐに分ります。

自己主張ばかりの人は、自分のことにしか気がいっていない人は、周囲に気遣いができませんので隙だらけです。もちろん人の話もほとんど聞いちゃいない。

逆に考えてみたらすぐに分ることですが、

自分の自己主張を聞いてくれる人や、自分の話をぜ~んぶ聞いてくれる人のことは何でもやりやすいので勝手に好きになってしまいます。

いつでもどこでも好かれているので勝手に人間関係はうまくいきます。

そこで、自分がその人を好きか嫌いかは実はどうでもいいことで、

「自分を受け入れてくれる場所を自分で意識的に作りだす」ということは、とっても高度な考えだと思います。

吉本歯科医院のベテランスタッフ、カウンセラーの森下などは、無意識的にそれをやってのけている存在です。(宣伝しちゃった♪)

時々、それは八方美人のようで嫌だ、という人もいますが、それは全く違います。

自分が目の前の相手を好きか嫌いか、という幼稚な考えではなく、目の前の相手は自分に対してどうなのか?という点に意識を向けます。

今、目の前の相手の言いたいことは何なのか?に集中し、真剣に心を傾ける。

相手のいうことを聴く、ということは、実は自己主張、プレゼンテーションより高度な技だと思います。

どこまでも積極的に、自分によって「相手の話の奥を引き出しにいく」という技です。

日本人だけじゃないでしょうか?

そんな高級な考えを日常の中で当たり前のように使えていたのは。

 

 

そうこうしている間に、子供がお腹をすかせて待っている時間がやってきてしまいました。。。

毎日はあっという間に過ぎてしまいます。 

2009.06.13吉本歯科医院リニューアル

昨日、やっと院長がアメリカから帰ってきました。

留守中、特に何事もなくホッと一安心です。

外装内装工事もひとまず終わりました。

すっかり様子の変った吉本歯科医院を見て院長は「うわあああっ違うううう」と驚きながらも喜んでいました。

これもひとまず一安心。

今回の改装工事に関してはまったくノータッチの院長ですので、私と職人さんの独断で勝手にすすめてしまいました(笑)

これで気に入ってもらえなかったら、夫婦険悪間違いなしです。

 

内装も外装も少し落ち着いた感じになりましたので、どうぞ見てやってくださいね(^^)

 

DSC_0018.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

イメージカラーは『赤」です。

患者さんに「血の色ですか?それとも情熱の赤ですか?」と(笑) 

 

DSC_0011.JPGのサムネール画像

 

DSC_0020.JPGのサムネール画像 

 

 

さて、おととい、今、ちょっとした人生の節目を迎えていろいろと悩みを抱えている友人と話す機会がありました。

 

「なんで、次から次へと人はこうやって悩むんだろうね~」と、彼女。

 

仕事や人生や、人間関係いろいろと重なって考え込む日々が続いているそうです。

 

「う~ん、そうだなあ、悩みかあ・・・」とまたまた改めて考えました(笑)

 

人から何か投げかけられるとついつい深く考え込んでしまう性分なのです。

私は、悩むことは、いいことだと思っています。

毎日ハッピー、バラ色じゃなきゃいけないわけはないし、そんなことはありえません。

人間ですのでいろいろな感情がわきあがってきて当たり前。

 

ただ、長く深く闇の中で悩むことは私は今はありませんが、それでも自分ではやっぱりどうしようもないことに直面した時には、とってもマイナス的な気分になってしまうこともあります。

 

私は悩むときは、一人でものすごく悩みます。

 

悩む=自分の声にじっくり耳を傾ける、ことだと思うからです。

 

悩みは、まずはどこからはじまるかと考えると、自分以外の誰かから、自分に関して何かを言われた時に、自分の痛い部分にひっかかってしまう時にはじまります。

つまり、私が実は知ってるけど、自分で直面したくない自分を突っ込まれたりした時だったりするわけです。

「痛いなあ・・・そこを言わないでよ」みたいな感じです。

 

人から言われたことがきっかけで、実は自分の中の何かが反応してしまうのです。

そして反応するのはいつも同じパターンだったりします。

私は、そこが自分が本当に向き合わなくてはいけない部分なんだといつも考えます。

だから、そうなった時は私はとことん悩んで考えます。

その時には、人には絶対に相談しません。

自分の中でスッキリとしないうちは誰にも話しません。

 

私は相談事は、人に相談する前にまずは自分にきっちり相談するべきだと思うタイプの人間です。

ほとんどのことは自分が起こしているので、自分を振り返ることで解消されてしまいます。

「どうにかして」と他人に相談事を預けてしまうのは好きではありません。

その軟弱そうな姿勢がどうも苦手です。

するとすれば、自分が話を聞いて欲しいなと思える数少ない人に、確認の意味を込めてあえて相談事を聞いてもらいます。

本当に聞いてもらえる人の前では、自分の考えをちゃんと整理できるからです。

 

 

「悩む」という言葉に惑わされないようにしたいと思います。

「悩む」ことは、もっと具体的で、前向きな作業です。

ちゃんと悩んだら、ちゃんと前に動けるはずです。

 

とことん悩むから、ある瞬間にパッとその悩みが手放せるような感じがします。

なんでも、とことんやるのが好きです。

 

中途半端が一番気持ちが悪い。

 

悩む時は吐くほど悩む。

嬉しい時は手放しで大喜び。

怒った時には、思わず手が出てもOK!(笑)

 

 

毎日を健やかに気持ちよく生きるにはやっぱりコツがあると思うんです。

 

自分と向き合えない時は、他人ともやっぱり向き合えないので、どこか自分の心の中に影があるんです。

そして、自分が止まってしまっている時は、間違いなく頭の中には悩みだらけなんです。考えてもしょうがないような程度の低い悩みばかり。

 

そういうことをちゃんと意識して考えて生活するようになると、毎日は本当に劇的に変ります。私の場合は毎日の日記がその作業です。

 

自分と向き合うことは、私にとって自信の源でもあります。

 

自信は、「自分を信じる」ことですよね。

ただ、多くの人は自分に自信をつけたい、と考えた時、自分以外の誰かと比較して、相手より自分の方が優れているということが自信だとイメージしているように見えます。

自信はそういう何かと比較して湧き上がってくるシロモノではない、と思います。

比較しての自信ではなく、自分の中から勝手に湧き上がってくる感覚。

結局、仕事してても恋愛してても、何やってても、戦っている相手は自分です。

相手に認められなくても評価されなくても、自分だけでは自分のやってることを知ってるし見ているので大満足なわけです。

私は自分の中身でシコシコと考えて必死でやって、そして自分の体を使ってしゃかりきに動いている瞬間が大好きです。

生きてるっていいなって本気で思います。

そんな時は落ちていく夕陽を見て全身の血がグワーッって巡りだすような感覚になったりします。生きてることが嬉しすぎて(笑)

もちろんそんな変な発言は、誰にも言いませんが。

そんな瞬間が一日の中に多ければ多いほど、私の中には満たされた感情がわきあがってきます。

私はそれを言うなれば自分の自信だと考えています。

 

また、話がくどくなりましたが(笑)

「悩む」ということも、「自信」ということもしょせん言葉です。

その言葉をもって考えているのは自分の頭です。

私は言葉はあまり信用しません。

湧き上がってくる自分の感覚の方がよっぽどおりこうちゃんだと思うからです。

だって、「幸せ」って感じているのは他ならぬ私のからだです。

頭でっかちになって「なんだかしあわせな感じ」を味わえなくなったら不幸でしょ?

言葉に振り回されている時は間違いなく、行動してない時です。

そんな時はまずは立ち上がり、走るか泳ぐかしてみる(笑)

動けば、変るんです。

人間って本当、よく出来ています。

 

ですので、頭はいつもすっきり整理しなくちゃいけません。

自分でよくよく考えて、悩むのはそれからです(^^)

 

相談をしてくれた彼女は、昨日から日記を書き始めたそうです。うれしいな。

自分日記はおすすめです。

頭を冷やせること、客観的になれること。

そして何より大好きな自分とコミュニケーションがとれること。

今、密かに日記をブームにしてやろうと考えている私なのです(笑)

 

 

2009.06.08子供が7人!

昨日の日曜日は、朝から大忙しの大戦争でした。

いつも仲良くしている友人の子供たちが一気に我が家にやってきました。

一人の母は海外へ(^^)、一人の母はお仕事へ。

女子はさすがにおとなしく、うちの小さい娘をかいがいしく面倒を見てくれますが

男子組はそうはいかず、せまい家の中を「ぎゃああーっ!!」「がははは!!」と

大声で叫びながら走り回っています。

もちろんご飯も、座って食べるなどということはなく、揚がったそばから鶏のから揚げをつまみ食い。

おにぎり持って部屋でサッカーの試合。

子供がこれだけいると、次から次へと工夫してみんなで遊びを考えるんです。

何やっても面白いんですね。

好奇心とエネルギーの塊みたいです。

いやあ~、子供が多いと日常がこんななのかなあ、と思ってしまいました。

一人の時間なんて皆無です(泣)

でも、こうやっていろんな年齢の子供が混じり合って遊ぶのはとってもいいことですね。

うちの息子は家の中では、競争相手がいないので、何でも自分の思うようになると思っているところがあるんですが、昨日は、お菓子ひとつにしても、お兄ちゃんからどんどん食べていくのでチビには

当然回ってきません。

ぐずぐず泣いてると「世の中そんなに甘くね~んだよ」と一喝され、顔面蒼白になっていました(笑)

それを見て、いやあ、やっぱり、子供はからませなきゃ駄目だわ。と思いました。

子供を育てるのは、親だけじゃ限界があって、やっぱりいろんな人に関ってもらわなくちゃ

まともな大人には育ちにくいと思います。

取っ組み合いして、けんかして、世の中自分の思うようにはならないんだってことを

実感するのは早い方がいい。

人間と人間はからみあって切磋琢磨してはじめて関係が作られていくと思うので

小さい時期は本当に大切です。

よその子もうちの子もみんなまとめてたくましくあったかく育って欲しい。

だって、子供は国の宝物ですからね。

一日子供を観察してていろいろ感じました。

そして、教訓。

「子供はもっと人の中に放り込め」です(笑)

 

 

child.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

2009.06.06院長がお留守です。

昨日から院長はアメリカ、ニューヨークへインプラント研修会に出かけました。
「後はよろしく(^^)」とサラッと行っちゃいました。

今日から私は吉本歯科医院の外装内装工事のなんちゃって現場監督です(^^;)

考えてみれば院長と結婚してからは朝から夜まで院長と一緒に過ごしている私ですので
こんなに長く顔を見ないのも久しぶりです(^^;)
よく「夫婦で一緒に仕事して朝から晩まで顔見てたら嫌にならない?」と
言われます。
それはもういろんな人によく言われます(笑)
サラリーマンの奥さんに言わすと「ありえないほど、大変そう・・・」に見え るんだそうです。

そうか、そんなものか・・・とふと考えてみました。

私の場合は、一緒に仕事してるからとりあえずなんとかやっていけてる、そん な気がします。
もし私が院長とは違うところで働いていたり、または家庭にこもって仕事はあ なたまかせ、にしていたとしたら
恐らく一年ももってないかな。いや、本当に、そう思います。


一緒に仕事してるから、仕事の大変さも、ほとんどわかるし、やってることの 奥行きも理解できる。
理解できるようになると「好き」や「嫌い」といった感情から、自分ができな いことをやっていることに対しての「尊敬」が生まれてきます。
また、私たちには一緒に働いてくれているスタッフたちとの関わりもあるので、
日々、話し合わないといけない問題が山のように押し寄せてきます。
だから、嫌でも向かい合って話し合わないといけない。


嫌でも関わらないといけない状況になるのが、仕事ってものなので
そういう意味では私には調度いい環境なのです。お仕事さまさまです(^^)

結婚してから4年半くらいは、ほぼ毎日のようにバトルをしていました。という ことはつい最近までです(笑)
お互いがお互いを全く理解できない宇宙人のようだったのでまともな会話にも なりません。

ここ一年ほどでやっと、院長のやっていることの深さや真剣さが、ちゃんと理 解できるようになってきました。
ちゃんと理解できるようになってからは、いろんなことがスムーズに進むよう になりました。
人間って本当に面白いな、と思います。
だって、少しでも私の中に院長に対する不信感があれば、それはもう面白いほどに
他のスタッフたちにも伝わってしまうし、もっと言えば患者さんにも伝わってしまう。

逆に、「な~るほど、そういうことだったのか!」とちゃんと理解できて10 0%信頼できるようになったら
またその空気がみんなに伝わっていきます。
会社の中での社長と部下の関係ってまさにそうですよね。

そういう意味で、
時間がかかるんですよね、近い関係ほど。だって、いろいろ腹が立つんだもの(笑)
価値観なんてものは恐ろしい程違ってるし・・・。


さらに、私は奥さんらしい奥さんでは実は全くありません。
お母さん業も、おそらくえらそうに言えることは何一つしていないと思います。

ただ、仕事は面白い。
奥さんだから仕事を手伝っているんじゃなく、私がそうしたいから、仕事をしています。
嫌なら適当にごまかしてとっととどっか行ってます。
今、ここで、みんなと一緒に仕事をしている自分が大好きなので、しているわけです。

奥さんだからこうしなくちゃいけないとか、お母さんだからこうしなくちゃい けない、みたいなのは
なんか嘘っぽくて嫌いです(--;)
ちょっと「いい奥さん風」「いいお母さん風」ってのをやってみた時期もあっ たけど、すぐに挫折しました(笑)
あまりの面白くなさに・・・。

何をやっててもそれをやろうと決めているのは他でもない「自分」です。
誰も無理やり「しろ」なんてことは言いません。

毎日を面白くするのも、面白くなくするものやっぱり自分なんだと思います。
今の場が面白くないなら、面白くすればいいんです。
面白くなくしているのは100%自分なので、変えるのは簡単なことです。

そうやって考えると一日のほとんどの時間を過ごしている仕事の時間は
最高に面白いものにしなきゃアウトですよね。


そんな時間を過ごしているので、
最初に書いた、
「夫婦で一緒に仕事して朝から晩まで顔見てたら嫌にならない?」
に関しては、
「全く嫌になりません」という答えになります。

もう少しつっこんで言うなら、「そんなことは気にしたこともありません」です。

私はたぶん、誰と結婚していても同じようにしているんだと思います。

夫婦だろうが、家族だろうが、友達だろうがその関係性はほとんど同じで
その場を共有する人が、個々に熱中できる時間を過ごしているってことが
何より重要なんだと思います。

自分の頭の中にぐちゃぐちゃと雑音や外野の声が聞こえてくる時は間違いなく
自分の意思で生きていない時です。そして熱中していない。

自分が決めて、自分から動く。

奥さんでも、お母さんでもそれは同じです。

そうやって生きているとなんか清々しいんです。毎日が。

心の中にいつも気持ちいい風を吹かしていたい。
そうやっていると好運が舞い込んできそうじゃないですか?ふふふ

 

追伸 

さっき、とっても嬉しい出来事がありました。

歯科技工所へ送る患者さまの技工物の手違いがあったようで技工所から電話がありました。

細かい診療の内容についての仕事は私には全くお手上げなので、スタッフ全員に院内メールで、「誰かわかる?」と送ったところ、休日の中、たった10分で3人のスタッフがやってきてくれて即座に対応してくれました。

この仕事の速さが私はだ~いすきです。

院長が留守にしててもこうやってちゃんと守ってくれるスタッフたちがいることに幸せを感じてしまいます。ありがたやありがたや・・・・・。

 

吉本歯科医院を朝に夕にお掃除してくれているクリーンスタッフの優しいおばちゃんから

美味しい卵焼きの差し入れです。↓

egg.jpg 

 

 

 

<  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48  49  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  78  79  80  81  82  83  84  85  86  87  88  89  90  91  92  93  94  95  96  97  98  99  100  101  102  103  104  105  106  107  108  109  110  111  112  113  114  115  116  117  118  119  120  121  122  123  124  125  126  127  128  129  130  131  132  133  134  135  136  137  138  139  140  141  142  143  144  145  146  147  148  149  150  151  152  153  154  155  156  157  158  159 160 161  >

香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 歯を削る前に知っておきたい7つのこと。メールセミナー全7回 インプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • インプラント治療をする前に患者さん側が確認しておくべき5つのことインプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 合わない痛い総入れ歯でお悩みの方へ固定式入れ歯 インプラントオーバーデンチャー 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 診断が変われば治療は変わる 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 歯の予防 PMTC 歯の定期健診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 働きやすさが自慢の職場 子育て支援 吉本歯科医院 香川 高松
  • オール・オン・フォー All-on-4
  • 吉本歯科医院の「治療の特徴」
  • 歯科医師の採用について
  • newsletter
  • movie
  • 患者さんからのお便り
  • 無料メール相談・お問い合わせフォーム
  • メディア掲載実績・講演依頼
  • 歯科医院の方はこちらをご覧ください
  • 院長ブログ
  • マネージャーブログ
  • カウンセラーブログ
  • コンシェルジュブログ
  • 香川 高松市 吉本歯科医院 コンセプト
  • 当院のインプラント治療の特徴
  • 香川 高松 吉本歯科医院 自覚症状をお持ちの患者様へ
  • 香川 高松 吉本歯科医院 症例 事例

治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!