吉本歯科医院

087-818-1118

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

歯を抜きたくない削りたくない方、薬で治す虫歯治療、歯周病治療、インプラントや入れ歯治療なら咬み合わせ専門歯科の吉本歯科医院。香川県高松市。

香川 高松 吉本歯科医院
治療メニュー
  1. 1)インプラント
  2. 2)薬で治す虫歯・根っこ治療
  3. 3)歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎
  4. 4)削らない治療・接着ブリッジ
  5. 5)マウスピース矯正・
    目立たない矯正
  6. 6)審美歯科・歯を白くする
  7. 7)予防治療PMTC
  8. 8)顎関節症・顎が痛い
  9. 9)金属アレルギー
  10. 10)入れ歯
  11. 11)治療価格
  12. 12)親知らず
  13. 13)噛みあわせ
ホーム > 香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

2011.08.08夏のごった煮パーティです。

DSC02136.jpg

8月6日土曜日、銀波亭にて毎年夏冬恒例の「ごった煮パーティ」でした(^^)

その名の通り、本当のごった煮(笑)

当院の患者さまもおり

母性型の勉強会の参加のみなさまもおり・・・・・

とても楽しみな夏と冬の例会です。

DSC02153.jpg

DSC02159.jpg

広島からお越し下さった阿部さん(右)

DSC02167.jpg

母性型男子の小山さんと美しいまどかさん

DSC02172.jpg

当院の新枝先生、お酒がまわってきました

DSC02179.jpg

高校時代の生物の先生です。

ちっとも変わってない先生と、すっかり変わった生徒です(泣)

DSC02197.jpg

鶴瀬さんと森本さん、息があってます

DSC02215.jpg

おしどり夫婦とはこちらのお二人を指します↑河西夫妻

DSC02221.jpg

うちの娘です(--)

DSC02231.jpg

DSC02234.jpg

中田さんと村上さん

DSC02239.jpg

今が最高に幸せ♪という納田さんです。会うたびに幸福感が増している、そんな女性です

DSC02241.jpg

おなじみ?母性型男子の今村さんと

 

DSC02246.jpg

 

DSC02247.jpg

DSC02255.jpg

DSC02297.jpg

DSC02328.jpg

DSC02362.jpg

母性型男子の上原さんとひろよさん

DSC02372.jpg

15年くらいの長い付き合いになりました・・・・・。

DSC02374.jpg

DSC02385.jpg

歌なんかうたっちゃいました(^^)これがなかなかいい!!

DSC02391.jpg

鴨の骨つき肉って美味しいんですねえ。銀波亭ならでは

DSC02405.jpg

次回はまた冬のごった煮までお元気で。 

2011.08.08インプラント治療&被せ物治療を終了された矢野梅代様

DSC_5198.JPG

【患者さんの声は「実際に治療を受けた人の感想を知りたい」という患者さんの
声から生まれました。

ご登場頂いた患者さんはどの方も快く私どものインタビューを引き受けて下さ
った方ばかりです。

治療中はご苦労をされた方、食事ができずにお困りになった方、いろいろな方
がいらっしゃいます。

いいことばかりではありません。

いいことも、悪いことも、両方知って頂くことが大事なんだと私達は考えて掲
載していました.

ホールページでの医療広告ガイドラインが変更となり,患者さんの声の掲載を
削除しました.

個々の患者の状態等により当然にその感想は異なるものであることから,
「患者等の主観に基づく、治療等の内容又は効果に関する体験談」が広告とし
て取り扱われることになりました.

院内掲示、院内で配布するパンフレット等は今まで通り,広告ではなく情報提
供や広報と解されることから医院にて「患者さんの声」はご覧くださいね】

2011.08.04懐かしい顔

hagaki.jpg

懐かしい顔の人から暑中お見舞いが届きました。

その人は、昔、吉本歯科医院で勤務医をして下さっていた若いドクター♂

 

大都会東京での勤務医から故郷に戻りお父様と一緒に

歯科医院をやっていくことに決めたとのこと。

 

たしか7年か8年前の話です。

私がここ吉本歯科医院にやってきて

「えらいこっちゃあ!

えらいとこに嫁に来てしまったあ」

お先真っ暗の頃に出会った先生なのです(笑)

 

どこか新枝先生にも似ているなあと思い返します。

院長も大好きだったところが、似ています(^^)

 

真面目で

一生懸命で

素直で

コツコツととにかく地に足のついた先生でした。

若いのに落ち着いている

そんな先生でしたが、今こうやって素敵な奥様をもらい

空気の美味しい故郷で笑顔で頑張っている姿を見ると

とても嬉しく懐かしくなってしまいました。

 

その当時いてくれたスタッフやドクターが今の吉本歯科医院を見たら

驚くだろうなあって思います(苦笑)

 

そのはがきを見ながら

将来、うちの新枝先生の未来の図を勝手に描いてしまいましたよ、わたくし!!

 

開業し、先生の横には優しく落ち着いた奥さんがいて(笑)

チームーワークのいいスタッフ達に囲まれて

こだわりにこだわりぬいた専門歯科治療に特化していける

 

私はこんな治療はしない

という「やるべきことと」「やらないこと」をはっきりと意志表示した

カッコイイ歯医者さんになっている、そんなイメージです。

 

吉本歯科医院の診療理念

1、自分の家族にできない治療はしない

を新枝先生にはどうしても受け継いでいって欲しいと思うのです。

 

なぜなら

院長吉本彰夫が死んだら困るから(笑)

院長と同じような、もしくはさらに進化させた治療を受けたいと

 

当院には

こういうことは絶対にしない

という暗黙のお約束事が実はびっちりと、あります。

 

ちょっとぐらいやってもいんじゃないのか?

普通はみんなやってるよ

ということでも

当院理念「自分の家族にできない治療はしない」という軸をもとに

考えます。

自分の家族

または

自分の口の中に入れたくないようなものは入れない、しない

これがお約束事です。

 

この理念をもとにいろいろなことを構築しはじめていくと

患者さんが減ってしまうのでは?

と最初の頃は考えたことも、あります。

 

しかし、実際は逆でした。

こだわってこだわって、こだわりを発信し続けていけばいくほど

理念に共感して下さる患者さまが増えてきました。

 

そして今となっては

こだわってきてよかったなあと思いますし

もっとこだわるべきだ、院長はもっと尖らせてやろう!(笑)と思うのです。

 

もし、最初の段階で

なんでもかんでもやります

という理念を打ち上げていたとしたら

私達の医院は崩壊していた、と思います。

 

なぜなら

中にいる人間が院長のやっていることを

尊敬できないし

信用できないし

また、自分がやっていることに誇りをもてないから、です。

 

吉本歯科医院でしか受けられない治療

院長吉本彰夫でないと無理な技術

そういうことを中にいるスタッフ達が心から信頼し、誇りを持ってくれること

それこそが私達がこれからも構築していくべきことだと今、確信しています。

 

積み重ねていけることは

仕事でも人間関係でも

面白いのです。

 

いきあたりばったりは

つまらない。

 

この方向で行く

と覚悟を決めて、そして積み重ねる

 

この人と行く

と覚悟を決めて、そして積み重ねる

 

同じだと、思います。

 

当院院長のもとで学んだ先生が大きく羽を広げて

とてもとても存在価値のある歯医者さんになり

近い将来、この四国で有名な歯医者さんになっていることを

想像し、ワクワクするマネージャーなのです(笑)

 

母性型は安心感の構築の場です。

そして安心感で人を育てていく職場です。

 

なので

吉本歯科医院を通過して下さる方はスタッフでもドクターでも

みな、「いい方向に」進んで欲しいのです。

そのためには、どんなことでもサポートしようと決めています。

だってその方が人生100倍面白いから。

 

吉本歯科医院にいたから

今がある

と言って欲しいので(笑)

 

そんなわけで

新枝先生、よろしく♪

 

母性のものさし

次回母性型勉強会は8月17日(水)午後6時半~8時半 高松国際ホテル 会費:3,000円

2011.07.29龍馬の新風!吉本歯科医院にマイナスイオンがやってきた(笑)

DSC02101.jpg

待っていました(笑)

 

その名も

龍馬の新風

 

なんとマイナスイオンを発生する扇風機!!

 

まいなすいおん・・・・???

 

森林とか

滝とか

山の奥とか

 

そんなところに発生するという

あれ、

ですね(^^)

 

早速スイッチを入れてみましょう!! 

DSC02103.jpg

 う~ん、

柔らかい風

 

風ってやわらかかったんですねえ。

水で言えば

硬水と軟水ほどの差です。

 

当院スタッフが

「我が家にも・・・」(笑)

 

しかし、このマイナスイオン発生扇風機さん、

超大人気らしく

残りほとんどない、そうです(泣)

DSC02104.jpg

この方が

ロハス村の鵜川さん。

以前行われたfacebook講習会でご一緒したのです。

benkyoukai.jpg

それにしても勉強会は少人数が最高です。

なんでも聞けるし

その場で解決するし

その場でみんなが協力しあってサポートしあえるから

です。

 

今日からマイナスイオンに包まれて元気にならなくては(笑)

 

2011.07.27吉本歯科医院ビフォアーアフター byサプライズファクトリー

こんなPVを作って頂きました。いざ、公開!!(^^)

2011.07.27芸能人でなくても歯は命です(笑)

DSC02097.jpg

わあ~~~~!!

白~~~~い!!

先ほど診療室で黄色い声が響いておりました(笑) 

DSC02093.jpg当院の歯科衛生士子ちゃん、杉本茉奈美(真ん中)が歯のホワイトニングをしていたのです。

そしてお隣が、ホワイトニングを施した?加島歯科衛生士。

いかがでしょう?

真っ白しろ。。。

DSC02089.jpg

歯のトーンが3つほど白くあかるくなると

ファンデーションの色までひとつ明るめの色に変わるそう、です。

 

このホワイトニングなのですが

専用の薬剤を歯の表面に塗り、さらに専用の照射機(zoomという賢い機械です)を

1時間程度照射するのです。

 

DSC02079.jpg痛みは人によって多少はある、と言うものの

過去にこれで痛みでたまらん!という患者さんにはお目にかかっておりません(^^:)

DSC02077.jpg

お口の中にこのように

ぐい~ん、と口を開くプラスチックの器具を入れるので

少しだけ

おまぬけな顔になりますが、それも1時間の辛抱です(笑)

DSC02075.jpg

ほら

笑ってるし(^^)

 

DSC02069.jpg 

照射機はこんなのです。

施術する人も受ける人もこの光が目に入らないように

こんな防御用のサングラスをかけます。

DSC02085.jpg

照射時間が終ったので最後にリナメルという専用の薬剤をたっぷりぬって終了です。

DSC02082.jpg

できたっ!!

DSC02084.jpg

どうだっ(笑)

 

真っ白白になってしまいました。

杉本は今日から一週間、色のついた食べ物、飲み物を食すことが

できません(泣)

 

可哀想にのうう・・・・

と杉本の目の前で、みかんジュースをゴクリ(笑)

 

歯が白いのは本当にきれいです。

歯は年齢とともにやはり着色し、黄ばんできたり、茶色くなってしまいます。

ニコリ笑った時に前歯がキラリ白いと

お顔の印象はガラリ変わってしまいます。

 

吉本マネージャーも、重い腰をあげて

いよいよお盆明けに、歯を白くしよう大作戦を予定しております。

私の場合は、今回の杉本のような照射機を当てて白くするホワイトニングではなく

前歯の表面を少しだけ削って白い材質を貼り付ける審美歯科です。

 

実際に自分で治療を受けてみないと

その長所も短所も痛いもかゆいも本当のところがわからないので

「やってみよう」ということになりました。

 

吉本歯科医院には

歯を白くしたい

という患者さんがたくさんご相談にお越しになれます。

しかし、歯を白くする

にもいろいろな方法が、あります。

 

子供の頃に使ったお薬(テトラサイクリング)などの副作用で

歯が灰色や黄色くなっている場合には

今回の杉本のような照射機を当てて白くする方法は使えません。

 

その方その方によって

白くする方法はさまざま、です。

 

まずは、わたくしめも体験し、

お盆明けにレポートしますね。

 

歯を白くしたい方

乞うご期待です(^^)

2011.07.26定例ミーティング

meetingphoto.jpg

今日は定例ミーティングでした。

 

今日はとっても真面目なミーティング(笑)

最近起こった問題2点について話し合おう、ということになりました。

 

些細なことですが、何か誰かが異変を感じたら即、話し合い、です。

現場のスタッフ達が一番状況を分っているので

どんな些細なことでもひとつのテーブルに出し話し合いを行います。

 

話し合いの主役はスタッフ一人一人、です。

 

問題は

私達は患者さんにお伝えしたつもり

しかし

患者さんは

そんなことは説明をうけていない

聴いていない

という

いわば

言った言わない

伝えた聴いてないよ

という

会社でも、どの場でも

よくある話、です。

 

こういう問題が起こった時に話し合うスタンス

というのがとても大事になってきます。

 

それは

患者さんの「聴いてない」は、伝えた私達の責任です。

というスタンスを全員が取れるかどうか。

この一点にかかっていると私は思うのです。

 

幸いにも

今回のミーティングの最初に

問題定義をしたカウンセラーの森下がこう言いました。

 

「今回の問題は、伝えた側の私達の責任です。

説明したつもりでも、伝わっていないなら私達の責任です」

と言いました。

 

かっこいいい!!

おんなまえ!!

思わず心の中で手を叩いてしまった私(笑)

 

こういう心の姿勢をそこにいる人がきちんと持っている場合

話し合いは

恐ろしくスムーズに進みます。

 

なぜか?

 

答えは簡単

人のせいにする人が一人もいないから

 

何か問題が起こった場合

多くの人やチームでは

人のせいにします。

 

うちでいえば

聴いてない患者さんが悪い

私はちゃんと伝えた

連絡をしていない仲間が悪い

もっと言えば環境が悪い

もうぜ~んぶ

自分以外のことや人やもののせいととらえてしまう人が

集まる話し合いでは

着地点がもうまったく違う場所に着いてしまうのです(泣)

 

私は過去の吉本歯科医院でそういうシーンを何度も体験しました。

結果は

どんなに話し合いをしても

決して前に進むことはなく

悪い循環に入っていくだけなのです(--)

 

 

私は大宇宙の原理原則というものがあるとしたら(←大きすぎました???笑)

 

起こることを

まずは自分の責任だ

という姿勢で真正面から向きあった時

事態は一気に急展開する

と思うのです。

 

それは必ずいい方向へ向かうのです。

 

これは

人との関係でも同じです。

 

ああ、あの人苦手やわ~~~(--;)

逃げたいなあ

会って話すのいやだなあ

と悶々としている時って

間違いなく悪循環に入っていくのです。

 

それよりも

ええいっ

苦手だけど思い切って

ぶつかっていこう

と腹をくくった時に

その人と向き合ってみると

「あれ?いい感じやん??なんで逃げたかったんやろ??(--:)」

と拍子抜けすることってあります。

 

 

逃げる

受けて立つ

かの違いだと思います。

 

犬と同じで

逃げたら必ず追っかけてきますし

必ず事態はどんどん悪い方向に行きます。

さらに、

逃げている人には

やはり同じような逃げる人しか寄ってこないので

類は友を呼ぶ法則で

悪い循環のサイクルの中で逃げてばかりいる人と

えんえん付き合う羽目になってしまいます。

 

逆に

何が起こっても

「私の責任です」という姿勢を取れる人は

やはり同じように逃げないスタンスの人が集まってきますので

いい循環の中で同じようにいい人とばかり

つきあうことに、なるのです。

 

吉本歯科医院のスタッフ達

今総勢9名です。

みんな本当に成長しました。

 

 

成長とは

心が変わっていくことで

心の器が大きくなっていくことだと思うのです。

 

今、当院に

それって、

人の◯◯のせいです

という人って一人もいないんです。

 

何か問題が起こっても

患者さんに苦情を言われたとしても

それは私達の責任です

という姿勢を心の底に持っている人達ばかりなんです。

 

まだ20代前半の若いスタッフもいます。

でも、その中身は本当に大人、です。

 

起こることを

人のせいにするのは

子供で

 

自分の責任だ

と受け止められるのは

大人です。

 

中身が子供の人と一緒に仕事をするのは

とてもしんどく

問題が日々勃発するので

とても疲れます。

 

中身が大人の人が集まると

チームはとてもスムーズに機能します。

 

高い心の位置で私達は仕事をしようね

と話をしています。

 

心の位置を高くしておけば

低い部分で起こっているトラブルに巻き込まれないから、です。

人間関係も問題が起こる位置は必ず低い位置で起こっています。

客観的に見てみれば

「しょうもないこと言うとるわ」

という次元でえんえんと人間関係のトラブルは続いています。

 

頭1個、いや2個上に突き抜けて生きていれば

そのトラブルに巻き込まれることは

ありません。

また、耳にも入らない

視界にも入らない

ので気にもならなくなります。

 

つまり

自分の世界に没頭できるのです。

 

私達は日々診療室の中で9人が動いています。

そしてそこに技工士さん達が入ったり

外部の先生が入ってくれたり

また業者さんが入ってくださったり

しています。

 

その誰もが自分のやるべき仕事に集中しきっている

という状況が一番ベスト、です。

それがいい雰囲気を作り出します。

 

そしてその中に患者さんが入ってこられるから

「ああ、ここは居心地がいい」

となるわけ、です。

 

そういう状況は

忙しいから作り出せる

ということも、あるのかもしれません。

 

もし仮にうちが

朝から夜までほとんど患者さんも起こしにならず

ヒマで時間がたっぷりあったとしたら

うちのスタッフ達もここまでは

イキイキ働いてはくれないかもしれません。

 

余計なことを考える暇がないほど

忙しい

というのは実は幸福なことです。

 

やるべき仕事があり

人に必要とされており

必要とされている場がある

 

自分の居場所が確かにある

ということが

どれほど幸せなことかと

思います。

 

自分がいまいる場所には必ず意味があると私は思います。

その場を居心地のいいものにするかしないかは

こればかりは環境のせいではなく

自分次第、です。

 

地に足がついている人

はなぜか安心感を人に与えます。

 

逆にいつもあっちへフラフラこっちへフラフラしている人

というのは

どうも不安定な人のように感じてしまいます。

 

母性型の原則は

安心感の構築です。

 

つまり地に足をつけてじっくりやれる人を

どれだけ育てられるか

だと思うのです。

 

今日のような歯切れのいいミーティングを重ねていくことで

うちの医院が成長しないわけがない

と吉本マネージャー

また根拠のない自信で溢れてくるのであります(笑)

2011.07.22母性型勉強会

DSC01892.jpg

7月20日(水)の母性型勉強会の様子です。

今回もまた深いテーマでした。。。。(^^:)

 

人はなぜ不安になるのか?

なぜ安心感が必要なのか?

 

講師が話をするたびに、「あ、私のこと言ってる?」

「え?僕のこと?」と

みなさん

心の中で思ったそうです(笑)

 

不安のない人なんて、いませんからね。

生まれてこのから安心感で満たされ続けた人なんて方が少ないのでは?

人はみな孤独で不安な生き物だからこそ

安心を求めるのではないでしょうか?

と妙に納得した私なのでした。

 

勉強会の様子はまもなく

あたらしい母性のものさし

http://www.boseinomonosashi.com/

でご紹介しますね!

DSC01895.jpg

DSC01927.jpg

DSC01939.jpg

DSC01956.jpg

DSC01969.jpg

DSC01992.jpg

DSC02000.jpg

DSC02037.jpg

DSC02050.jpg

 

母性のものさし

次回勉強会は8月17日(水)午後6時半~8時半まで 高松国際ホテルにて 会費3,000円

2011.07.21魅力????

ひさしぶりの出勤です。

机の上が大変なことになっております(泣)

 

おでかけする前は

「帰ってからしよう」と後回しにしていたことがたくさんあり

 

「やっぱりしときゃよかった・・・--:」と

今、悔やみながらガリガリやってます(笑)

 

これも、性分でしょうか????

 

 

さて、久しぶりのブログです。

 

突然ですが

人の魅力とは一体なんなんだろう?

と考えてみました。

 

 

重いテーマですねえ(^^)

 

最近、魅力的だなあと思う人を見つけたので忘れないうちに書いておきます。

 

その方は昭和16年生まれですので現在70歳です。

 

ある経営者が集まる会に私をお誘い頂いたその方は、大きな会社の社長さんでいながらとにかく謙虚なモノ言い、態度なのです。

 

毎週お会いするのでよくよく観察しているのですが、誰に対しても同じ様子です。

 

そしてその様子はお水を入れてくれるウエイトレスさんにまで同じ謙虚で丁寧な態度なのです。

 

えらそうで横柄な人はかっこ良くない!

と日々思っているので本当に素敵に見えてしまいます。

 

 

あの人には魅力があるということは、より多くの人がその人のことを好いている

ということです。

 

人の心を捕らえ、自分の方へその人の心をなびかせてしまう力、それが「魅力」だと思います。

 

 

その方は今回めでたく四国で一番重要なポストに押し上げられました。

 

 

そしてその方のことを皆が一様に「素晴らしい方だ」「人格がいい」「人様の面倒を本当によく見てこられている」「◯◯さんのそばでいたら安心だ」と、噂をされるのです。

 

 

この方を見ていて「人の魅力とは?」ということを深く考えさせられました。

 

魅力=人を惹きつける力

 

とは、どうやって身につけるのでしょうか?

 

何か特別な才能を見につければいいのでしょうか?

美人またはハンサムであればいいのでしょうか?

高い地位や知名度があればいいのでしょうか?

お金がたくさんあればいいのでしょうか?

 

恐らく違います。

 

 

私を含め、多くの人が、「あの人は魅力がある」と感じてしまった理由。

それは

 

「自分の話をよく聴き、受け止めてくれるから」

なのです。

 

じっくりと話を聴き、「ああ、そう。それは本当に素晴らしいね。」ときちんと私に向き合い認めてくれようとするのです。

 

それもお会いすればいつも、です。

それは誰に対してもそう、なのです。

 

 

この方の様子を見ていて私は「項羽と劉邦」の話を思い出しました。

 

有名なお話です。

 

 

項羽はいわゆる見た目もかっこよく、才能もあり、学問もあり力も強く誰が見ても優秀な武将でした。

 

これに対し劉邦はチビで短足でついでにデブのいわゆるいけてない男だったそうです。

 

いわば魅力たっぷりの項羽が、全ての面で劣っていたと思われる劉邦に最後は滅ぼされしまうのですが、その最大の理由は「魅力」にかかっていたと言われています。

 

 

劉邦=多くの人の心を惹きつけ満たし続けた

項羽=人の心を傷つけ続けた

 

項羽は自分が「できる人間」だという自覚が十分すぎるほどありました。

 

できるがゆえに自己主張も激しく自分の意見を徹底的に人に押し付けます。

できるがゆえに他人の才能を認めることをしませんでした。

 

項羽にはそれだけの『過去の栄光や実績』も十分あったからです。

 

項羽は側近の部下にも傲慢な態度でもって接し、「俺様が一番えらい」という雰囲気を醸し出していたことでしょう。

 

これに対し、劉邦は自分には学問がないことを知っていました。

 

自分には政治のことや戦略に対する才覚はないと思っていました。

 

ゆえに、会う人会う人、助言してくれる人、側近、遊説者が話をすると、真摯な態度で耳を傾け、しかも、「こんな素晴らしいことを教えてくれる師匠だ」と言わんばかりに人生の師匠として丁寧に遇したそうです。

 

 

一国の王様が、自分の話をじっくりを聴き、しかも自分を師匠として遇してくれる!

 

こんなに心をくすぐられ満たされることってあるでしょうか?

抱きついてしまいたいほど好きになってしまいませんか???(笑)

 

「士は己を知るもののために死す」という言葉通り、自分の心の満足度を十分に満たしてくれた人のためには命まで投げ出して尽くしても悔いはないという気持ちを引き出させてしまったのです。

 

この項羽と劉邦ですが、いますよね?

 

今でも(笑)

 

どちらがいいとか、悪いとかではなく、私達人間の心の中には、いつも満たされない何かがあり、

それを満たしてくれる人のことは魅力的に見えてしまう

という原則がどうもありそうです。

 

 

項羽の最後は悲劇です。

 

項羽から離れ劉邦側についたものすごい数の兵士達は、項羽の立てこもる城を包囲し遂には自分が追いやった側近達に滅ぼされてしまう、という最後です。

 

 

項羽は、自分が「できる優秀な人間である」という自信から、そばにいる側近達の才能を認めることができませんでした。

 

そして助言をする人をどんどん追いやり人がどんどん離れていったのです。

 

ある程度の年齢、ある程度の役職までは一気に駆け上がることができても、最後の最後で振り返ってみたら誰も付いてきていなかった、という話はよくあります。

 

 

人の恨みは恐ろしいもので

自分に認めなかったり、自分に恥をかかせた人間のことは忘れないものです。

 

この恨みの執念深さは歴史小説を読めば明らかです。

 

歴史は繰り返しますので、人間も心の仕組みは変わらないものです。

 

 

人は魅力に引っ張られます。

その魅力とはその人が単独で発生させているものではなく、

一緒にいる人、会う人に対していつも謙虚な姿勢で相手の話に聞き入っている時、その人に会った人は「あの人は魅力的だ」と感じるのではないでしょうか?

 

 

自分にとって最高に心を満たしてくれる存在=魅力がある人

ということです。

 

心を満たす一番簡単な方法

それは「会話」です。

          

どんな人にも心の中に鬱積した悩みというものは、あります。

 

そして社会的に地位の高い一見何の悩みもなさそうで順調な人生を送っているかのように見える人えあっても、人には言えない悩みというものはあるわけです。

 

その悩みを言える相手は夫婦や家族ではないかもしれません。

職場の仲間や親友にだって言えないようなこともあります。

 

そういう「誰にも言えないようなこと」を言える存在がいたとしたら、それはその人にとっては魅力のある人、なのです。

 

 

そういう存在を人はずーっと求め続けるわけ、です

 

夜の街へ男性が夜な夜な繰り出すのも心の鬱積を吐き出したい、受け入れて欲しいと願う無意識の心の動きかもしれません。

 

 

ある時は自慢話を、ある時は愚痴を、ある時は不安な気持ちを時間の許す限りえんえんとじっくり耳を傾けてくれ、受け止めてくれたとしたら、人は間違いなくその人の虜になってしまいます。

 

なぜなら、その人がいることによって自分の心の鬱積は晴れ、心の中に満足感が満たされていくのですから。

 

 

会話ということをテーマにミーティングをした時

吉本歯科医院の若いスタッフ達は、ある時私にこんなことを言いました。

 

「私は会話が苦手なんです。どうやったらうまく患者さんと話せるようになりますか?」

「私は話すのが苦手なので魅力がないんです。」

と。

 

 

それって、おおいなる誤解なんです(笑)

 

当院のスタッフ達の最大の魅力

それは

目の前の人の話を一生懸命聴くことができる

とい一点です。

私は、そう感じています。

 

 

 

当院の歯科衛生士の田中などは、本当に親身になって聴き入ってしまうもので

時に感情が移ってきて患者さんの身の上話に涙してたりします(^^:)

 

こんなに一生懸命自分の話を聴いてくれる人を

嫌いにはなれないですよ、というか、好きになりますよ。

 

つまり、そのなんとなくしている行為そのものが

 

もはや

その人の魅力の素となっているんです!

 

そこに一秒も早く気がつかなくてはいけないんです!!!

→いいですかあ???タナカくん(笑)以下若いスタッフ殿!

 

 

話が上手である必要なんてどこにも、ないんです。

 

 

一生懸命お話している相手の話に聴き入る

これだけでOKです。

 

 

だって、可愛いじゃないですか?

えらそうに知識をひけらかすより、自分の話をえんえん興味深そうに聞き入ってくれる人の方が。。。。。。

 

そういう人のこと

嫌いになりませんよね?(^^:)

 

     ・・・と、こんな話を私はいつもスタッフ達としています。

母性型経営の原点は、「関る人を家族と同じように大事にしていこう」ということです。

このごろ、会う人会う人に私達の実践していることが伝わっていってる感があり、発信し続けやり続けるって大事なことだなあと感じています。

 

項羽と劉邦、あなたはどちらのタイプですか??

2011.07.16夏風邪(--)

木曜の夜から急に、夏風邪というものを引いてしまいました。

この冬も風邪も一度も引かず寝込んだこともなかったのに

調子に乗って超薄着で夜に山に登ったのが災いした、ようです(--:)

 

しかし、痛感したのですが

病気で寝込んだ時ほど、周囲に「手」があることが、ありがたい(泣)

子供2人をどうしよう?と考えた時に私は母や義母に

「ちょっとお願い」とSOSを出せるのでよかったのですが

これが誰もいなかったり、しかも、乳のみ子なんて抱えてたら

一体どうするんだ?というほどいろんなことをいっぱい考えてしまうほどの

高熱と寒ケと、節々の痛さ。。。。。

わかります??

この炎天下の下、寒くてたまらないなんて・・

 

この暑い中、

家族の中で一人だけ、上に下に毛布

冬の布団

足元にはアンカ

頭には氷枕。

 

よく寝てよく熱を出したのでお陰でもうそろそろ回復に向かっているのですが

こういう時に自分の性分というのがよく出てしまうなあ

と痛感してしまいました(--:)

 

私、休んでいるの嫌いなんです(笑)

家で一人で寝てるの

嫌なんです。

じっと養生するの苦手なんです。

 

そういうところって

子供の頃からまったく変わらないンですね。

 

なので少し良くなったと思ったら

「いやっほう、もう大丈夫」とばかりに翌日出勤して案の定

夕方から熱がぶり返しました(--)

 

ちょっと良くなったと思ったら

すぐ動いてしまうこの性分

こういうの

貧乏性って言うらしい・・・・(←今日教えてもらいました)

 

木曜の夜に熱が出てから今まで

そういやゼリーとか、プリンとかうどんちょっとしか

食べてないのでそれでフラフラするのかなあ・・と思いつつも

今夜はうなぎにかぶりつくのできっと治るでしょう(笑)

 

それにしても

元気が一番です。

どこか調子悪くなると全部が止まってしまんですよね。

 

そういう時は

「神様が休みなさい」って言ってるのよ♪

なんて人には言う私なのですが

そういう自分が休めない(笑)

 

今日から連休ですね。

みなさま、どこかへお出かけでしょうか?

わたくしめも、ちょっとどこかへ出かけてきます。

暑さにお気をつけくださいませ(^^)

 

勉強会は定員に達しました。

連休明けの20日水曜日みなさまにお目にかかれること

楽しみにしております♪ 

母性のものさし次回母性型勉強会 7月20日(水)午後6時半~高松国際ホテルにて

香川県高松市で母性型を実践マネージャーブログ

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

  • 歯を削る前に知っておきたい7つのこと。メールセミナー全7回 インプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • インプラント治療をする前に患者さん側が確認しておくべき5つのことインプラント 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 合わない痛い総入れ歯でお悩みの方へ固定式入れ歯 インプラントオーバーデンチャー 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 診断が変われば治療は変わる 歯周病 PMTC 歯の定期検診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 歯の予防 PMTC 歯の定期健診 噛み合わせ 咬み合わせ 専門 吉本歯科医院 香川 高松
  • 働きやすさが自慢の職場 子育て支援 吉本歯科医院 香川 高松
  • オール・オン・フォー All-on-4
  • 吉本歯科医院の「治療の特徴」
  • 歯科医師の採用について
  • newsletter
  • movie
  • 患者さんからのお便り
  • 無料メール相談・お問い合わせフォーム
  • メディア掲載実績・講演依頼
  • 歯科医院の方はこちらをご覧ください
  • 院長ブログ
  • マネージャーブログ
  • カウンセラーブログ
  • コンシェルジュブログ
  • 香川 高松市 吉本歯科医院 コンセプト
  • 当院のインプラント治療の特徴
  • 香川 高松 吉本歯科医院 自覚症状をお持ちの患者様へ
  • 香川 高松 吉本歯科医院 症例 事例

治療メニュー

  • Copyright 2009 Yoshimoto Dental Clinic. All Rights Reserved. 当ウェブサイトの情報・画像などすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
  • 吉本歯科医院facebookページできました!